「洋ちゃん」のひとりごと

 人生いろいろ楽しもう


テーマ:

私「洋ちゃん」、

古地図を見ながら、その当時の風景、様子等を想像するのが好きです。

知人からは「地図お宅人間」と云われた事もあります。


先日、

大正期発行の地図で『三明火葬場』と書かれた場所を見つける

 …下地図参照
          
私「洋ちゃん」…三明火葬場』については???。


この『三明火葬場』について調べる(一部ネットより引用)

まず…名古屋の火葬場は江戸時代には「吹上」だったと云われている。

    現在の吹上公園の辺り。

     明治30年代になって、そこに名古屋監獄が移る。


明治30年に、名古屋の東の丘陵に新しい火葬場が造られたのが『三明火葬場』との由。


大正4年(1915年)に八事に市営火葬場ができ稼動。

※しかし、八事に火葬場が出来ても

 『三明火葬場』は市中から近いため「上野火葬場」と呼ばれて利用されていた。

 市中の人は葬列を造って、この『三明火葬場』まで送っていた。


下の地図は大正11年「大名古屋市街地図」をスキャン

名古屋刑務所と記載=名古屋監獄
 


(付記)

★ネットを見ていましたら

昭和54年(1979年)まで名古屋市熱田区に「野立斎場」があったとの事。

 …この「野立斎場」の詳細については???。


★名古屋駅の西方に「米野火葬場」があり。

 …「米野火葬場」の詳細についても???

 下の地図は大正11年「大名古屋市街地図」をスキャン

 ※地図の左上に「中村遊郭」が記されています。


※28年2月27日に三明火葬場について追記する

吹上にった火葬場(焼場)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。