20061123-1

復党問題、結論出ず―中川・平沼会談
郵政造反組の復党問題で自民党の中川秀直幹事長との会談後、質問に答える平沼赳夫議員(中央)。平沼氏は幹事長提示の3条件のうち、郵政民営化への支持には難色を示し、結論は出なかった(22日、国会内)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-04851150-jijp-pol.view-001


平沼氏は年内復党見送り、政権公約支持の誓約求められ

 郵政民営化に反対して自民党を離党した「造反組」無所属議員12人の復党問題で、自民党の中川幹事長は22日夕、造反組の交渉役である平沼赳夫・元経済産業相と会談し、郵政民営化を含む党の政権公約(マニフェスト)への支持を明確にした誓約書を添えて27日午前中に復党願を提出するよう伝えた。


 会談後、平沼氏は「私の場合、中川氏の要求はハードルが高い」と記者団に述べ、年内の復党を見送る意向を表明した。


 中川氏は22日の平沼氏との会談で、復党を認める条件として、

<1>郵政民営化を含む党の政権公約の順守

<2>安倍首相の所信表明への支持

<3>党紀・党則の順守と、昨年の衆院選での「反党行為」に対する反省の表明

――を改めて示したうえで、新たに誓約書提出を求めた。昨年の衆院選で落選した前衆院議員については、今回の検討対象から除外する方針も伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-00000114-yom-pol


復党ありきで話がすすんでいるのが気に入らないのですが

年内に決めないと 党の助成金が入らないから

平沼さんがどう思ってるかは別として 他の11人は心配でならないんじゃないのかね?


それにしても 自民党は票を持ってる平沼さんに足元を見られ

平沼さんの方は いやに強気

この構図も なーーんか変

選挙の票の為の復党が 結果として世論の反感を買い票が減ることも考えられるわけだよねぇ。



国会ネタでもう一個


20061123-2
質問する民主・蓮舫氏―参院特別委
参院教育基本法特別委員会でフリップを手にタウンミーティングの経費について質問する民主党の蓮舫氏(右手前)。首相は率直に責任を認め、低姿勢に終始した。野党は攻めあぐねた観(22日午後、国会内)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-04851211-jijp-pol.view-001


「ボタン押すだけ」で1万5000円=TMの「無駄遣い」民主が追及-参院特委

 政府のタウンミーティング(TM)をめぐり、「エレベーターのボタンを押す人員に1万5000円」など、開催に多額の経費が計上されていることが22日、分かった。同日の参院教育基本法特別委員会で民主党の蓮舫氏が明らかにした。
 同氏によると、2003年に岐阜市で開かれたTMで、内閣府が契約した広告代理店に示した単価表に「会場における送迎等4万円」「エレベーター手動1万5000円」などの項目があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-00000170-jij-pol


閣僚送迎に4万円 タウンミーティング「無駄遣い」

 民主党の蓮舫氏は22日の参院教育基本法特別委員会で、政府主催の教育改革タウンミーティング(TM)の会場で、閣僚の送迎担当者に1人あたり4万円の日当が支払われるなど、ずさんな支出が行われていたと追及した。


 政府は広告代理店にTMの会場準備や運営を委ねていたが、蓮舫氏は政府が代理店と結んだ契約の単価内訳表に「空港での閣僚送迎等 単価1万5000円」「エレベーター手動 単価1万5000円」などが記載されている事実を指摘。平成15年の岐阜市でのTMでは「4万円の会場誘導費が8人分、ボタンを押すだけのエレベーター手動が2人分請求されている」と追及した。


 これに対し、安倍晋三首相は「(広告代理店の選定は)競争入札でやっているが、節約できるところはもっとある」と運用の改善を表明した。また、この日の質疑で首相は「やらせ質問」は「当時の官房長官として私の所掌の中で起きた大変遺憾な出来事で、責任を負っている」と、自らの結果責任を認めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061123-00000001-san-pol


腹が立つってーか 呆れる話で

公務員とか議員さんとか 税金を使う側の方は

自分の財布が傷むわけでもないから 好き放題に使い放題


これってタウンミーティングに限らず 政府主催のなんたら会は

みーーーんなそういう使い方なんだろうと予想は出来る


なんだかなぁ~で 情けないよねぇ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

AD

コメント(2)