貝谷嘉洋のブログ

2つの社会性のある音楽イベントを開催


筋ジストロフィーのため電動車いすにのり、24時間の介助が必要ですが、自らNPO法人を立ち上げ、2つの大規模な障がい者の音楽イベントを主催しています。大きな夢に向かって一歩ずつ前進していきたいと思います。

米国カリフォルニア大にて修士取得。ジョイスティック車による北米大陸一周。著書は、「魚になれた日」講談社をはじめ他3書。受賞歴は、読売プルデンシャル福祉文化賞大賞等。現在、東京大学協力研究員、国士舘大学非常勤講師、NHK障害福祉賞専門審査員。

NEW !
テーマ:
この日は私の誕生日。ちょうど20年前のことを思い出しました。
その時は、日にちが変わってその深夜にアトランタオリンピック開催期間中の五輪100周年記念公園内の爆弾テロの実体験をしました。

そして、20年後のこの日、その時とよく似た衝撃がありました。神奈川県相模原市緑区の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で起きた19名の入所者殺人事件が発生したのです。
朝ニュースでそのことを知って、衝撃を受け心が恐怖で慄きました。
動けない人たちを次々と刺し殺すというのは、同じく自力で動けない自分にとっては大きな恐怖です。
しかも、それを行ったのが、つい数か月前まで同じ施設で働いていた介護職員であるとのことは、戦慄が抑え切れませんでした。
私のように介護が必要な者は自分の介護者に全幅の信頼を置いているからです。

その場に居合わせていた爆弾テロと比較するのは、論理の飛躍かも知れませんが、「今起こったことが、今度は直接自分に起こるのではないか」という恐怖という意味で共通点はあります。
あの日、同じ五輪100周年記念公園内にいた私は、事件後一緒に逃げていく人々の中に犯人がいるのではないか恐れ、ゴミ箱に他の爆弾が仕掛けてあるのではないか恐れ、そして地下鉄で同一犯によるテロがさらにあるかもしれないと、電動車いすでその場を離れました。他の人も早足でその場を離れていきました。

今回の事件の後もしばらくは、夜自室で寝ていると誰かが押し入ってくるという想像をしたり、夢にうなされたりしました。
最近になってようやくこのような恐怖もなくなりました。

まずは、何よりも犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りし、負傷者の方々にお見舞いを申し上げたいです。
本当に悲しみで胸がいっぱいになります。
そして、多くの人々を殺傷した犯人に強い憤りと、深い嫌悪感を覚えています。

また、「事件は社会を映す鏡」といわれますが、この事件は我が国の障がい者に関わる様々な問題が表出させたという側面があります。
「なぜ、今回の事件に限り、犠牲者の名前を公表することができないのか」
「あのような大規模な入所施設が、成熟した近代国家である我が国の価値観や実情に合っているのだろうか」
「現在の制度で、一般に障がい者の入所施設において介護者の人員は十分確保できるのか」
私は少なくとも、以上のような疑問を持っています。

ちなみにデンマークには、このように大規模な入所施設はほとんどありません。
知的障がい者も小規模なグループホームに住むのが一般的です。
アメリカでは、1970年には重度の障がい者の地域での自立生活がかなり一般的になっていたようです。

両国では、身体障がいだけでなく知的障がいをもつ児童も同じ学校で学ぶことが一般的ですが、日本では学ぶ場が物理的に分けられています。
また両国では、学生がアルバイトで障がい者介護の担い手になることが一般的ですが、日本では学生は高齢者も含めて介護をしないような仕組みになっています。

日本政府も、障がい者が地域で自立できるように様々な優れた施策を行っています。
しかし、教育や啓発の面では非常に遅れています。
若いときに学ぶべきことは何なのか、私たち大人がしっかりと見極める必要があると思います。

これらのことも含めて、国はしっかりと調査し、また私たち国民も今回の痛ましい事件にしっかりと向き合って、国民的議論をしていくことが大事だと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオオリンピックが閉幕しました。

今回のオリンピックは、今までで一番テレビ観戦したオリンピックでした。
早起きの自分が見やすい時間の放送だったからかもしれません。
いつもよりちょっと早く、4時から4時半に起きて、朝ごはんを食べながら 身支度しながら見ていました。

今回は、日本人の活躍が際立っていましたし、若い選手が活躍していた印象があります。
なかでも印象的だったのは金メダルラッシュだった女子レスリング。
吉田選手は残念でしたが、それでも銀メダル。すばらしい健闘でした。
また、若い選手が力をつけてきて、世代交代していく瞬間を見られたのも、感慨深かったです。

オリンピックは経済大国がメダル独占をする傾向があり、いろいろと批判もありますが、やはり開催する意義はあると思いました。
スポーツでフェアに戦うという理念は、世界平和にそれなりに貢献してるのではないでしょうか。

ちなみに、リオオリンピックのボランティア応募要項を見ると、障がいのある人も健常者と同じようにボランティアに応募することができたようです。
実際、選手がボールなどにサインして客席に投げ込むパフォーマンスをする時に、障がいのあるボランティアが働いているのを見ることができました。
こういうところも、とてもいいと思いました。

開会式、閉会式はブラジルらしい鮮やかな色使いが楽しめる演出が多く、とても楽しめました。 
テレビで見ていただけでも、とてもいいオリンピックだと感じることができました。

来月 9月8日(日本時間)はいよいよパラリンピックが開幕します。
こちらも引き続き応援していきたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
休暇中、久しぶりに四谷で有名な牛タン屋さん、たん焼 忍で食べました。



タンは硬いのでちょっと食べられないのですが、ゆでタンであれば柔らかいので自分も食べられます。

帰りにはワンタン麺で有名なこうやへ。
ここのラーメン屋さんもバリアフリーなのでおすすめです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。