リンタロウは見られた(KALEIDOSTYLE RINTAROのオフィシャルBLOG)

ゴシックメタル、ラウドロック、テクノ、トランスなどあらゆるジャンルを取り込むロックサウンドユニットKALEIDOSTYLEのギター&ベース担当RINTAROのオフィシャルBLOG。


テーマ:

あわわわわわわ、日付が変わってしまう!!!!!

って事で、ギリギリになってしまいましたが、明日はMaruMovRinのレコ初ですよー。

巣鴨獅子王ですよー。

 

あ、MaruMovRinのリンタロウです。

岩手に帰って美味しいもの食べたり遊んでたら告知が遅れてしまいました。

スミマセン。

(全部岩手のせいだ!)

 

やっとMaruMovRinの音源が出来ました。

今回は7インチレコードサイズのジャケットです。

その中にレコードっぽい音源が入っております。

 

ジャケットの表

 

ジャケットの裏

 

収録曲は以下になります。

 

1 輪
2 8bit town
3 涅槃
4 Air Burst
5 Hello World
6 鼓動
7 Split Bar
8 Stay Awake 
9 La la Song
10 蛇夫
11 Extinction
12 贖罪

 

今回の音源はライブ会場での手売りのみになりますので、10月11日と11月のラストライブを逃したら手に入らないレア音源化必至のアイテムになりますので、是非お買い求め下さい。

 

ライブの予約や音源の予約は各メンバーに直接お願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
超超超お久しぶりです。
KALEIDOSTYLEのリンタロウです。

ブログを更新していない期間もTwitterで色々つぶやいてきたので近況報告は割愛します。

『Cosmic Flower』か『Brand New Planet』を所持している方は、それぞれのIntroductionから聴きながらこの記事を読んでいただけましたら、雰囲気が出るかと思います。

一時期は「作る作る詐欺(美内すずえ先生の『ガラスの仮面』とか『アマテラス』とか未完の大作になりそうな作品とかそういうやつ)」かと思われていましたカレイド第3期ですが、音源制作段階に入りましたよー!

事の発端は先日、創作意欲に溢れたエビビがIntroduction Pt.3のデモを送ってきた事になります。
(「ミニ四駆の大会で優勝しないかぎり第3期は無い」とか言っていた事は忘れて下さい。創作意欲の方が上回っちゃったのでしばらくはカレイド3期を作ろうかなーと思います。ホント気まぐれでスミマセン。)

ちなみカレイドスタイルとは何なのかを手短に説明しますと、私リンタロウがドラマー兼シンセプログラマーのエビビとやっているユニットです。
最近では完璧にミニヨンカー(ミニ四レーサー)だと思われているし、私もミニ四駆の事しかつぶやいていませんが、ワタクシ一応ギタリストとかです。
ライブでは、ボーカルの未来とベースのミナトを加えた4人でやっていたら世間からは4人組のバンドだと思われてしまっているので、もうバンドでも良いかなと思っています。
普通のバンドと違うところは、1作品毎に活動期間を分けて、作品をリリースする毎に半年間くらいライブ活動をするというスタイルな事でしょうか。
その1作品は元となる3部作の物語がありまして、その構成に倣って音源化されます。
これまでに1作目『Cosmic Flower』、2作目『Brand New Planet』を発表してきました。
『Cosmic Flower』はiTunes Musicで、『Brand New Planet』は独自の配信システムで公開されているので気になった方は是非お聞き下さい。


『Cosmid Flower』
https://itun.es/jp/FLsZU


『Brand New Planet』
今回は3作目ということで3部作のクライマックスです。
集大成的な物にしようと意気込んでしまってなかなか手を付けられていませんでしたが、エビビのおかげでやっと動きだしました。

3期メンバーは、未来もミナトも続投の予定でーす。
(2人ともやる気があるうちに3作目を作らないとならないですねー)

というわけで、唐突に始まった第3作目の制作。
今回は完成までの軌跡をちょくちょくブログにしていこうと思います。
完成とレコ発ライブまでお付き合い下さい。


【今日の第3期】
Introduction Pt.3に謎の空白部分を発見したのでエビビにその意図を訊いたら、「そこはリンタロウさんがワブル(ダブステップとかに入っている図太いベース音)を入れる所ですよー」との事なので、手持ちのシンセをいじりながらワブル作ってます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
KALEIDOSTYLEのリンタロウです。
ちなみにKALEIDOSTYLEはバンド名です。
ミニ四駆ネタばかりつぶやいていますがギタリストです。

