2017-01-16

帆かけサバニ公開造船について

テーマ:ブログ

 

フーカキサバニは、2002年から石垣島 白保に暮らすサバニ大工 新城康弘さん(現89歳)に帆かけサバニの発注をはじめました。

 

 今回、地域の文化発展の協力を申し出てくださった神奈川県在住の佐藤道明様をはじめ、これまで北海道在住の須貝則昭様、神奈川在住の丸山康幸様などの協力を頂き、この15年程で20数艇の新たな帆かけサバニがこの世に生まれました。 

 

 このように途切れることなく制作を続けられたことが、次に繋げる動きとなりました。

 

 今回のサバニ制作者 長嶺 誠は2013年に約一年間週末ごとに 沖縄本島から石垣島へ通い師匠である新城さんに師事し6mのサバニを完成させました。更には2016年春、7mのサバニを新城さんと共に約40日間で完成させました。今回 帆かけサバニチームうみまるキャプテンである武林多加志さんのサポートを得て、初めて師匠である新城さんの手を離れ制作することとなりました。

 

 現在糸満市の大城 清さんをはじめ数人の優れたサバニ大工がおられます。

大先輩方に比べては遠く及ばないにしても、次の世代に繋げられる若者によって沖縄本島北部 名護市でのサバニ制作のチャレンジは少なからず価値はあると信じます。

 

 このようなチャレンジに意義を感じ私たちを信頼し制作を託して頂いた佐藤 道明様に改めてお礼を述べたいと思います。

 

 レースへの継続的な参戦、外洋航海、体験会、メンテナンス等これまでの経験を活かし、時代に求められる完成度の高いサバニを目指し最大限力を注ぐ所存です。

 
舟の名称:木造漁船 帆かけサバニ(方言:フーカキサバニ)
舟の材:飫肥杉 obi-sugii (産地:宮崎県日南市)
舟の長さ:7.5m
発注者:株式会社 HAL 佐藤道明 様
サバニ大工:長嶺誠    製作助手:武林多加志
協力:名護城址公園 岸本 林 様 (株)海想
運営:フーカキサバニ 
場所:名護市 名護城址公園せせらぎ広場












 

 

AD

冒険手帳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。