1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト

2016年07月23日 テーマ:映画
映画「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」 平成28年7月23日公開 ★★★★★


1947年12月21日、スペイン・アンダルシア地方アルヘシラス生まれのパコ・デ・ルシアは、
幼少時より父と兄にギターの手ほどきを受ける。
兄と一緒に舞踏団で巡演などをしてきた彼は、1967年に初のソロアルバムをレコーディング。
やがてその音楽はジャンルを超え、世界的な評価を得るが……。(シネマ・トゥデイ)


音楽の映画が続きますが、フラメンコギターの第一人者、パコ・デ・ルシアのドキュメンタリー映画です。
フラメンコギターを、生で一度も聴いたことのない私でも、身体が震えるほどの大感動!

やすりで爪を磨くショットからはじまり、大部分がパコが自身をふりかえって語るんですが
インタビュアーの存在は感じず、バックにはずっとギターの演奏が流れます。
曲名がわからないので、説明すらできないのですが、この選曲がたぶん素晴らしいんだと思います。

パコは1947年にアンダルシア地方の最下層の町で生まれ、父は昼は市場で働き
夜はキャバレーでギターを弾き、食べ物に苦労するような貧しい暮らしの中で
父が兄たちにギターを教えるのをみていて、覚えてしまったとか。
「音楽の基本はリズムだ」と言う彼の信念を証明するように、一度もギターを弾いたことのない幼いパコが
父がわずかにリズムを外したのがしっかり分かったそうです。
そして7歳でギターを手にしたとたん、すごい勢いで上達し、生活を支えるために
子供番組に出たり、兄をデュオを組んで演奏活動したり・・・
最初のレコードは1961年というから、わずか14歳のレコードデビューですね。

兄の名前はペペ・デ・ルシアなので、日本人には「デ・ルシア」が苗字みたいに思えますけど
パコの本名はFrancisco Gustavo Sánchez Gómezです。
パコはフランシスコの愛称で、どこにでもいる名前なので、母の姓ルシアをつけて
「ルシアおばさんちのパコ」と呼ばれるのは一般的だそうです。
ちなみにこの映画の監督はクーロ・サンチェスで、これは実名。パコの実の息子です。
息子が監督な割に「家族だから取れたプライベートショット」なんかがあまり無かったのはちょっと意外でしたね。

若いころ彼はホセグレコという人気フラメンコダンサーのアメリカ公演に帯同し、
バックでギターを演奏していたんですが、
そこのトップギタリストだったモドリコが急病で、ピンチヒッターでパコがマラゲーニャを演奏することになり・・・
演奏後、観客はみんな指笛を鳴らすのですが、スペインではこれは「へたくそ!ひっこめ!」のサインだったから、
落ち込むパコに、ここでは大喝采の意味だと知らされます。

当時アメリカではNYグリニッジヴィレッジがフラメンコの中心地で、ここに住む第一人者のサビーカスや
父の知り合いだったニーニョー・リカルドに師事して、パコの技術はどんどん磨かれます。

ある日、サビーカスはパコに向かって
「君はギターは上手いが、(ニーニョ・リカルドの曲ばかり弾かないで)自分の音楽を奏でるべきだ」
このアドバイスは彼の人生を変え、以来、作曲をはじめ、自分のオリジナルにこだわるようになります。

映画のなかで、印象に残ったパコのことばをメモしておきます。

「ひらめきは天からは降りてこないが、いい音が響くところでは心が突き動かされ、インスピレーションが沸く」
「音は生命のように大切な存在」
「天才なんていない。才能があって努力し続けた人のことだ」
「観客の反応が良くても、自分が満足できない演奏では落ち込む」・・・

フラメンコギターって、ジャンジャカジャンジャカかき鳴らす印象があって、
多少リズムが甘くても、場が盛り上がればOK!なのかな?と思ってましたが、
パコは自分にきびしく、とくにリズムに関してはものすごくストイックなのです。
それは他人に対してもで、ある有名なダンサーは
「腕の動きに気を取られると、足の踏み鳴らしが乱れてる。
メトロノーム相手に練習したら?」
とパコにいわれて、ものすごく練習したら、パコはその成果にすぐ気づいてくれた・・・といい、
ある有名なカンタオーラ(女性歌手)は、
「なかなかパコのOKが出なくて、そしてようやく思い描いていた歌が完成した時、
彼がそっと涙を拭くのをみた」と感動体験を口にします。

