機械保全技能検定 電気系保全実技試験予想問題を作成します。



平成28年度技能検定試験の申込みが近づいてきました。

今年も限定30名の方に予想問題を作成します。


機械保全技能検定電気系保全の

予想問題を希望される方は下記参照ください。




1.連絡先(こちらにメールにてご連絡ください)


denki_syunin288@yahoo.co.jp

(アメーバのメールは絶対に使わないでください。

返信ができません。)


2.予想問題作成&送付対象者


2016年度後期技能検定試験

機械保全技能検定1級又は2級を受験される方で

試験後に、課題2の波形及び課題3のレポートを

送ってくださる方(厳守)。

試験を受けたときの感想もできれば教えてください。

(ただし、覚えている範囲で可です)


※予想問題を求めて来られた方で、

レポートを送ってこられない方がいらっしゃいます。

必ず、試験レポートを送付いただきますよう

お願いいたします。


3.予想問題作成費


無料。ただし人数に制限あり(約30名になったら締め切ります)

締め切るときは、その旨を弊方ブログでお知らせします。


4.申し込み方法


上記メールアドレスに、氏名と受験する級を明記の上

予想問題希望と書いて送信ください。

レポートを送ってくださる誓約いただいた方に

まず、下記のもののダウンロード先をお教えします。

弊方のオンラインストレージ(Yahoo ボックス)から

ダウンロードしていただきます。


  (1)受験者体験談


過去の受験生からの受験体験談で、

      大変貴重なものです。

受験体験記(平成24年度~平成27年度受験者様の

住所、名前等個人情報を伏せたもの)

弊方ブログに掲載してあるものは

試験の内容の記述を

カットしてありますが、この体験記はノーカットです。


特に平成27年度からはJIPMソリューションに

試験運営が委任されたため、平成26年度までと

試験運営方式に変更がありました。

27年度試験の体験談(19人分)を参考に、

試験対策を実施ください。



(2)機械保全技能検定盤図面

試験で実際に使用される検定盤の詳細な寸法や

材料等の情報です。この情報で、ご自分で

検定盤を作成される方の参考となれば幸いです。


(3)機械保全技能検定1級電気過去問


1級の方は、平成22年度~平成27年度までの

過去問情報です。



(4)機械保全技能検定2級電気過去問


2級の方は、平成24年度~平成27年度までの

過去問情報です。



(5)過去の予想問題


私が過去作成してきた予想問題(課題2)です。

実際の試験より難しく作成してあり

これと過去問で課題2対策は万全かと思います。

ご活用ください。


11月下旬ごろ、試験概要が受験者様自宅へ

中央職業能力開発機構より

送られてきますので、課題1、3の内容をコピーして

弊方あてメールアドレスに送ってください。

課題1、2の予想問題を作成して送付させていただきます。

予想問題の送付時期は、12月10日前後となります。

最も早い試験実施地域(北海道等)は、

12/20(日)からと考えられますので

その方は勉強準備期間が短いかと思いますが

過去問や過去の予想問題で対策は可能だと思います。


それでは、よろしくお願いいたします。

AD

機械保全技能検定 電気系保全合格発表


先日(3/13)に、機械保全技能検定の合格発表がありました。

試験に合格された方からの報告が続々と届いています。


さて、今年度からの機械保全技能検定は

JIPMソリューションが試験運営を実施することになり、

電気系保全でも昨年度までの試験内容からの

変更点がいくつかありました。


その内容は、ここでは割愛させていただくことにしますが

弊方で、ほぼ完全に把握しておりますので

本年度予想問題案内の際、応募された方に

ご紹介できればと思います。


内容をブログ公開しないようにしたのは

本ブログにて内容を公開することによる影響を考慮したためで

今後、運営側による試験内容や、難度の変更が起こらないように

したいためです。


ただし、今年からは、予想問題を

無料にて送付させていただく人数を

現在の30人から50人に増やしたいと考えています。


予想問題を取り寄せられた方の

正確な合格者の人数等が分かりましたら

またお知らせしたいと思います。













AD

予想問題受付打ち切りのお知らせ


機械保全技能検定(1、2級)予想問題申込み予約の方が

30名に達しましたのでこれで申込みの予約を

打ち切らせていただきます。


今後は弊方宛の申込みメールを送られても

返信できませんのでよろしくお願いします。



AD

機械保全技能検定 電気系保全予想問題を作成します。



平成27年度技能検定試験の申込みが近づいてきました。

今年も限定30名の方に予想問題を作成します。


機械保全技能検定電気系保全の

予想問題を希望される方は下記参照ください。




1.連絡先(こちらにメールにてご連絡ください)


denki_syunin288@yahoo.co.jp

(アメーバのメールは絶対に使わないでください。

返信ができません。)


2.予想問題作成&送付対象者


2015年度後期技能検定試験

機械保全技能検定1級又は2級を受験される方で

試験後に、課題2の波形及び課題3のレポートを

送ってくださる方(厳守)。

(ただし、覚えている範囲で可です)


※予想問題を求めて来られた方で、

レポートを送ってこられない方がいらっしゃいます。

必ず、試験レポートを送付いただきますよう

お願いいたします。


3.予想問題作成費


無料。ただし人数に制限あり(約30名になったら締め切ります)

