岐阜で働くサボリーマンのブログ

岐阜県のメーカーで働くサボリーマンの戯言です


テーマ:

日曜日、僕は勇者として、とあるダンジョンに攻め込んだ。
敵に侵されたダンジョンを浄化し、取り戻すために……









そのダンジョンとはマイルーム。
狭いが、難攻不落、地上最強のダンジョンである。


まずはフロアに散在している敵を通常攻撃である整理整頓で片付けてゆく。
厄介な敵、「ホン」が集団で僕を襲い、徐々にHPをすり減らしてゆく。
小難しい「センモンショ」から、「マンガ」まで、多種多様の敵が襲ってくる。
しかし、敵の攻撃に臆することなく、攻撃を続けてゆく。


フロアの敵は壊滅状態にまで追い込んだが、今度はベットの下から「ホン」とともに「ガラクタ」が加勢してくる。

「ガラクタ」は「ホン」よりも厄介な敵だ。
敵である「ガラクタ」の中に、アイテムが混ざっていることがあるからだ。
そこで今度は必殺技「ブンベツ」を繰り出す。
見事に「ガラクタ」と「アイテム」が分かれてゆく。
「ガラクタ」は屍となり、ブラックホール(またの名をゴミ袋)にドンドン吸い込まれる。
年季の入った「ガラクタ」により、何度かステータス異常である「オモヒデニヒタル」を起こしつつも、着実に敵の数を減らしてゆく。

そして、「アイテム」をダンボール製の宝箱に入れ、基地であるクローゼットに保管。

次は上階であるデスクの上。
「パソコン」が3分の1程度を占有し、その他は「カミ」「コモノ」等、強敵の巣窟となっている。
「カミ」は「ガラクタ」と違い、一目見ただけでは「アイテム」と判別できない。
内容を読解する必要があるのだ。
臆せずに1枚1枚着実に倒してゆく。

「コモノ」はやはりダンボール製の宝箱に入れるのである。


そして、武器「ゾウキン」を使い、デスクの上の「ホコリ」を倒す。


さて、ダンジョン攻略は終盤。


フロアに戻り、ボスである「ホコリ」との戦闘に入る。


「ホコリ」は体が小さいわりに、戦闘能力がそこそこあり、数も多い。
そこで、僕は最強の召喚獣「ソウジキ」を召喚することにした。
召喚獣「ソウジキ」は地上にある数多の物を吸い込んでしまう、恐るべき魔獣である。

轟音と共に「ソウジキ」がどんどん「ホコリ」を吸い込んでゆく。
フロアとベットの下の「ホコリ」は全滅。


HPもMPも残り少なく、ギリギリの戦いであった。
埃は全滅したが、戦闘を終えた僕は誇りに満ちていた。



敵が居なくなったダンジョンに仕上げとして聖水「ファブリーズ」を撒く。
かくしてマイルームには再び平和が戻ったのである。




しかし、敵はまだ居る。
数多の戦闘の中で僕は本当の敵を見つけてしまったのである。


その敵とは、僕自身である。
今回の戦闘は、ダンジョンに無数に蔓延った物たちとの戦闘であり、またダンジョンを汚し、掃除をサボっていた自分との戦いであった。
これからは、僕自身との戦いとなる。
最強の敵、それは自分自身なのである。


                                                          続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜は警備でした。
駐車場での車の誘導。
給料日後の最初の週末とあって、結構混雑していました。



ピーク時間の合間に少し客足が空いたときがあり、ちょっと楽になるかなぁと思っていましたが、そうは問屋が卸してくれなかった。






駐車場内にて交通事故発生。




僕が立っていた持ち場より10メートル離れていたところで、誘導は関与しない場所だったのですが、視線をそこに遣ったときには車が2台、駐車場所外で無造作に止まって、双方の運転手がなにやら話している。
直感で事故だとわかりました。







直ちに無線で「事故発生。暫く離れます」と同僚の警備員に一報し、持ち場を任せて現場に急行。





物損事故でけが人はなかったのが幸いでしたが、当事者同士結構ヒートアップしていて一発触発の状態だったのでとりあえず仲裁に入り、落ち着かせることに。
見た目は双方とも横着ではない、普通の人といった感じですが、事故になって興奮状態にあるせいで言い争いになってしまったんでしょうな。

