Counting from July 6, 2008







加地亮と共に走り抜けるサポーター人生 右サイドをひたむきに走る
ガンバ大阪 背番号21 加地 亮選手
の魅力にとりつかれ、サポーターとして
日本中(時には海を渡ることも)を渡り鳥として、
行脚しながら応援しているブログです。
ブログ読者になるtwitter(Please follow me!)メールアドレス
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年06月29日 21時21分21秒

拝啓 加地 亮 様

テーマ:加地 亮
福岡に移籍した将生のブログ記事と、
敢えて同じタイトルで書かせていただきます。
ようやくですが、自分の中でも気持ちの整理ができてきました。

6/26(木)に行われた移籍会見。見学可能ということで
行けるものなら行きたかったのですがが・・・
会見が平日午前ということで、どうしようもありませんでした・・・。
ただ聞いた話では、涙・涙の会見になるかと思いきや、
そこは加地さんで、普段通りの笑顔が湧いていたとのこと。
「いかにも加地さんらしい」お別れで良かったところです。

34歳という、サッカー選手としては晩年に近い年で
敢えて挑戦に挑むことを語る一方で、一番印象に残った試合を
「ファン感」といっちゃうところがらしいといいますか、
人間として改めてカッコいい!と思ったところです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


加地 亮選手 移籍会見(ショートバージョン)

【クラブ公式リリース】
2014.6.26 加地選手 移籍記者会見

http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/1846/
2014.6.24 加地 亮選手 MLS・Club Deportivo Chivas USAへ完全移籍のお知らせ
http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/1836/

Chivas USA Sign Japanese Defender Akira Kaji
Chivas USA ficha al defensa japonés Akira Kaji

http://www.cdchivasusa.com/news/2014/06/chivas-usa-sign-japanese-defender-akira-kaji

【移籍会見 書き起こし】
ガンバ大阪DF加地亮が移籍会見。
「まだここにいたいという思いもある」と心境を吐露。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takamuramisa/20140626-00036788/

【各紙記事】
(日刊スポーツ)
加地MLS移籍会見 アメリカで成長誓う

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20140627-1324710.html
G大阪加地が米移籍会見「成長したい」
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20140626-1324238.html

(スポニチ)
G大阪・加地 米MLS移籍会見「成長したい」

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/27/kiji/K20140627008447830.html
加地 念願海外移籍へ「アメリカ人になるぐらい向こうでいたい」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/26/kiji/K20140626008446110.html

(報知新聞)
【G大阪】加地、MLSへ移籍「最低5年は向こうでやる」

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20140627-OHT1T50027.html
加地、MLS移籍「サッカー人として成長を」
http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20140626-OHT1T50161.html

(デイリースポーツ)
米MLS移籍の加地亮「成長したい」

http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/06/26/0007089631.shtml
加地の米移籍会見に300人サポーター
http://www.daily.co.jp/soccer/2014/06/27/0007091007.shtml

(サンケイスポーツ)
MLSに移籍のG大阪・加地が会見「サッカー人として成長したい」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20140626/jle14062613320001-n1.html

(朝日新聞)
加地亮「最低5年は米でプレーしたい」ガ大阪から移籍

http://www.asahi.com/articles/ASG6V42ZKG6VPTQP007.html

(産経新聞)
米移籍の元日本代表、加地が会見「サッカー人として成長したい」

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140626/scr14062612310001-n1.htm
元日本代表の34歳加地が米リーグ移籍会見「いつまでも若々しくプレー」と意気込み
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/140626/wsp14062617330005-n1.htm

(日本経済新聞)
加地「サッカー人として成長を」米移籍会見にサポーター300人

http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKE0263_W4A620C1000000/

【ドメサカまとめ】
ガンバ大阪DF加地亮がMLSチーバスUSAに移籍へ

http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52087650.html
ガンバ大阪、DF加地亮のMLSチーバスUSAへの完全移籍を発表
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52088593.html
MLSチーバスUSAが加地亮の加入を正式発表 26日会見へ
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52088645.html
MLSチーバスUSA移籍の加地亮が会見 「最低5年は米でプレーしたい」
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52088907.html
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[はじめに]

改めまして・・・アメリカ移籍のニュースが出たときには
まさに「青天の霹靂」「寝耳に水」。いきなり出てきたこのニュースで、
正直自分の中ではワールドカップは、二の次となってしまいました。
自分の勝手ではあるものの、ガンバで現役を終えてくれるものだと思ってただけに、
こんな唐突なお別れになるなんて、全くもって想像していませんでした。

加地さんは、ガンバ大阪で8年半過ごしたこととなりましたが、
思えば自分が応援し始めたのも、ドイツワールドカップ後からです。
ゆえにガンバに入って最初の数ヶ月以外は、ほぼずっと見てきたことになりますね。
自分もそれなりにフケこんでしまったものですが、そんなに年を経過しているとは、
あまり実感がわきません。今でも2006年以降のこととか思い出すことができます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[出会い]

