今日の出来事。(職場にて)

テーマ:
火曜日、休みだったので、美容室にカラーカットをしに行ったんだ。

いつもの俺は・・・


美容師さん:「今日はどないするー?」

俺:「秋風漂う色男で!!!」


・・・と美容師泣かせの完全お任せパターン。

今の仕事(介護関係)をする前は美容師をしていたので、こういう客は正直な話「めんどくさい奴」

でも、俺は負けない。

負けずにお任せパターン!!


けどね・・・火曜日の俺は違った。


俺:「ツーブロックでいってやりましょー!」

美容師さん「おk!おk!」


ってな具合にツーブロックにして、カラーも少し個性的にしてみた。


そして、今日仕事に行くと・・・


1発目から・・・

上司:「白菜みたい(笑)

笑いも取れたしいいっかと思い、堪える。

利用者さん:「兄ちゃん、頭が白菜みたい(笑)



泣いた。
AD

人生を最高に旅せよ!

テーマ:
$oops!!!


最近はまっている本。

気になっていたのですが、先日、ビーバップハイスクールという番組で紹介されていたので購買意欲が高まり購入しました。


毎日少しずつ読んでいるんやけど、ふと考えさせられたものがあったので紹介。


自分の主人になれ

自制心について書かれている

一日に一つ、何か小さなことを断念する。

最低でもそのくらいのことが容易にできないと、自制心があるということにはならない。

また、小さな事柄に関して自制できないと、大きな事柄に関して上手に自制して成功できるはずもない。

自制できるということは、自分をコントロールできるということ。

自分の中に巣くう欲望を自分で制御する、欲望の言いなりになったりせず、自分がちゃんと自分の行動の主人になる、ということだ。




そりゃそうやろって思うかもしれません。

でも、自分を振り返ってみると本当に自分は自分の主人になれているだろうか・・・とふと思います。


タバコ我慢できたか?

コーヒー飲むの我慢できたか?

腹一杯まで飯食ってないか?

どれも小さなことやけど、何一つ自分の欲望を制御できていない。


まだまだケツの青いガキだな・・・俺。

この本と出合ってなかったら、当たり前な事も知らずに歳をとっていってたのかも知れん。


ふとした時にこの本に書いてあった事を思い出せる、そんなニーチェの言葉でした。
AD

THE LAST MESSAGE 海猿

テーマ:
今もっとも熱くて、日本中の人が関心を寄せている映画


そう!


「THE LAST MESSAGE 海猿」を見てきました。




レビューの前に、そもそも俺は隠れ映画好きである。


どんなけ好きかと言われるとそんじょそこらの映画マニアの下の辺りだと思う。

でも映画好きやねん!

月に10本は映画見てまんねん!!

そんな事を周りの人に言うと「何が一番良かったん?」って聞かれるんやけど、その話はまた後日。



そうそう、映画館に一人で見にいけますか?

俺は見にいけません。

きっとそこがミーハーな映画好きなんやろうと思う。

映画って誰かと見ても、一人で見ても一緒やんって言われるけど、無理やん。

寂しいもん。



話は戻って「海猿」やけど、

見に行った人に聞くと、「いままでの海猿で最高の出来や!!」と言う人が多い

そんなん聞いたら、ワクワクでズボンがはち切れそうになりますやん。


とりあえず映画館に行ってする事。

1、チケットを手配
2、トイレに行く
3、ポップコーン(バターしょうゆ)と飲み物をget
4、妄想を膨らます

これが俺のいつものパターン

まぁ、みんなこんな感じでしょう。




映画の後半に入ります、場面的にこれから感動シーンという所で・・・


股間に異変が!!!


そうです、俺のいつものパターン1を忘れていたので、下っ腹がそりゃもうパンパン♪でやばいやばい。

感動シーンが終わるまで我慢しようと試み、

足を組みなおしたり、

座席のお尻加減を変えてみたりするが

余計に股間が熱発してきた。


もうお分かりでしょう。感動シーンをそっちのけでトイレへ猛ダッシュ!!

パンツにつけているカラビナがジャラジャラ鳴ろうが関係なし!!

(同じ劇場の方、その節は申し訳ございません)


男の人には?わかるかも知れませんが、限界まで我慢し、ホースから放尿すると心臓音が聞こえます。

スッキリとし、暗がりの劇場内に戻るとハンドタオルで顔をおさえてる人が沢山・・・


やっぱり見逃した!!!


クライマックスは見れましたがなんとも言えない気持ち。

こんなに自分を責めたのは久々でした。


何故か話が脱線したけど、結果からして


海猿は前回のほうが良かった!

見ている人によって感動のポイントは違うのは当たり前ですが俺はそうでした。


でも、友情、愛情、仕事への熱い思いはメラメラと伝わってきて良い作品だったなーと思いまするん。


映画の内容はあえて書きません。

でも一つだけ言うときます。


トイレだけは絶対に行くように!!!
AD