岐阜で働くサボリーマンのブログ

岐阜県のメーカーで働くサボリーマンの戯言です


テーマ:
きょう、山田の疑いを持久するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「銀次」が書きました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


新入生に「日本語の文章講座」、論理的思考力を育成…早大

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20071019ur02.htm


 学生の“日本語力”を引き上げようと、早稲田大学(東京都新宿区)では、来年度から、新入生を対象にした「日本語の文章講座」を行う方針を決めた。

 理路整然と話したり、書いたりすることが出来ない学生が増えているためで、日本語で論理的に表現する力を身につけさせるのが目的。数年後には、約1万人の新入生全員を対象に実施したいとしている。

 早大ではここ数年、「学生たちの論理的に考え、表現する力が落ちている」といった指摘が教員らから相次いでいた。ある教授は、「ゼミで議論をしても、自分の思いこみや考えを言いっぱなしの学生が多い。意見の論拠や、反対意見よりどう優れているかなどをきちんと説明できないので、議論が深まらない」と嘆く。

 早大はほぼ全員の学生を対象に、英語でリポートを書かせたり、議論させたりする少人数の英語教育を行っているが、講師陣からは「まずは、日本語でしっかり議論できる力がないとダメ」といった意見も出ていたという。

 日本語で考える能力が落ちている背景について、早大は、読書量が減っていることやメールでのやりとりで短い文章しか書いていないことがあると分析。学生の論文の添削指導を丁寧に行うことで、日本語で考え、表現する力を向上させることを決めた。

 「日本語の文章講座」では、2か月間、毎週違う課題が与えられ、添削は、日本語を専門的に学んだ早大の大学院生が担当。論文の提出と添削はインターネットを通じて行うことが検討されている。一つの新聞記事に対し賛成や反対の立場から書かせたり、自分で決めたテーマについて論理構成を意識して記述させたりするという。

 初年度となる来年度は2000~3000人を対象に行うことを予定している。

 田中愛治・教務部長は「日本語で論理的に考え、書いたり、話したりする力はすべての学問の土台。日本語を使いこなす力をしっかりと磨くことで、その後の専門教育が充実するはず」と話している。


ココからが僕の主観。


早稲田大ですら問題になっている日本語運用力の低下。
僕の大学でも同様に、1年生の時に「基礎ゼミ」なるものを受けさせられたなぁ。
当時は「いらね」とか思ってたけど、今思えばなかなか楽しく、為になりました。
特にT准教授を紙上討論で追い詰めたのは快感でして、一番の思い出です(笑)
あれから4年も経つなんて、月日は長いものです。

さて、学生の国語運用力低下問題。
大学で講義をわざわざ用意して国語を教えるくらいなら、従来の国語とは別に小論文を大学入試科目として必須にすりゃ良いんじゃないかと素人なりに思うんですがねぇ。
何やセンター試験の科目が増えたとか騒がれてますけど、そんな事するくらいならまず小論文を必須としたらどうなのかと。
国公立大は二次試験で小論文が必須のところが殆どだと思いますが、私立で小論文が必須の所は少ないのではないでしょうか。
入試で小論文を書かせないから、日本語運用能力を持たない学生が入ってしまうのではないかと。
何も日本語運用能力を持たない学生を最初から選別する必要はなく、日本語運用能力を、受験勉強の過程で身につけさせることこそが小論文を導入する意義であると思います。
やらせる事が大事。

僕は大学受験の時には国公立志望だったので小論文も必須でした。
高校で小論文指導を受け、小論文の模試も受けました。
結果としては国公立は落ちたんですけど(数学さえ出来てればなぁ)、日本語運用能力は受験勉強によって確実に付きました。
それ以前は文章の書き方などホントに知らなかった。
文法は滅茶苦茶だし、「楽しかった」とか「よかった」とか「悪かった」とか、小学生の感想文程度の表現しか出来ませんでした。
でも、お陰で大学の「基礎ゼミ」は割合楽にこなせたし、大学のレポートを書くときも、卒論を書くときも、院生として活動するときも、mixiやブログで日記を書くときも、小論文の受験勉強をした事が活きているのです。


僕個人の経験則ですが、小論文を受験のときにやっておけば少しはマシになるんじゃないかなぁと思います。
小論文こそが日本語運用能力の低下、あるいは試論的思考の低下を救う救世主と言うのは言いすぎでしょうか?


