助けてくれる場所URLの一覧

テーマ:

著作権にかかわるものがありましたら消しますので、お知らせ頂ければ幸いです。
許可を得ていないものが含まれています。
私は初心者ですので分からないことが多いです。




「いのちのつながり|自殺対策支援センターライフリンク http://www.lifelink.or.jp/hp/link.html
~いじめで困っているとき、うつ病かもと思ったら…等~」


「自立生活サポートセンター もやい http://www.moyai.net/
 ホームレス|路上生活|生活困窮|生活保護|生活相談|ネットカフェ難民|ワーキングプア|ハウジングプア|貧困問題」


ベルいのちと暮らしの相談ナビ http://lifelink-db.org/


ホームレス支援全国ネットワーク http://www.homeless-net.org/html/members.html


ドキドキ国際ビフレンダーズ 東京自殺防止センター http://www.befrienders-jpn.org/


大阪自殺防止センター http://www.spc-osaka.org/


東京多摩いのちの電話→広報誌 http://www.tamainochi.com/


自殺予防総合対策センター いきる・ささえる相談窓口


http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/ikirusasaeru/index.html


麹町教会聖イグナチオ生活相談室 ~「貧困」ってなに?-社会福祉ミニ知識~
http://ignsodan.jimdo.com/


チューリップピンクNPO自殺防止ネットワーク 風  http://www.soudannet-kaze.jp/

電話いのちの電話 http://www.find-j.jp/


ラーメンセカンドハーベスト・ジャパン(フードバンク・食糧無料提供の慈善活動)リンゴ

http://www.2hj.org/


海外で大活躍中のおにぎりセカンドハーベストお茶が日本にやってきました! まだ食べられるのに棄てられてしまっている、驚く程多くの食品を「もったいない」から「ありがとう」に変えていきましょう~(☆^∀^)ъ 
(※セカンドハーベストではお米の寄付をお願いしているそうです。お米は賞味期限が無いため、ほとんど入手できません。しかし、支援対象者からはお米の支援要望が強く寄せられていました。)


天使カリヨン子どもの家(子どもの避難所・子どもシェルター・虐待逃れ、育ち直す場)
社会福祉法人カリヨン子どもセンター http://www.carillon-cc.org/


NPO法人 子どもセンター「パオ」事務局 http://www.pao.or.jp/office/office.html


コムケアセンター(コミュニティケア活動支援センター)
http://homepage2.nifty.com/comcare/index.htm



家IMA緊急シェルター(生活困窮者の避難所・無料宿泊所) http://www.interq.or.jp/hot/ima/


長野ダルク(薬物依存症者のリハビリセンター)  http://darc-nagano.com/


統合失調症等の精神障害者の活動拠点「べてるの家」(リストカットなど)
http://bethel-net.jp/


いのち語り隊  http://www.mana-mh.com/e_kouen.html

『アップリカ プレママスクエア』子育てママを応援
http://digest.beach.jp/aprica-odekake/

MaManabi(ママナビ)「学んで」「話せる」ママのためのコミュニティ
http://digest.beach.jp/mamanabi/


家庭環境の改善にはセラピーが必要? NPO日本リアリティセラピー協会 
http://www.choicetheorist.com/rt_outline.html
『外的コントロール心理学の表れ方は、致命的な7つの習慣となる。
批判する 責める 文句を言う ガミガミ言う 脅す 罰する ほうびで釣る
この習慣が実践されるところでは、基本的欲求が充足されず、問題が発生する。』

レディーファーストで女性をエスコートするための国際標準のマナー講座やサイトが増えると助かるかも?
レディファーストのできる男性が少ないと嘆いている日本の女性が多いそうです。
レディファースト『女性に対する優しさ・思いやりの態度、女性を危険から守ってあげるために男性が進んでする仕草や行動のこと。女性を尊重して優先するマナーや習慣』


ラブラブ!こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト) http://jikei-hp.or.jp/cradle-of-the-stork1/

~小さな生命をいつくしむ社会へ~ 


さくらんぼマリッジ・エンカウンター(家庭・夫婦の悩み事相談)

http://www.wwme.jp/
http://homepage3.nifty.com/FIRES/index.html


聖イグナチオ教会「ONE情報誌」結婚講座
http://www.ignatius.gr.jp/info/one/index.html


くつチャイルドライン http://www.childline.or.jp/


チョコレートオレンジリボン運動 - 子ども虐待防止 http://www.orangeribbon.jp/


ドアNPOファミリーハウス http://www.familyhouse.or.jp/


NPO法人 子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク
http://cmpn.childfirst.or.jp/

自死・自殺に向き合う僧侶の会
http://www.bouzsanga.org


「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)」浄土真宗本願寺
http://www.hongwanji.or.jp/project/jissen.html


超宗派メッター☆実践福祉会 http://metta.or.jp/


てらネットEN(不登校・ひきこもり) http://www.teranet-en.org/0201.htm


七十二人の集い(ひきこもり支援・ひきこもり当事者団体)

http://72nin.com/


東京カリタスの家 (家族福祉相談室)   http://www.tokyo-caritas.org/


サレジオ会(カトリック教会) http://salesians.jp/
『み言葉の食卓』「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」(マタイ4:4)
http://www.donboscojp.org/sdblogos/
『ドン・ボスコの風』サレジオ家族のさまざまな活動を伝える機関誌
http://salesians.jp/library/wind_donbosco

祈りの園 http://www.inori-no-sono.com/
YouTubeで「inorinosono」と検索すると、ペトロ神父様の穏やかな語りの声の動画がたくさん観られます。
ミサや聖書絵本の朗読など。



日本モンテッソーリ教育綜合研究所 http://sainou.or.jp/montessori/
劣悪な環境で育ったスラム街の子供でさえ愛の教育で変わるそうです。


コスモスビッグイシュー日本版 英国ロンドン発「ホームレス自立支援活動」  http://www.bigissue.jp/

ビッグイシューはリサイクル環境のこととか、若者がかかえている社会の問題とかを、読みやすく伝えているので、若者に人気ビックリマークなのでしょうね。


ビッグイシュー(172号8月1日)に掲載された記事
もうひとつの働き方ネットワーク http://volunteer.main.jp/
空の写真を集めた「SORAプロジェクト」自死を悼む気持ちを広く共有する取り組み



― ◆ ― ◆ ― ◆ ― ◆

「ルポ仏教、貧困・自殺に挑む」磯村健太郎 著 岩波書店
P106
 仏教は「殺生してはならない」と説く。そのため多くの僧侶は自分のいのちを絶つのも悪いことと考え、その結果、たとえば自死遺族に何と声をかけてよいのかわからずにいる。
一方で、だれかのために身をなげうつことをたたえる教えもあり、自殺を容認しているように考える者もいる。つまり、これまで自殺問題に対して、いったいどういう姿勢で臨めばよいのかわからないという事情があった。
P111
 キリスト教、なかでもカトリックは「いのちは神に与えられたもの」という立場から、自殺は神に対する「罪」とみなしてきた。
自殺した人に対するミサや埋葬を禁止するなど、ひどい差別をしてきた歴史が長くつづき、一九八三年の新教会法で、ほとんどの規定がようやく見なおされた。
日本のカトリック司教団は二〇〇一年に公式メッセージ『いのちへのまなざし』を発表し、そのなかで「これまで自殺者に対して、冷たく、裁き手として振る舞い、差別を助長してきました」と謝罪している。
 仏教では、生命は創造主に与えられたものというような見方はしない。しかし、いつしか自殺は「悪」という思い込みが僧侶のあいだに広がった。なかには、自殺した人の葬儀を断る僧侶さえいるという話が聞こえてくるほどだ。
さきほどのアンケートにあったように、僧侶が「いのちの尊さ」を説いてみせたり、葬儀後に気まずそうにしながら立ち去ったりするだけでも遺族はどれほどつらいことだろう。



NEW四旬節2014 小冊子の発行。2014年4/20はイースター(復活祭)
http://www.caritas.jp/contributi/contributi_01.html


『続・自死の現実を見つめて-思いをわかち合う-』発行


カリタスジャパン http://www.caritas.jp/
小冊子「自死の現実を見つめて -教会が生きる支えになるために-」

P42
ドキドキ自死遺族(支援、つどい、分かち合いなど)の場もあります。
 参加の場合には、オープン(支援者、相談者が加わる)かクローズド(遺族のみ)か、自助グループかサポートグループなのかなど、事前にその活動の形態や主旨についてご確認下さい。


「自死遺族のつどい」全国マップ http://www.lifelink.or.jp/hp/tsudoi.html


全国自死遺族総合支援センター http://www.izoku-center.or.jp/


全国自死遺族連絡会 http://zenziren.web.fc2.com/


あしなが育英会 http://www.ashinaga.org/


NPO生と死を考える会 http://www.seitosi.org/


カトリック聖イグナチオ自死遺族のつどい https://www.facebook.com/inochiwomamoru


ラブラブ自殺未遂の方が心の思いを語れる場もあります


コーヒーハウス
東京自殺防止センター

http://www.befrienders-jpn.org/news/
人間関係につまずいたり、疲れた人達が集まって互いに語りあう場。誰でも参加可能。
東京自殺防止センター内、またはカトリック目黒教会にて


やじろべえの会
自殺未遂をしてしまったけど、立ち直りたいと願っている方のケア。要連絡。
03-3207-5040 (月~金、11:00~17:00)


― ◆ ― ◆ ― ◆ ― ◆

P43
 大切な人を亡くされたあなたへ
 つらい気持ちは、亡くなった人のことを大事に思っているからこそ生じます。「自分のせいではないか」「あの時、ああすればよかった」などと自分を責め続けてしまったり、強いショックのため、心身のバランスを崩してしまうこともめずらしくありません。必要があれば専門機関に相談することも忘れないで下さい。
 「誰かに聞いてほしい」「話したい」という想いが高まった時、信頼できる誰かに話してください。遺族のかた同士で気持ちを分かち合う場所もあります。
 大切な人の思い出を語り、ご自身の悩みや苦しみを互いに分かち合うことによって、心の安らぎが少しずつ取り戻されるかもしれません。あなたは決して一人ではありません。


