28年度機械保全電気体験談3

テーマ:

3つ目は、2級を受験されたTA様です。レポートはいただいたものの、残念ながら合格されたかどうかは未だご連絡いただいておりません。

しかし、こちらも試験会場の様子など、かなり具体的に記載されており、十分参考になります。

(一部、試験の具体的内容が記載されており、記事として公開するとまずい部分がありますので、○で修正もしくはカットしています。)

 

TA


shin様

お世話になります

機械保全技能検定 電気系2級 実技を受験してきましたので

報告します
会場はNです、12人ぐらいが受験していたと思います
机の大きさは奥行き50cm×幅150cmぐらいで

作業するスペースが少なかったです
検査員は男女で7、8人ぐらいだったと思います
試験会場に入室して机上に試験盤と青0.75ケーブル、

白0.75ケーブル、○○の圧着端子が置いてありました、
試験盤の内容はshin様の情報通りの試験盤で安心しました。


・課題1、2について

 試験開始前から緊張していましたが

 事前に試験盤を作って勉強できていたので、
 配線の時間に関しては緊張で

 手が少し震え気味になりながらも試験開始後22分で終わり、
 まずまずな結果でした、

 PLCの作成ですが、これも緊張の為はまり込んでしまい、
 黄色ランプ点灯まで試験開始後40分ぐらい掛かりました。
 この時点でだいぶ焦っており軽くパニックになった感じでした、

 問題は緑ランプのフリッカーでした、
 白ランプが立ち上がると同時に緑ランプが

 ONから始まるフリッカー動作の場合と、
 黄ランプが立ち上がると同時に緑ランプが

 OFFから始まるフリッカー動作の2通りがあり
 完全に混乱してしまいました。

 (添付したタイミングチャートを参照)
 ラダー条件によりフリッカー動作の切替は

 shin様の練習問題にありましたが、
 その部分は端折って勉強しておらず

 (フリッカー動作の切替はないだろうと

 勝手に思い込んでいました)
 反省するべき点であります、

 ですが、ランプを全部点灯しなければ失格という情報も

 ありましたので減点覚悟で、
 白ランプ黄ランプ立ち上がりのフリッカー動作は

 全てONから始まる様にラダーを作成しました、
 自分でランプ動作確認を終了したのは

 残り5分で挙手して確認をして頂きました、
 検査員の指示でボタンを押して確認し、

 特に間違いとの指摘も受けず終了しました。


・課題3について
 試験盤が変わり、課題3用の試験盤が運ばれてきました、
 配線上にはA3用紙が被せてあり中が

 確認できない状態でした、
 動作確認を行うリレー・タイマー×4個

 (それぞれABCDのラベルが貼ってある)は
 シールを貼ってあり内部が確認できない状態でした、
 課題3になると試験にも慣れてきたのか

 緊張もせず試験に挑めました、

 試験が開始し、先ずはリレー・タイマーの不具合確認です。
 結果はリレーCが○、リレーDが○、

 タイマーDが○の計3個の不良がありました、
 ここまでで試験開始後10分ぐらいです。

 正常なリレーとタイマー2個ずつを試験盤にセットし

 次に配線確認を行いました、
 全て線を修正し動作確認完了まで

 試験開始から35分程経過し、検査員に確認して頂きました。
 課題3の確認も検査員の指示通りに押しボタンを押し

 確認しました。確認が終了したら工具を片付け退出しました。

 

 まとめると、課題1,2はshin様の練習問題は

 端折らずに練習すれば、はまらずにPLCも組めたと思います、
 試験盤の構成は教えて頂きました内容と同じで

 とても簡単に配線できました、
 課題3に関しては試験盤に実際配線し数本線を外し、

 練習を行った結果スムーズに解けたと思います、

 試験の結果として、課題1,2のフリッカー動作が

 一部間違っていますが他は問題無いと思います、
 時間オーバーの減点とランプ点灯順の減点が

 どの位になるか検討が付きませんが、

 結果を待ちたいと思います、
 結果が出たらまた連絡します。

 

 

AD

28年度機械保全電気体験談2

テーマ:

2つ目は、T様。かなり具体的な内容となっています。

 

お世話になっております。
本日1級を受験したTです。
課題1・2および課題3ともに動作確認OKでしたので、
恐らく合格していると思います。

レポート添付しますのでご確認ください。

予想問題、課題3資料のおかげと思っています。

ありがとうございました。

以上、ご確認よろしくお願いいたします。

 

<試験会場>
試験地:某所
会場:某所

<教室>
・一人用の机を横に3個並べた机を一人で使用。
 横には長いが奥行は狭い。
・横2列、縦8列 16人くらい。
 1級と2級同じ部屋。
 他にあと2教室、全体で40~50人程度受験か。

<課題1・2>
試験管による工具のチェック有り
ドライバーのNo.2を確認、圧着ペンチのラチェット機構に関しても確認。
パワーサプライには+-の表記あり。

配線は0.75sqで事前情報通り。
圧着端子は1.25Y-3
配線は19分程で完了。
1.25sqでは最短で20分30秒だったのでやはり早く出来る。

課題1
 仕様2が出題。
 [= k2 D0]で白ランプ点灯、

 緑ボタン立ち下がりで消灯(事前公開)。

課題2
 ・変更1・変更2
  [= k4 D0]で黄色ランプ点灯。
  [= k2 D0]でT1(k40)後に緑ランプ点灯。
  黒押しボタンを離すと黄色ランプと緑ランプが

  同時に消灯する簡単な内容。2、3分で処理。
 
 ・変更3
  [= k2 D0]で赤ランプT2(k30)T3(k20)繰り返し。
  緑ボタンで1サイクル後に消灯。

  頂いた予想問題にもあったので楽勝かと思いきや、
  緊張してかなかなか頭が動かず。

  基準時間残り5分でやっと完成。
  その教室で5番目。
  
  実は、「赤ランプ消灯中に緑ボタンを押すと

  赤ランプのサイクルが終了しない」というミスをしたことを

  挙手後に気が付く。
  練習ではちゃんと出来ていたのに、本番の緊張が原因か。
  修正できず試験管の確認へ。
  タイムチャートでは、一回目は赤ランプ点灯中、

  2回目は赤ランプ消灯中に緑ランプを押す事に
  なっていたが、2回目もわざと赤ランプ点灯中に緑ボタン。
  そこまで細かくタイムチャート通りに見ていないようで、

  試験管にバレずに動作確認OKで終了。

<課題3>
 パワーサプライに+-の表記有り。
 電源配線はP24とN24の表記有り。

 リレーは4個中2個不良。
 タイマは4個中1個不良。あれ?2個じゃないの? 
 どの不良も一番右側(1-5-9側)で異常接点有り。
 レアショートは無し(分からなかった)。 
 配置は CR1 CR2 - -   T1 T2 - TE

 問題を配られた時点で透けて見えていて事例4と判明。
 開始前、「目視で何か問題がないか確認しろ」ということで確認。
 CR1の接点が1つ、CR2の接点が2つということで

 ○○型と判断。
 黒押しボタンのCOMに配線されていないことから未配線を発見。
 CR2の接点は2個ともa接のはずだが、

 1つがb接になっており誤配線も発見。
 
 開始後、速攻で配線図から書き始めて実線を追って確認。
 書いた配線図とは緑ランプの位置が変更になっていることに

 気付き配線図を修正。
 ここで若干慌てて少しタイムロス。
 その後、先に見つけておいた未配線と誤配線を処理。
 
 電源を入れてみるとT1が動かないことから、「この線だろう」と

 CR2からT1電源に伸びる線を導通確認すると当たり。
 一発で発見。
 何度か最終確認し、基準時間5分前に挙手。
 試験管の確認も問題無し。
 
<練習方法>
課題1・2
 予想問題を3回通して繰り返して練習。
 過去問は5、6年分を2回通して練習。
 予想問題のみでも良し。
 数種類のパターンを習得するとすらすら解けるよになる。
 実際の試験より難しいため、本番の試験は簡単に感じる。
 