奔放さを感じさせながらも、繊細さも持ち合わせ、寸分たがわぬ演奏をこなす彼をどう表現するか?
「超絶技巧」なんていうありきたりな言葉は使いたくないです。

この後カマロン・デ・ラ・イスラという天才カンタオールとの出会いがあって、
パコは、このジプシー出身の泣きそうな顔で熱唱する青年に惚れこみます。
彼の歌は、魂に響くような歌唱で、フラメンコというより、ゴスペルやホーミーを生で聴いた時の
身体からわき上がるエモーショナルな感動があります。
「自分は裏方で、カマロンの伴奏者ができれば満足」
「伴奏者にスポットライトがあたるなんておかしい」なんていう控えめなスタンスです。

実は、この手のドキュメンタリーにはつきものの「女性遍歴」が本作にはまったくなく、
あんまりにも彼が「カマロン推し」なので、「もしかしてそういう関係?」とか疑ってしまいましたが、
これはまったくの勘違いでした。ごめんなさい。

それにしても女性遍歴はおろか、(監督が息子だから結婚はしたと思うんですが)
妻の話すらゼロ、というのは意外でした。


若いころのパコはすごいイケメンで、絶対に女性にモテたはずです!


スペイン人には珍しい草食系というか、貴公子タイプというか、きれいな優しいお顔立ちです。
そのイケメン君が真摯にストイックに演奏に取り組む姿は、とっても素敵!
(歳と共に生え際が後退し、次第に薄毛でロン毛の内田裕也スタイルになりますが、
それでも問題なくかっこいいです)

そして、1973年、彼は「二筋の川」という曲を発売し、世界的ヒットになります。
これはそのときの仲間たちと即興で作った曲なんですが、
このジャズのような「即興」というのは、ありえないものだったんですね。
ヒットの裏側で伝統的なギター奏者たちの反感をかい、クラシックの重鎮アンドレア・セゴビアとか
師匠のサビーカスにまで「フラメンコを汚した」と言われる始末。
(あなたに言われてオリジナルの道をいったのにね)

一時音楽界から姿をけすものの、1977年、ドローレスのメンバーと出会って、セクステッドとしての活動は18年に及びます。
ここでは、楽器を買えない黒人たちが起源の箱型の打楽器カホンを広められてよかった、と。


コプラという日本でいう昭和歌謡みたいな懐かしい歌を復活させられてよかった、とか。
彼は自分がどう評価されたか、いくらレコードを売ったか、とかより、
自分が幼いころから親しんできた音楽に、どれだけ貢献できたか・・・というのが彼の基準なんですね。

そして彼は2014年、メキシコで、このドキュメンタリーの撮影直後に心臓発作で急死してしまいます。
66歳。ほんとうに惜しまれます。

師匠のサビーカスも、最期にはパコが世界一と認めていてくれたそうで、ホッとしました。


都内で唯一上映してる渋谷のル・シネマで初日鑑賞したのですが、座席は狭いし、満席だし、
もちろん端の席を予約しましたけど、身体を乗り出すのも自制して、窮屈な思い出見たのがちょっと残念。
すこし空いてきたころに、今度は夫ともういちど見に行きたいです。

ところで、見ていて気になったことがいくつか。
パコは作曲もしてるはずなのに、とにかくスコアが一度も写りませんでした。
自分では書けなくても、他のメンバーのために誰かが採譜してくれたりしないのかな?
長い曲を全部耳で覚えるとしたら、それはそれでスゴイことですね。

それから、パコは足台を使わず、ずっと右足を床と平行になるくらい組みっぱなしなんですけど、
疲れないのかな?
酒場でちょっと一曲弾くようなスタイルでステージでも弾き続けるのは彼のポリシーなんでしょうか?
私なんて足を組んでマンドリン弾いてた時に、すぐ肩が凝ったり、膝の外側があざになったりしてましたけど・・・

即興の秘訣はF#mのコードでなんとかなる、というようなセリフの意味も良く分からなかったし・・・

ギターを全く弾けない私ですが、中途半端に弾ける夫の演奏を毎日聞いていることで、
パコの超人的なレベルの高さが実感できて
、ホント、感謝しています。
AD
 |  リブログ(0)

