Retreat of おみつどん

バリバリのキャリアウーマンの、のほほんおきらく極楽生活。


テーマ:
無事、挙式披露宴が終わりました。
大満足でした。

ゲストをお送りし、私たちは外へ出ました。
台風の余韻は残っていたものの、晴れており、さわやかな風が吹いてました。
風がトレーンになびいていたところを、撮っていただいたみたいです。
1年間お世話になったT氏、当日お世話になったキャプテンS氏。
一緒に写真を撮りました。

写真を撮り終えて部屋の戻ろうと玄関に向かうと、着替えてフツーの格好の友人たちが出てきました。



友人:そのブーケ、欲しい!



ごめんなさい。
これ、行き先がすでに決まっているんですわー。



友人:えー!ダレダレ??



私の大事な人たちに贈ります。
申し訳ないねー。



友人:ちぇー!(笑)



楽しいひと時を玄関で過ごし、タクシーに乗るまでお見送りをしました。

部屋に戻ってから、私はある人へ電話。
彼女は数分後に部屋に来ました。



んじゃ、そこで止まって!



私の手許には、今日、3つ目のブーケを持っていました。
プリザーブドフラワーにできるタイプの花で、白で統一。
ところどころにはサムシングブルーに肖った花を散りばめました。



○○、シアワセになってねー!!!次は、○○よっ♪(投)



彼女へブーケトスをしました。



Y:ありがとー!!!!!(泣)



泣かれてしまいました(笑)
彼女には特別な思いがあり、シアワセになって欲しいと思いトス用のブーケを用意しました。
私が異動する前の部署に彼女は在籍しているのですが、この部署の女性は全員、寿退社をし、現在ではそれぞれ家族が増え、シアワセな生活を送っているそうです。
たまたまなのですが、私も寿退社になってしまいました。

彼女にブーケを渡したところは、しっかりビデオに残っていることでしょう(笑)
ステキなDVDが出来上がりそうです♪

いよいよ制作期間9ヶ月のドレスとお別れする時間。
本当にあっという間に終わってしまいました。
もう一生このドレスを着ることがないんだなーと思うと、寂しくなってきました。
もし、このドレスを気に入ってレンタルする人が居れば、幸いです。
このドレスの花嫁は、シアワセな一日を過ごし、これから先もシアワセになる努力を今もしているでしょう。

再び電話。
すると、すぐに部屋に来ました。
2人いる妹たちです。
2人の妹たちには、私が実際に使ったブーケをプレゼント。
友人からの催促をお断りしたのは、妹たちに渡すつもりだったのです。
妹には、挙式用にユリをふんだんに使ったブーケを。
義妹には、披露宴用のゆれるブーケを。
喜んでくれたかな?
荷物になったかもしれないけど、、、(笑)



これで、私の挙式披露宴レポートは全てです。



パークに決めてから1年ちょっと。
短かったです。
人生の大イベントの一つの結婚式。
莫大な見積表を見てひっくり返りそうになったりしたっけ。
MTGの度にカコダンナと大喧嘩。
何でコイツと結婚するんだ!?したんだ!?ってことも考えたこともあった。
挙式1週間前は、もっとひどかった。
今思うと、私のワガママが全てだったと思う。

私のワガママを都度聞いていたカコダンナ。
なんて人だろう。

私はカコダンナと結婚できて、本当によかったと思っている。
逆は、、、未だに謎のまま。



じ・えんど。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
お色直しの入場の前に、お色直しの話。

私はウェディングドレスを制作したので、ずーっとこれを着ていたかったのです。
色一本で過ごそうと。
ドレスを変えないので、髪形とブーケを変えることにしました。

髪型は、ウィッグを制作しました。
ドレスにも使用しているスワロフスキーや大きなビーズを使い、これをウィッグにからめていくもので、かなり手がかかっています。
髪色を合わせるために自分自身の髪も染めて、染めた直後の髪色の写真をすぐにヘアメイクさんにメールしたりして結構忙しいときを過ごしました。
当日のダウンヘアで使用している花は、実はブーケから引っこ抜いて即興で制作しました。
これはセンセのアイディア。