ペタしてね


カリタスジャパン小冊子「つなぐ2009」P6~P18

http://www.caritas.jp/contributi/pdf/jp2009.pdf

孤独を訴える声に寄り添う 祈りを支えに電話の応答
 自ら生命を絶つ事件や近親者による殺人が毎日のように報道されるなか、カトリック福祉施設で長年働いてきた渡辺和代さん(仮名、65歳)の周囲にも孤独を訴え、人とのつながりに苦しむ人が多い。
 普段、事務室で仕事をしていると電話がかかる。受話器のむこうから聞こえる訴えに、本来の仕事ではないが断ることもできず、渡辺さんは相談の相手をする。
息子が30歳になっても仕事が無く家から出ようとしない。小さい時に受けた心の傷から抜け出せず、子どもをたたき続けてしまう自分が恐ろしい。認知症の親の不可解な行動に疲れた。仕事場が2年後に閉鎖されると知って酒におぼれる夫に絶望した。そんな女性たちの叫びが日々押し寄せてくる。


― ★ ― ★ ― ★ ― ★



カリタスジャパン小冊子「つなぐ2008」P6~
http://www.caritas.jp/publication/images/tsunagu2008.pdf
「一緒に悩み、解決していこうね」保育現場に浮かび上がる家庭の姿


マンションという鳥かご
 外山さんは、片田舎で生まれた。カトリック系の短大卒業後、地元で8 年間幼稚園教諭をし、伯母の紹介で一流会社に勤める男性と結婚、田舎を出て都会の新築のマンションに入居。すぐに男の子を授かり、無事出産。すべてが順風満帆と思われた。
 ところが、子育ては簡単ではなかった。子どもは夕方になると必ず泣いた。なぜ泣くのか分からなかった。抱いてあやしてもますます激しく、そっくり返って1 時間以上泣くわが子にイライラした。遠く離れた母や妹に電話で訴えても、「大丈夫よ。どこの子もそうなのだから」という答えが返ってくる。大丈夫ではなかった。「どうにかしてよ」、「ここから離れさせて」と叫びたかった。夫は朝早く出勤、夜は遅く帰宅すれば疲れきった様子で寝てしまい、休日には接待ゴルフ。家の事はすべて自分ひとりでやるしかなかった。ぎっくり腰になった時でさえ夫の助けはあきらめていた。新築マンションという鳥かごに一人で閉じ込められた不安と恐怖は幼い子どもに向かった。子どもに手を出そうとしてハッと手をひっこめたものの、どうしてよいか分からず、子どもをベッドに投げ捨てるようにたたきつけ、自分が泣き出してしまったこともある。・・・



― ★ ― ★ ― ★ ― ★



2012-04-21
私事で恐縮ですが、強い薬の副作用で全身の皮膚がボロボロになった時に、苦しみの和らげ方を考えていました。つらい時は明るく元気な人を見れば、こちらも明るくなれると思いますか?
傷一つ無い美しいモデルを撮ったフォトグラファーの写真を見た時、自分のあまりにもボロボロでひどい皮膚と比べてしまい、ものすごく落ち込みました。ファッション雑誌を見て、こんなに嫌悪感を感じて卑屈になる程の傷は初めてかもしれません。どんなに優秀で腕の良いカメラマンでも、これほどボロボロの皮膚の人を、きれいに撮ることは出来ないでしょう。そう思っては、ますます落ち込みました。
その後で、原爆投下で被爆した片岡津代(かたおかつよ)さんのやけただれた皮膚の写った写真を見たら、何故か慰めを受けたような気がしたのです。東松照明(とうまつしょうめい)さんというカメラマンは、片岡さんの被爆した写真を撮り続けているそうです。
こんなにひどい原爆の傷を受けながら、どうして彼女は写真を撮らせたのでしょうか?片岡さんはクリスチャンで、自殺は神様に対する「大罪」と知っていて、死にたいと思うたびに踏みとどまったそうです。
海外版の写真集もあって、世界中の人々に被爆の写真を見せられることは、女性にとって、どんなに苦しくつらいことかと思ってしまいます。片岡さんは強い女性ですね。自分よりも苦しい状況に耐えている人を知ることが、自分の苦しみを和らげる方法の一つではないかとさえ感じました。
ただ、片岡さんのように神様のために生きようとする力はどこから来るのでしょうか?私にはまだ分かりません。
今でも、少し風邪をひいただけで、弱った皮膚が再びボロボロになったりしています。傷があまりにも痛いとき、死は他人事ではないと感じる苦難の度に、苦しみの和らげ方について考えてしまいます。
解決方法は人それぞれ、とは思います。他人の苦しみに共感すること、寄り添って苦しみを分かち合うこと、とか。。。みなさんは、どうやって解決されているのでしょうか?すでに自殺してしまった方を罪として責めても救われないような悲しさがありますね。
もしも、魂がリサイクル法によって、煉獄・ジゴク・天国に分別され、リサイクルされた時に生まれ変る?としたら??肉体の苦しみが終わっても、精神の苦しみは残るのでしょうか…。
死ねば楽になれると思って自殺したのに、心の苦しみが消えなかったら、まだ死ねていないと思って、何度でも自殺を繰り返してしまうのでしょうか?自殺者の魂の苦しみが消えることを願って祈れば、救われるのでしょうか?自分の身近にも自殺問題があり(大学生のときに、いとこが自殺してしまいました)、神父様にいろいろ訪ねても困惑されている様子でした。お寺のお坊さんでも、答えに困るかもしれませんね。分からないことだらけで、神様への疑問が増えてしまいます。
桜の開花が始まる頃に、死を考える方が多いらしいです。儚い花びらとともに命を散らすのではなく、誰かとつながって共に生きるにはどうしたらいいのでしょうか?神社と教会とお寺が、民衆の苦しみに寄り添う憩いの場所に変わるためには、どうしたらいいのでしょうか?



AD

いのちのつながり1 

テーマ:

※初めてブログをご覧になって下さった方へ~
貧困・いじめ・自殺問題などの救済場所URLと詳細につきましては、
「プロフィール」かブログ「助けてくれる場所URLの一覧」に記載されております。

日常を潤す言葉を探していますラブラブо(ж>▽<)y ☆

皆さんは心を癒す言葉クローバーを使って、毎日を過ごせていますか?


癒される言葉クローバーがあふれているのかな虹(@・▽・@) http://www.geocities.jp/yuki_no_isukia/rink2_.html  佐藤初女さんの言葉は…

本おにぎり『いまを生きる言葉「森のイスキア」より 佐藤初女(著) 講談社+α文庫』


ありがとうございます 笑顔セラピーねっと http://www.egao-therapy.net/

リボン「ありがとう」とドキドキ「感謝」プラスの言葉が善い状況へ導いてくれるというセラピーです。

人間には全員それぞれの天命があって、その天命を探す方法のコトとかねクラッカー

本「あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法 野坂礼子 著」 


フォコラーレ こどもたち 愛のサイコロ 

http://focolare.world.coocan.jp/gen4/newpage2gen4.html


こもれび 心にひびく日々のことば http://focolare.world.coocan.jp/komorebi.html

お月様心のともしび 暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう http://www.tomoshibi.or.jp/

一隅を照らす運動 http://ichigu.net/

食パンサレジオ会 み言葉の食卓 http://salesians.jp/

仏教聖典 心の悩みについて http://www.bdk-jp.org/buddhism/distress.html


お茶東京禅センターZENカフェ http://www.myoshin-zen-c.jp/

プレゼント祈りの園 http://www.inori-no-sono.com/

本「しあわせのヒント」ペトロ神父 著


NEW本「こころに ひかりを」 ガエタノ・コンプリ 著  ドン・ボスコ社 http://www.donboscosha.com/

http://www.v-cimatti.com/pub/news/event/lecture/index.html


教会の宗派を超えた季刊誌「Ministry ミニストリー」  http://www.ministry.co.jp/

きょうをささげる http://seseragi.jesuits.or.jp/sasage/  


雑誌「百万人の福音」 いのちのことば社 http://www.wlpm.or.jp/

カトリック新聞  http://www.cwjpn.com/cwjpn/


セラピーシリーズ エルフ・ヘルプ ブックス
天使ほのぼのとした妖精エルフが導く世界。そこには、自分をいたわり養うためのヒントがつまっています。ポケットに入る小さな本ですが、大きな癒しをもたらしてくれるでしょう。
「健康回復セラピー」「結婚生活セラピー」「悲しみセラピー」「介護セラピー」「祈りセラピー」「がんをかかえて生きるセラピー」「自分にやさしくなるセラピー」その他
発行:サンパウロ http://www.sanpaolo.or.jp/


本「日々のことば マザー・テレサ著」も神様の人間への想いが書かれている本かなぁ⊂(*^(I)^*)⊃

ペタしてね


お茶夢の自動販売機 http://www.nippon-foundation.or.jp/yumecho/

日本財団 http://www.nippon-foundation.or.jp/

オレンジNPO円ブリオ基金センター http://embryokikin.com/


ラルシュ かなの家(障害者ドキドキ支援) http://www.larchejapan.org/

ヘッドフォンNPO日本バリアフリー協会(障害者ドキドキ支援) http://www.npojba.org/ 音楽でひろがるバリアフリー


視覚障害者「正秋バンド 愛のサウンドフェスティバル~われらに音楽がある限り~」
社会福祉法人 東京光の家 http://www.hikarinoie.org/


世田谷区 障がい者
自主生産品カタログ はっぴぃハンドメイドBOOK
http://oyanokai-setagaya.com/jigyou/top.html


全国NPOバンク連絡会 http://npobank.net/ ~「円」を「縁」に変えよう!あなたのお金で、身近な課題を解決できる ~

未来バンク ~あなたの預金はどこへ行く??~ http://www.geocities.jp/mirai_bank/

きょうとNPOセンター http://www.npo-net.or.jp/center/

ap bank Fund for Japan ~音楽でつながる~ http://www.apbank.jp/

コミュニティ・ユース・バンク momo http://www.momobank.net/

会員になるとNPOの情報を郵送やメールで頂けます。



参加してみる!イベント
http://jlmm.net/event/concert/
ゴスペルの歌のチカラで、人生をもっと豊かに。社会をもっと元気に。
http://jlmm.net/