ハンク・ウィリアムスの楽譜

2016年07月22日 テーマ:ブログ
ハンク・ウィリアムスの自伝的映画「I saw the light」がトム・ヒドルストン主演で公開予定!
というのをずいぶん前から楽しみにしていましたが、
日本公開は10月で、まだ先の話ですね。

実は夫から彼の「I could never be ashamed of you」の楽譜を探すように頼まれていたんですが、
なぜかカントリーの楽譜って有名な曲以外はなかなか見つからないのです。
ハンク・ウィリアムスだと「ジャンバラヤ」「偽りの心」なんかだったら楽勝ですが。

もう絶版になった楽譜は中古で買うとバカ高いので、
東京じゅうの図書館を探せばどこかで保存しているし、1曲なら有料ダウンロードもありだし・・・
たいていの曲はなんとかなるんですが、
海外アーティストの全曲集なんかは、ほとんど日本の出版社で扱いがありません。

たまたま、オークションサイトで、ビンテージの輸入楽譜を見つけて、急いで落札し、
ようやく今日届きました。


価格1ドルとありますが、これ、1953年発行なので、60年以上前の本です。
出版社はAcuff-Rose Music。
エイカフさんとローズさんの作ったテネシー州ナッシュビルの楽譜出版社で、今はもうありません。


中身はこんな感じ。
楽譜立てに安定して乗るし、タブ譜はないけど、ピアノ伴奏もギターコードもついています。
表紙は外れ、ホチキスも完全に錆びてはいますが、60年経ってると思えないほどページは見やすい!
(↑の画像は自分で修理した後です)

日本の楽譜は、ピースを除いて、背表紙付きで、本棚では見栄えがいいけど、楽譜立てに乗らず、
コピーをとろうにも、きちんと広がらなくてきれいにとれないし、
コピーすると端が欠けるような大きさになってますよね。(わざと?)
これは薄いけど、2冊あわせて40曲収められてるので、彼の楽曲はほぼ網羅・・・・
と思ったら、「I saw the light」 が入っていません。

Acuff&Rose社の楽譜を検索したら、もう1冊緑の表紙のを買うと、コンプリートするみたいです。
しつこく探したら、購入可能な1冊を発見!



たしかに「I saw the light」は入っているけど、修理が難しいくらい本の状態が悪く、
しかも9088円(送料別?)とお高い。
この曲の楽譜はすでに日本の出版社ので持っているので、これは見送ります。


29歳という短く濃い人生を送ったハンク・ウィリアムスの映画を今から楽しみにしています

AD
 |  リブログ(0)

シング・ストリート 未来へのうた

2016年07月21日 テーマ:映画
映画「シング・ストリート 未来へのうた」 平成28年7月9日公開 ★★★★☆


1985年、ダブリン。
両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、
音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。
ある日、ラフィナを見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。
慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。
                                        (シネマ・トゥデイ)


音楽がメインのイギリスやアイルランド映画って多くないですか?
「ノーウエア・ボーイ」とか「アンコール!」とか「サンシャイン 歌声が響く街」とか・・・
なかでもアイルランド出身のジョン・カーニー監督の映画で有名なのはもれなく音楽映画。
ONCEダブリンの街角で」は地味~な映画でしたけど、音楽のよさが光っていたし
はじまりのうた」ではハリウッドスターをキャスティングしてヒットしたけれど、
きっとこれがしっくりこなかったのか、今回は無名の人ばかりの地味路線に逆戻りです。

好きな女の子にアピールするためにバンドをはじめたダサい中学男子の話。
1985年のダブリン。
この時期のアイルランドは大変な不景気で、主人公コナーの父親も失業中です。
コナーはそれまで私立のお坊ちゃま学校に通っていたようですが、家計のピンチで父は家族を集め
「予算カットがどうしても必要だから、コナーには転校してもらう」
と、公立の「シング・ストリート校」に入れられてしまいます。
ここのスローガンは「雄々しくあれ!」
要するにただ校内暴力のはびこる荒れた学校だったのです。

転校生のコナーはいじめっ子のバリーにチョコバーを取られたうえに殴られ、他の生徒たちはしらんふり。
バクスター校長も、コナーの履いている茶色の靴が校則違反だといって、無理やり脱がせて靴下で歩かせ・・
もう最悪の学校生活が始まりますが、
街で偶然見かけたラフィーナという年上の女の子にひとめぼれします。(切り替え早い!)
彼女がモデルだと知って(まだバンドもできてないのに)
「僕らのバンドのPVに出ない?」と誘ってしまいます。

