ああくそ、さっぱり解らない


ですからー彼女の場合はーほら、この茎に指をー当ててみて、そうそう、もうー解るでしょう?此れを与えれば


あ、そうか。足りなかったのはこっちの栄養分か


ん、そうーです。もう何度目ーかしら、此れを教えるの


不出来な教え子で悪かったね、先生


ふふっ、人に教えるとー言うことは何度繰り返してもー楽しい事ですもの。私は今のままでもー良いですよ?


絶対嫌です。僕は立派な樹医になるんだから


あら、もう資格はーお持ちですのに。エルフですらー舌を巻く知識の持ち主はーそうはいませんよ?


先生みたいになりたいって事ですよ、ああもう、何ですかその顔。だから言いたくなかったんです、僕は!


ふふっ、だってー嬉しいのですもの。私みたいにーだなんて


だーっ、もう、ニコニコして!治療の邪魔だから少し離れてて下さいよ


目を離してもー宜しいのーです?


………う、時折は見てもらえると…助かります


ん、素直でー宜しい。でももう貴方だけでもー大丈夫。ですからー私はー少しふわふわしてー参りますね


余り遠くに行っちゃ駄目ですよ?僕から離れたら消えそうになるんだから


ふふっ、解ってー居りますから。教え子さんは心配性ーですね


寝覚めが悪いのは嫌なだけですっ!もう、早く行ったら良いじゃないですか


拗ねないー拗ねない。では、行ってー参ります


ん、行ってらっしゃい、先生




…………ふぅ、先生は何時もあんな調子だから参るよ


かれこれ十数年になるだろうか、彼に出会ってから

ある日、目が覚めたら心配そうに自分を覗き込む彼が居た

でも、ソレが見えているのは僕にだけで、当時仕えていたご主人様には愚か、周囲の人全てに見えていないようだった

時折、子供が何故か指を指す事があったけど、アレは見えていたのだろうか

その度に彼は近づいてしゃがみ込み、何か話している様だったから見えて会話もして居たのかもしれない


彼を精霊だと知ったのは出会って暫くしてから

タイミングを逃して聞けなかった頭に生える柿の枝の事を聞いた時だった


柿の木のー精霊なのーですよ、私


そう答えた彼の言葉は精霊なんて見た事が無かった僕には驚きで、精霊=幽霊なのかと疑ったぐらいだ

その後、幾人もの精霊種の方々と出会って僕は恥かしい誤解をして居たと気付くのだけど

あ、そういえばご主人様にも笑われたっけ。何を言ってるんだかって

思い出すと悔しいな、くそ


今の職に就く切っ掛けをくれたのも彼

出会って数ヶ月目だったかな、あれは

彼は弱っている草木や花を見つけると僕に教えてきて、どうにかして欲しいと頼むようになった

彼自身は触れる事が出来ないからって

おかげで僕は何時も少ない自分の時間を使って色々な草木の治療をして歩く羽目に…まぁ、おかげで今の僕がある訳なのだけれど

ご主人様にも不思議がられたなぁ

今までそんな事出来なかったのに急にどうしたんだい?って

彼の事を話す訳にも行かないから、前から興味があったとしか言えなかったけど、今思えばきちんと話すべきだったろうか

でも、もうご主人様はNL大陸に帰って、ご自身の商売に精を出しているしもう時効だと思う、そう言うことにしよう


結局、そうこうしている内に僕もソレが楽しくなってきて、この道を志したんだよな

まぁ、最初は当然彼の頼みを渋ったよ。だって僕らの様な従者は自分の時間なんて余り持てないんだもの

でも、なんていうか彼の頼みは断れなかったんだよなぁ、何でだったんだろう?