アーユス仏教国際協力ネットワーク http://www.ayus.org/


アジア学院 ARI 共に生きるために http://www.ari-edu.org/

様々なかたちで参加できるイベントを開催しています。

あたたかい雰囲気の学院で国際協力を始めてみませんか?
体験する→イベント情報
お味噌とお醤油とルバーブジャムが美味しかったです。お米サポーター募集中。皆様もお買い物で国際協力してみてくださいね!
学院を紹介するDVDが販売されています。アジア学院の教育では、リーダーは命令(command)ではなく、みんなへの奉仕者(servant)「ここでは、何でもみんなで話し合って決めましたからね」と学生が説明していました。キリスト教の素晴らしい愛の奉仕の様子が伝わりますね。


土と平和の祭典2012
http://www.tanemaki.jp/saiten2012/


グローバルフェスタJAPAN2012
http://www.gfjapan.com/


Earth Day Tokyo 2013 地球のことを考えて行動する日、アースデイ
http://www.earthday-tokyo.org/


霧GreenMobility グリーン・モビリティ(自転車生活と地球の応援マガジン)
http://www.green-mobility.jp/
Vol.7 環境先進国ヨーロッパの自転車事情NEW
人と自然にやさしいエコ都市へ ベルギー・ブリュッセル
P7 大規模サイクルシェアリングシステム「VILLO(ヴィロ)!」ついに導入ビックリマーク
◆システムはパリと同じ
 パリで成功を収めている大規模なリサイクルサイクルシェアリングシステムが、今年の春よりブリュッセルでも導入された。EU本部を構えるブリュッセルもエコ先進国として一歩前進し、足並みをそろえた形だ。現在おおよそ450メーターごとに約180箇所のステーションとよばれるレンタル・返却スポットが設けられ、約2500台の自転車が稼動している。24時間365日いつでも自転車を使用することができる便利さと、ラッシュ時には車よりずっと効率がよい乗り物であることを市民にアピールし、長年頭を痛めてきた交通渋滞の緩和に取り組む。OK
http://www.green-mobility.jp/backnumber

Vol.15 自転車が東京を変えるひらめき電球
P12 ルールとマナーの周知徹底を!
 自動車大国アメリカの中で”自転車の聖地”という地位を築こうとしているポートランドでは長期に渡るビジョンの中、子供たちへの自転車教育システムを着々と根づかせている。学校を中心とする地域毎で行われるというこの教育、小学校では定期的に”自転車通学の日”が定められており、その日は親と一緒に自転車で学校学校に行くことが慣例となっている。ここでルールやマナーを教えるのは、地域の親達によって組織されたボランティアグループ。警察や行政の定める教育機関でなくとも、自分達の安全のためだと市民が立ち上がる。こうして上から押しつけられることを嫌うアメリカ人にさえも、自転車のルール・マナーが徹底されているのである。


ケーキもしもし、生きてていいですか? 篠原 鋭一 著(長寿院・住職) ワニブックス
ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む 磯村 健太郎(著) 岩波書店

お寺が救う無縁社会 北川順也(著) 幻冬舎ルネッサンス新書


宝石ブルー映画「大地の詩-留岡幸助物語-」http://www.gendaipro.com/tomeoka/

本『生きるためのひとこと』 晴佐久 昌英 著 出版社:女子パウロ会
病のときは恵みのときキラキラ


ペタしてね

女の子フォコラーレ 世界の子供たちの生活男の子 
http://focolare.world.coocan.jp/gen3.html

フィンランドの学校生活 http://www.shidaikyo.or.jp/newspaper/online/2408/t_2.html

チューリップ赤海外の大学 教育制度とカリキュラム まとめ P219~ 

http://www.kawai-juku.ac.jp/kawaijuku/meti/pdf/17_01.pdf

いちごプロジェクト・フィンランドキノコ(豊かさのメソッド) http://www.projectfinland.jp/

海外の多くの大学では、大学と企業と研究所の結びつきが強くて、
好きな仕事を体験してみたい!って思ったら、在学中に職業体験が出来ちゃうんですね~。

体験してみないと、職場環境や仕事内容が、本当に自分にマッチングしているかどうか分からないし…。
学生のアイディアを企業が採用したり、学生が企業とふれあう機会が多いのは、お互いに良い影響がありそう。


http://www.finstitute.gr.jp/faq-jp.html
フィンランドセンター 留学サマーコース 夏季大学
http://www.kesayliopistot.fi/english.htm
ユバスキュラ大学  https://www.jyu.fi/en/
ヘルシンキ芸術デザイン大学  http://www.helsinki.fi/university/

家子どもの貧困を考えよう椅子

サーチフィンランドの教育力 リッカ・パッカラ 著

安心・平等・社会の育み フィンランドの子育てと保育  藤井ニエメラみどり(著)
飛行機「フィンランド 豊かさのメソッド 堀内都喜子 著 集英社新書」
クリスマスツリー「フィンランドの所得保障 年金制度を中心に http://ci.nii.ac.jp/naid/110004597730
「論文PDF - オープンアクセス」か「プレビュー」をクリックすると日本語で読めます


船知識ゼロからのフィンランド教育 藤田りか子 著 幻冬舎

P32 大声はこわがらせるだけ。しかるときも穏やかに
NG:大声でしかりつける→恐怖心で反省できない。パニック。思考停止。穏やかに話せば、考える力がつく。大声でしかると、恐怖で考えられなくなってしまいます。残るのはこわい印象だけ。
OK:穏やかに、普通のトーンでしかる→思考が働いて、反省できる。行動を振り返る。しかられる理由を考える。穏やかに子どもから理由を聞き出します。子どもは、行動を振り返り、反省します。

 大声でしかりつければ、親として威厳が示せるというものではありません。フィンランド人はその点、とても静かに子どもと対話をします。ほとんどささやいている感じです。
 いけないことをしたときは「いけない」ということを伝え、「なぜいけないのか」を告げることが大切。こわがらせる必要はないのです。大声を出せば、子どもは恐怖心から、一時的にいうことを聞くかもしれません。
 しかし、しかられている理由がわからないので、また同じ行為を繰り返すことになるでしょう。


本「フィンランド式頭のいい子が育つ20のルール 小林 朝夫 著 青春出版社」

病院「大人のためのフィンランド式勉強法 小林 朝夫 (著) 出版社: ロングセラーズ」
P144~P147 日本のスーパーの店員、買い物での日本人の対応チョコと海外の違いなど…。
店員がいるって当たり前じゃなかったんだー、知らなかったニャア~にゃー足あと


ペタしてね

フィンランドでは、テスト合格も受験も就職活動も無く、夏休みヒマワリの宿題も無く、授業料は無料(o'∀'o) いいなぁ…
給食も鉛筆などの教材さえタダだとか。教科書の使いまわしが当たり前とかは節約上手ですね。
子どもの希望である仕事に勤められるように、子ども一人ひとりに適した学習を手助けグッド!してくれる教育。
他人と競うことは無いそうです(*^^)(^^*)/~~('_'+)
皆で助け合って学習を進めているっていいですね。
競争無しで、助け合う方が本当は学習の効率はいいのかも~。゚(>о<)゚。


欧米では難民・移民などのよそ者、障害者ドキドキを寛容に迎えてくれている気がしませんか(。ー_ー。)。ο〇
困難な立場の人を助けることで、助けた人や国が助かるのかな?

ベルNPO難民を助ける会 http://www.aarjapan.gr.jp/

くつ幼い難民を考える会 http://www.cyr.or.jp/

食パンなんみんフォーラム http://www.frj.or.jp/

コーヒーCTIC 難民支援 http://www.ctic.jp/


(障害者ドキドキ支援)

ひらめき電球社会福祉法人 日本ライトハウス http://www.lighthouse.or.jp/
キラキラ社会福祉法人 東京光の家 http://www.hikarinoie.org/
わんわん社会福祉法人日本介助犬福祉協会 http://www.kaijoken.or.jp/
星空東京盲ろう者友の会 http://www.tokyo-db.or.jp/
星ロゴス点字図書館 http://www.logos-lib.or.jp/


仲間と助け合うってことは優劣競うより大事なはずですよねー(*∪∀∪*)。。


フィンランドでは、山や森でいちご野いちごブルーベリーなど野生の果実を摘んだり、キノコキノコを採っても全て無料。大量の果実やキノコをみんなで無料で分かち合っているそうです(人´∀`)
どこの山や森でも自由に採ってよくて自然はみんなのもの。無農薬なので体にも安全です。

シカなど約40種類以上の獲物の猟もできて食肉も手に入るヾ(゚0゚)ノ
(この頃、日本でも国産ジビエが人気ですね。エゾシカ・イノシシ・クマクマなどが美味で、日本でも気軽に食べられる料理店が増えてきていますねっ♪ ちなみに日本ではシカによる食害が深刻です。エゾシカ被害は年に約50億円。イノシシ被害は年に約53億円だそうです。美味しくシカ・イノシシを食べて社会貢献しましょう~!)