ブーケは、オールドローズを中心にしたもので、俗にいうゆれるブーケ。
挙式の時も揺れるブーケを使用したけど、ユリ系をぶら下げたアシンメトリーデザインは、アシンメトリーデザインのドレスに合わせたものです。
お色直しのオールドローズのブーケには、下に垂れ下がっている部分に、これもドレスに使用されているスワロフスキーや淡水パールをあしらいました。

ウェディングドレス、ヘアメイク、ブーケ。
すべてセンセのコーディネート。
自己満足かもしれないけど、これはかなりお気に入りの姿でした。

ウィッグとお花をつけ、ネックレスをちょっと横向きに向けただけなのに、かなり表情が変わったコーディネート。
ブーケも持ち替えてエレベータホールでの撮影。
これもキレイに決まりました。

場所をドローイングルームに変えて、ソファーに腰掛けての撮影。
トレーンがキレイに映えていました。。。

(自己陶酔です。放置してください。)

カコダンナのブートニアも付け直し、再入場。

ドアが開いて、フラッシュを浴びる。
このときだけだもんなー、ヒロインになっていられるの(笑)

さて。
私たちの披露宴では、余興というものは一切ありません。
余興に変わりにやったものが、テーブルごとの写真撮影。
披露宴開始の時に書き忘れてしまったのですが、実は、披露宴に出席していた人たち全員での集合写真もやりました。
これが結構当たったみたいで、このときの写真をゲストには結婚報告はがきとして送る予定です。

最初はカコ家のテーブルでの撮影。
友人、、、会社、、、。
カコダンナの方でも撮影。



ガン!ガン!ガン!ガン!



ん?
何の音だ??




ガン!ガン!ガン!ガン!




!!!!!

あれか、、、。
『光るカクテル』の中に入っている、光る物体。
テーブルに一生懸命にガンガン叩きつけているじゃないですか。



光らないぞー!(怒)



すいません、テーブルが壊れる前に誰か教えてあげてください。。。
というわけで、放置(爆)

光るカクテルもウケたらしいけど、もっとウケたのが『メニューカード』。
青いアクリル板に銀色の文字を印刷。
黒いクロスだったので、そこにカードをおくと文字がハッキリとでます。
しかも、一枚一枚に名前が入っているので、カンタンに捨てられないものだと思ってます(爆)

みんなと一緒に写真を撮って、自席に着きました。
そして、友人のスピーチ。
ロクでもないこと言わなきゃいいけど(汗)

そして、スピーチの真打登場。
言うまでもなく、ドレスのセンセである。

最初は、ありえないぐらいのブリブリ感。
気持ち悪いぐらいのブリブリ(爆)



カコ:いつもの爆裂トークでお願いします(笑)




そこから、いつものトランス状態で話す、しゃべる、いうわいうわ。
どこから出てくるんだ、このトーク。

ちなみにスピーチ内容は、私がセンセのブランドのモデルになったことや、オリジナルのドレスの紹介(素材など)。
また、今後の新作のモデルもお願いされました。
喜んで着ます。

あ。
ダイエットしないといかんな。。。

私のドレスは、真のオールシルク。
本当に軽いのです。

爆裂スピーチも終わり、しばしお食事タイム。
食べてくださいというキャプテンに応えようと、結構食べてた。
けど、ほおばれないのが痛いよね。
せっかくのイベリコ豚なのに~~~!
結局食べた。

ここで、カコとカコダンナからのプレゼント。

①ニューヨークグリルお食事券
②パークハイアット東京で売っているパスタの詰め合わせ
③新婚旅行(スペイン)で買ってきたスパークリングワイン(赤)
④新婚旅行(スペイン)で買ってきたスパークリングワイン(白)
⑤新婚旅行(スペイン)で買ってきた最高級ワイン(赤)

さぁ!
誰のウェディングケーキにドラジェが入っているかな??
ドラジェを食べてしまった人用に、お皿のウラにシールを貼ってもらいました。

運がよかった5名の皆さん、おめでとう!!!
ニューヨークグリルは本当に美味しい。
予約してから行ってね☆

花嫁の手紙?
私は花嫁の手紙をやりませんでした。
さらっとした、オトナの披露宴にしたかったためです。
しんみりした空気は、カコには似合わないなーって。
ホンネを言うと、実は、カコ両親に猛反対されました。



カコ両親:アンタにお世話になりました!なんぞ言われたくない。どーせまだ(出産とかで)お世話になるでしょ!!!