今では理由も解って当たり前の事だけど、当時は不思議だったな

それから僕が本格的に樹医の勉強を始めると、ご主人様は僕をエルフィネスの学校に放り投げて、此処で自分の未来を掴めといった後に僕を解雇したっけ

何から何まで御世話になったけれど、僕はそのお返しをまだしていない

立派な樹医になって名前がご主人様に届くようになれば恩返しになるんじゃないかと思って毎日頑張っているのだけど、まだまだ彼に頼る部分が大きいし

いや、樹医としての勉強は毎日しているのだけども…むぅ、悔しくなってきた


ああ、ごめんよ。君の治療を忘れていたね

いや、忘れていた訳じゃないんだけど…こういう時に先生みたいに会話できると楽だなぁって心底思うよ

気を悪くしたかな?ごめんよ


…………


ん、此れでもういいかな

後は経過を観察してと、君は恐らくもう大丈夫


あー、でも、他の人にこういう場面を見られたら変人扱いされるんだろうなぁ

植物に話しかける変な人

まぁ、先生と一緒に居たら何も無い場所に向かって喋ったりしてるから周囲からは既に変わり者扱いだけど

それでも仕事があるのは有り難い事だよ、本と


さって、先生を探しに出かけようか

どうせ行きつけの園芸店だろうし、あそこには知り合いが多いから御喋りに興じているんだろう


ああ、そうだ

君を日当たりの良い場所に置いてからの方が良いね

ん、これでよし

では、いってきまーす


AD

サァァ…サァァ


森の奥に風が吹く

一本の巨木から失われた者を悼む様に


大きな大きな柿の木はそれでも土地の力で常に秋を忘れない

日々、実を花を葉を茂らせ命豊かに生きる



其処にはもう精霊はいないけれど、春の風の気持ちを受け取ろうと枝を幹を目一杯張り出して




何時か精霊を見知っていた人が来るかもしれない

来ないかもしれない


エルフィネスの奥の奥

精霊の宿る木々の暮らす森の中、精霊のいなくなった柿の木は命失わずに生き続ける


それこそ、千年の時を



其処にとある樹医が訪れるのは今より数十年先の話


花に、草に、木々に、そして映写機に収められていた物語に導かれ、老年の樹医は一つの柿の木を見つける



彼は其処に長年連れ添った友を託すと、映写機を抱えた人物と共に人の世界へと戻る

再び、再び身体を得たら遊びにおいでと友達に言い残して




此れはまだ不確定の未来の話

誰も知らず、それゆえに起こり得るかどうかすら解らない未来の話


魂を待ち続けた樹と、ソレを届けた樹医と、彼らを収めた映写機の話

AD

ある日ある時ある場所で

テーマ:

目に映る此れは誰の物語だろう?



「ご主人様ーっ。朝です。起きて下さい。ほらっ、今日はすっごい晴天ですよ。外出てみません?外」
「あ"~、ぁ~ぁ、朝から元気だね。取り合えず外に出るにしても身だしなみを整えてからにしないかい?それに、朝食もまだなのだし」
「じゃあ、早く食事に行きましょうよ。今日もシェフの気合が入った料理ですよ、朝から」
「此処のシェフ、腕はいいんだけど朝から濃い料理が多いのだよねぇ、はは、困ったものだ」
「なーに、言ってるんですか。サラダやスープもあるのにご主人様ったら好き嫌いが激しいから駄目なんでしょうに」
「そうは言うがね、キャロットスープやピーマンサラダは余り好きでは…」
「はいはい、解りましたから。そんな事よりささっと着替える」
「ふぅ、解ったよ。まったく、うちの若い従者殿には敵わないな」

「ご主人様がだらしないから僕がこうなったんですよ、もぉ」


初めての船旅
それも、行き先は滅多に人は行く事のできないと言う噂の大陸

とある商家の従者と言う立場の少年は『外』の世界に胸躍らせていた

彼が付き従う主人のお伴とはいえ、初めての他国・いや、別大陸へ向かう旅
少年のみならず、誰もが心躍らせるだろう

日に日に近づいてくる到着予定日

数ヶ月と言う長い間を船内で過ごす人々にとって、行き先の話は最も会話に登る回数の高い話題だった
それは少年達も例外ではなく


「ご主人様、こんなものってあると思います?僕はきっとこういうものが…」
「いや、其れはどうかな?ネバーランドと似ていると聞くし、もしかしたらこうかもしれないよ?」