100均でも買えるグッズの紹介に引続き、なるべく100均じゃない方が良いかもなぁっていうグッズを紹介します。
これらに関しては人によってオススメ商品自体が別れると思うので、紹介している商品は参考程度にしてどれにするかは自分で調べてみると良いと思います。
調べたけどどれにして良いかわからなかったよという方は、タミヤ製のものがある場合、まずはタミヤ製を選んでみてください。
タミヤ製で不満が出てきたらそれをクリアしている製品を選べば良いと思います。
今回は100均と違ってどれも結構なお値段なので購入する優先順位順に書いていきます。

1. ドライバー
ぶっちゃけ100均でも良いという人もいますが、100均じゃなくホームセンターとかで売っているものの方が先端がダメになりにくいです。
それとネジに合わない大きさのドライバーを使っているとどちらもダメになるので、まずはタミヤのを使うのが良いと思います。
ローラーやステーの取り付けに必要なので必ず用意して下さい。


2. ニッパー
100均のだと、使用する前から切れ味が悪いです。
切れ味が悪いとボディやシャーシにダメージが加わるので、なるべく切れ味の良いニッパーでサクッと切りたいところです。
まずはタミヤ製を試して見てください。
ちなみにニッパーは消耗品です。
使用しているうちに切れ味が悪くなってきますが、そうなった場合はFRP切断用にする等、硬いものを切る方に回せますので捨てないで下さい。


3. オイルペン、ピンバイス、ボックスドライバー、ドライバー、マルチテープ
オイルペンはグリスの代わりに薄く塗ったり(揮発するので毎回塗らないとならない)、塗りすぎたグリスを拭いたり伸ばしたり...結構色々な場面で重宝します。始めたばかりのうちは必要性がわからないと思いますが、買っておくと必ず使いたくなる場面に遭遇します。
ピンバイスは1.8mmと1.9mmのビットも一緒に購入しておくと、ステーの穴あけやホイールの貫通時に役立ちます。
ボックスドライバーはナットを締めるのに使用しますが、GUP付属のレンチを使用するのに比べて100倍くらい使いやすいので、ミニ四駆を続けていると必ず買う羽目になります。
ドライバーは先程紹介したのと同じです。
マルチテープは、ブレーキスポンジ隠しやモーターの位置出し...e.t.c.と広範囲にわたって必要になるので、最初のキットを買うと同時に買っておいて下さい。


4. タミヤペン
緩くなったホイールシャフトの応急処置や緩くなったローラーのピン打ちの固定等、本来のペイント以外の用途で重宝します。


5. テスター
電池の電圧がどのくらいの時にどんなタイムが出るのかを把握しておくことは大事です。
サーキットに行く時には持参しましょう。


6. シャフトインサート、ピニオンプーラー
シャフトインサートはホイールにシャフトを入れる際にシャフトを曲げずに入れることが出来ます。
ピニオンプーラーはピニオンギアを抜くときは勿論。貫通したホイールや、ピン打ちしたローラーを取り外す時に重宝します。


7. ホイールドリリング、スタビセッティングツール、ベアリングプーラー
ホイールドリリングはホイールを貫通させる際に使用します。
スタビセッティングツールはピン打ちする際に便利です。
ベアリングプーラーは520ベアリングを交換する際に使用します。アルミベアリングローラーを末永く使う際には必須のツールです。


8. ノギス
ペラタイヤ作成時にタイヤ径を測ったりします。


9. セッテイングプレート
ブレーキの地上高は真っ平らなプレートの上でセッティングした方が良いです。
タイヤの浮きとかシャフトの曲がりとかもわかります。


その他、電動ドリル、電動リューター等の電動工具があると便利です。
電動工具は便利な半面一気に削れてしまったりするので、加工に慣れてから使用したほうが無難です。

あと書き忘れてしまいましたが、公式大会に出るなら電池はタミヤのネオチャンプかパワーチャンプを購入して下さい。
それ以外の電池はレギュレーションにより使用できません。(ジャパン・カップではFUJITSUのアルカリも使用可能)
充電器は高性能なものほど良いですが、普通なものでもしっかり放電した後に充電すれば大丈夫です。
というか、高性能な充電器に頼らなくても速くて安定性の高いマシンを作れた方が良いです。

ミニ四駆を制作するのに必要な道具はこんなもんですかね。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。