シカ料理
http://gibier.nagano-ken.jp/e4177.html

フィンランドみたいに、山や森で果物さくらんぼぶどうやキノコをとって食べられたら面白そうですね~ヾ(@゚▽゚@)ノ


映画「浮き雲」アキ・カウリスマキ監督 
この映画はフィンランドが不況だった頃の物語ですが、今は経済が回復して福祉国家になっている、、、日本は何かを学べるかにゃあ~ネコ足あと


無料タイピング練習サイトe-typing http://www.e-typing.ne.jp/

無料の英語学習ハングリーフォーワーズ http://www.hungryforwords.com/

無料の英語翻訳 @nifty翻訳 http://honyaku.nifty.com/
無料の辞書検索 - goo辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/

最近は教会の英語ミサと、海外ゲームで英語宇宙人遊び学習中です。
(ニンテンドーDSは国内の本体のまま、多くの英語版ソフトで遊べちゃうんですねウサギ
しっぽフリフリフィンランドでは学校でゲーム学習もするそうです。
飽きさせずに、子供が自分から学習に興味を持って、取り組むのを手助けするのですね。


先日、「ケミストリー・クエスト http://chemistryquest.com/ 」というゲームがあることを知りました。
小学生が作った化学物質を遊びながら覚えられるゲーム。大人気!!だそうです。
勉強は本来、学ぶ喜びを感じて、新しい発見に感動したりするものですよね~。


学校若者のビジネスマナー学習に便利かなぁ?

敬語と挨拶 http://www.keitainavi.jp/keigo/m_cushion.htm
ビジネスマナーと基礎知識 http://www.jp-guide.net/businessmanner/


クマ「こじか(子どもたち向けの雑誌)http://www.oriens.or.jp/kojika/kojika.html

ブーケ1「CCS世界の子どもと手をつなぐ学生の会 http://www.ccs-ngo.org/  

~広げよう 世界の子どもの笑顔の輪~」

晴れJICA地球ひろば http://www.jica.go.jp/hiroba/


ペタしてね


社会を変える仕事がしたい!!NPO・NGOキャリア情報ポータルサイト

http://workingforsocialchange.info/

天使NPO・NGOの活動に興味のある若者をサポート!


NPO・NGO・市民活動団体 http://www.npojob.com/


身近な問題では猫や雨水が気になります…。

ネコ「NPO ねこだすけ http://www.nekodasuke.net/ 」 野良ねこ足あとは日本にいなかったとか(ねこの歴史)

猫はペストから人を守ってくれる存在だったんですね。

映画「犬と猫と人間と」 飯田基晴監督作品 http://www.inunekoningen.com/

雨雨水市民の会 http://www.skywater.jp/ 雨水を水資源として有効活用

途上国の子どもたちを救う国際医療団 ~ ジャパンハート・海を越える看護団 http://www.japanheart.org/

パレスチナ子どものキャンペーン http://ccp-ngo.jp/

東北子ども支援ボランティア http://ccp-ngo.jp/japan-kinkyu2.html

NGO大森林 http://daishinrin.org/

~美しい地球霧船を子どもたちに虹~「環境と平和NPO『地球村』 http://www.chikyumura.org/


☆:*:★‥∵∴・∴・∴・∴・☆:*:★


初めて聖書を読んでみました。神様と貧しい人々のことを考えさせられます…。
本新約聖書マタイ福音書25:31~46
「お前たちは、わたしが飢えているときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ…」
「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」
「この最も小さい者の一人にしなかったのは、わたしにしてくれなかったことなのである。」

宝石ブルールカ7:46
なぜ、わたしを『主よ、主よ。』と呼びながら、わたしの言うことを行わないのですか。

本マタイ7:21
わたしに向かって、『主よ、主よ。』と言う者がみな天の御国にはいるのではなく、
天におられるわたしの父のみこころを行なう者がはいるのです。

宝石紫ヤコブ2:14-18
だれかが自分には信仰があると言っても、その人に行ないがないなら、何の役に立ちましょう。そのような信仰がその人を救うことができるでしょうか。
 もし、兄弟または姉妹のだれかが、着る物がなく、また、毎日の食べ物にもこと欠いているようなときに、あなたがたのうちだれかが、その人たちに、
「安心して行きなさい。暖かになり、十分に食べなさい。」と言っても、もしからだに必要な物を与えないなら、何の役に立つでしょう。それと同じように、信仰も、もし行ないがなかったなら、それだけでは死んだものです。

宝石緑マルコ10:19-25
戒めはあなたもよく知っているはずです。「殺してはならない。姦淫してはならない。盗んではならない。偽証を立ててはならない。欺き取ってはならない。父と母を敬え。」
~貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。
~裕福な者が神の国にはいることは、何とむずかしいことでしょう。
~金持ちが神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。

本マタイ5:27-28
『姦淫してはならない。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです。

マタイ15:10-20
聞いて悟りなさい。口にはいる物は人を汚しません。しかし、口から出るもの、これが人を汚します。
~口にはいる物はみな、腹にはいり、かわやに捨てられることを知らないのですか。しかし、口から出るものは、心から出て来ます。それは人を汚します。悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしりは心から出てくるからです。これらは、人を汚すものです。
宝石紫ルカ12:15
どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。

ルカ6:36-38
あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。
さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。
人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。
赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。
与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。
人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。
あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。

本ルカ福音書16:19-31
ある金持ちがいた。いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。
この金持ちの門前に、ラザロというできものだらけの貧しい人が横たわり、その食卓から落ちる物で腹を満たしたいものだと思っていた。犬もやって来ては、そのできものをなめた。やがて、この貧しい人は死んで、天使たちによって宴席にいるアブラハムのすぐそばに連れていかれた。金持ちも死んで葬られた。
そして、金持ちは陰附でさいなまれながら目を上げると、宴席でアブラハムとそのすぐそばにいるラザロとが、はるかかなたに見えた。
そこで、大声で言った。『父アブラハムよ、わたしを憐れんでください。ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中でもだえ苦しんでいます。』
しかしアブラハムは言った。『子よ、思い出してみるがよい。お前は生きている間に良いものをもらっていたが、ラザロは反対に悪いものをもらっていた。今はここで彼は慰められ、お前はもだえ苦しむのだ。そればかりか、わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって、ここからお前たちの方へ渡ろうとしてもできないし、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない。』


ペタしてね

★.。.:*・゜★.。.:*・゜★.。.:*・゜★    ★.。.:*・゜★.。.:*・゜★.。.:*・゜★


IMA緊急シェルター http://www.interq.or.jp/hot/ima/  の「いまにゅーす VOL.18 発行日2010/3/26」には、障害者でなおかつホームレスの人が入居していると書いてありました。
『~車椅子車椅子のホームレス・若者・外国人労働者、ある日のシェルター家ものがたり~
彼は糖尿病が悪化して、その合併症で右足を切断、病院退院後寮に入所したが、
ホームレス対応の施設や寮はほとんど1階で生活できる場所はなく、
さりとて身体障害者の施設は大変な待機者がおり入所が難しいのです。
 そんな状況下で彼は路上に放置されたままで2年あまりが経過したそうです。
彼の希望は1階のアパートで暮らしたいとのことでした。
その日に対応することは難しいので取り合えずIMA緊急シェルターに入所することになりました。』



カリタスジャパン小冊子「つなぐ2009」P6~P18

http://www.caritas.jp/contributi/pdf/jp2009.pdf


若者の実像を知ってほしい 人生の舵を切って困窮者支援
この1~2年「ワーキングプア」「若者の貧困」「若者の危機」などの表現をメディアで度々目にするようになってきている。なぜ今若者の問題がこのように取上げられるのか?若者自体が変わってきているのか?それとも何か他に要因があるのだろうか?生活困窮者の支援活動を行うNPO法人の事務局長Aさん(39)に話を聞いた。

路上生活者の中に若者が増えた
Aさんが支援活動を始めた95年頃は、路上生活者の中に若者の姿を見かけることは ほとんどなく、たまに出会うと驚くほどだった。しかし、2000年頃から、路上生活者の中に若者がいても驚かなくなった。
現在生活困窮者でAさんのもとを相談に訪れる人の約半数は20代、30代の若者だという。Aさんは「これらの現象は不思議なことでもなんでもない」と分析している。
もともと日本の公的社会保障は弱かったので、日本社会では家族と企業がずっと若者を支えてきていた。しかし、核家族化が進行する一方、自分自身の老後にすら不安をかかえる人が増えてくると、家族が若者を支えられなくなってきた。
一方企業は、社員の生活の面倒までみるのは自分たちの仕事ではないと方針を転換してきている。そんな状況の中、2000年代に入って雇用条件に変化が起こり、若年層の非正規労働者が増えてきた。併せて日本の社会保障費削減傾向が加速すると、その結果として、一生懸命働いて努力しているのに、周りからの支援が受けられなくて生活困窮に落ち込む若者の数が一気に増加してきた。
特に都市部では、仕事はしているが思うような収入が得られず、路上ではないまでもインターネットカフェなどに寝泊まりし、不自由な生活を余儀なくされている「ネットカフェ難民」が社会現象化している。

所持金がなくなるまで自助努力
 Aさんのところに相談に来る若者には、所持金が10円とか100円とかになってしまってから駆け込んでくる人が多い。なぜもっとお金があるうちに相談に来ないのかと疑問に思うが、本人は「まだ2000円も3000円も残っていたら人に頼っちゃいけないんだ。若いんだから自分でなんとかしないといけない」という意識が働いて頑張るものの、うまくいかず行き詰まってしまう。


