ブログ更新、頑張ります



普段はここに今後の予定を書いてるけど

3月11日に日本で起きた被災の影響で

これからはどうするか

未だに決めてなくて

ただただ原発を巡る多数の問題が

早めに解決されることを

祈ってます

(@ ̄Д ̄@;)


$☆チョコたっぷり入っているカカオの狂った世界からやって来た日記☆







テーマ:

1年?以上?ぶりのアメブロ。


スタート画面変わり過ぎ。というか分かりづらい。


ピグにもアクセスできなくなったみたいで、アメーバいったいどうしたんやろう?

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
新たにブログを作ってしまったくらい、最初の頃は就職活動に燃えた私だが、

就活はスタート時点よりずっと前にちゃんと準備をするもんだなと気づく毎日でした。

新聞学科所属なだけに、就職はメディア業界が良いと初っ端からそっち系ばかり見ていました。

今思えば、あの時もうちょっと視野を広げていたら、苦しい思いをいっぱいせずに済んだのかもしれない。

なぜなら、メディア業界の就職は甘くないからです(こねを持っていれば別ですが、私にはないので)

それとも私は甘く見ていただけかもしれません。 

最初の頃は、説明会の抽選にさえ漏れてしまい、もうあかんわと凹んでいたけれど、1月あたりから急に

調子がよくなり 「これ、いけるかも」と舞い上がりました。

しかし、一見素晴らしい会社でも、説明会を重ねるうちにそうでもなく見えて、時々は私が本当に行きたい会社ってこの世に存在しないのかも、とまで思ったりしていました。

合同説明会、セミナー、面談などなど、数え切れないほど行きました。そして、ほとんど何も頭に残りませんでした。

就活していて気づいたことは、「慣れ」が大事だということです。

どれだけ面接が下手っぴでも、複数の面接を重ねるうちに

面接の流れや面接官の求めていることが分かってきます。

あと、緊張は絶対しないことです(私が逆に緊張しなさすぎ!っていわれたことがあります。。。笑)

私が最も苦労したのは、筆記試験だったけれど、そこは(言うのもあれだけど)

「留学生」という不利な点も大きく関わっていたと思います。

普通のSPI(日本語、数学がメイン)が大丈夫だとしても、

日本人が高校で習う一般教養が問われると。。。



そんなんこんなんで、無事に内定を3つもらい、メディア業界で第一志望の会社から内定が出たにも関わらず、

全く別の業界に就くことになりました。

受けた会社の数

30~32くらい

まだ20社しか受けていなかったとき(2月くらいかな)、ある会社のHR部の人に

こんなに少なかったら、まだ内定出てなくて当然だよ

と言われました。

リクナビ、マイナビなどに、「内定が先輩たちが受けた会社の数」とかいうセクションのとこに

すごい数の会社を受け、やっとこさ内定をひとつもらえて人の話が載っていたりします。

時には100社以上の人の話もあります。

しかし、少なくとも私の身の回りで就活をしている人で50社以上受けている人はいません。

私が逆に多い方です。

そして、第一希望の会社に内定をもらった先輩たちで1,2社しか受けなかった人も結構います。

数が少ない!とあまり焦らない方がいいと思います。

ここに印象がよかった会社と、そうでもなかった会社も書きたいと思います

印象がよかった会社

テレビ朝日
正直な話、最初はあまり視野に入れなくて選考が早かったので

練習程度で受けてみようと思っていたのですが、

面接がものすごい楽しくて、面接の前に緊張をほぐしてくれる人事の方の対応が本当によかったです。

筆記試験に敗れたときは本当に悲しかったです。それは、内定がもらえなかったからではなくて、

もうこの会社の選考に参加できなくなったからです。

4年生でも応募できるので正直、また受けたいな~という気持ちはなくなないです。 笑

印象がよくなかった会社

サイバーエージェント
(このサイトを運営する会社なので、記事消されるかもしれません 笑)