締め切るときは、その旨を弊方ブログでお知らせします。


4.申し込み方法


上記メールアドレスに、氏名と受験する級を明記の上

予想問題希望と書いて送信ください。

まず、課題3の予想問題を送付させていただきます。


11月下旬ごろ、試験概要が受験者様自宅へ

中央職業能力開発機構より

送られてきますので、課題1、3の内容をコピーして

弊方あてメールアドレスに送ってください。

課題1、2の予想問題を作成して送付させていただきます。


5.送付させていただくもの


・課題1~3の予想問題

・受験体験記(2012、2013、2014年度受験者様の

住所、名前を伏せたもの)

弊方ブログに掲載してあるものは試験の内容の記述を

カットしてありますが、この体験記はノーカットです。


それでは、よろしくお願いいたします。


機械保全電気受験の失敗原因について その1



機械保全電気で失敗された方の
体験を読んでいて気付いた事ですが

まず、シーケンスのソフト、ハード
つまり課題2、課題3両方とも得意な方は

少ないという事です。


実際、工場で電気の保全をされている方でも
PLCのソフト修正をほとんどやらない方は
結構多いですし、リレーの配線修正なんて
普通は工事業者に任せてしまう事が大半です。


だから実際には、この試験対策用の勉強法と
どんな問題が出題されるかという情報を
正確に掴んでいるかどうかが
合否の1つの大きな分かれ目になると思います。


私が作成している予想問題は
近年の過去問題を分析し、
出題傾向に沿って作成しています。
しかし、これでもまだ60%弱の方しか合格できていない。


その理由として、1つは、私も経験している事ですが
試験の運営方法や、検定盤の配線方法、

採点方法までもが各県の検定員に

任されている事が大きいと思います。

特に、本年度試験で、各問題の配点が、

県(実施月?)によって異なると
思われる報告があったのは驚きでした。
(某県では、課題2変更を2問落として合格。

某県では課題2変更を1問しか

落としていないのに不合格。

点数を確認したところ、減点は他に無し)


課題3のリレー、タイマの並びにしても
県(試験会場)によって、左から(R1 R2 T1 T2)、
(R1 T1 R2 T2)、(T2 T1 R2 R1)と
様々です。

十分合格できる実力がありながら
これに惑わされて課題3で失敗された方が
いらっしゃいます。


リレーやタイマの並びは、事前に配布される
試験実施要領のとおりにしていただきたいものです。
並びを変えるなら、

盤面に表示をしていただきたいと思います。

実際には、出題されるタイムチャートをしっかり覚えて
出題されるラダーの形状を事前にマスターしていれば
リレー、タイマの表示なしでも

問題は解けると思いますが
事前情報がない人が受験すると
まず失敗します。

(制限時間内に問題が解けない)


このあたりが、この試験の合格確定率を
不安定にさせている1要因なのではないでしょうか?


来年からは、試験運営が民間委託になるということですが

せめて採点方法や盤面のリレー、タイマの配置くらいは

統一して欲しいものです。







26年度機械保全技能電気合格発表


3/13に、後期技能検定試験の合格発表が

おこなわれました。


未だ、試験報告、体験談を送付いただけてない方もいらっしゃいますが

本日も数名の方より試験に合格したとのご報告をいただいています。

試験の結果or体験をご報告された方どうもありがとうございました。


また、相当練習したと思われ、この方はまず大丈夫だろうと

思っていた方が不合格だったりと、この試験も

運の要素があると思わせられる1面がありました。


現在のところ、回答があったのは27名で、

合格されていた方は15名です。


合格率は6割に届かず、大変残念な結果であります。


では予想問題は外れていたか?


日を改め、体験談を掲載させていただきますが、

予想は結構当たっていたようです。


では、なぜ試験に失敗してしまったのか?