はい、正しいです。
すいません(爆)

ここで両親への花束贈呈。
カコはカコダンナ母へ、カコダンナはカコ母へ。

これからもよろしくお願いいたします。

っていう意味で贈呈。

カコダンナ父の挨拶が終わり、カコダンナの挨拶。
ウケ狙いなのか、素でやったのかはわからないけど、お辞儀をするときにマイクにがつーん!
やってくれます、カコダンナ。

そのまま生演奏に合わせて退場。
エンディングは、世界遺産で流れている曲。
かなり大好評な披露宴でした。



次は、番外編。
~次は、アナタです~
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ゲストが披露宴会場に入っているころ、私たちは一度外に出て写真撮影。
受付を頼んだ友人たちにも会い、一言お礼。
受付の友人たちも自席に着いたようで、司会者の声が聞こえてきた。



司会:カコダンナ家、カコ家の結婚披露宴を・・・



その間、ドア向こうに居た私たち。
真っ暗なんですけど、ここ(笑)
この真っ暗の中でも打ち合わせ。



キャプテン:ドアが開いて1歩入ったら、一礼です。それじゃ、お願いしまーす。



と言って、キャプテンは先に別なドアから入る。



司会:それでは、新郎新婦のご入場です!



生演奏(G線上のアリア)の演奏開始とともに、ドアが開いた。
スポットライトが当たってたけどまぶしくもなく、キャプテンに言われた通り、1歩出て一礼。
そこから、カメラを持っている友達にカメラ目線を送りながら、自分たちの席につく。
私たちの席は、ゲストと同じ高さ。
一段高いとかそういうものはなく、あくまで同じ目線の高さ。

席について一礼。
今日何回目だろ?
あと何回するんだろ?(笑)

ここで新郎のスピーチ。
何か考えてきたのかな?

難なく終えて、次は私たちのプロフィール。
プロフィールの内容で一度カコダンナとモメたことがありましたが、これも難なくクリア。
なんか、披露宴なのにその都度、『これ終わった』『あれは突破!』なんて思ってたから、一人で障害物競走やってるみたいだった(笑)

私のプロフィールも終わり、やっと座れます。
間違ってもどっこいしょなんて、言えません(爆)

このあとは、新郎新婦主賓によるスピーチ。
新郎主賓、いいこというなぁ、、、と感心。
因みに、新婦主賓のスピーチは、最初に私が遅くまで仕事していたことの会社としての謝罪(!!)と先輩夫婦としてのススメ(要は説教!!)でした。
参考にさせていただきますっ!先輩!!(爆)

主賓のスピーチが終わり、乾杯です。
照明がじょじょに落とされ、キャンドルのみの明かりに。
ぽーっとしてて、いい雰囲気♪

そこに、、、緑色に光るものがすーっと登場。
私たちの乾杯では、光るカクテルをやりました。
色は披露宴会場に使用した色(白、緑、黒)のウチ、緑色を使用しました。



うわーーーーーーーー!!!!!



斬新なものに見えたのでしょう。
カクテルグラスを手にした瞬間、なんで光っているんだろう???ってそっちに気を取られているゲストを見て、楽しませていただきました。

挨拶が終わり、いよいよ乾杯。
きり~~~~つっ!



乾杯:それでは、二人の前途を祝して、、、かんぱ~い!!!



ゲスト:かんぱーい!!!



それから前菜が運ばれてきました。
ちょっとつまんでいると、友人が。
友人たちに囲まれて食事。
パークでは、食事を新郎新婦に勧めてくれるので、食べられないということはないと聞いていたので、本当に安心でした。
人数も60名弱でしたので、結構食べることができたと思います。

私たちの披露宴料理は、3つのものにこだわりました。

①新婚旅行の思い出として、スペイン産またはスペイン風にしてもらう
②両家両親の出身地の食材を使用する
③キャビア、トリュフ、、、といった披露宴料理に欠かせなさそうなものは一切使わない

はっきりいって、変わってます。
メインは牛肉ではなく、豚肉。
スペイン産最高級イベリコ豚を使用したのですが、これがヒット!
私たちも試食したのですが、脂身まで美味しい。
これも斬新な料理になりました。

私はここで中座です。
カコ母にはナイショで、カコ母と中座。
手をつないで歩いたのは何年ぶりでしょう。
末席について、振り返ろうとしたときに、カコ母にモロにドレスのトレーンを踏んづけられました(爆)
よろけたカコ母でしたが、さすが腰が強いカコ母。
いいバランスしてました。
気を取り直して、中座です。



次は、お色直し入場~お開きです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
キャプテン:さぁ、いきましょう!



