柿の木薬局 店長の独り言

岡山市北区清輝本町にある柿の木薬局。そこのめがね店長のブログです。6歳、4歳、2歳の3人の子供を持つパパとして、90歳の認知症の両親を抱える家族として、国際中医専門員であり薬剤師である薬の専門家として、いろんな日々の出来事や季節の養生法などを紹介しています。

こんにちは
岡山市の調剤薬局、柿の木薬局の店長のブログへようこそ(^-^)/
漢方大好きな店長の日々の生活に生かす、漢方の知恵を色々と紹介しますね(^O^)


テーマ:

昨日に続いて、これからの季節、気をつけてほしいことを書きます。

春といえば花粉症の季節です。

中医学では花粉症は、春に悪さをする「風邪(ふうじゃ)」が花粉を体に入りこませて起こると考えます。
春は風が吹きやすい季節です。
この風が体に悪さをすると「風邪(ふうじゃ)」という邪気になります。

体に風邪が入りこまないようなバリアがしっかりしていたら、花粉症になりません。
「衛気(えき)」というエネルギーがバリアの役目をしています。
「衛気」は肺から取り込まれる酸素と、食事から摂る栄養から生み出されます。

「衛気」を充実させるために「肺(呼吸器系)」と「脾胃(消化器系)」の働きを低下させないことが大切です。

「肺」は乾燥に弱く、潤いを好む臓腑です。
潤いを補う白い食品(大豆製品、インゲン豆、白きくらげ、白ゴマ、お米)がおすすめです。

「脾胃」を元気に過ごすには、冷たい物や生物を食べ過ぎない、腹八分目、最初の一口だけでも30回噛む、甘いもの、脂っこいもの辛いものを食べ過ぎないなどを日頃から心がけておきましょう。

甘酒を豆乳で割ると、潤いも補えるし、胃腸の元気も補えるのでおすすめの飲み物です。
美味しいので、飲みすぎないようにしましょう!!



昨日食べた「ぐり虎」のラーメンですが、白ネギがたっぷりと入っていました。
魚だしのこってりスープでした。
めっちゃ美味しかったです!!
こんなのも毎日はダメだけど、たまにはいいと思います。
バランスですよね〜


☆柿の木薬局のホームページ

☆薬剤師さん、募集しています。

定年退職した薬剤師免許を持ってるけど実務経験のない男性歓迎します!!

通勤には便利な場所です。勤務時間など詳しいことはメールでお問い合わせください。


☆柿の木薬局へのアクセス



☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆処方箋調剤がメインですが、漢方相談も承ります(^_^)
予約してくださいね。平日は13時から15時の間がゆっくりとお話できます。
086-234-7676