課題3
 渡り配線をあっちこっち回してややこしくして例題を作成。

 (←実際の試験では配線図の上から順番に素直に渡っていた。 

 書く順番にもよるが・・・。)
 適当に誤配線・未配線・断線を仕込んで翌日自分で解く。
 ぱっと見で分かる未配線、誤配線は作らない。 
 b接は12-4をよく使って慣れる。

 (←実際の試験でも12-4のb接が2箇所でた。)
 「ここが断線していたらこういう動きになる」を考えながら解く。(←実際の試験でも動きから予想して1発で断線発見。電源の渡り線の断線は出題し難い)

 

 

AD

28年度機械保全電気体験談1

28年度機械保全技能検定 電気系保全の体験談をいくつかご紹介したいと思います。

 

この方は、仕事で電気の保全をされているわけではなく、NCオペレータということですが、1級試験を見事に合格されました。

以下、メールの内容を記載します。

 

shin様こんばんは。


2月19日に技能検定電気保全1級を受験したA県のAと申します。


まず学科についてですが運営が変わってからはやはり

過去問の傾向が少なくなっていましたが過去10年分及び書籍の説明ページも一通り頭にいれて挑みました。

終えて答え合わせをすると6問不正解でした。

 

次に実技ですがまず課題3から行われました

今年からマークシート形式に変わった様です。

出題は課題1の変形型でした。

リレーは

a接点接触不良、a接点溶着、b接点接触不良の3個でした。

テスト回路がT4のみだった為リレー診断に時間が掛かってしまいました。

(練習時はR4、T4で行っていた為)

課題4で結構練習していた為少し未配線、誤配線に戸惑いましたが

27分で何とか挙手出来ましたが

片づけを忘れて減点されたかもしれませN。


終わりまして課題1,2に移動しました。


出題は長押しじゃない方の問題が出て課題2もshin様の作っていただいた物を練習していれば十分にできました。


配線、ランプ点灯テスト含め24分で完了。

40分で挙手出来ました。


今回合格すれば機械系2級所持してますので複合技能士の称号もありましたが運営がなくなり複合技能士の称号も無くなった様で残念です。

ここまで出来たのもshin様のお力添えで大変感謝もうしあげます。


課題1,2については記憶が不鮮明な所もありますが添付に課題3も含め送ります。

又、結果が出ましたらご報告いたします。


本当に有難うございました。


次は第二種電気工事士に挑戦したいと思ってます。


又、機会があればご相談しても宜しいでしょうか?

 


それでは失礼致します。

 


どうもshinさまこんにちは

 


技能検定でお世話になりましたAです。


本日会社宛に事務局より技能検定結果通知書が配布されました。

 

結果ですが学科88点実技100点で無事合格する事が出来ました。


制御の仕事とは程遠い業務の私を(NCオペレーターです)合格に導いていただけたのも

shin様の支援ありきの事だと痛感しております。

 

試験資格等で行き詰まった際などにはご相談等させて下さい。

お世話になりました。

ありがとうございました。


情報公開は個人情報を隠していただければ公開していただいて問題ありません。

ぜひ皆様の情報共有に活用して下さい。


又、今年度の予想問題は確かに難易度が高いと感じましたが

それをやっていたおかげで本番の試験時余裕を持ち試験に挑めた事や

最近は業務にも活用してますのでそういった際にも練習の苦労が役立つ時があると感じています。


又何かありましたらぜひご協力したいと思います。


それでは失礼致します。

 

 

AD

トウキョウサンショウウオ卵のうを採集してきてから

2週間以上が過ぎましたが

現在直射日光の当たらない温度の低い場所で

管理しています(室内です)。

 

もうすぐ卵のうから幼生が出てきそうです。

今年は気温が低いので、発生の速さも

ゆるやかです。

これだけ気温が低いと、生息地で

幼生達が卵のうから抜け出す時期も

例年よりずっと遅いのではないかと思います。

 

私思うのですけど、

トウキョウサンショウウオの卵のうは

オオイタサンショウウオの

卵のうに形が良く似ています。

(表面にシワが無いところも)

オオイタサンショオウオの卵のうより

一回り以上小さいですが・・・。

 