カコダンナに続いて、カコ父と私とメイクさんも出る。



牧師:それでは、新郎の入場です。



さっさとカコダンナは行ってもーた。
はやっ!
カコダンナはどんな面持ちで入場したんだろうか?
ビデオみないとわからない。

カコダンナが定位置に着いたようだ。



牧師:それでは、新婦の入場です。みなさまご起立ください。



新婦の場合はみんな起立するんだよね。
そして、ドアの方を一斉に向くんだろう。

オルガンで流れているのは、結婚行進曲。
もっともオーソドックスな曲を選択した。
キャプテンの号令に合わせて、一礼。



誰が来ているんだろう?



もっとも、新婦側じゃないとわからない。



あ、、、。



誘ったけど、都合で来られなくなった同僚が!
嬉しかったです。
たった20分の挙式のために来てくれるなんて。
あ、社長がいるなー♪
みんな来てくれてるー♪
こういうのがわかってるのって、かなり余裕だったのかな?

カコダンナの前までくると、カコ父とカコダンナは向き合って一礼。
そして、カコ父は私の手を取ってカコダンナに託す。
ビミョーに寂しかった。

実は、ここから先がよく覚えていない。
牧師さんの説教のあと、



はい。
はい、誓います。



この2つを言ったことは覚えてる。
あとは、、、何だっけ?
貴重な話なのに、そこだけない!



牧師:では、指輪の交換を・・・。



ツメに気をつけながら白いグローブを外す。
指輪はここにはめるんだぞ!といわんばかりに、左手薬指だけネイルアート。
2人のイニシャルと入籍日(ウチはこれが結婚記念日)が入っているリング。
カコダンナからもらった大事なエンゲージと重ねづけできるものを選び、はめてもらった時、幸せでした。
因みに、マリッジリングは銀座で探しまくって、ミキモト真珠のリングにしました。
カコもカコダンナの満足のいくデザインです。

カコダンナにはめてもらったあと、私もカコダンナにはめました。
若干サイズが大きかったのか、すんなり入りました。
よかった。。。

そして、祈祷。
このとき、やたら手が震えてました。
何故震えていたのかわかりません。







カコダンナが、手を強く握ってくれました。
優しい人です、カコダンナ。
別にのろけてるわけじゃないけど、改めてこの人と結婚できて幸せです。



牧師:それでは誓いのキスを・・・。



親の前だからどーだとか、まったく気にならなかったです。
寧ろ、2人とも自然体でした。

腰を屈めて、カコダンナがベールアップ。
ちょっとてこずったような気がするけど、ちゃんと上がり、向き合う。

(中略)

もう、こーんなキスなんてないんだろうなぁ(爆)

はい。

結婚証明書に名前を書く。
危うく、今の苗字(新姓)で書きそうになる。

そして、参列者の方を向く。
フラワーシャワーの準備をして、再び結婚行進曲。
一礼して、退場。



おめでとー!
キレイだよー☆



みんな、ありがとう。
それと、、、誰だ?
私に、花びら投げたのは!?(怒)
なーんて、今度仕返ししてやる~(笑)
花びらだらけのトレーンもキレイでした。

参列者をチャペル前でお見送りをし、再びチャペル内へ。
ここでは親族紹介。
お互いにそんなに親族、親戚が居ないのですぐに終わりました。

39Fホワイエに降り、親族記念撮影。
これはあとで親族に送ります。

撮影が終わると、親族はドローイングルームへ。
私たちはヴェネシアンルームに移りました。

カコダンナは最終打合せ、私はベールとグローブを外しました。
甘いものがキレたせいで、気分が悪くなっていたので、リンゴジュースを注文。
飲みながら、最終打合せをしてました。
でも、ほとんど、カコダンナに任せっぱなし。