2006年、当時はサッカーは代表くらいしか見ていませんでした。
Jリーグは創設当時、なんかよく分かんないけど、凄いのが始まったぞ~!
的な感覚で見ていたものでしたが、ブームが去ってからは御無沙汰でした。
そして当時の自分の中では、「サッカー選手というのは才能の塊みたいな人が
やるものだ」と思っていました。当時で言う中田ヒデ・中村俊輔ですね。

ところがそんな日本代表の中に、ふと異質な存在の選手がいることに気づきました。
その選手のエピソードを調べると、ひたすら努力でのし上がってきたことを知り
とても興味が湧いてきて、以降この選手が気になるようになってきました。
こんだけ努力を重ねてきたのだから、なんとしてもワールドカップに出てもらいたい!
と思っていたとき、思わぬアクシデントが襲い掛かります。
強化試合で相手からの激しいタックルによる負傷交代・・・
こんな非情なことが許されるのか・・・その日以降、
毎日のようにニュースで状態を気にするようになりました。
結局、最初のオーストラリア戦には出場できず、
そしてその大事な初戦は、先制するものの逆転負け。
一気に絶望感漂う状況に陥った日本代表・・・。

そんな中で迎えた次のクロアチア戦。
その選手は、万全にはほど遠い状態ながらも出場し、
ひたすらにサイドを上下動する姿を見せてくれました。
後にいろいろな意味で語り継がれる、あの後半6分の
ゴール前のシーンではアシストを演出。
しかし結果はスコアレスドロー。そして最後の
ブラジル相手には惨敗して、あっけなく
日本のワールドカップは終了してしまいます。

いいところを全く見せることなく終了した日本代表を見て、
自分の中で危機感を感じました。このままでは日本は駄目になると。
そんな中で自分にできることはあるか。そうだ!国内の試合に目を向けよう!
ではどこを応援するか。この選手のいるチームを見てみよう!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[ガンバ大阪の応援へ]

という感じで、自分はガンバ大阪と出会うわけです。
当初は加地さんのみだけを見れれば良かったのですが、
やがてガンバの攻撃サッカーに魅了され、
遠藤・二川・明神・橋本の黄金の中盤がもたらす
サッカーにどっぷり浸かることとなります。

当初は関東近辺のみだった観戦は、徐々に行動範囲を広げ、
関東から中部・近畿・東北、もちろんホームの大阪は特別、
やがて北海道や九州、ついには試合のためだけに
海外にまで飛ぶといった状態にまで至りました。

そこまでしてでも見に行きたい!という思いに惹かれました。
そう思うのは、それだけガンバのサッカーに魅力があったからで、
加地さんもそれに欠かせない存在として君臨していたのが大きかった。
そしてガンバのサッカーは、数多くのタイトルをもたらします。
2007年のナビスコカップ、2009・2010年元日の天皇杯、
そして2008年には、ACLでのアジアの頂点になった。
この全ての決勝に立ち会えたことは、忘れられない思い出です。
決勝もさることながら、そこに至るまでの工程も決して楽ではなく、
少しでも選手を後押ししようとゴール裏から必死で声を出し、
苦しい中でもぎとった勝利を見たときは、非常に大きな喜びとなったものです。

一方で、加地さんは怪我にも泣かされ、負傷のニュースが出るたびに
泣いたものでした。それも数週間ならともかく、数ヶ月かかるといった
重い怪我であることが多く、数日立ち直れないこともありました。
その中で相手に削られてやられたときには、相手によく殺意が湧いたものでした。
特に2006年のアレは・・・今でもあれはあり得ない!と思っています。
(相手選手の名前は、あえて言いませんが・・・お分かりかとは思います)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[日本代表 加地 亮]

日本代表での加地さんについても触れましょうか。
オシム監督になって、思想としていた「考えて走るサッカー」に
加地さんはピッタリだと思いました。この感じで行けば、
4年後の南アフリカでも見ることができる!そのときは、
自分も南アフリカに行こう!と考えていました。

しかしその後、オシム監督が病に倒れ、岡田監督へと変わります。
ここから風向きが変わり始め、世間は加地さんの代わりに
起用され始めたうっち~こと内田篤人に注目します。
しかしこの流れに、自分は憤りを覚えたものでした。
それは単に起用されないから怒っていたのではなく、
当時の内田は、攻撃こそ魅力あるものの守備に難があり、
強豪相手にこの戦い方が通じるとは思えなかったから。
しかし世間は攻撃ばかりに目を向けて、守備には全く触れずに
内田内田の流れだった、それが許せなかったのを忘れられません。
加地さんなら、攻撃は内田ほどではないにせよ、守備が絶対的でしたので、
強豪相手でも十分戦えると思っていたのですが・・・