「甘えるな」「だらしない」というけれど
 また、Aさんは「本人対応の大変さ以上に社会の偏見の壁にぶつかる方が大変だ」という。
働いているけれど食べていけない若者に対して、社会の目は、「私たちも辛い中で頑張ってきたのに、今の若者はだらしない」「甘えるな」「自業自得だろう」と見てしまう。
時代が変わって、若者が置かれている社会的背景が変わってきているのに、本人の問題として片付けてしまう。そして、「甘えるな」「だらしない」「努力が足りないんじゃないか」と非難されると、ますます追い込まれる。
「社会的な偏見で本人がつぶされてしまうんですね。そして、社会的なハードルが高すぎていつまでたっても抜け出せない」。現代の若者を取り巻く社会の実情を多くの人が認識して、社会の考え方が変わってくるようになるためにも、活動を継続していかなければならないと、Aさんは考えている。


19歳の若者が1 年で別人のように

 Aさんは19歳の一人の若者との出会いを次のように話す。「その若者は両親が離婚して父子家庭で、中学2 年生から学校に行っていない不登校生だったんです。19歳でも働いていなかった。父親が頑張りすぎてうつ病になり、父親本人が『死にたい』と相談に来られたのが彼との出会いのきっかけでした。学校にも行かず、仕事もせず、髪はぼうぼう、ひげも伸びっぱなし、目が悪いのに眼鏡もかけていない。毎日何かをするということもなく、表情も無く反応も無い、無気力の典型という状態でした。それで、何も用が無くても事務所に来てもらったりして、若いスタッフが中心になってできるだけ一緒にいる時間を長く持つように心がけたんです。そうしていくうちに、徐々に人になじんでくる。半年くらいたって本人に段々と変化が出てきたんです。髪を切る、ひげを剃そる、眼鏡も作る、日常のあいさつをするようになって、笑いも出るようになってきた。そうしたら退屈を感じるようになって、何かしないといけないんじゃないか、何かしたいと思うようになったんですね。それまでは退屈を感じることも無かったのに、自分は何がやれるのか探すようになったんです。そして定時制の高校に行きたいと言い出して、08年4 月から昼間は私たちの支援事業で働きながら夜は高校に通っています。1 年前とは別人のようにちゃんとした若者になりました」。
 一見何を考えているか分からない、なんの取り柄も無い、努力もしていないし、自暴自棄、そういった若者を、社会の人はその目の前の現象だけを見て「自業自得だろう」と片付けてしまっていないだろうか。しかし、この19歳の若者のように、各々それに至る背景や事情があり、仕方なくそういった状態に落ち込んで抜け出せないことを思いやることが必要ではないか。「その瞬間だけ見るとほっとけばいいと思われる人でも、そこに至る経緯を理解し、ケアに時間がかかるがサポートすれば変わっていくことを分かって欲しい。全体を見て欲しい、人間を人間として見て欲しい」とAさんは訴える。



クローバー当事者の声を聞くことで、なぜホームレスになってしまったのか?という疑問も解けるかもしれません。
ビッグイシュー http://www.bigissue.jp/  に当事者たちの声が載っていますが、
実に様々な理由から路上生活をしていると感じました。



AD

※初めてブログをご覧になって下さった方へ~
貧困・いじめ・自殺問題ドキドキなどの救済場所URLと詳細につきましては、
「プロフィール」かブログ「助けてくれる場所URLの一覧」に記載されております。



日常を潤す言葉や、心を癒す言葉、エコや奉仕活動など、いろいろ探していますクローバー(*ゝω・)b
見つけたら書いていこうと思いま~すネコ足あと:''':、ミ^・∀・^,,彡


感謝
良き神さまからもっとも多くの恵みをいただけるようにするものは感謝なのです。
私たちが一つの恵みに感謝すると、
神さまはそれに心を動かされて、すぐにさらに十の恵みを与えようとなさるのです。
それも心から感謝すれば、神さまはさらに豊かな恵みをくださいます。
(幼きイエスの聖テレジア)


★.。.:*・゜★.。.:*・゜★


一九八一年六月、ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)の寒村メジュゴリエで、
六人の子どもたちに聖母マリアが現れたという出来事に、この話は端を発する。
神の母が子どもに託した最初のメッセージは、
「神は存在します。そしてあなたたちを愛しておられます」だった。
そしてマリアは、涙を流しながら訴えたのだった、
「祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい!」
「神と人、人と人の間に平和があるように!」と、
小さな村には、巡礼者たちが押し寄せた―。

私たちのところに聖母が来て、語りかけておられる!心を打たれた村人たちは、生活のさまざまな場面で祈り始めた。子どもはスクールバスを待ちながら、おとなは畑で一休みしながら。建設当初、小さな村に不釣り合いだと笑われた大きな教会は、ロザリオを唱える人々で毎晩いっぱいになった。
 「聖母は、『心から祈りなさい』とおっしゃっておられます」。ある日、六人の子どもたちは、主任司祭・ヨゾ・ゾフコ神父にメッセージを伝えた。「深く、黙想しながら祈るということかな」と問うと、「そうではありません」と子どもたち。ラブラブ心から祈るために、心の中にゆるせない人がいたら、その人をゆるし、それから主の祈りを唱えるように天使と、マリアは求めていらっしゃるのです」
 そこでヨゾ神父は主日のミサで、聖母の望みを人々に伝えたのだった。お月様ゆるせない人をゆるしてから、主の祈りを唱えるように星。戸口の外まで人であふれていた広い聖堂は、静まり返った。祈りを唱え始める者は、一人もいなかった。氷のような沈黙がミサを中断し、約二十分が経過した。ヨゾ神父が途方に暮れていたそのとき、後方に立っていた群衆の中から大きな声が上がった。「主よ、おれをゆるしてください!」
 見ると一人の大柄な男性が、打ち砕かれたように泣いていた。「主よ、おれをゆるしてください!おれはあいつをゆるします!主よ、おれをゆるしてください!」あちこちからすすり泣きあせる、おえつが漏れ、やがて会堂は、相手を捜し出してはゆるしを請い、手を握り合いグッド!、抱擁する人々の涙と笑顔音譜で埋め尽くされていた。ミサはまたもや長い中断に入ったが、再開したとき、皆は全く新しい喜びに満たされていた!
 こうした小さな農村では、隣人同士のいさかいから、数世代にわたって口を利かなくなることは、特に珍しいことではなかった。そんな”普通の”村が、一瞬して変わったのだ。皆が和解しチューリップピンク、一致した。その日の夜、空にはMir(平和)の文字が輝いていた星空という……。ヨゾ神父はこの話をすると、今も涙をこぼして言う。「これこそ、何にもまさる奇跡でした」

(カトリック生活2010.3 ゆるしの秘跡 P20 P24-25
ドン・ボスコ http://www.donboscosha.com/  )



コスモスきょうをささげる
一日の始まりの時に
神とそして出会う人々に
きょうのあなたをささげ
一日を閉じる時に
神とそして出会った人々に
ありがとう
ごめんなさい
よろしくおねがいします
と心の中で語りかける日々を重ねてまいりましょう
(祈りのしおり2011 祈祷の使徒 編
http://seseragi.jesuits.or.jp/sasage/


ペタしてね


クローバー「あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法」 野坂礼子 著 青春出版社

http://www.egao-therapy.net/

P58★ひらめき電球よい波動のものを引きつけるには?
 波動という言葉を聞いたことがあると思います。東洋思想・東洋医学でいう「気」に当たるのですが、西洋科学の一分野である量子物理学ではこれを波動と言っています。
 人間も含めてすべての物質は分子でできていて、分子は原子でできています。この原子はどういうふうに構成されているかというと、原子核のまわりを電子がグルグルと高速で回っているのだそうです。電子は高速回転しているのでそのリズムが波動として伝わるのです。
 人や物などすべてのものは波動を出しています。物質や肉体だけでなく、私たち人間の感情も、言葉もイメージも、そして出来事にまで波動があるのです。
 そして、同質の波動は共鳴する性格があると考えられています。
 事故やトラブル、病気などは荒い波動を出しています。マイナスの感情でいっぱいになって暮らしていると、やはりイライラして荒い波動を出すことになり、同質の波動である事故やトラブル、病気などを引き寄せてしまいます。
 また、同じようなマイナスの感情を持った人たちを引き寄せたり、まわりの人をマイナスの感情に共鳴させたりしてしまいます。
 すると、ますます波動は荒くなり、マイナスの感情、マイナスの出来事が増大していくのです。その中からはなかなか抜け出すことができなくなります。
 その逆はどうでしょう。
 プラスの感情を持って、ニコニコとやわらかい波動を出して生活していれば、よい出来事、楽しいもの、プラスの感情を持った人たちを引き寄せます。また、まわりの人をプラスの感情にしていくので、まわりの人まで幸せにしていくことができます。
 これが波動の共鳴現象です。
 イライラしているときには、同じようにイライラしている相手と共鳴し、互いに引き合って事故やトラブルを起こしやすいので、要注意です。笑顔の波動はプラスの波動の中でも究極のよい波動ですから、イライラしているとき、焦っているとき、うまく物事が運ばないときこそ笑顔をつくると、波動が変わり、プラスの流れに方向転換していきます。
「めぐり合わせが変わる」という言葉がありますが、イライラしているときの荒い波動を、笑顔でやわらかい波動にチェンジすると、プラスのほうに「めぐり合わせが変わる」のです。「運気がよくなる」という言葉も、「波動=気」が変わって運がよくなることを指しており、いい波動を出すことが、幸運になることであるとわかります。


P66 …「料理がうまいところがいい」といつもいつも料理をほめられたら、いつも料理をがんばらなきゃいけない。「いい成績がとれて、おりこうね」と喜ばれたら、成績が下ったときには自分の存在まで否定された気になります。
 実際、親からのストロークをゲットすることが、生きる最大の目的になってしまい、ついには本来の自分らしさをすっかり見失ってしまった人が、たくさんいます。
 ですから、条件付きでほめられるのではなく、「あなたがいてくれることが、こうして共に過ごせることがあなたの存在が、うれしい」というのが、いちばん安心できるほめ言葉です。