T准教授、元気かなぁ。
相も変わらず授業中に関西弁で面白トークをしてるんだろうか。
また授業受けたいなぁ……。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

外耳炎(耳の穴に炎症が出来る)を患いまして。
片方の耳が炎症で塞がって殆ど聞こえない上、痛くて夜も眠れない。
そこで耳鼻科に行ってきました。


耳に大量の消毒液を流し込まれたり、吸引機で掃除してもらったり、今回の件では関係ないと思われていた鼻も掃除してもらったり、薬の吸入をさせられたり、至れり尽くせりですわ。
で、やしきたかじん氏も言っていたが、医者という人は驚くべきことをさらりと言いよる。



「点滴打ちましょうか。」





(゜Д゜)





さもハンバーガー屋の店員が「ポテトもいかがですか?」と言うくらいの軽いノリである。


昔、僕は虚弱体質で、保育園に行っていた頃は2回、喘息で入院した。
そのときは点滴漬けの日々を送っていたのですが、それ以来点滴などというものは打ったことがない。
まさか耳鼻科で、それも耳の病気で点滴を打つことになるとは思いませんでした。
立派に病人となってしまったもんだと思い、テンションが下がりました。



そして思いもよらぬ点滴と山のような薬のお陰で、診察料は5000円を越え。
手持ちがちょうど5000円。
小銭が足りなかったので、車の小銭入れからかき集めたりして。
給料日前の最後のお金(銀行から下ろせばあるんやけど)が全て吹っ飛んでしまった。

しかし、これでも3割負担でしょ?
健康保険様々だわ(笑)


暫くはクリニック通い。
はぁ、厄介だわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
授業中にふと目を床に遣ったのです。
そしたら、親指大のスズメバチが教室の床に留まってたんです。 
私らが住んでる田舎でもそうそう見られないくらいの巨大なスズメバチ。
刺されたらまず一溜まりもないような、不気味で悪意さえ感じられる大きさ。 
しかもこの時期は繁殖期で、一年のうちで最も凶暴化するスズメバチ。
しかも、今日の僕の服装は上下黒という、刺してくれと言わんばかりの服装。
しばらく講義を聞きつつス奴の動向を注視してると……。 


足元に這って来よった!
絶体絶命!!
まぁ、踏み潰す事も出来たわけですが、失敗すれば確実に反撃を食らうし、何よりゴキブリよりも大きいくらいなので気持ち悪い。
ちょっとでも動けば相手を刺激しますので、不動で去ってくれるのを待つ。
「スズメバチが居ま~す」などと騒げば教室はパニックになり、それこそ危険な状態に陥る事は必至。
奴と俺との静なる持久戦。
こうした迷い蜂を刺激する事はタブー。
相手が移動するまでじっと耐える。

結果、奴は引き続き徒歩で移動したが、僕はその後も奴が気になって講義はあまり聞いてませんでした(笑)
一応ノートは全部板書したけどね。 

で、授業が終わったら教授が「大きな蜂が居ますねぇ」

気付いとったんかい! 
それでも冷静に且つマイペースに授業を進めていた教授を尊敬。 
しかし、あんな巨大なスズメバチが教室に迷い込むとは。 
学内若しくは周辺にさぞ大きな巣があるはず。(美味しいヘボが沢山とれそうです。ヘボは美味いけど刺されるのは勘弁)
もし学校で刺されたなんて事になったらどうなるんだろうか……。 

皆さんもスズメバチにはご用心ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。