そんな中で、発表された代表引退のニュースは衝撃でした。
このブログも存亡の危機になったものだと思いました。
本当に未練はないのか、今でも思うところはあります。
まぁそこは加地さんの思うところなので、何とも言えません。

その後の南アフリカワールドカップでは、強化試合での敗戦から、
直前になって守備的戦術に切り替わり、内田はスタメンから外れ、
駒野が右サイドに起用されたのは周知の通り。内田の守備では
問題だと判定されたわけで、なぜ最初からそのように行かなかったのか・・・
加地さんはうってつけだったのに・・・と思ったものでした。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[スベる加地さん]

ただ、そんな加地さんについて、当初はクールなイメージを持っていたのに、
徐々にではありますが、違う一面が特にファン感で見られるようになってきて、
その姿を見て、自分はずっと頭を抱えていたものです。。。
黙っていりゃクールなイケメンを保てるのに、ど~してそれを壊すのか。
しかも面白いならまだいいのですが、大抵スベってばかりの放送事故。
こ~ゆ~ことは、たむけんとかの汚れ芸人がやることであって。。。と。

まぁ・・・そのギャップがいいといえばいいのかもしれないが、
本人が何より楽しんでいるので、よしということにしておきました。。。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[終わりに]

そんな感じで見てきた加地さんと、唐突であまりにも急なお別れ。
引退するわけではないけれども、太平洋の先のロサンゼルスはちょっと遠すぎです・・・。
またアメリカのメジャーリーグサッカーは、スカパーでは放送されていませんので、
今後状況を確認できる情報源は、チーバスUSAのホームページからくらいでしょう。

寂しくないわけがありません。できればガンバで最後のお別れをしたかった。
あとリーグ優勝ができなかったことと、新スタジアムでのこけら落としとなる試合に
加地さんがいないこと、そしてお別れの挨拶が言えなかったことが心残りではあります。
でも加地さんが決めたことですので、自分は尊重しますし、これからも遠いアメリカの地で
いつか日本のメディアからも注目されるような活躍をしてもらいたいです。

約8年間、喜びの思い出・楽しい思い出・
つらい思い出・悲しい思い出、たくさんいただきました!
本当に!本当に!ありがとうございました!
あなたがいなければ、今のこの人生はありませんでした!
アメリカでも「爆走するタフネス」の活躍をしてください!
遠い日本からでも引き続き応援しつづけます!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ということで、加地さんへのメッセージを締めたいと思います。
最後に当ブログ管理人からのご挨拶を書かせていただきます。

これまでの加地ユニ
タンスからこれまでのユニフォームを出してみたら、こんなにもありました・・・

2007年10月4日、当時はブログがブームとなっていたことで、
ひょんな思いつきから始めた当ブログ。勝手に加地さんの名前を借りて
応援し続けるブログとしての冠をつけて、ここまでやってきました。

需要など関係なく管理人の好き勝手でやってきたことゆえに、
時にはサボって更新が滞る時期もありましたが、
気がつけば開設から約6年9ヶ月も経っていました。
時にど~でもいいようなくだらない記事を書いたり、
時に生真面目に試合分析してみたりと、
思いつくがままに書いてきて楽しんできました。
最近は加地さんより、ガンバ自体のことについて書くことの方が
多いようになってきましたが、スタンスは変えずにきました。

ブログ開設当初から決めていたことが1つあります。それは
「加地さんが引退したらブログを辞める」ということです。

加地さんは引退したわけではありません。しかし、
まず少なくとも今の冠で、ガンバ大阪系ブログとして
続けることは、加地さんが完全移籍となった以上、不可能です。
その上、アメリカへの現地観戦は極めて難しいこと、
ならびに日本における情報源が限られることから、
応援したい気持ちは山々なのですが、
加地さんを応援するブログとして
このまま続けていくことは困難と判断しました。

タイトルを変えて、ガンバ大阪を応援するブログとして
続けることも検討しましたが、時代はブログからSNSへと変わり、
ブログ自体はあるものの、一時代の役割は終わったのかなと考えています。

つきましては、大変心苦しいところなのですが、
本記事をもちまして当ブログは
終了させていただくことと致しました。

まぁそこは管理人の思いつきなので、もしかしたらタイトルを変えて、
新たにブログを始めるかもしれません。が、少なくとも今の段階では、
その考えはないと思っていただければと思います。

なお、twitterの@kaji21_0113については、今後も継続していきます。
アカウント名・アイコンは、皆に加地さんを忘れられたくありませんので、
加地さんのままで行きます!今もそうですが、今後のくだらないネタとか、
ガンバについてのつぶやきは、twitterで展開していきます。
また、ガンバ大阪の応援については、継続していきたいと思っています。
残りの試合も、もちろん「21 KAJI」のユニフォームで!!!

加地 亮
長い間、当ブログ「加地亮と共に走り抜けるサポーター人生」に
お付き合い下さいまして、本当にありがとうございました!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。