岐阜で働くサボリーマンのブログ

岐阜県のメーカーで働くサボリーマンの戯言です


テーマ:

学習指導要領(高校、社会科の部分を抜粋)

高等学校の地理歴史科は、世界史AまたはBの1科目、日本史AまたはB、地理AまたはBから1科目を必ず履修。
高等学校の公民科は、現代社会の1科目または倫理、政治・経済の2科目を必ず履修。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%A6%81%E9%A0%98#1992.E5.B9.B4.EF.BD.9E




富山県の高校が必修である世界史の授業を生徒に受けさせていなかったことを皮切りに、全国で世界史の未履修が問題となっていますね。



僕ですか!?


















世界史なんて受けてませんよ!!



高校の頃は、1回生時に政治経済、2回生時に地理、日本史、世界史の中から1科目選択し受講、3回生時は2回生時のときに選択した授業を引き続き受講。
僕は日本史を選択したので、1年生のときは政治経済、2,3年生のときは日本史。
世界史は1時間も受けたことがありません。
というか、今回の“事件”で初めて世界史が必須なのを知りました。
てっきり日本史か世界史のどちらかを選択すれば良いものだと思っていたから。
そういえば、世界史の資料だけは貰った記憶があります。
でも、世界史は何もわかりません。
中学校で習った程度、それも今となっては記憶がアヤシイ。






これって、アウトですかねぇ??
なんかアウトっぽいですよね……。




今でも高校の社会の先生とはしょっちゅう会うんで聞いてみようかなぁ……でも、恐い気が。





現在の高校3年生は未履修の世界史70時間分の補習をやるということらしいんですが、卒業した人たちってのはどうなるんでしょうか?
まさか、高卒取り消し?
だとしたら、もしも僕の高校がクロだった場合は、僕は大卒どころが中卒になっちゃう可能性だってあるんじゃないの?
既卒生はOKで、今年卒業の子達だけあかんってのは不公平でオカシイな話しだし、かといって既卒者全員の高校卒業を取り消すのはなんか現実的でないような(全国で何万人、何十万人と居ると思う)。
その辺、気になります。



ちなみに、指導要領には「高等学校の公民科は、現代社会の1科目または倫理、政治・経済の2科目を必ず履修。」とあるんですが、これは「政治経済を授業としてやる場合、倫理も絶対やりなさいよ」ってことなんですよねぇ?




僕、倫理の授業も受けてないんですが。
高校、少なくとも僕がいた学科には「倫理」という名の授業が無かった。
例によって、倫理の教科書を配布。





となると、僕らは「世界史」と「倫理」の2つの科目を取りこぼしているということになるのですか。
ちょっとビックリしちゃいますよ。



僕の母校もニュースで流れちゃうことになるんでしょうか。


全国でこういったことがドンドン明るみになっているってことは、慣行化されてたってことですかねぇ。
確かに僕の場合、国語、英語、理科(生物、化学)、数学(数学IA、IIB)、社会(政治経済、日本史)の科目を勉強してきたわけで、これでセンターも対応できたわけで、世界史は必要なかった。
ということは、世界史というのは“大学受験対策”という観点からは全く無用の長物であるわけです(あくまで“大学受験対策”としては。そりゃ、世界史の知識ってあった方がいいし、学んだ方が良いと思いますよ)。

教育の骨組みと計画を作る文科省=御上と、生徒や保護者のニーズ(大学に合格したい)に答え、生徒を大学に入れ、学校の実績もあげる為に大学受験という現状に対応しなければならない学校=現場との考え方、認識、理想の違いを感じさせる出来事だと感じました。



今後、どうなっていくのか気になるところです。
僕らって、やっぱり卒業取り消しになっちゃうのかなぁ?

指導要領が持つ法的拘束力を何処まで有効にするのか。
今年度卒業する子達には補習を受けさせるのか免除させるのか。
難しいところで、補習を受けさすなら、去年あるいはもっとそれ以前に卒業した僕ら既卒者はどうするのか。
既卒者全員に補習を受けさせるということでもするのか(現実的に無理)
補習を受けさせない、何も措置はとらないということなら、指導要領が持つ法的拘束力は何なのか?という話になってしまいますよね。
指導要領を破っても良いなんて文科省は口が裂けても言えないハズ。

落とし所が難しい問題ですなぁ。




<余談>
受験対策を高校でやらざるを得ないってのもなんだかなぁという気がします。
勿論、受験があるから高校でも受験対策はすべきだと思います。
しかし、センター対策だといってマーク式の演習問題をただひたすら生徒にやらせる。
受験に必要なだけの知識を詰め込ませる。
これが果たして本当に生徒にとって学問となり得るんでしょうかねぇ。
要は、大学受験の方式とかあり方ってのもなんか考えて欲しい気がするんです。