P68 …そして「条件付きの愛」を得た結果、それを失うのが不安でいつも心配になるというのは、とても皮肉です。


P70★おくればおくるだけ、自分に返ってくる
 人間は人に幸せを「送る」「与える」というギブ(give)の気持ちより、幸せが「ほしい」というテイク(take=取る)の気持ちがどうしても強くなってしまうものです。ところが、テイクの気持ちが強いと、幸せは入ってこなくなってしまうものなのです。


P219 …だから、手に入れるのではなく、現われた相手を愛と感謝で受けるのです。ゲットは不幸のはじまりです。


P86★クローバー感謝法で苦手な人との関係がよくなる
 自分自身に対してや、あなたのまわりの感謝できる相手、感謝できる事柄に対して「ありがとう」を唱えるのは、わりと楽に実践できると思います。それができるようになったら、ちょっとやりにくいと思いますが、あなたの苦手な人や、いまトラブっている相手にも「ありがとう」を送ってみましょう。
 「あなたに意地悪する相手に『ありがとう』を唱えてみてください」と書くと、「なんで私がそんなことしなきゃいけないの!? 相手が一方的に意地悪をしていて、だれがどう見ても相手が悪いのに!!」と思われるかもしれません。
 私は、「理不尽な相手に対しても、あなたががまんして折れたほうが得」というような大人の処方術をすすめているわけではありません。
 「ありがとう」と心の中で言うことさえも抵抗のある相手には、スタートでは「クソッ!ありがとう」でもいいのです。これだったらやれるでしょう!!
 相手の顔を思い浮かべるのも嫌という場合は、その相手の後ろ姿をイメージしましょう。そしてイメージの中の相手に、「ありがとうございます」と繰り返し唱えます。形からの「ありがとう」であっても、繰り返し唱えるうちに不思議とイライラや嫌悪感がおさまってくるものです。職場などで相手がそばにいる場合は、現実の相手の後ろ姿に向かって、心の中で唱えるのもいい方法です。思い切って「ありがとう」という言葉を唱えれば、状況は変わります。


P88-89★ニコニコいい出会いを引き寄せ、波動を高める感謝法

 現在トラブっている相手ばかりでなく、すでに別れた相手に対しても、「ありがとう」を唱えることをおススメします。
 これは男女間の別れだけでなく、もめ事などで縁が切れてしまった友人や仕事関係者などにも当てはまることですが、現実には不本意な別れ方をしていても、「ありがとう」を唱えて、別れをやり直しましょう。
・・・
 どんなに正当な理由があっても、人に対して恨みの気持ちを残すことは、あなた自身の運気を大きく下げて人生を台無しにしてしまうのです。
 ですから、裏切られたという意識がある場合は、相手を恨む気持ちが消えるまで、「ありがとうございます」という言葉を念入りに唱えることで、別れたあとに、「ありがとう」を残すことになるのです。
 「ありがとう」を唱えていると、ありがたかったことが、だんだんわかるようになり、自分のほうで足りなかったものに気づき、謙虚さ素直さが生まれてくるのです。すると次の出会いは、感謝の波動で引きあいます。バージョンアップしたすばらしい人と出会えるのです。
 つらい別れを乗り越えて自分の心が成長すると、次に必ずよい出会いが待っているのです。


P93-95★マイナスのエネルギーを洗い流す好転反応
 漢方薬を服用したり食事療法をはじめると、一時的に症状が悪化することがあります。体質が変わる前段階として、一時的に悪くなる状態を、「好転反応」と言います。
 漢方薬を服用したときと同じように、「ありがとう」を唱えはじめると、この好転反応が起こることがあります。事態がいい方向に向かう前に一時的に状況が悪化することがあるのです。
 好転反応がほとんど出ない人もいますが、人によってはこの好転反応が強く出る場合もあるようです。「ありがとう」のプラスのエネルギーによって、いままでの人生で心の奥深くにたまっていたマイナスのエネルギーが一気に洗い流されるとき、一時的にマイナスの出来事が次々起きたりするのです。
 好転反応が強く出た場合、例えば、持病の症状が一時悪化したり、物を失くしたり、トラブルが発生したり、人間関係が切れたり、リストラに遭ったりといったことが起こってきます。
 でも、好転反応でマイナスのエネルギーが洗い流されたあとには、必ず桁違いの幸せが花開くのです。一時的にトラブルが起きたとしても、そのあとには体調がよくなったり、いい出会いやいい出来事が起こったり、イライラが消え、とても安らいだ気持ちになったり、というようにプラスの方向に向かっていきます。
 最初は自分という木に、枝や葉、花や実がいくつかつくという変化だとすれば、好転反応のあとは、根っこから変わるという感じで、いままでとはもうまるで違う木のように葉も花も生い茂り、色も形も味も格段にすばらしくなっているというわけです。
 私自身もこの好転反応によって、大事にしていた人間関係がいくつか切れるということを経験しました。そのときはびっくりして、「どうして!?」と傷つきましたが、あとで考えると、人間関係が切れてしまった相手というのは、ギブ&テイクの関係で、相手に、私にとっての何らかの役割を期待していた人たちで、私が内心、見返り(テイク)を求めていた関係だった、ということに気がつきました。
 私がキブだけの気持ちで接していた人たちとの関係は良好に続いていますから、私が人生で次のステージに上るためには、人を頼りにすることをやめる必要があったのだといま感じています。


P114-116★クラッカー言葉はあなたの”人生の居場所”をきめる
 あなたの使う言葉であなたの運命は変わっていきます。言葉で自分の人生の設計図を描いたあとは、必ず言葉どおりの人生を歩むのです。このことを「ヘェー、そういう考え方もあるんだ」と軽く受け取る人がいらっしゃいますが、この法則の外で生きられる人は、ひとりもいないのです。絶対の真理なのです。
 だから、人の悪口を言えば、言葉の持つマイナスの波動によってその言葉を発した本人のツキがどんどん落ちていきます。
 また、こうなりたい自分というのがある場合は、できるだけ具体的にそれを宣言すれば、現実がその方向に進んでいくのです。


P122-123★天使言葉をプラスに変えたら人生はプラスになる
 使う言葉は、慎重に選ばなければなりません。子どものころから親がよく使う言葉を聞き続けたり、まわりの環境の影響を受けたりして、培われてきた思考パターンによって、無意識にマイナスの言葉をたくさん使っているために、幸運が逃げマイナスを引き込んでしまって大ゾンをしていることが少なくありません。
http://www.egao-therapy.net/


P162★ヒツジだれにでも生まれてきた理由が必ずある
 「天命に生きる」と言うと大げさに聞こえますが、実は、人は生まれたときからすでに天命・天職につながる資質を授かっているものです。
 ところが成長の過程で、「あれはダメ、これはダメ」と否定され続けたり、自分で「これは無理」と自己限定したり、「私なんか……」と自己卑下したりしているうちに、大切な本来の自分の天命を見失っていくのです。
 また、いまの教育は、知識教育にかたより、テストの点数を取ることが最大の目的になっています。そんななかで、子どもたちは比較され、優劣をつけられるのですから、自分らしさを発揮するチャンスは、ほとんど奪われてしまっています。そして、本来の自分、天命からどんどん遠ざかっていくのです。

 セラピーの受講者で、37歳のMさんは「小学2年生の子どもが極端に集中力に欠けているので、教育相談を受けるようにと担任の先生に言われたんです」と落ち込んでいらっしゃいました。
 私は「彼はそんなに集中できないの?お母さんから見て何かに夢中になることってない?」と伺いました。
 するとしばらく考えこんでいたMさんは、「あ、あります。うちの子は、虫が好きで、イモムシやら何やらつかまえてきては、エサをやって飼っているんです。私は虫が嫌いなんで怒るんですけど、聞きません。虫の世話をはじめると『ご飯よ』と呼んでも、『う~ん』というばかりで、食べに来ませんで、もう虫ばっかり見てて。宿題もしないし。だから勉強しないなら、虫を捨ててきなさいっていうんですけど」とおっしゃられるのです。
 これはすばらしい集中力ですね。
 虫を観察しはじめるともう何時間でもジッと見つめて世話している……。学校で授業中、キョロキョロしたり、立ち上がって歩き回ったり、朝礼のときに列を乱すらしいのですが、それは先生の話が面白くないからなのです。自分の楽しいことになら、集中できるのです。
「ファーブル昆虫記」のファーブルも、少年時代、虫ばかり見て学校に遅刻したりしていたとか。これが大切な天命への道なのです。


P165★しっぽフリフリ見失った天命を取り戻すには?
 では、見失ってしまった天命を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか。
 まず、「自分は自分のままでいい」ということに気づき、自己肯定することです。「自分らしさ」とは何かを知り、自分の個性を愛し、大切にすることから、天命への道は開けます。
 天命とは、自分の個性や能力を生かした「自分らしい役割」のことだからです。
 その人が持って生まれた天命は、親でも変えられないものです。

P176★ラブラブ!苦手なことのなかにヒントがある
 天命を探すときにもうひとつポイントとなるのは、自分自身の欠点や悩み、苦手なことに着目することです。あなたを苦しめているあなたのマイナス要素は、たいてい天命を裏返したものなので、そこに着目すれば、あなたの天命が見えてくることが多いのです。
 私の話ばかりで恐縮ですが、私は子どものころからマイナス思考で、しかも、かなりのこだわり症でした。マイナスの方向に向かってどんどんこだわっていくので、10代、20代のときはノイローゼの症状を繰り返していたくらいです。
 自分の心の奥の奥までのぞきこんではああでもない、こうでもないと、ぐちゃぐちゃ悩んだり、人の心の中を、あの人はこんな人でとか、この人はこう考えているに違いないとかどんどん探っていくような、暗い性格でした。そういう性格ですから、もちろん笑顔も出てきません。・・・・
http://www.egao-therapy.net/