そして車を安全な場所まで誘導し、事情を聞き取りました。
保険云々という話になる場合は警察に通報する必要があることを説明し、警察に通報。
程なくしてパトカーが現着し、事故処理開始。


結局30分くらい現場に立ち会っていました。



警備員は警察官でも保険屋でもないので、事故の当事者にどうこうしろという事は言いません。
専ら当事者に冷静になってもらい話し合いを進めてもらう、安全を確保して二次事故の防止にあたる、必要であれば警察に通報することを進めるのが役割です。


なかなか一般の人が出くわし得ない機会にもちょくちょく立ち会う。
2年半以上警備をしてきて、非日常が日常に近くなっている気がします(苦笑)



さて、警備の話をしてきたわけですが、警備関連としてもう1つ話題を。


http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/road_traffic_law/?1148735334


甘くない、大阪名物違法駐車 民間監視員を警官サポート

府警、当面同行/微妙な認定指導
 駐車違反取り締まりの一部が民間委託されるのを目前に控え、大阪府警は新制度がスタートする来月一日から当面の間、民間の「駐車監視員」に警察官を同行させることを決めた。悪質な違法駐車で名高い大阪だけに、さまざまなトラブルの種も予想され、府警は適正な駐禁処理を指導しながら万全を期す方針。現場での実務に不安を抱える参入業者もあり、監視員サイドは違反者との無用な混乱や万一の事故を避けられるとして、警察官の同行を歓迎している。
 府警によると、大阪では駐車監視員約二百六十人(六業者)が、大阪市内二十七署管内で活動を予定している。監視員は、御堂筋などの主要路線や違法駐車の多い地域を各署が定める計画に従って二人以上一組で巡回、無人の駐禁車両の違反を認定し、確認標章(ステッカー)を張り付ける。
 警察官の同行は不祥事や事故防止が主な目的だが、業者側の不安の払拭(ふっしょく)という狙いもある。違反車情報を警察に送信する携帯端末の操作や違反者からのクレームのほか、微妙な違反認定などに対し、警察官が指導や助言することにしており、駐車監視員が業務に慣れたと判断すれば同行をやめるという。
 駐車監視員は資格制度のため知識は習得済みとみられるが、問題は実務。府警は今月に入って各業者に出向き、一人当たり最低二十時間の実務研修を課してきたが、業者側からは追加研修の要望が相次いでいた。
 ある参入業者によると、実務面での難関は、違反車両の情報を入力する携帯端末の取り扱い。特殊なソフトのため練習が必要だが、警察官の立ち合いがなければ端末の持ち出しが禁止で、「自習ができず、十分に習熟しないまま本番を迎える監視員もいる」という。
 さらに“ナニワ名物”と皮肉られる違反逃れのクレームも頭痛の種。「トイレに行ってただけや」「金もうけのために弱い者イジメしてるんちゃうか」など、考えられうる“イチャモン”を想定した演技式訓練を行っている業者もある。
 府警駐車対策課は同行について、「基本的には現場の駐車監視員に任せるので、民間委託の方針を転換するものではない」と指摘。そのうえで「大阪の違法駐車の現場は甘くないので、しばらくは任せっぱなしにしない」としている。
(産経新聞) - 5月27日16時46分更新




道交法の改正により6月1日から開始される駐車違反取締りの民間委託についてのお話。

賛否両論が出ている取締りの民間委託ですが、僕は基本的には賛成です。
やむを得ない場合(例えば荷物の搬入)でも違反になってしまう等の問題点は解決すべきですが、
これを機に、迷惑な路上駐車がバンバン摘発されることを期待しています。
また、路上駐車の取締りが強化され、車を離れた時点で摘発されるということで、大きな抑止力にもなるのではないでしょうか。


取締りを委託される法人はやはり警備会社が多いのだとか。
取締りの権限を持たない警備員でも警察のお墨付きさえあれば取締りが出来てしまうというのは、警備業の歴史の中ではかなり大きな出来事だと思います。