ただ、受験で役に立ったものといえば小論文は今でも大学でレポートを書く際には活きていますね。
多分。受験対策として小論文をやっていなかったら、大学の某木曽ゼミの成績はとっても悪かったと思う。

あと、特徴のあった学習指導としては、日本史で口頭試問があったんですよ。
キーワードが与えられ((例)645年 大化の改新 飛鳥 蘇我入鹿 藤原鎌足 中大兄皇子 蘇我蝦夷 これで大化の改新について説明しろってことですな )、それを全て用いて文章を作り、口頭で発表するというもの。
僕の部活の顧問で、副担任で、詳論指導で、今でも縁があるS先生が独自にやってたんですけれども。
現役のときはこれがイヤでしかたなかった。
でも、叩かれ続けて、繰り返すうちに知識がインプットされる。
レジュメでまとめるから整理もできるし、口頭試問ですから日本語も上達する(あのときに叩かれなかったら、今でも日本語の文法に対して無頓着だったかもしれません。大学でレポートを書けない人間になっていたかもしれません。)。
今考えると、かなり有効な勉強法だなぁと思います。ただ、生徒からは不評だったので途中から廃止されましたが(苦笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の11時からこのブログに、断続的にスパムトラックバックがついています。
23時現在でも5分に1件ほどのペースで付いており、件数は400件を越えています。


スパムトラックバックはやめなさい。
このスパムトラックバックが回線に負担を掛け、人を不快に思わせることをわかってやっているのか?
どれだけ人に迷惑をかけているのかわかってるのか?


これより一切のトラックバックは受付拒否させていただきますので、ご了承ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日(日曜日)の噺をします。
昨日は1日オフでした。
朝起きて、ご飯を食べたら、洗車。




洗車


出先で撮ったんですが、綺麗でしょ?
車体にビルが写りこんでます。
近所で道路拡幅工事が行われて、砂利道を走るもんですから車が泥だらけ。
まずは水洗いで泥を落とし、ワックスを丁寧に、隅々までかけ、仕上げの乾拭き。
最後に窓。
この窓が僕にとってはかなり重要。
窓が汚れていたら視界が悪くなりますからね。
窓を拭いて、撥水剤(これを窓に塗れば強い雨の日でも大体間欠ワイパーだけで事足りるようになる)を塗布。
小っこい軽自動車でも1時間くらいは作業してました。


そういえば最近、全然車を運転していない。
親が通勤用に使ってますんで(親の通勤用の車を僕が洗って、ガソリン入れて、オイル交換等のメンテナンスもして……サービス旺盛だな。まぁ、僕のほうが車に対する愛情が大きいということで)
僕はサンデードライバーと化しています。
どっかドライブでも行きたいなぁ……。


で、洗車が終わったら一休み。
日曜の午後は「たかじんのそこまで言って委員会」と相場が決まっております。
今回はスポーツ番組の視聴率低迷と北の核実験についての議論。
でも、一番印象に残ったのは喫煙に関する議論だったりして。
出演者の意見が喫煙者寄りだというのはやっぱり委員長であるたかじんがスモーカーだからなのか(笑)
タバコは人体に有害であるというのは普遍の事実。
だけども、悪いのタバコだけなのかと。
交通事故で死ぬ人だってたくさんいるし、酒に酔っ払って人に絡んだり暴力を揮って迷惑をかける人だっていっぱいいる。
そういった議論が行われていました。


でも、なんだかんだ言っても「タバコなんてやるもんじゃない」というのは僕の意見ですが。
辞められんですから。
タバコだけは「やってみろ」と人に勧められません。


「委員会」を見終わったあとは、ピカピカになった車でちょっとお出かけ。
車で走っていると、綺麗なコスモス畑があったのでちょっと寄ってみました。


コスモス1



コスモス2







晴れていたらもっとコスモスの色が映えて綺麗だと思うんですけどもねぇ。
しかも、今は野焼きの季節なんで回りに煙が充満していて余計に曇っている感じが出てしまうんです。
でも、こういったコスモスが一面に咲き乱れる風景ってやっぱり美しいですねぇ。
僕の好きな花は、春はチューリップ、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は福寿草。
鮮やかな色の花が好みです。