テレビ朝日と平行に受けて、前半戦で最も早く進んだ会社です。

説明会兼選考会が渋谷の某なホテルの豪華なイベントホールで行われ、結構和やかな雰囲気でした。

しかし、以前からこの会社がいわゆる「ブラック」企業に入っていることを知っていて

選考が進むにつれて心配が増していきました。

人事の方や、受付嬢をはじめ社員たちが皆とても優しいかたがたばっかりで、

ネットで書かれたものは全部うそなんじゃないのとまだ思うようになりました。

そして役員面接(選考会⇒GD⇒社員面接⇒人事面接⇒役員面接)の日がきました。

役員面接まで3週間ほどが空いていて

ちょっと長いじゃないのっとそういう時に頼りになるみん就(楽天が運営する就活専用掲示板)で確認したところ

全く変ではなかったことが分かりました。

この会社は内定を結構出しているようで、私が役員面接に進んだ頃、また募集を受け付けていたので

面接が遅い = 私は必要ない なんて考えが頭にありませんでした。

しかし、まさにそういうことでした。

あの時確認した掲示板にはいつとなく批判的な書き込みが増えていて

「ポイ捨てされた」、「面接がとても盛り上がったのに不合格」のような書き込みが多かったです。

私もまさにポイと!捨てられた気分でした。

役員面接の面接官は副社長のHさんで、面接が本社と別のビルで行われました。

ほかの会社なら「わざわざこちらまで来てくれてありがとう」的なものを言われることはあったと思うのだけれど

Hさんは、そういうことなんて言わずに、ただただ私が当時まで提出した資料に目を通していた。

役員面接なのだから「いつ日本に来たのですが?」という、定番の質問の後に

会社に関する質問が来ると思いきや。。。

面接が5分たらずで終わりました。

しかもこの5分間でHさんが私を見よう、目をあわせようともしませんでした。

ほかに質問ありますかと、私が聞いてみたら

「うーん。。。。何か得意なものある?」と、適当な質問の上にため口で聞かれました。

部屋を出た瞬間、もうこの会社とは関わることはないだろう、関わりたくもないと思いました。

いわゆる「お祈りメール」も来ず、数週間後ホームページを確認したら短い文章が書いてありました。




就活は大変だったけれど、友達が増え、日本の会社はいかなるものなのか、組織の仕組みなどなど

色々な勉強もできて、ちょっとは成長したと思います。

来年から社会人か~ 気持ち的にはまだまだ入学したばかりの学生です 笑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実際に私に会ったことある方はすでに知っていると思いますが

私は去年12月1日を気に晴れて(?)就活生になりました~

つまりもう3ヶ月間就職活動を進めています!

本当はそんな3ヶ月間について特別に書こうと思っていたが。。。

就活というのは思ったよりもずっと時間を食うもので。。。o(TωT ) 
要するにここ数週間、パソコンを利用回数が激減したんですよ。

もちろん、悪いことばかりではないし、就活を通して普通は出会わないような人に出会ったり、色々な業界の話を聞かせてもらったり。。。就活ならではの専門用語も身に付けましたし。へへ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

今までは数々の説明会に行ったり、対策本を何冊か買ったり、セミナーでスキルを磨いたり、合同説明会に参加したり。。。色々してきましたが、まだ やったぜぃ~というような経験がありません。
つまり内定はまだ取っていないし、近くまで来たことさえありません。 現在は面接に励んでますメラメラほほ~

うーん個人的には、もし内定が取れないとしても、内定を取れてないこと自体はそこまで惜しまない気がします(どうなんやろう。。。)。 おそらく一番歯がゆくなるのは、就活に費やした時間が結局は「無駄」だったことだと思います。 何度も合同説明会に行って、何度もセミナーに、ESを書いて。。。それでもだめだ。 交通費、スーツや対策本に使ったお金も全部パーだ。
残るのはつらい思い出だけ。

というわけでないのですが、やっぱり努力は報われて欲しい。というのが素直な気持ちです。

ものすごい経験もできて、たくさんの話を聞けて。でもやっぱり最後は笑顔で振り向いて「やってよかった」と思いたいですよね。
もし入りたい会社に入れなかったら、笑顔になれるのかな? 就活やってよかったと思えるのかな? やっぱり結果あるからこそ自分の努力の成果を実感?できると思います。

内定をもらう、すなわち入社するというのはあくまでも手段であって目的ではない。と、今まで散々言われてきました。確かにそうだと思います。

私は就活をして自分のレベルアップにつながる会社に入りたいと考えています。 そうならなかったら経験として受け止めて次に進みたい。落ち込まないで次へ進めるような人になりたい。


日曜日と月曜日は面接!頑張ります!(≧▽≦)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。