インテルナシオナルがバルサ下し初優勝

 トヨタ・クラブW杯最終日は17日、横浜・日産スタジアムに約6万7000人の観衆を集めて行われ、決勝で南米代表のインテルナシオナル(ブラジル)が欧州代表のバルセロナ(スペイン)を1―0で下して初優勝した。


 インテルナシオナルは0―0の後半37分、イアルレイからのパスを受けたアドリアーノがゴールを決めた。世界的スターのロナウジーニョを擁するバルセロナは試合開始から積極的に攻撃を仕掛けたが、得点できなかった。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061217040.html


アフリカのアルアハリが3位
<アルアハリ・アメリカ>決勝ゴールを決め喜ぶアルアハリのアブートリカ

20061217-8  トヨタ・クラブW杯最終日は17日、横浜・日産スタジアムで3位決定戦を行い、アフリカ代表のアルアハリ(エジプト)が2―1で北中米カリブ海代表のアメリカ(メキシコ)を下した。


 アルアハリは前半42分にエースのアブートリカがFKを直接決めて先制点を挙げた。同点とされたが後半34分に再びアブートリカが決めて勝ち越した。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061217031.html


当面は日本開催…ブラッター会長意向

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は17日、横浜市内で記者会見し、トヨタ・クラブワールドカップ(W杯)について開催国が決まっていない2008年以降についても当面は日本で継続的に開催したいとの意向を示した。


 ブラッター会長は今大会の観客動員や運営を高く評価。07年大会を日本で実施した後の08年大会開催国にメキシコが正式立候補していることを明かした上で「日本以外の国が08年大会を開くのは簡単ではない。重要なのは大会の成功。歴史が浅い大会はきっとどこかにいかりを下ろすことになるだろう。それが日本でいけない理由はない」と話した。


 日本サッカー協会の川淵三郎会長は、前回数億円の赤字だったクラブW杯の収支が今大会は約3億円の黒字になるとの見通しを明らかにした。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061217026.html


スポニチ 海外サッカー世界クラブ選手権日程

http://www.sponichi.co.jp/soccer/oversea/06_07/world_club/index.html


サッカー素人の私は このトヨタカップがどんなもんかもよく知らず

大会出場チームが どんなレベルなのかも知らず

J1を見ていても あんまり面白いとは思わないのに

この世界レベルの戦いは面白いですねぇ

ドキドキしちゃうプレーがいっぱいで 緊張感がものすごい


こんな私も バルサのロナウジーニョは知ってるらわけで

上戸彩がデコデコ言うおかげで デコも憶えた(笑)


点数の入らないゲーム

いやはや ワンブレーワンプレーがワクワクさせてくれる


勝ったのはインテルナシオナル。


これからしばらくは日本での開催のようで

安全・環境・金 まっ妥当なんだろう(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

AD

コメント(2)