P198-199★音譜人の脳のメカニズムは本当に不思議で、自分がやったことで人が喜んでくれたときにだけ抑制物質のギャバが出ないようになっているようです。その場合は、脳内モルヒネが出続け、喜びであふれかえる至福の境地に至るのです。
 つまり、人は人に喜んでもらうことでしか本当の幸せ、究極の幸せは得られないのです。
 ただ、いくら人が喜んでくれても、自分を犠牲にして人を喜ばせていると、いつかは限界がきます。ストレスがたまって病気になったり、「もうダメ」だと精神的にプチッと切れて、逃げ出すことになってしまうでしょう。
 第一、自分を犠牲にしている場合は、実は人を喜ばせることより、人の愛をゲットするのが本当の目的なのです。
 ですから、自分が最高に楽しいと思ってやれる天命・天職によって、人が喜んでくれて自分もうれしい、というのが、唯一、最高の幸福の道なのです。
 そうじゃない道を行くと、別のことでつらさをごまかしたり、お金でゲットできるような楽しみ――パチンコやショッピング、グルメ、旅、エステなど――にやたらと走るといった、快楽的欲求に突き進むことでバランスをとるしかなくなってしまいます。
 実際、現代社会には、そういう生き方をしている人がとても多いのではないでしょうか。
http://www.egao-therapy.net/


P219-220★合格だれにもナイショで「いいこと」をすると・・・
 ここで、人にギブして自分に幸運が舞い込む、いちばんシンプルで、とっても簡単な方法をご紹介しておきましょう。
 それは、どんな小さいことでもいいので、人のために何かをしてあげて、させてもらったことに対して、「ありがとう」を唱えることです。
 それをしているところを人に見られない、気づかれない、お礼を言われない、という状況でやる、つまりナイショで「いいこと」をすると、より純粋なギブになり、さらに効果的です。このことを「陰徳を積む」と言います。
 人が最も幸せを感じるのは「人から感謝されたとき」ですが、あえて、いいことをしても人から直接お礼を言われないという状況を、意識的につくるのです。
 職場に早めに行ってまわりの人の机を拭いたり、冷蔵庫の中を片づける、あるいは道に落ちているゴミを拾うとか、デパートなどのトイレの洗面台に髪の毛が落ちていたら拾って捨てておく、というようなちょっとしたことでいいのです。
 それをやりながら、あるいはやった直後、「させてもらって ありがとうございます」という言葉を心の中で10~100回唱えます。
 心からそう思っていなくても、形だけでもかまいません。より深い幸せをもたらしてくれるギブ&ギブの練習だと思って、陰徳を積むトレーニングをするのです。
 これは深い深い宇宙の真理です。私も実感はしているのですが、なぜそうなるのかはうまく説明できないのが残念です。でも、事実ですので、やらないと損します。


P221★リンゴ「分け与える」ことで、揺るぎない幸せが訪れる
 自分の幸せを追求するだけでなく、まわりに幸せを分け与えると、それがまた自分自身により大きな幸せとなって返ってきます。
 まわりに幸せをギブすると、自分の幸せ波動がまわりに伝わり、波動の共鳴現象で、増幅して大きくなることで、すばらしい波動を持った人や出来事をどんどん引き寄せるので、結果として、より大きな幸せとなって返ってくるのです。


~就活に翻弄される若者たち~

http://www.bigissue.jp/backnumber/page161.html
若者を無防備にさせない。
「ジョブ」も「メンバーシップ」も。「職業教育」で学校と仕事に新しい接続を
「メンバーシップなきジョブ」の非正社員と「ジョブなきメンバーシップ」の正社員。
若者が置かれる困難な状況の背景には、「普通科」に偏りすぎた学校教育の問題があると
本田由紀さん(東京大学大学院教育学研究科教授)は指摘する。
そして今、「柔軟な専門性」をベースにした職業教育を見直すことで、
抵抗と適応の力を身につけ、学校と仕事に新しい関係をつくり出そうと提案する。

若者を排除する企業社会、「既卒」と「未経験者」のレッテルで・・・・・
ビッグイシュー(161号 2011.2.15 P12~) http://www.bigissue.jp/


★‥…━━゜+.━★・‥…━━.+゜━★



「フィンランド式 頭のいい子が育つ20のルール 小林朝夫(著) 青春出版社」

P128 一日の出来事を家族で話し合うことの大切さ
 日本人のテレビ平均視聴時間は世界でトップレベルだが、夫婦や親子の会話時間では世界最低レベルである。あるアンケート結果では、親子の一日の会話平均時間は42分というショッキングな結果が出ている。しかし、この本を手にしている読者の中には「42分って、けっこう多いかも」と思っている方もいるかもしれない。
 それほど、日本人が子どもに接する時間は少なくなっている。その原因はさまざまだが、親も子どもも忙しいというのが主な理由だ。子どもも週に何日も塾や習い事に通っているので、必然的に親子で過ごす時間が短くなる。考えられないことだが、朝8時から夜10時まで、4つの塾をハシゴする親子を目撃して唖然とさせられた覚えがある。
 今日一日あったことを夕食の時間に家族で話し合うことの大切さを、今の日本人は忘れてしまったのだろう。地方へ行けば、まだ家族全員で食卓を囲む風景が見られるが、都心に近づけば近づくほど、その風景は薄れていく。それは、都心に近づけば近づくほど自然の風景がなくなっていくことと、とてもよく似ている。
 対照的に、フィンランドの家庭における会話時間は長い。夫婦の会話では一日平均4時間、親子では2・5時間という長さである。ほとんどの仕事が5時までに終わり、夜の10時まで明るい日が多いことを考えると、そのくらいの時間になるのだろう。
 フィンランド人がよく話をするというのは何も家庭に限ったことではなく、仕事場でも学校でも同様である。


P130
・説得する→行動させる→できたら褒める
 この図式を習慣化させるには、大人側の忍耐が要求される。電車の中でもレストランでも平気で大きな声を上げて子どもを叱る親と、何も注意せずに子どもを好き放題にさせている親。この両極端な親が目立つ。フィンランド人から見るとそのどちらも不思議な光景として目に映る。「なぜ、話し合いをしないのか」とフィンランド人は考える。
 どんな小さな子どもでも話せば理解できるのである。もし、話してもその子が理解できなければ、違う言葉(言い方を変えて)で話すべきだ。その子が理解して納得するまで、しつこく話すべきなのである。


P131 子どもの話は全力を傾けて聞く
 フィンランドでは、相手の話をよく聞く。
 たとえ相手が話し方がヘタでも、その内容を理解しようと努力し、相手の話の中身を全力で理解するように努める。
「それは当たり前のことなのです。私たちフィンランド人は、民族的に人数がとても少なく、お互いを尊重し合わなければ暮らしていけないのです。たとえその相手が子どもであっても、私たちはその子の話に耳を傾けて真剣に聞こうとします」
 このことは、当たり前のようであるが、現代人が失いかけているもののひとつではないだろうか。特に、日本の大人も子どもも、人の話を聞かなくなった。相手が真剣に話している途中でも、携帯電話を取り出してメールをチェックする人も多いが、そのような態度を見ると、どう考えても人の話を真剣に聞いているようには思えない。
 親を含めた大人側の人間たちが子どもたちの話を真剣に聞かなければ、それを見て育った子どもたちは、「人の話はあんなふうに適当に聞いておけばいいのか」と思い、だんだんそれをマネするようになってしまう。
 一方、フィンランドの親が子どもと話すときは、体の一部に触れる。
 肩や頭にそっと手を置いたり、手を握ることもよくする。子どもが泣いているときに、母親や父親が肩に手を優しく置きながら、なぜ泣いているのかを尋ね、子どもが勇気や希望を持てる話をする。
 体の一部に触れながら話すことは、子どもの心をリラックスさせるうえでとても役立つ。子どもは常に寂しがり屋であり、愛情を欲している。そんな子どもの気持ちを満たしてやれるのは親だけだからだ。
 子どもが病気や怪我をしたときはもちろん、心の中で悩みを抱えているときや理由もなく孤独を感じているとき、体の一部に触れて話をすることで子どもは癒やされる。
 心が落ち着くことで、学習に取り組む姿勢も前向きになり、よりよい方向に学習の効果が表れるだろう。
 この手で触れるという行為はフィンランドの教育法のひとつである。
 生活の中で多くの知識を身につけることにも重点を置いているフィンランドでは、実際に森の中に入り、木や草や花を自分の目で見て、それを手で触れて確かめ、それらの植物の詳細について学ぶ。そんな実践的な教育を柱にして、立体的に知識と思考力を身につけていくのだ。手で触れることで、頭だけの記憶にとどまることなく、肌で吸収する教育を実践している。
 その基本が、親が子どもに語りかけるとき、子どもの体の一部に触れるという行為に表れているといえるだろう。
― 子どもと話すときには体の一部に触れる ―

ペタしてね


天使「日々のことば」 マザー・テレサ 著 出版:女子パウロ会
P161 訪ねてくれる人がだれもいないお金持ちの人がいます。彼はたくさんの物に囲まれていて、それに溺れてしまいそうなほどですが、そこにはふれあいがありません。彼はあなたとのふれあいを必要としているのです。私が通りを歩いているとき、ある人が近づいてきてこう言いました。

「あなたはマザー・テレサですか?」私は、そうですよ、と答えました。「どうか、シスターをひとり私の家へ送ってください。私はほとんど目が見えませんし、妻は精神的に不安定なのです。私たちは長い間、ただただ人の声を聞きたいと望んでいるのです」

私はシスターたちをそこへ送って、それがほんとうだったと知りました。彼らはなんでも持っていましたが、彼らに声をかける人はだれもいないのです。息子や娘たちは遠くへ住んでいました。いまや両親は子どもたちにとって、会いたくない人、役立たずで、言ってしまえば、無益な存在でした。それでこのふたりは全く死にそうなほど孤独だったのです。