そして、慌てて仲間を集めてバンドを作ることに。
クラスメートのダーレンがマネージャーになってくれて、楽器の名手エイモンを誘い彼がギター、
「黒人がいたほうが箔がつく」と、ンギグに声をかけたら、たまたまキーボードが弾けて、
ベースとドラムは募集をかけたら、ギャリーとラリーが仲間に入ってくれました。

エイモンの部屋で練習がはじまり、デュラン・デュランのコピーとかを始めるのですが
そのうちに自分たちのオリジナル曲を演奏するようになって・・・・
適当につくったバンドの割には、みんなそこそこ音楽性も高くて、
短いフレーズのアイディアを積み上げていって、楽器が少しずつ加わって完成していく様は、
こういう経験をしたことがある人にとっては、たまらなく楽しい瞬間です。
80年代のザ・クラッシュとかザ・キュアーとかの世代の人たち、
このころ中学生で、今40代の人たちだったら、より共感できるのでは?

道ばたや海岸やいろんなところでゲリラ的に演奏して、ダーレンがそれをビデオに収めるのですが
今となっては懐かしい、VHSテープ(ベータかも?)を入れて録る大きいカメラですよ!

画質は悪いですが、演奏のほうはどんどんうまくなっていきます。

ただ、格好がねぇ・・・粋がれば粋がるほどダサいったらないです。
ラフィーナがメイクをしてくれたり、それぞれに頑張ってはいるんですが、あか抜けないんですけど・・・


60年代くらいのファションだと、今見るとレトロな素敵さがありますが、
この時期の、たとえば、ケミカルウォッシュのGパンとか・・・ちょっと勘弁ですよね・・・

ところで、コナーの家で問題なのは、失業の件だけではなくて、母親の浮気で、両親は離婚寸前。
(法律で離婚はできなくて別居だそうですが)毎日ケンカをきかされる子どもたちはたまったもんじゃないです。
コナーの姉は美人で勉強家ですが、ほとんど登場はナシ。
兄のブレンダンは、大学を中退してひきこもりなんですが、音楽好きな彼のアドバイスは
コナーにとっては金言であることが多く、一番の理解者です。

ただ、ブレンダン自身は自分はドイツに行きたい夢も親につぶされ、社会の落伍者みたいにくすぶっていて
夢をかなえようとしている弟は応援したいけど、なんか腹が立つ。
「いかれた密林を俺が切り開いた後にお前はらくらく歩いてるだけだ」とかいって、キレてしまいます。

当時のアイルランドには閉塞感が満ちていて、若者はみんなイギリスを目指し、
ラフィーナも彼氏とイギリスにいってモデルを目指すといって、コナーの前から姿を消しますが
夢破れてすぐに戻ってくる・・・
これもかなりかっこ悪いですが、このドラマは、こんな「気まずい」ことの連続なんですね。

彼女の言っていた「悲しみのよろこびが愛よ」という一言を、
「悲しみも一緒に受け入れて、希望をもってそこから一歩踏み出そう」と解釈したコナーには
新たな作詞のアイディアがどんどん沸いてきて、レパートリーも広がっていきます。
そして学校での初ギグも成功し、コナーは彼女をつれてイギリスを目指す・・・・

って、ラストはかなり強引で、彼の音楽が認められる以前に、ヴィザとかパスポート的なものは大丈夫?
ってオバサンは心配でなりません。
多分強制送還されるんでしょうけど、そんな失敗も青春の思い出ですね。

この時代の音楽が全く分からないのでうまく説明できなくて説得力ないですが、
どうやらコニーもモデルは監督自身のようで、(43歳の元ミュージシャンです)
「はじまりのうた」も「ONCE・・・」もそうでしたが、演奏シーンはやたらと現実味があります。
バントのメンバーも、ちゃんと演奏もできる子たちみたいです。

一目ぼれした彼女にモテたい、というエネルギーで、中学生男子はたいていのことが出来てしまいます。
私の実体験からは時間がたちすぎで、甘酸っぱい気持ちにはなれなかったけれど
自分はどんづまりでも、弟の夢に自分も乗っかって、幸福感でいっぱいになる・・・
そんなお兄ちゃんの気持ちにはけっこう共感しました。

しかし、この映画、故郷のアイルランドのPRには全然なってないけれど、大丈夫かな?

AD
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。