首イボとは何ですか?

30歳を過ぎたあたりから、首まわりに小さなイボができることがあります。


最初は1~2個だったイボが、気づくと増えてしまっています。


首イボとは、首に出来る茶色あるいは肌色の、米粒よりも小さな突起物の事です。


「アクロコルドン」という老人性イボの一種です。


普段は痛みやかゆみはありませんが、指でつまめるほど飛び出したイボは人目につきやすくて隠したくなりますね。


ハイネックやアクセサリーで擦れて痛みを感じることもあります。


イボの大きさは大体1~2mmです。


「アクロコルドン」が出来る原因は、紫外線・摩擦の影響ですが、乾燥肌の人は更に「アクロコルドン」ができやすいのです。


紫外線や摩擦によって肌がダメージを受けると老化が進み、細胞が過剰に増殖して、肌が盛り上がります。


年齢が上がるにつれてダメージを受けやすくなるので年々増えてしまいます。


首イボそのものは老化現象によって角質が変化しただけのものにすぎないので、決して人体に危険な影響を及ぼすわけではありません。


「アクロコルドン」ができやすいのは30代以上の人ですが、20代の人でも首イボが発生することもあります。

 


首のイボとりの方法は?

首周りは自分よりも他人の目に入りやすい部位です。


首のしわで年齢が分かるように、首イボがあるかないかでも、年齢が分かってしまいます。
大きくなる前に首イボを取りましょう。


首イボを除去するのに専用のジェルがありますが、時間がかかりますのですぐにでも取りたい方には美容整形での除去をおススメします。

 

首のイボをレーザーでどうやって取るの?

炭酸ガスレーザーと言う処置があります。


深部組織や周辺の正常な皮膚にはダメージを与えないので、メスで切除した場合よりもキズ跡が残りにくく、治りも早いのが特徴です。


治療の際は局所麻酔を行うため痛みや出血もほとんどありません。


炭酸ガスレーザーは水分に吸収されやすく、一瞬にして熱エネルギーに転換されるという性質があります。


患部に照射すると、その細胞に含まれる水分がレーザーのエネルギーを吸収し、蒸散作用を起こして瞬間的に患部の組織を除去します。


このとき、周辺の血管は熱凝固作用で一瞬のうちに固まってしまいますので、出血はほとんどありません。

 

首のイボをレーザーで取りたい方は、美容整形で相談してみるといいですよ!

 

 

AD