トウキョウとオオイタの中間に生息する

カスミサンショウウオの卵のうは

コイル状にクルクル巻いていて

表面にシワがあって、

また違うんですよね。

 

とにかく、このままなるべく低温で

管理してゆっくり孵化させようと思います。

 

 

 

 

 

 

ダルマになった

ダルマになった

 

2週間前に採集してきた

トウキョウサンショウウウオの卵のうですが

早くもダルマ(尾芽胚)へ。

神経胚から尾芽胚への変化は速いですね。

直射光の当たらない場所で

低温にて管理していたのですが

どんどん孵化へ近づいています。

 

サンショウウオの卵のうは

酸欠防止のため、ひたひたに水に漬かるくらい

水深を浅くして、低温管理する。

 

死亡卵は無いようですね。

後10日間ほどは、卵の成長を

なるべく抑えたい。

 

約3ヶ月続いた東京生活も

もうすぐ終わりです。

久しぶりに故郷での生活に戻れるのが

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械保全技能検定電気の合格発表

テーマ:

機械保全技能検定電気の合格発表

 

少し掲載が遅れてしまいましたが

去る3月22日に機械保全技能士の合格発表がありました。

今回も、予想問題を申し込まれた方から、

"合格しました"との便りをいただき、

私も嬉しく思います。

 

今回の試験で私が感じたのは

課題2の難度が例年に比べ低下したことです。

私としては、例年どおりの難度で良かったのでは

ないかと思うのですが・・・。

 

課題3については難度は

例年どおりだったみたいですけどね。

 

次の機会に

今回受験された方の体験談を掲載したいと

思いますが.、

打ち切り時間までに

挙手をせず、不合格になった

受験生がかなりいます。

JIPMソリューションの試験概要(事前公開用)を

見ると、確かに、"打ち切り時間になる前に

挙手をしない受験生は採点しません"と書いてあり

試験概要を良く読んでいなかった受験生が

多かったと思われるのは残念なことだと思います。

(試験概要はしっかり熟読しましょう)

 

何人かの受験生様からのヒアリングによると

試験会場により、この対応に差があったようで

打ち切り時間になったときに

無条件で、挙手をしなかった

受験生の動作確認をおこなわなかった会場と

 

打ち切り時間のアナウンスと共に

「この時点での採点を希望する方は挙手をしてください。」と

案内があった会場があったようです。。

 

試験会場によってこのような差があっては

不公平だと思います。

 

話は変わりますが

私は、技能検定試験の受験料

(特に実技試験)は高すぎると思っています。

技能検定試験は、雇用促進法で

定められた試験であるにかかわらず

あまりにも権威が無い資格だと

私は思っています。

 

これをもっていないと

業務が出来ないという類の資格では

無いからです。

はっきり言って

取得時の苦労の割には

持っていてもあまり意味が無い資格だとさえ

私は思っています。

 

もっと技能検定試験の地位を上げてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウキョウサンショウウオ1

皆さんお久しぶりです。

shinです。お元気でしょうか?

 

会社の出張で、私は今東京にいます。

後2週間くらいで九州に帰る予定です。

 

さて、昨日、トウキョウサンショウウオの卵のうを

採集に行ってきました。

採集場所は関東地方のある場所です。

持ち帰った卵のうは1房だけですが

数えてみると、47粒の卵が入っていました。

 

 

オオイタサンショウウオの卵のうに良く似ていますが、1周り以上小さい。

卵のうを見つけた場所は丘陵地の山すそにある沼地です。

自転車などが不法投棄してありました。

 

オオイタサンショウウオを飼育繁殖した経験を基に

飼育を開始してみようと思います。

 

もちろん、目標は飼育下で繁殖することです。

 

採集場所の写真です。

 

最近は訳あってオオイタサンショウウオの飼育をやめていました。

飼育していたオオイタサンショウウオは全て生息地に放しました。

 

6年間続いた私のオオイタサンショウウオの飼育繁殖記事も

途絶えてしまったわけですが、

北海道のえぞっこさんの記事を最後に、

継続してサンショウウオの

飼育繁殖に取り組んでおられるブログに今だ出会えません。

 