P226 ロンドンでのこと、ある晩私は、シスターたちと一緒に貧しい人々を訪問するために出かけました。私たちは、長髪の少年が他の人たちと一緒に路上に座っているのを見かけました。

私は、彼に声をかけました。「あなたはここにいるべきじゃないわ。おうちで、お母さんとお父さんと一緒にいなさい。ここは、あなたのいる所ではありませんよ」少年は言いました。

「僕のママは、僕がいやなんだ。僕が家に行くたびに、ママは僕を外へ追い出すのさ。ママは、僕のこのロングヘアーが耐えられないんだって」私たちが帰りにそこを通ったとき、さっきの少年は路上に横たわっていました。彼は、薬を飲みすぎたのです。私たちは彼を病院へ運びました。

そして、次のことを、よくよく考えないではいられませんでした。自分の家庭に飢えている子どもがここにいたのです。母親は、彼のためには時間がなかったのです。これは、ひどい貧困です。ここでこそ、あなたや私が、この世界をなんとかより良い世界にしなくてはなりません。


P197 あなた方の国は豊かな国です。けれど私は、あなた方の国の路上で酔っぱらって倒れている人を見かけました。だれも彼を起こしませんし、だれひとりとして彼のことを気にかける様子もありませんでした。だれも、彼の人間としての尊厳を回復させようとしたり、彼が神の子ども、私たちの兄弟であるということを意識させようとはしなかったのです。



★☆…*…*…*…*☆★


フォコラーレ月刊誌 ウノ UNO 2010年3月1日発行
http://focolare.world.coocan.jp/UNO.html

・・・昨年四月から、小学校の娘のクラスは、大学を出たばかりの若い先生が担任になりました。
 娘が「クラスがうるさい」と言い出したので、静かになるアイディアを一緒に考えてもみましたが、なかなか良い結果は出ませんでした。八月に面談をした際、担任も「二学期からはもっと気をつけます」と言うので、様子を見ていましたが、状況は変わりませんでした。
 三学期始めの授業参観に行ったところ、子供たちは保護者が後ろにいても、おしゃべりをし、立ち歩き、担任がモグラ叩きのように何人もの子を順々に注意していました。私は「これは何とかしなければ」と思いましたが、その場にいた保護者の間には「来年度はもっと厳しい先生に指導してもらいたい」という雰囲気があるだけで、担任がひとりぼっちで見捨てられているのを感じました。
 私は、すぐに行動を起こすべきだと感じ、おしゃべりや立ち歩きの子供を注意する役として、自分が授業に入ることを担任に提案してみました。「ぜひ力を貸してください」との返事だったので、他の先生方や副校長とも話し合い、一月末からクラスへ入ることになりました。私は子どもたちを毎回新しい目で見て、愛そうと決心し、授業中に気づいたことをノートに書いて担任に報告するようにしました。
 ある日、四回目の算数の時間にクラスに入ると、副校長が教壇に立っていました。担任は研究授業のようにメモをとりながら授業に参加し、副校長が上手に授業を進める中、子どもたちも集中して、とても良い雰囲気の授業になっていきました。このように少しずつですが、良い方向に向かっていくのを感じています。
 今回の一連の出来事は、担任の中に感じた「見捨てられたイエス」を少しでも愛そうと、私なりにできる形で動いてみたのがきっかけでしたが、「愛のない所には、私たちが愛を注ぎましょう」というキアラの言葉を思い出しながら、神様ご自身の助けと働きを強く感じ、感謝しています。学年の終了式まであとわずかですが、担任や先生方、子供たちへの愛のため、サポートを続けていきたいと思っています。(O・S)



晴佐久昌英神父
生きるためのひとこと 始めるためのひとこと
「ごめんなさい」
 小学生のとき、ぼくは「いじめっ子」だった。といっても、ドラエもんに出てくるジャイアンのような正統派のいじめ子ではなく、もっとコソコソした感じの陰湿ないじめっ子だった。 

 いじめた相手はたったひとり、同級生のK君。おとなしくて、勉強ができず首すじが赤くかぶれていて、耳から黄色い「耳だれ」が出ている子だった。友だちもなく、いつも独りぽっちだった。 

 ぼくは、K君が嫌いだった。気弱そうなその顔を見ると、なぜだかいじめたくなり、ことあるごとに蹴飛ばしたり、耳をつねったりした。それも、ほかのだれも見ていないときを見計らって。 そんなとき、K君は、おびえた目でこちらをちらりと見た。その日は、「お願い、やめて。どうしてそんなことするの?」と語っていた。

しかし、そんな顔をされるともっといじめたくなり、もっと強く耳を引っ張ってしまう。やがてK君は、泣き始める。するとますますいじめたくなり、ますます強く蹴飛ぱしてしまう。どうしていじめたい気持ちになるのか、自分でも不思議だった。別に何かされたわけでもないし、何か得するわけでもない。むしろ、できるならそんなことしたくないという思いすらあるのに、やってしまう。自分の中に悪魔が隠れていて、気がつくとその悪魔の言いなりになっている、そんな感じだった。

あれから四十年。K君、どうしていますか。 もしゆるされるなら、一度お会いしたいです。これをお読みでしたら、ご連絡いただけないでしょうか。 どうしても、ひとこと言いたいことばがあるのです。 

 中学生になると、一転、ぼくは「いじめられっ子」になった。転校した先のクラスに、それこそジャイアンがそのまま中学生になったような体の大きなY君がいて、なぜだかぼくをいじめたのである。暇さえあれば近づいてきて、腕をねじ上げて引きずり回したり、プロレスのわざで締め付けたり。手加減を知らない世代であり、ともかく痛かった。友だちはみんなわれ関せずと知らん顔で、なかには同情のまなざしを向けてくれる奴もいたけれど、それがいっそう屈辱的だった。しかしぼくは、何をされてもY君を完全に無視し続けた。 相手にする価値のない奴だと思ったから。

そうして無視すればするほど、Y君はぼくをいじめ、ときには鼻血が出るほど殴られたりした。だから、卒業したときは本当にせいせいしたし、できるなら記憶から消去したいと思っていた。ところが、ほどないある日、Y君がなんだか照れくさそうに訪ねてきたのである。
ぼくはうんざりして言った。
「なんの用だよ。もう、ほっといてくれよ」。Y君は何か言いたそうだったが、何も言わずに帰って行った。あれから三十五年。 Y君、どうしていますか。 もしよかったら一度、お会いしませんか。 今なら、君が、実はぼくに好意をもってくれていたということが、よくわかります。いい友だちになれそうな気さえします。 ご連絡いただけないでしょうか。どうしても、ひとこと聞きたいことばがあるのです。 いちばん言わなければならないのに、いちばん言えないことば。いちばん美しいのに、いちぱん聞けないことば。
 発行所: 女子パウロ会



晴佐久昌英神父
生きるためのひとこと 出会うためのひとこと
「いいよ」
 そのお母さんは、深刻な顔で口を開いた。「娘が摂食障害で苦しんでいます。すっかりやせてしまいました。

どうしていいかわからないんです」聞けば、何も食べようとしないし、食べてももどしてしまうそうで、学校にも行けないとのこと。本人もつらいだろうが、家族の心痛も相当なものだろう。

専門の病院にも行ったが、しばらく休ませてくださいと言われ、とりあえず薬を処方されたということだった。

「せめて原因がわかれば、なんとかしようもあるんでしょうけど、何も思いあたることがないんです。不自由なく育ててきたつもりなんですけどねえ」 

 神父はこの手の相談を受ける機会が多いのだが、教育や精神医療の専門家ではないので、もどかしい思いをすることも多い。なんとか子どもの本音を探ることくらいならできるかもしれないと、いくつか質問してみた。

「娘さんはどちらの学校ですか」母親は、都内のある有名な進学校の名前を口にした。「ああ、あそこですか。受験、大変だったでしょう」「はい、本人も努力しましたし、うちじゅうで喜んだんです。なのに、せっかく受かった学校に行かなくなるなんて……」「摂食障害が起こったのはいつからですか?」

 「入学式の翌日です」びっくりした。入学式の翌日からの不登校でも、このお母さんは、「原因がわからない」と言っているのである。「何も思いあたることがない」と。 小さいころから親の期待にこたえようと自分を押し殺して勉強を続けてきた娘が、ついに限界を超えて壊れてしまったというのに、まだ気づかないのである。娘の本音は歴然としている。 「お母さん、あたしつらいよ、もう無理だよ。寂しいよ、この気持ちわかる?不安だよ、いつまでこんなこと続けなけれはならないの?お願い、『もういいよ」って言って。『勉強できなくっても、あなたが大好きよ』って言って!」

要するに、「お母さん、わたしを愛して」と言っているのだ。どんなにいい成績をとってもそれじゃまだだめ、と言う親。 どんなにいい学校に入っても、さあ気を引き締めてこれからもっと頑張れという社会。 なんとか最後の気力を振り絞って受験を乗り越えたものの、彼女の無意識は入学したその日にすべてを悟ったのである。この無限地獄は永遠に続く、と。 

お母さんには、こうお話しした。「お天気のいい日に、おいしいお弁当をつくって、娘さんとピクニックに出かけてください。眺めのいい木陰にシートを広げて並んで座り、真心込めてこう話してください。 『学校に行かなくてもいいよ。勉強しなくてもいいよ。お母さんは、ただあなたがいてくれればそれでいいの。 だいじょうぶ、勉強しなくたって必ず幸せになれるわ。あなたは本当にいい子なんだから。 何があろうとも、だれがなんと言おうとも、あなたを守るから安心してね。お母さんは、あなたを愛してる』と。娘さんは、涙をこぼして、お弁当をひとくち食べますよ」すると、お母さんは、こう答えた。

「そうおっしゃるけど神父様、せっかくあんなにいい学校に受かったのに!」
発行所: 女子パウロ会

読者登録してね












AD