僕の警備会社は取り締まり業務をしないみたいですが。
ん~、でも取締りを委託された監視員が違反ドライバーと揉めている光景が僕には容易く想像できる……。
僕も警備をしているときに駐車場内で迷惑駐車があった場合はドライバーと話してやめてもらうようにお願いするわけですが、「すぐ戻るから」とか「ちょっとぐらいいいやろ」なんて言い、聴く耳持たない人が多いこと。
また、逆切れする人もいて、なかなか苦心しています。
出来るもんなら関わりたくないけど、制服着ている以上はそうはいかない。
話しかけるのも勇気が要ります。
そんなもんだから、取り締まり現場の監視員には同情してしまいます。



フルスモークのベ○ツやセ○シオなんかが路上駐車していたときなんてのはもう……(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル



大変そうです……。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「電車男」を皮切りにメディアで「アキバ系」等と取り上げられ、今日すっかり市民権を得た「オタク」。
その「オタク」サン達の憩いの場、メイド喫茶について、MSNにコラムが載っていました。



http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/manga/manganews/news/20060523org00m200028000c.html


メードカフェ:女性記者が体験「ご主人様、大丈夫か?」

という痛切なタイトル。


「数百円でご主人様になれるメードカフェの流行を、私は喜べない。幻想に守られた“家”で、飲み物を混ぜてくれるメードさんをうっとり眺める男性客に「いい若い者が大丈夫か」と胸ぐらを揺さぶってやりたい気持ちがわきあがってくるのだった。」という批判的な視点で本文は締められています。





う~ん、たしかに。
的を得てますな。(笑)



大の大人の男が可愛いメイドさんにサービスされて「萌え」なんて言っている光景は、傍からみたら「大丈夫かぁ…」なんて思ってしまうでしょう。


でも、可愛い女の子がサービスしてくれるお店……男としては一度は行ってみたいような(笑)



僕はメイド喫茶に行ったことないのですが、僕の彼女さんがメイド喫茶に行ったということで、色々と体験談を聞かされたことがあります{彼女さんは女なのに可愛い女の子には目がないという性癖があります(爆)}



気になる世界ではあります。



でも、もっと気になるのがこれ。


http://www.geocities.jp/keidoutsusin/yakuza.html


ヤクザ喫茶なるものが出来たんですね。
ココも行ってみたい(笑)






























……フィクションかい!!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「この学校(僕の行っている学校)って、ちょっと○○(明記できないが、いわゆるおバカさん)の人が多いよね」なんてぶっちゃけトークを某人としていました。
おバカさんといっても、偏差値云々なんて話ではなく、常識だとかモラルがないという意味で。


ん~、全く同感。



今日、大学の通路を占拠して、パンツ一丁になってサッカーをする学生を見かけました。


もちろん大学構内でありますから公共の場で、女子も多く通行するわけです。
多分、女子の目から見たら不快な光景なのでしょう。


う~ん、もはや普通の感覚を逸脱している世界。
「国家の品格」なんて本が話題になっていて、僕も読みましたが、こいつらには品格なんてないんだろうなぁと思いました。


なんだか、同じ学校の学生として恥ずかしくなってきました。



ほかにも、食堂の椅子に靴のまま足を乗っけるなんて奴も多い。



今日、一番ビックリしたのは、バーガー店のゴミ袋を交換していたときに、ゴミの中にハンバーガーをお客に提供するときに使用するトレーが混ざっていたこと。












勘弁してくれ~。




現行犯で見つけたら、小一時間問い詰めたいです。
学校の備品にそういう扱いをするのは何事かと。

普通、こういうもんはゴミ箱にポイっと捨てるようなことはしてはいけないことは小学生でもわかるはず。
公衆の面前でパンツ一丁になることがいけないことも小学生低学年でもわかるはず。


一部ではありますが、小学生以下の大学生なんてのがいるもんなんですねぇ。


以上、愚痴でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

見た人はみんなやるバトン

→ルール
見た人は全員やる。
嘘つきは足跡(mixi)に証拠が残っちゃうからダメ。
(なんか気持ちはわかるけどさ、強制ってどうよ?)