次回から数回に分けて、試験に失敗された方の

理由を検証していきたいと思います。


もちろん個人情報の開示は避け、

慎重に進めたいと思います。


あと、以前私は当ブログで

1級は課題2の変更3問のうち、

2問出来ていることが合格の条件だと

書いたことがあります。


私自身の体験でも、課題2の変更3問のうち2問を落とし、

課題3が出来ていたのに不合格だった年がありました。


しかし今回、1級課題2の変更3問のうち、2問を落として

合格された方の報告をいただいています。

その方は、課題3は20分で完成したそうですが

改めて、課題3対策重視の勉強法の重要さを

痛感している次第です。


それでは、ひとまず筆を置きます。











今年度の技能検定 機械保全電気について


皆さんお久しぶりです。

去年の12月上旬に予想問題を作成し、

約30名の方に無料にて配布させていただきました。


現在のところ、約7割の方より試験のご報告をいただいております。


結果は・・・・・、

合格しておられると思われる方は

予想問題を配布させていただいた方の

約6割位と思われます。


本試験の問題も拝見しました。

今年から実技試験問題の作成が

民間委託になったとの情報がありましたが、

出題傾向は変わっておらず

難易度はほぼ例年と同じだった印象を受けました。


良い結果を出された方の体験を読むと

早くから対策をされて毎日練習を積まれていたようです。

体験談にも、"本番では練習以上の事はできない"という言葉があり、

私も同じ感想を持っております。


試験が出来なかったという方は

試験会場で極度のプレッシャー、緊張に

呑まれてしまい、

やられてしまったという方が多かったです。


とにかく、学科試験も終了したみたいですので

皆様、お疲れさまでした。






26年度 予想問題作成締切のお知らせ



本日にて、予想問題応募を締め切らせていただきます。

去年よりかなり締切日が早いですが、

ほぼ定員(30名)に達したためです。


本来であれば、もっと多くの方に

予想問題を作成・送付したいと思っていたのですが

弊方多忙のため、これ以上は無理だと判断しました。


これから応募されようとしていた方には申し訳ないですが

どうかご容赦くださいm(_ _ )m。




本年度機械保全技能検定電気系保全の予想問題について


お待たせいたしました。

本年度も予想問題作ります。

機械保全技能検定電気系保全の

予想問題を希望される方は下記参照ください。




1.連絡先(こちらにメールにてご連絡ください)


denki_syunin288@yahoo.co.jp

(アメーバのメールは絶対に使わないでください。返信ができません。)


2.予想問題作成&送付対象者


2014年度後期技能検定試験 機械保全技能検定1級又は2級を受験される方で

試験後に、課題2の波形及び課題3のレポートを送ってくださる方(厳守)。

(ただし、覚えている範囲で可です)


3.予想問題作成費


無料。ただし人数に制限あり(約30名になったら締め切ります)

締め切るときは、その旨を弊方ブログでお知らせします。


4.申し込み方法


上記メールアドレスに、氏名と受験する級を明記の上

予想問題希望と書いて送信ください。

まず、課題3の予想問題を送付させていただきます。


11月下旬ごろ、試験概要が受験者様自宅へ

中央職業能力開発機構より

送られてきますので、課題1、3の内容をコピーして

弊方あてメールアドレスに送ってください。

課題1、2の予想問題を作成して送付させていただきます。


5.送付させていただくもの


・課題1~3の予想問題

・受験体験記(2012、2013年度受験者様の住所、名前を伏せたもの)

弊方ブログに掲載してあるものは試験の内容の記述を

カットしてありますが、この体験記はノーカットです。



例年よりご連絡が少し早いですが、

去年予想問題を送付させていただいた方々の中で、

課題3で失敗される受験者様が多かったため、

少しでも早く課題3対策だけでもおこなっていただこうと

考えているためです。


それでは、よろしくお願いいたします。











平成25年度機械保全技能検定電気総括


平成25年度の機械保全技能検定(電気系保全)試験ですが

もうほとんどの地域で終了したのでは無いでしょうか?


受験者の皆様、お疲れ様でした。

さて、私が予想問題を配布させていただいた方々から、

続々と試験報告が寄せられています。

どうもありがとうございます。


さて、予想問題を送付させていただいた方々の試験のデキを

総合しますと、恐らく合格率は50パーセント位であり、

去年が約75パーセントだった事を考慮してみても良くなく

とても残念に思っています。


まあ、機械保全電気合格率は、

2級が約30パーセント、1級が約25パーセント位と言われてますので

それよりは良かったですが、

できれば合格率80パーセント位まで持っていきたかったです。


その理由として、予想問題が外れていたのかというと、

どうやらそうでも無く、多くの方から似た問題が出て助かったとの

お言葉をいただきました。

報告されてきた試験問題を見てみると、課題1、2では1級、2級共、

私が作成していた予想問題の波形とほぼ同じものがいくつかあり

私の思考回路も、試験作成者のものと似てきたのかなと

思っています。

試験の難度は、2級は大体去年と同じと思いましたが

1級課題2は去年より若干難度が上昇していたと思います。



一方、失敗したと報告された方々の多くは、

試験会場独特の雰囲気に呑まれてしまい

緊張して失敗したと言ってました。

確かにあの雰囲気は緊張しますね。

実際私ももう受けたくない位です。

1日に2回、第一種電気工事士の実技試験を

受けるようなものですから(実際にはもう少し難しい)

大変神経を使い、試験後はとても疲れます。


その対応策として、次回からは、予想問題作成のみではなく

学習マニュアルみたいなものを製作しようかと思っています。

それも市販テキストみたいにありきたりなものでは無く、

もっと現実の試験に則した実践的な内容のものです。

それで、受験者の方により自信を付けてもらい、

試験の合格率を高めるというフォローをしたいと思います。


話は変わりますが、去年の試験で私がブログで、

課題3のリレー、タイマの良、不良判定でレアショートが無いと

掲載してしまったためか、多くの試験会場で、リレーの抵抗値を

測定させるという項目が追加されてしまいました。

しかし、今年はこれを実施した試験会場は少なかったようです。

(やはり試験監督員による事後の確認作業が大変ですものね。

大変だという理由で止めたのでしょう)

今後共ブログ中で、試験内容についての具体的記述は

避けるよう気を付けますが、今後作成を予定している

試験対策マニュアルの中では可能な限り

書いていきたいと思っています。