日々、どんなものがあるか、どんな人が居るか、どんな場所なのか

想像に花を咲かせて楽しんでいた


冬の海を船は進む
ロストグラウンドへと向かって

船内では幻灯屋が各地を渡り歩いて採取した御伽草子を上映したり、道化師の一段がパフォーマンスを披露したりと、とかく長い旅路を飽きさせない工夫がしてあった


その日々も今日で終わる


いよいよ大陸の入り口が見えてきた頃、天候は段々と荒れ模様を示してきていた
今までも荒れる事はあったが何とか凌いで来た
その安心感が人々を冷静にさせる

が、船内の揺れは段々と酷くなり立つことすら難しくなってくる
客室から出る事も叶わず、多くの乗客は恐怖に身体がこわばりつつも、無事に港へ到着する事を願っていた

が、願いに応える神は居なかった


船は激しく揺れ、ついには軋みに耐えれず壊れた箇所から船内に海水が浸入してくる
おかげで一時は安定するが、其れも束の間
船は転覆した

少しだけ出来た隙間の様な時間に部屋から出ていたものは海へとその身を躍らせ、少しでも生き延びようと泳ぎ始める
その中には少年と主人の姿も有った

少年達は港から来たであろう船が投げる浮き輪へと向かい泳ぐ
が、波が強く動く浮き輪に中々近づけない
と、ロープの巻きつけられた大きな丸太が彼らの方向へと進んでくる

やっとの事で少年と数人が丸太にしがみつくと、其れを確認した船員がロープを引っ張り船へと彼らを引き上げる
が、引き上げられた時には少年は既に身体は冷え切り、時間の問題の様に見えた
乗船して助けた人を見て周っていた医師も暫く彼を見た後で首を振る

と、その暫く後
シルクハットに口ひげの紳士が少年の傍に立ち、海水を無理やり吐かせると何か摩り下ろしたものを与える

それは、果物を摩り下ろしたモノに見え、それがどろりと少年の喉に流れ込み、少年はゴクンと喉を鳴らした


「ん、彼の言う通りならこれでこの子は助かるはずだな」


紳士の言葉に追従するように少年の蒼く冷え切っていた肌にみるみる赤みが差す


「カハッ…がふっはぁ、はぁ、は~…すぅぅ…すー」


呼吸も安定し、うわごとを言う少年を見下ろし、紳士は笑みの形の仮面を取り出すと自身の顔に当て、したりと言う顔をする
そこへ様子に気付いた医師が駆けつけてきた


「貴方、何をやっているんですか!って、え?ば…そんな馬鹿な」
「何も。私は恩人の願いをこなしているだけだよ。で、聞くがこの子は助かるのかね?」
「え?あ、…さっき見た時は助かるはずは無かっただが、此れならこの子は助かる。誰か…誰か毛布を持ってきてくれ。こっちの子も助かるぞ!」


様子を見届けると紳士はすっと姿を消す
そして少年は主人と共に助かり、生きて大陸の土を踏む事となった

助かってからの少年は何故か植物と話せるようになっていて、やがて成長した彼は主の死後、樹医となり世界を巡る

晩年、彼は何時も彼を見守り、彼に植物の言葉を教えてくれる緑髪の精霊の話を周囲に話すが、其れはまた別の御話


AD

幻燈映写

テーマ:

しんとした木々の合間を縫う様に音が零れ出す

銀盤の奏でる旋律が


その森には何時も音が流れていた

音を愛する森の妖精と一本の老木がその身を差し出し作られたピアノの奏でる音が

だが、その音は何時しか止み、森は再び無音へ帰る


ビーストアーク



広い大陸の中、そう呼ばれる国がある

その国の中心


魔獣の巣窟と人に呼ばれる場所の中央部

獣の臭いが充満している広い道

大通りにとでもいうのだろうか


多くの獣に疎らな多種族で賑わいを見せる通りの一際広くなった場所には何時の間に建てられたのか

人目を引くように大きめの天幕が張られ、周囲に人だかりが出来ていた

その中をシルクハットにタキシード、そして顔を仮面で隠した数人が道行く獣や人へとビラを配る


『移動式幻燈映写館。日々の合間に語られし御伽噺の世界へようこそ。お客様のおいでを一同お待ちしております』


天幕の内部。人々の視線を集めるのは一人の仮面の紳士と古びた映写機と呼ばれる機械
そして大きなスクリーン

中ではまだ何も上映はされていないようだ
一通り客が入った事を確認すると男はゆっくりと口上を始める


『お集まりの紳士淑女の皆様、幻を売る燈籠屋にようこそ御出で下さいました
さて、これから上映致しますは音に魅せられた一匹の獣の物語
どの様な物語を歩むかは皆様次第で御座います
では、始めましょうか
一夜かそれとも一時か、夢か現か幻燈映写の幕開けで御座います』





