頴田病院のブログ

2012年春  新病院完成しました


テーマ:

 

【行事食レポート】

 

毎日暑い日が続きますね!

皆さま いかがお過ごしでしょうか?

暑中&残暑お見舞いも兼ねまして、8月の行事食をご紹介致します。

今回は810日に“ひまわり膳”を提供させていただきました♪

                

はじめに今回の行事食カードをご紹介致します。

 

 

今回はひまわり膳なので、ひまわりのカードを添えさせていただきました。

小さな可愛らしいひまわりが一輪咲いています。

カードは栄養士の手作りです。夏を感じていただけたでしょうか?

 

実はメニューの中にも今回のテーマとなっている“ひまわり”が隠れているのです!

ぜひ探してみて下さいね♪

 

では、お待ちかねのメニューをどうぞ ↓↓↓

 

 

      《メニュー》

       ・うなぎ散らし

       ・夏野菜の炊き合わせ

       ・おきゅうと

       ・みょうがのお吸い物

       ・水ようかん

 

ご飯はスタミナ満点のうなぎをばら寿司の上に盛り付けました。

下に錦糸卵の黄色、上に大葉の緑を乗せることで見た目も鮮やかに仕上げております。

黄色、緑色、茶色 ん?この色合いはまさに…!?

 

メインの炊き合わせには夏野菜であるオクラを使用しております。

葉っぱの形に飾り切りされた南瓜も存在感がありますね!

炊き加減はちょうどよく、優しい味付けになっております。

 

小鉢は福岡のソウルフードのおきゅうとにしてみました。

初めて食べた!という方もいらっしゃったかもしれませんね。

豆知識ですが、おきゅうとは“えごのり”という海藻から作られているんですよ!

夏場は食欲が落ちてしまう方が多いですが、ツルッとした食感を楽しみながら食べることが出来る一品です!

 

デザートは夏のひんやり冷菓、水ようかんです。

なんと、当院の水ようかんは手作りなのです! Σ(・ω・´ノ)

手作りの水ようかんを食べることは少ないのではないでしょうか?

手作りレシピにご興味のある方は栄養士までどうぞ(^^)

  

次回の行事食は918日 敬老の日を予定しています! お楽しみに★

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

201781日(火)

 

在宅医療センターでは毎週火曜日のお昼に、センター内で所属ナースやリハスタッフ、事務や医師が持ち回りで勉強会を開いています。

 

今回は、

 

      “医療的ケア児の発育・発達”

 

というタイトルで一ノ瀬医師が担当しました。

 

 

 今回は、特別に地域の訪問看護ステーションにも案内を出したところ、16ステーション32名の方に院外から参加いただいて、大変盛況でした。

 

 

小児在宅医療で関わるお子さんたちは、人数こそ成人に比べれば少ないですが、重症度はそこそこあり、細かなケアが必要です。一方で、『成長』という強い強い武器が子ども達にはあります。当然、子どもがどのようにして体が大きくなり、どのように発育していくのかを知っておくことは関わる職種にとっては大事なことです。

 

以上、短い時間ではありましたが、医療的ケア児と関わるための子どもの成長や発達について勉強しました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

❁❁❁ 7月の行事食 第2弾 ❁❁❁

 

みなさん、こんにちは。前回の行事食『七夕』で登場したばかりのあつじろうです。「またお会いできる日」が早かったですね。今回もちゃちゃではなくてすみません。

毎日暑い日が続いています。8月を迎える前ですが夏バテしそうです。

 

そんな725日、なんと72回目の行事食の日でした。

夏バテしそうと思っているところ『土用の丑の日』がテーマでした。ご紹介しますね。

 

 

      <メニュー>

       *うな丼

       *山芋の酢の物

       *すまし汁(花麩)

       *バナナ

 

 

単純にうれしいっ、『うな丼。どうしてみんな好きなのかな。甘辛いタレで香ばしく焼かれたうなぎ、匂いだけでもおいしいですよね。錦糸卵で見えにくいかもしれませんが、いかがですか、立派な体格だったことを思わせるうなぎの1切れ1切れは大きく、肉厚ふっくらでした。ゆっくり、がっつりうなぎを堪能、幸せを噛みしめた後、タレの染みたご飯でゆっくり余韻を楽しみました。

ちなみに“土用”って季節ごとにあり、立春・立夏・立秋・立冬の約18日間のことらしいです。そのうちの“丑の日“が干支の十二支を暦で数えた日とのことです。夏以外はあまり聞かないですね。

 

 

『山芋の酢の物』は甘酸っぱく、さわやかな彩りそのままのさわやかな味。シャキシャキとした歯触りが涼しさを呼んでくれているような錯覚に陥りました。

 

 

『すまし汁です。がつがつ『うな丼』をいただきながら、一口いただく『すまし汁』は喉元と気持ちを抑えてくれる優しい味です。ぷかぷか浮かぶ花麩にこころ癒されます。

 

 

デザートはフレッシュ『バナナ』です。これも元気の源。そしてそのバナナを見て私がいつも思い出すのは童謡“さっちゃん”。「さっちゃんはバナナが大好きだけど、ちっちゃいから半分しか食べられない、かわいそうね」っていう歌詞なんですけど、今日の私は食べすぎるから半分でちょうどいいです。

 

今回もとてもおいしかったです。改めて感じましたが、行事食というお楽しみメニューではありますが、病院食のイメージが変わります。患者さんも楽しみにしてくださっているのがわかります。調理師さんたちありがとうございます。食事を作る厨房は暑いでしょうが、この夏もどうぞよろしくお願いいたします。

 

これから猛暑期突入です。みなさん、暑さや食中毒対策、できることはしっかりご注意お願いいたします。絶対無理せず、適切な水分補給と睡眠は確保してくださいね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。