私たちの会場を興味深く見学されていた人もいました。
このアレンジ、今までパークではやったことがないそうです。

※写真がまだないんです、、、すんません。



次は、披露宴開始~お色直し退場です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
キャプテンが向かえに来たので、部屋を出る。
普段着慣れていないものを着ているので、裾を自分でふんずけてしまった。

キャプテン、ビデオクルー、メイクさん、センセ、、、7人でぞろぞろ。



ビデオ:ご新郎様、ご新婦様のお手を、、、



そーだ!先に歩くなっての(怒)
かなりの重量のブーケを持ち、裾に気をつけながらエレベータホールへ。
41Fに到着。
そこはホテル受付。



スタッフ:おめでとうございます。



あーいいなぁ、この感じ♪
そのまま会釈をし、記念撮影場所であるライブラリへ。
ここで裾の直しを何回も行い、ブーケの持ち位置や立ち位置の確認をしながら写真を撮りまくってもらいました。
パークの宿泊客であろう人たちに、



うわ~ステキ♪
コングラチュレ~ション♪



あひゃひゃ♪
やっぱいいなぁ(壊)

私のドレスは、裾が命なので、裾はセンセが納得いくまで直してもらう。
写真もセンセの知り合いなので、安心。
ビデオクルーも様々な角度から撮ってくれている。
2人一組であったが、あまり気にならない。

ライブラリ前の撮影を終え、ジランドールの前を通りピークラウンジに来ると、カコダンナの上司を発見。
ピークラウンジでの撮影もあり、そこでも裾、立ち位置の調整をカンペキにして撮影。
パーク仲間の集まりで何回かパークの花嫁をみているが、今日は自分が他の人に見られている。
ヘンな優越感を持ちながら39階に降りる。

39階では、パーク専属の写真屋に螺旋階段の写真を撮ってもらう。
はっきり言って、パーク専属の写真屋じゃなくてもよかったのだ。
何でもいいから、『パークの螺旋階段』で写真を残せればよかった。
パークに頼んだのは、そこで撮れるという『確かな保証』をもらうため。

螺旋階段に来て、何故か気持ち悪くなる。
だけど、、、ここで なんかやったらまずいなー時間押しちゃうなーなんて考えてた。
パークの撮影クルーの人数は恐ろしいぐらいいる。
クルーが裾を直そうものなら、センセの一括が入る。



センセ:違う!私のドレスはドレープが命なの!!



センセには、撮影失敗したくないから入ってくれと『その場』で言った。
もちろん、パークのスタッフにも聞こえるように。

事前にパーク側にもセンセが入ることを伝えてあり、険悪な雰囲気もなく(多分)、私のスペシャルドレスの裾すべてファインダーにおさまったところを撮影。
カコダンナも入り、2人での写真もカンペキ。

ここまで立ちっぱなしのせいか、結構キテた。
意外にも重いブーケ。
筋トレ状態。

螺旋階段の撮影が終わり、40Fへ上がる。
チャペル前は人だかり!!!



おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお♪

すごいきれー!

おめでとー!






別人じゃん!



・・・。
ハイ。
普段スッピンに近い状態で会社に行ってるので、そりゃー『特殊メイク』したら変わるだろうなぁ。
ま、花嫁は一番キレイな時なんです。

チャペル前に進むと、カコ父発見。
そこで挙式の練習。
なんか説明してて、うんうんなんて頷いているけど、上の空。
どっちの足から出るんだっけ??

チャペル内にはカコ母とカコダンナ父とカコダンナ母がすでにスタンバってる。
取り敢えず、ここでも裾に気をつけながら歩く。
また説明をされるがまたもや上の空(いつものこと)。
多分、カコダンナが聞いているだろう(他力本願)。

そして、カコ・カコダンナ・カコ父はいったん控え室へ。



キャプテン:はい、それでは・・・・・。



外では参列者が順番に入っていってる模様。
ここからは何もわからない。
オルガンの音がする。
賛美歌?と思われる歌声。

いよいよなんだなぁ。。。



キャプテン:はい、それでは行きましょう!!!



うひゃー!(滝汗)



次は、挙式~披露宴前の最終打合せです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。