うちに新しい冷蔵庫が来てから10日になります。

ある日突然冷蔵庫が使えなくなり、

牛乳がヨーグルトに変わるような恐怖体験を味わって、

冷蔵庫のありがたみを心底感じてしまったので、

最新式の冷蔵庫を使用すると

そのギャップに驚かされる毎日です。


なにせ、15年選手の冷蔵庫だったわけですから

比べるほうがおかしいのかもしれませんが、

その違いに「へぇーへぇー!」と声を上げる毎日です。



うちの新しい冷蔵庫は日立の冷蔵庫543Lです。 
■日立■冷蔵庫543L・栄養いきいき 真空チルドV フレンチドア(ステンレスローズ)【R-SF54YM-SR】[エコポイント対象商品]
¥162,800
ぎおん ヤフー店

お店によって勧められる機種が違ったのですが、

最終的にこれを選んだ理由は、

このサイズクラスで、一番消費電力を食わないというのと

内容量が大きいのに場所をとらないということでした。


増え続ける大家族の食料品をしまっておける容量が欲しいけど、

場所には限りがあります。

でも、この冷蔵庫は他の冷蔵庫に比べて放熱する熱量も少ないし、

容量の割に搭載しているモーターが小さいので、

一回り小さかった古い冷蔵庫があった場所に収まる大きさでした。


また、他にいいなあと思ったポイントは、真空チルドという機能です。

いわゆる真空パックできる場所が冷蔵庫に備わっていて、

そのおかげで食料品が新鮮に保つことができます。

野菜室もビタミンCが放出し、新鮮さをキープします。

本当にこの機能には驚いたのですが、

今までの冷蔵庫とは比べ物にならないほど、

食品を長く新鮮な状態に保つことができるのです。


正直始めは半信半疑だったのですが、

使ってみて違いに驚きました。

ですから、今までは

「あー使い忘れて食材が傷んじゃったー!(;´Д`A ```」という

イタイ思いをすることがよくあったのですが、

これからはそんな思いをなるだけ避けられそうです。


食材を無駄にせず、CO2もなるだけ出さない。

これってすごくエコじゃないですか?


おかげさまで、本当にこの頃の冷蔵庫の進化具合を実感しながら

使用させてもらっています。


10月過ぎには、またまた新しい商品が出てくるそうです。

そうすれば、さらに冷蔵庫も進化しそうですが、

そのおかげで、型落ち寸前の今は電化製品を買うには

お買い得に買える時期だったようです。

予算からはみ出たお金が動くのですから痛いですが、

お値段を考えると最善の時期だったのかもしれませんにひひ


ひとつだけ書き忘れていましたが、

冷蔵庫のカラーですが、うちは一見業務用?というような

ステンレスカラーを選んだのですが、

これが結構指紋とかがすぐにつきやすく汚れが目立ちやすいのです。

いつも冷蔵庫正面を綺麗にしておきたい人はこれでいいかもしれませんし、

いつもぴかぴかに磨いているのはたいへんよーという方には向かないかもです。

うちは、子供たちの学校等から配られるプリントでいっぱいな冷蔵庫なので、

あんまり関係ないのですが、最初使い始めにそのことが気になったので、

書き込んでおきたいと思います。


それにしても、大したことは書けませんが、

冷蔵庫の購入を考えている方は、何かの参考になさってくださいませー。


子供たちも、この冷蔵庫の使い勝手に満足しているようで、

買いものに行ってくると、喜んで商品を冷蔵庫に入れてくれています。

そのうち飽きちゃうかもしれませんが、

今だけでも、どんどんお手伝いしてもらいたいと思いまーす。グッド!



AD

コメント(3)