ちょっとしたお出かけから帰ってきたらすぐにまた外出。
今度は名古屋に向かいます。
バーガー店の人々と飲み会です。


今回は中区錦のアラビアンロックというお店に行きました。
店の外観はちょっとラブホっぱい、怪しい感じですが、中は居酒屋です。
名前のとおり、アラビアの雰囲気が漂うお店です。




アラビアン



料理の写真なんで、店の雰囲気は伝わりにくいですかね。
店の入り口でアラビアンな衣装を着たお姉さんが「いらっしゃいませ、王子様、王女様」なんて言ってくれ、魔法もかけてくれたんですよ。
ということで、王子様気分でお酒を飲んできました。

久々の飲み会。
思う存分飲み食いしてきました。
酒も飲めたし。
ただ、今日はグダグダでしたけどね(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

浦島太郎は悪ガキどもにいじめられていたカメを助けました。



iチャネルでニュースを見ていたら、こんな記事を発見しました。(インターネット上にはソースがないので申し訳ないですが)


神奈川県川崎市の路上で、70歳の男が犬の首輪に紐をつけてカメを引きずらせて歩いていたらしいんです。
それを通行人が見て「動物虐待なのでは」と警察に通報。
警察官が現場に駆け、男に任意同行を求めたところ、男は「カメは1トンの車にひかれでも大丈夫なんだ」と怒鳴ってカメを蹴りつけたあげく、警察官の手首に噛み付き一週間の怪我を負わせ、公務執行妨害の現行犯で逮捕されたそうです。
男はカメの甲羅に穴を開けて、犬の首輪と紐で結び付けていたとのこと。




インパクトに残った痛いニュースです。
いやはや、最初見たときにカミツキガメが警察官に噛み付いたと思いましたよ。(ちなみに男が虐待していたのはミドリガメだそうで)
まさか飼い主が噛み付いたとは。


70歳の爺さんがカメの甲羅に穴を開け、紐で結び付けて犬に引きずらせ、注意されれば噛み付いて悪態をつくという。

浦島太郎もビックリしますよ。


今、ペットとして飼われていたカミツキガメが逃げ出したり捨てられたりして、一般の河川等で出没するのが問題になっていますが、本当に質が悪く、凶暴で、恐いのは人間なんだなぁと感じます。
カミツキガメは、そういった人間達から身を守るために牙を向いているんではないでしょうか。


僕も昔、カメを飼っておりました。
ミドリガメです。
カメって愛嬌があるんですよ。
残念ながらお亡くなりになってしまったんですけれども、上手くいけば今でも生きて大きくなっていただろうと思います。
今では、たまに電車に乗ってると木曽川とか庄内川でカメが甲羅を乾しているのを見るくらいです。
またカメを飼いたいなぁ。
今度は長生きさせるようにしたいもんです。

ちなみに、カメは好きですが、八百長云々という噂が立っている亀なんとかってのはどうも好きにはなれない。(物議をかもし出したあの試合、僕も観ていたんですけど、ボクシングを知らない僕でも「なんでアレが勝ちなんだ」と思った)





さて、あゆさんからヴァトンがまわってきましたので、回答しておきます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


《1.回す五人を最初に書いておく。》

・W氏
・抹茶
・イチゴ
・アン君
・チカ

《2.結婚するならどんな人がいい ?》

・家庭内で協力・協調してくれる人
・アットホームな感じの人
・田舎で不便でも我慢してくれる人(家に嫁いでくる場合は必須条件)

《3.結婚生活でパートナーにこれだけは守ってほしいこと。》

・嘘はなるべくやめて欲しい

《4.愛って何?》

・形のないもの
・人によって解釈が変わるもの
・幸福なものであるが、時と場合により厄介な代物にもなり得るもの

《5.亭主関白とカカア天下。強いていうならどっちが良い?》

・男としては亭主関白。でも実際はカカア天下の方が家庭は上手くいくのかな。

《6.好きな異性のタイプは?》

・優しい人

《7.パートナーが両親を引き取って面倒みたいという。》

・いいんじゃないんですか。親不孝もんよりずっとマシ。

《8.自分の両親を引き取って面倒を見なければならないのだが あなたのパートナーは自分の両親とは明らかに合わない。》

・どちらかを合わせるようにする。

《9.パートナーとあなたの両親が言い合いになってます。どうする?》

・言い分を聞き、悪い方を叱る。

《10.プロポーズするとしたら何て言う?》

・あまり堅苦しくなく、「結婚しよか」みたいにサラリというのが理想 。

《愛する人へ一言》

・いつもありがとう!!