再度この機会に取り組んでみようかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

28年度機械保全電気系 予想問題作成締め切りのお知らせ

 

本日をもちまして、28年度機械保全電気系

予想問題送付の受付を終了します。

 

例年より受付期間が長かったのは

2級受験者の方の応募が少なかったためです。

2級受験者の方の応募がある程度の人数になるまで

待っていました。

 

毎年のことなのですが、

1級の受験情報はかなりいただくのですが

2級の情報は少ないのです。

去年はあやうく2級過去問情報を

得損なうところでした。

 

去年からJIPMソリューションによる試験運営となり

変更になった部分の例を挙げると

 

 1.課題1でPLCを検定盤上に

  装着して配線できなくなった。

  (PLCを検定盤の横に

  置いて配線するようになった)

 

 2.リレー脱装着時や配線時に検定盤の

  電源が入っていると減点される。

  (以前よりチェックが厳しくなった)

 

 3.採点法が、全国的に統一された模様。

  (以前は地域により採点法に差があった)

 

等が挙げられますが、試験問題自体の難度は

運営が変更になる以前と変わらないようです。

 

今年も頑張って予想問題を作成します。

応募してくださった皆様のご期待に沿うよう

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械保全技能検定 電気系保全実技試験予想問題を作成します。



平成28年度技能検定試験の申込みが近づいてきました。

今年も限定30名の方に予想問題を作成します。


機械保全技能検定電気系保全の

予想問題を希望される方は下記参照ください。




1.連絡先(こちらにメールにてご連絡ください)


denki_syunin288@yahoo.co.jp

(アメーバのメールは絶対に使わないでください。

返信ができません。)


2.予想問題作成&送付対象者


 2016年度後期技能検定試験

 機械保全技能検定1級又は2級を受験される方で

 試験後に、課題2の波形及び課題3のレポートを

 送ってくださる方(厳守)。

 試験を受けたときの感想もできれば教えてください。

 (ただし、覚えている範囲で可です)


※予想問題を求めて来られた方で、

 レポートを送ってこられない方がいらっしゃいます。

 必ず、試験レポートを送付いただきますよう

 お願いいたします。


3.予想問題作成費


 無料。ただし人数に制限あり(約30名になったら締め切ります)

 締め切るときは、その旨を弊方ブログでお知らせします。


4.申し込み方法


 上記メールアドレスに、氏名と受験する級を明記の上

 予想問題希望と書いて送信ください。

 レポートを送ってくださる誓約いただいた方に

 まず、下記のもののダウンロード先をお教えします。

 弊方のオンラインストレージ(Yahoo ボックス)から

 ダウンロードしていただきます。


 

   (1)受験者体験談


   過去の受験生からの受験体験談で、

      大変貴重なものです。

   受験体験記(平成24年度~平成27年度受験者様の

   住所、名前等個人情報を伏せたもの)

   弊方ブログに掲載してあるものは

   試験の内容の記述を

   カットしてありますが、この体験記はノーカットです。


   特に平成27年度からはJIPMソリューションに

   試験運営が委任されたため、平成26年度までと

   試験運営方式に変更がありました。

   27年度試験の体験談(19人分)を参考に、

   試験対策を実施ください。



  (2)機械保全技能検定盤図面

   

