20070308-1大リーグ・井川、落ち着いて初登板へ
4月7日12時35分配信 時事通信

公式戦初先発を控え、笑顔で記者会見するヤンキースの井川。7日のオリオールズ戦で大リーグデビューを果たす(6日、ニューヨーク)(時事通信社)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-05152227-jijp-spo.view-001


Yahoo!ニュース - 井川慶

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/igawa_kei/


KEI IGAWA OFFICIAL WEB SITE - 井川投手の公式サイト


]ヤンキース vs. オリオールズ 松井秀喜&井川慶 試合詳細 - スポーツナビ

詳細 見所   
 ヤンキースの井川慶投手が8日(日本時間)、本拠地ヤンキー・スタジアムでのオリオールズ戦で初先発で初登板に臨む。

 オープン戦の終盤、徐々に調子を上げてきた井川。得意のチェンジアップも「良くなった」と語る。強力打線のオリオールズ相手に、公式戦のマウンドでどのような投球を見せてくれるだろうか。零度に近い寒さが気になるところだが、同じく移籍した松坂が初登板で素晴らしい投球を披露しただけに、期待が掛かる。

 一方、オリオールズの先発は、昨年メッツで15勝を挙げたトラクセル。松井秀をはじめとするヤンキース打線は早い回でトラクセルを攻略し、井川を援護したいところだ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/players/matsui/live/2007/04/081_matsui.htm


[速報]ヤンキースvs.オリオールズ - サンケイスポーツ



昨日夕飯後に飲んだ 抜歯の時のもらって痛み止めとかの薬のせいか睡魔に襲われ 思いっきり爆睡して目覚めた11時頃(爆)

ゆえに 今でもネット内ウロウロしているわけだけど

まもなく始まる F1の予選の模様を含め 試合開始の2時過ぎまで起きていられる自信は皆無

松坂の時は 完全に諦めて寝ちゃったんだけど・・・・んー・・・・


結果 出して欲しいね!!

(2007-04-08 01:31:55)



2時30分

試合は始まったようで

1回終わって オリオールズ 1 - 2 ヤンキース



3時30分

スポーツナビでは 全く実況になってないのが残念

サンスポ実況によると オリオールズ 7 - 2 ヤンキース

井川 4回で失点7


ヤンキースの井川、5回7失点のデビュー=松井秀は負傷交代-米大リーグ
4月8日8時31分配信 時事通信
 【ニューヨーク7日時事】米大リーグのヤンキース入りした井川は7日、当地で行われたオリオールズ戦に先発で初登板し、5回を投げて8安打7失点と厳しいデビュー戦になった。チームが10-7で逆転サヨナラ勝ちしたため、勝敗は付かなかった。
 6番左翼で先発出場した松井秀は1打数無安打。2回の打席で捕ゴロに倒れた際に左足太もも裏を痛め、4回の打席で代打を送られて退いた。
 井川は1回にソロ本塁打で先制を許し、チームが逆転した直後の2回も二死満塁から押し出し四球と走者一掃の適時二塁打で4失点。4回にも2点本塁打を浴びた。ヤンキースはロドリゲスの満塁本塁打でサヨナラ勝ちした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000011-jij-spo


1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリオールズ
ヤンキース 4x 10


井川、5回7失点の無惨デビュー、炎上左腕に本拠地大ブーイング

【ニューヨーク7日(日本時間8日未明)=サンケイスポーツ特電】

 ヤンキース・井川慶投手(27)は、本拠地ヤンキースタジアムでのオリオールズ戦に初登板初先発したが、2本塁打を浴びるなど5回(97球)を投げ、8安打、2奪三振、4四死球、7失点で降板。レッドソックス・松坂大輔投手(26)とは一転、デビュー戦で厳しいメジャーの洗礼を受けた。また、松井秀喜外野手(32)は1打数無安打。守備中に足の違和感を訴え、四回の第2打席で代打を送られた。試合はヤンキースが九回、10x-7でサヨナラ勝ちした。

 高々と舞い上がった打球が左翼・松井秀のはるか頭上を越えていった。2-5と3点をリードされて迎えた四回、井川は無死から簡単に四球を与え、続く2番・モーラに特大の2号2ランを浴びた。この日2発目の被弾で、とうとう7失点。大きな拍手と歓声に送り出された一回のマウンドとはまるで別世界。スタンドから情け容赦ないブーイングが浴びせられた。

 日本でも苦手だった鬼門のデーゲーム。やはり立ち上がりから不安定だった。簡単に二死をとったが、3番・マーケイキスにフルカウントから甘く入った真っすぐを左翼へ運ばれた。いきなりのメジャー初被弾に動揺したのか、二回は先頭からの3連打で無死満塁のピンチを招く。どうにか二死をとったが、1番・ロバーツに押し出し四球。さらに続くモーラは打ち取ったかに見えたが、右前へポトリと落ちる3点二塁打。不運もあったが、全体的に制球が甘く、簡単に走者を許してはオ軍打線に痛打を許した。

 6日(日本時間7日)の前日会見で緊張した様子は見られなかった。「初球は教えられないけど、決めている。投げることを楽しみにしています」と笑顔さえ浮かべていた。また、右太ももを痛めてキャンプ地・タンパ(フロリダ州)で調整中の王建民投手(27)から球団関係者を通して「初先発、ぜひ頑張ってほしい」との激励メッセージも届いた。

 「めちゃめちゃ力んで投げたい。(調子が悪いと)味方のファンからブーイングが起きるところは(阪神)タイガースと似ているような気はしますけど…。試合を作ることを基本に考え、ベストを尽くして頑張りたい」


 仲良しの王の言葉を胸に井川が夢舞台に立ったが、力みすぎてしまったのか。そして、甲子園をほうふつされるブーイングもまた浴びてしまった。
http://www.sanspo.com/sokuho/0407sokuho077.html


とりあえず 負けがつかなくて良かったねぇ

次の登板で どう挽回できるか?ってところかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

AD