《12.最後に五人の紹介》


・W氏……意外と存在感が絶大な人。
・抹茶……関東ローム層大学 社会学部 自動二輪学科 50cc専攻。
・イチゴ……ノリが良い三河人。
・アン君……このバトンの回答に期待。
・チカ……カメっぽい人。あんた、このバトン強制だから!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は帰ったらおかんが寝てしまったので、僕が夕飯を作りました。
何気に食料を貯蓄しているので、買い物行かなくても安心♪


今日の夕飯は坦々麺。




坦々麺





ネギだくです。
1玉入っています。
通常、坦々麺というのは辛さの中に甘さがあるという味なのですが、これは逆。
甘さの中に辛さがあるといった感じです。
辛いものが苦手な人は坦々麺にタマネギを沢山入れるといいですよ(ただし、辛いのはなくなりますが、タマネギのコクが出るので味が薄くなるということはないです)


最近、ラーメンやカレーにタマネギを沢山入れるのがマイブームです。
ラーメンにはタマネギを別途ボイルする。
タマネギは火を通すことにより、辛味が抜けて甘みが出ます(元来、タマネギはイチゴ並みの甘さがあるらしいです)
お勧めです。
ただ、1玉まるまる使うとなると好みが別れるでしょうけどね。

元々僕はタマネギが好きなので、平気で1玉使いますが。
タマネギには血液をサラサラにし、善玉コレステロールを増やす作用があります。
僕は結構食事が偏っている方なんですが、それでも献血の際に赤十字のおばさんに「サラサラでとても良い血液だよ」って言われたのは、タマネギのお陰かもしれません。
まぁ、栄養云々というよりは、やっぱりタマネギが好きなんですねぇ。
生に近いシャキッとした食感も、炒めたり煮込んだときのトロっとした食感、両方ともイイです。


で、タマネギの歴史を調べてみると、タマネギというのは中央アジアが原産地とされているらしいですが、野生種は見つかっていないようです。
なんとも不思議ですよねぇ。
人が食うくらいだから、野生のタマネギもどこかにあっても良いはずなんですが。
古代エジプト王朝にてすでに栽培されていたらしく、労働者に配給されていたようです。
ピラミッドと同じくらい歴史があるということですね。


しかし、タマネギを世界で一番最初に食べた人って、凄いなぁと思います。
独特の白い花に、一本伸びた葉っぱ。
その球根を、しかも切れば目にしみるし、辛味があって、何も知らなかったら毒があるんじゃないかと思ってしまうんではないでしょうか。


タマネギに限らず、料理をするときに素材を下ごしらえしていると、「これを最初に食べた人は凄いなぁ」と感じるときが多々あります。何か食材を世界で一番最初に食べるということは凄いことだと思います。
例えば、タコなんてのは、日本人にとっては御馴染みの食材ですが、米国人から見ればタコを食べるなんてのはドン引きされるなんてエピソードをよく聞きます。
たしかに、足が八本あって、軟体で、吸盤で纏わりついてくるタコは、初めて見たら得体の知れない動物のように感じると思います。

ヘボ、いわゆる蜂の子。
岐阜県の田舎では高級食材として結構その辺に売ってあるものですが、これだって刺されたら死ぬ恐れもある、凶暴なスズメバチの幼虫ですからねぇ。
しかも、蜂の幼虫は芋虫のような形。
ようこんなものを高級食材として発掘したなぁと思います。

中華料理の食材である蚊の目玉はコウモリの糞から採集するんですよ。
普通の価値観では無理。


そう考えると、本当にグルメなのは飽食次代を生きる現代人より、ずっと昔の人たちかもしれませんね。
グルメというと、高級レストランを食べ歩いたりとか、一流シェフとか、行列のできる店、老舗の店の味云々なんてイメージがあります。
でも、こういった所の料理ってのは当然美味しいわけで、雑誌とかテレビでも話題になり、金さえあれば誰だって食べることが出来るんです(僕ら庶民は金がないのですが)。
多くの人が同じものを食べているんです。


しかし、昔の人々は違う。
情報が何も無いところで、その辺にある動植物を「これは食えるんだろうか」「これは毒があるんじゃないか」「これは美味いのだろうか」と考え、色々冒険しながら美味いものを見つけ、食を開拓してゆくわけです。
これこそ本当のグルメというものではないでしょうか。


それが、現代では「あそこの店は不味い」「あそこの店は美味い」とか「この料理は美味い」というように、食材ではなく料理を開拓するという感じに変革したと思うんですが、やっぱり命懸け、手探りで食を開拓してきた昔の人には適わないだろうなぁと思います。


食という一つの側面を見ても、何かを開拓しようとする先人の精神を尊敬してしまいます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。