   試験で実際に使用される検定盤の詳細な寸法や

   材料等の情報です。この情報で、ご自分で

   検定盤を作成される方の参考となれば幸いです。


  (3)機械保全技能検定1級電気過去問


   1級の方は、平成22年度~平成27年度までの

   過去問情報です。



  (4)機械保全技能検定2級電気過去問


   2級の方は、平成24年度~平成27年度までの

   過去問情報です。



  (5)過去の予想問題


   私が過去作成してきた予想問題(課題2)です。

   実際の試験より難しく作成してあり

   これと過去問で課題2対策は万全かと思います。

   ご活用ください。


 11月下旬ごろ、試験概要が受験者様自宅へ

 中央職業能力開発機構より

 送られてきますので、課題1、3の内容をコピーして

 弊方あてメールアドレスに送ってください。

 課題1、2の予想問題を作成して送付させていただきます。

 予想問題の送付時期は、12月10日前後となります。

 最も早い試験実施地域(北海道等)は、

 12/20(日)からと考えられますので

 その方は勉強準備期間が短いかと思いますが

 過去問や過去の予想問題で対策は可能だと思います。


 それでは、よろしくお願いいたします。

27年度 機械保全電気体験談その1


かなり遅くなってしまいましたが

機械保全技能検定電気系保全

27年度の受験者体験談を少し紹介したいと思います。


その前に、昨年度から

試験運営が、JABADAからJIPMソリューションに移ったことにより

いくつか試験内容に変更がありました。

そのいくつかを揚げてみると。


 1.課題1,2で、PLCを検定盤の上に載せて作業することができなくなった。

  (検定盤の左右どちらかに置いて配線する)


 2.配線時やリレーの抜き差し時は、

  電源を切って作業するよう求められるようになった。

    (これを見つかると、減点の対象となる)


 3.採点方法が全国的に統一された(らしい)。

  信じられないことに、これまでは地域によって採点方法に差がありましたが

  (この試験は国家試験ですよ)

  これが全国的に統一されたようです。


3は良いことだと思いますが、

1,2は練習時に新しく留意しなければならなくなったことですね。

それでは、まず一人目の方です。Y2様(仮名)ということでご紹介させていただきます。



Y2


お世話になります。

実技試験受験しましたので、レポートを送ります。

 結果から言いますと


★課題1.2は仕様1

  配線22分

   緑ランプ

  赤ランプ

  黄ランプの順で53分で終了

★課題3は、例題1 30分で完了しました。


この結果はshin様のご指導があってこその結果です。

・会場は、2人がけの長机 2人掛けを1人で使い、

配線盤は、右側 パソコンが左側で望みました。


・課題1.2は、0.75ミリIV線で配線し課題1終了 練習では、

20分が最速でしたが、緊張で手が震えていました。


・課題2は、解けそうな緑→赤→黄の順で進めて赤終了時が、45分経過で、

 あと5分で黄が解けそうだったので、黄に進みました。

 内容はオルタネートの条件追加みたいな問題ですが、

 変なところ(最初の黄ボタン)で点灯したりして50分経過

  条件追加でどうにか解けました。


・課題3は、席に戻ったとたんに開始となり、心の準備が出来ないまま開始され、

リレー・タイマーの点検は、リレー 2個不良 タイマー 1個不良 で10分経過

タイムチャートを見て例題1と判断し

並びは※タイムチャートを見て結線図作成

実配線を見て結線図作成し、見比べます。

CR1のA接点が誤配線はすぐ見つけられましたが、

未配線が見つけられないまま20分経過したので

断線探しに移りました。 プラス側マイナス側と中間部と見て断線を発見しました

その後、未配線が見つからないので、電源投入しました。

ボタンをおすと緑ランプが点灯しないことが分かり、T2がONしてませんでした。

その周辺を追っていくとT2のb接点からの未配線を発見しました。 25分

その後、ボタンを押して確認し、30分で挙手して終了でした。


 感想としては、shin様からの情報をもらい、

 9月から毎日1-2時間の勉強(練習キット自作含み)を繰り返し、

 12月から課題3をメインに学習した成果だと思います。

 課題1.2のタイムチャート

 課題3の例題を送ります。

 まずは、お礼を言っておきます。
 
 大変お世話になりました。

 合格発表がでましたら、また連絡入れます。



 お世話になります。

 合格通知のハガキが到着しましたので、連絡いたします。


 結果は、94点で合格です。


・課題1.2の4種類のランプ点灯


        3分時間オーバー


 ・課題3の3種類のランプ点灯


        時間内でクリア
 
 あと配線接続での多少減点の結果だと思います。

 同僚の合否ですが、1級は8人受験中、合格者3名となっております。

 ・課題1.2で3種類のランプ点灯と

 ・課題3のランプ点灯は必須のようです。

 今回shin様の情報が、かなり役立ちました。

 大変お世話になりました。

 また何かありましたら、その時は宜しくお願いします。