筆が置かれる

この先は、きっと獣の国へ行った時に綴られるのだろう

とある園芸店での

テーマ:

昔語りを始めようか
それは、とある森に生える木の話
たわいもない御伽噺


そうだな、題名なんてものは必要ないくらい取りとめも無い、そんな昔のお話さ


その森は何時から森だったのか解らないほど昔から森だった
解るとしたら…そうさな。世界を作った神様くらいだろうよ
で、その森の中に樹齢がけっこういった大きな木が生えてたんだ
ま、その森の中じゃそれでも若い方だったんだが
そいつは他の木とは少し違っていた
何処が、と聞かれるとソレ自身は答えようは無いが、それでも兎に角違っていたんだ
一目見れば解るくらいに異質な気配を持っていたのさ


何故かって?


『名』を持っちまったんだよ。ただの木が

おや?不思議だって顔してるな
ま、そりゃそうか
名前なんてのは俺らにとっちゃ当たり前のものだしな
はは、だがな。木にとっちゃ当たり前じゃなかったのさ
『名』ってのは本質を現すもんだからな
そもそも『木』ってのは俺らが便宜上つけた『名』だろ?
それとは別に『名』を持つって事がどういうことか解るかい

俗に言う『精霊』って奴になっちまうんだよ、ただの木がだぜ


それは当時じゃありえない、いや、その森の中じゃ在り得ない事だったんだ
何せ、奴らにゃ『名』なんて概念が存在しないんだからな
あるのは希薄な『個』か『集団』かの差くらいだ
そんな中に強烈な『名』を持った『個』が現れる
森もざわめくってもんさ


その森のざわめきを聞きつけたエルフがその木を見つけた時、もう森は変わりきっちまってた
なんつーのかな、神々しい?
そう言う雰囲気になっていたそうだ
高位の精霊の生まれた場所はそうなるって噂はあるんだが俺が実際見たわけじゃねぇから此処は不確かなんだがな
で、エルフは聞いたのさ。その木に


お前は何だ、ってね


答えは返ってこなかった

そりゃそうだよな
木が言葉を知るはずも無い
ましてや違う種の言葉なんだ、解れって方がどうかしてる
だが、そのエルフはそうは思わなかったんだな、これが


高貴なエルフの言葉を下賎な人間ならともかく同胞である木が理解できないはずが無いってな具合でね
今じゃそんなエルフは珍しいが、当時はソレが当たり前だったんだな


で、だ
毎日毎日通っては話しかけていたそうだよ
そんな日々が続いて数年が過ぎた頃だったか
突然、彼の耳に葉ずれの音以外の音が聞こえたんだ
最初は気のせいかと思ったんだが、音は風も無いのに続いている
しかもソレは段々と言葉になっていくじゃないか
彼は歓喜してどんどん話しかけていったんだ
するとどうだ、面白いように返事が返ってくる
だが、肝心な部分
その木が『何か』ってところだけは言葉が返ってこない


その『何か』を知るのにまた数年
今度は木が自身を理解する時間が必要だったって訳だ
そして、それを言葉に変える事が出来る様になるまでの、な


で、漸くエルフは答えを得たって訳だ
それ以来、その場所は神域というか聖域と言うか、良くあるそう言う場所の一つに数えられるようになった
その答えのおかげってのも変だが、ソレが理由でな


で、結局その答えは何かって?
はは、そりゃあれだよ


お前さんも聞いて見ればいい
ほら、ちょうどあそこに頭に柿を生やした精霊種がいるじゃないか
ちょいと声をかけて問いかけりゃ良い


きっと同じ答えが返ってくるはずさ