Q01
 ☆フルネーム☆  山田
 ☆生年月日☆   1984年8月7日
 ☆血液型☆    o型
 ☆住んでいる所☆ 岐阜県


Q02 名前の由来は?

 ●本名:山と田んぼがいっぱいある田舎だからじゃないでしょうか。
 ●HN:kama=高校時代の後輩に「カマ」と呼ばれてたから。

Q03 家族構成は?

父、母、祖父、祖母、祖父、妹、自縛霊(ウソ)

Q04

身長:166cm
体重: 60代後半くらい。太っちょ。
靴のサイズ:26.5

Q05 幼稚園(保育園)~大学の出身学校は?

町立保育所
町立小学校
町立中学校
県立高校
名古屋の某大学


(これ聞いてどうすんの?)


Q06 現在の職業となりたい職業

現在の職業:フリータ気味の大学生    
なりたい職業: 警察官、パイロット、公務員。
なりたい職業なら上記。
あくまで“なりたい”職業です。

いや、なりたい職業というより、憧れの職業。
僕は長男で、実家に留まることがもはや前提となっているので(保守的だねぇ)、地元で就職したいと思います。
目下、大学院生目指しています。


Q07 習い事はしてる?

習い事ではないけど、学校以外の活動ではコーラスやってます。


Q08 自分を動物に例えると?

犬っぽい(犬顔)と言われたことがあります。


Q09 好きな女性

某女史と答えておけばいいのか。


Q10 嫌いな女性

おバカ(学歴やテストの成績云々ということではなく、ルールを守らず、マナーやモラルがない、お行儀の悪い人が嫌いです)

Q11 好きな男性

紳士な人。


Q12 嫌いな男性

嫌いな女性と一緒。


Q13 好きになる人は何型が多い?

う~ん、特に決まっておりません。

Q14 初キスは?

高校生の時。
  

Q15:カッとなるときは?


クドクド言われるとき:「わかっとるわ!!」とついつい言いたくなってしまう。


Q16 SorM? 何フェチ?

Sだと思う。
ケンカするときは徹底的に相手を追い詰めることに快感らしきものを覚えている自分がいるんじゃないのかなぁなんて思ったり。

Q17 恋愛経験豊富?

未だ恋愛の初心者マークは外れない。

Q18 結婚と恋愛は別?

基本的には恋愛の延長に結婚があるのかなぁと思う。
でも、これも縁次第でしょうな。

 
Q19 結婚はいつする?

相手がいるなら、就職してから数年後ぐらいにしたいと思う。

Q20 子供は何人欲しい?

2人もしくは3人。
自分の経済状況と将来の展望による。

 
Q21 子供にさせたい習い事は?

ピアノ(ピアノを習っていたが、辞めてしまったために高校のコーラス部で音が取れないという苦い体験をしたので)
剣柔道等の武道(真面目で礼儀正しく、根性があり、心身ともに強い子供になってほしい)


Q22 将来どこに住みたい?

今すんでいる所。
別に他所に行きたいとも思わないし、どこかに移り住むとしたら家族から留まるように強く説得されるでしょう……
田舎の長男坊は大変です(笑)

住むとしたら、瀬戸内海の島とか、小笠原諸島や沖縄諸島の小さい島、もしくは山奥(結局田舎がいいということになるのか)

でも、人生1度は都会の空気を吸ってみるのが大事だと思います。
現在名古屋で都会の空気を吸っています。


Q23 理想の家族は?

サザエさん一家みたいな感じ
どちらかといえば波平さんみたいな父親になりたいが、自分の現状は尻にしかれるマスオさんだろうなぁと思う。

あと、僕の両親は仲が悪いので、僕は夫婦円満にやっていきたい。



Q24 理想の家は?

日本家屋がいいです。
というか今の家で十分です。
でも、今の家は大分老朽化しているので否応なしに立て替える可能性がありますが、やはり日本家屋がいいですね。



答えてみて、やはり自分は保守的な人間なんだなぁと感じました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。