20061126-5
競馬・優勝のディープインパクト
中央競馬の国際G1レース、ジャパンカップを制した武豊騎手騎乗のディープインパクト。10月1日の仏凱旋門賞で、禁止薬物検出で失格となって以来の復帰戦。ディープは、鮮やかに復活(26日、東京競馬場)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061126-04858515-jijp-spo.view-001

JRAホームページ - http://jra.jp/

今週の注目レース 10R 第26回 ジャパンカップ(GI)

http://jra.jp/keiba/thisweek/2006/1126_3/syutsuba.html


競馬:1番人気、ディープが優勝 ジャパンカップ
 中央競馬の国際競走、第26回ジャパンカップ(G1)は26日、東京競馬場の芝2400メートルに外国招待馬2頭を含む11頭が出走して行われ、断然の単勝1番人気に支持された武豊騎乗のディープインパクト(牡4歳、池江泰郎きゅう舎)が優勝、G1通算6勝目を挙げた。2着はドリームパスポート、3着は外国馬のウィジャボードだった。


 ディープインパクトは10月にフランスで行われた世界最高峰レース、凱旋門賞(G1)で3着になったが、レース後の薬物検査で尿検体から気管支拡張剤で禁止薬物のイプラトロピウムが検出された。これを受け、仏競馬統括機関のフランスギャロは今月16日、同馬の凱旋門賞失格と3着賞金の没収、同馬を管理する池江調教師に約227万円の制裁金を科す処分が発表された。


 この日はディープインパクトとハーツクライの再戦が実現した。昨年12月の有馬記念で、ハーツクライは当時無敗の3冠馬だったディープインパクトを破って優勝。その借りを返すべく、ディープインパクトは1着でゴールを駆け抜け、「失格」の汚名を返上し、国内現役最強馬としての貫禄を見せつけた。


 同馬は帰国後、10月の天皇賞・秋への出走を回避し、ジャパンカップが帰国初戦となった。既に年内限りでの引退を発表しており、12月24日の有馬記念(G1、中山競馬場)がラストランとなる予定。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061126k0000e050023000c.html


ジャパンCアラカルト
2006年11月26日(日) 16時12分 netkeiba.com

●1番人気の優勝
 85年シンボリルドルフ、00年テイエムオペラオー、04年ゼンノロブロイに続く4頭目で、いずれも日本馬によるもの。

●三冠馬のJC制覇
 85年シンボリルドルフ以来の2頭目。ダービー馬の勝利は、シンボリルドルフ、92年トウカイテイオー、99年スペシャルウィーク、01年ジャングルポケットに続く5頭目。

●GI・6勝
 ディープインパクトはGI・6勝目。これはシンボリルドルフ、テイエムオペラオーの7勝に次ぐJRA歴代3位。

●単勝最低配当
 ディープインパクトの単勝配当130円は、00年テイエムオペラオー(150円)を上回る史上最低配当。

●日本馬のワンツー
 日本馬が1、2着を独占したのは、85年、98年、00年、01年、03年、04年に続き7回目。

●サンデーサイレンス産駒
 99年スペシャルウィーク、04年ゼンノロブロイに続く3勝目。

●生産者
 生産者のノーザンファームは01年ジャングルポケット続く2勝目。今年はフェブラリーS(カネヒキリ)、高松宮記念(オレハマッテルゼ)、天皇賞・春(ディープインパクト)、宝塚記念(ディープインパクト)、エリザベス女王杯(フサイチパンドラ)、ジャパンCダート(アロンダイト)に続き、GIは5頭で7勝目。前日のジャパンCダートに続く2日連続のGI勝利となった。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061126&a=20061126-00000009-kiba-horse


JC、武豊騎手コメント「楽しんで走っていました」

1着ディープインパクト(武豊騎手)
 今日はディープでしたね。後ろから行くことは想定していましたし、何よりも道中ディープが楽しんで走っていました。残り700mでゴーサインを出しましたが、彼本来の走りができました。フランスがあのような結果でしたので、今日は勝ちたいという想いが強かったし、変わらずファンが温かく迎えてくれたので、嬉しかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061126-00000012-kiba-horse


[特集]第26回ジャパンカップ特集 - レース結果、レース映像。Yahoo!スポーツ

[特集]第51回有馬記念ファン投票特集 - Yahoo!スポーツ


やっぱりディープ!

いやはや 強さを見せ付けてくれました!


ホント最後の直線は 楽しそうだしカッコイイし美しいし

駆ける姿にホレボレしちゃうラブラブ!


次の有馬記念がラストランになるんだね

ここは勝利して 種牡馬生活に入って欲しいものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

AD

コメント(4)