こんにちは。


いい具合にジメってますね研究員Yです。私のクセ毛はウネリが限界突破しております。


本日はウィンネットテクノロジーが放つ異色の新機種「スーパー5」をご紹介~



カイラスのゆかいな仲間達

◆機種名:スーパー5◆


▼スペック


■ART出現確率

左打ち

設定① 1/873

設定③ 1/770

設定④ 1/623

設定⑥ 1/508


右打ち

設定① 1/1763

設定③ 1/1556

設定④ 1/1259

設定⑥ 1/1029


それぞれ独立してるんで合成確率って概念は通用しませんw


■出玉率

設定① 97.71%

設定③ 101.22%

設定④ 107.23%

設定⑥ 112.91%


■1000円あたりのゲーム数

33G弱


■天井

なし


です。



ARTは1セット250ゲーム固定、1Gあたりの純増は約2枚で、500枚程度の獲得が約束されます。


「大逆転」から進化した点といたしまして(大逆転て何?とか言っちゃうのは無粋です!)


ARTがループタイプになったのが大きいですね。


『超5』図柄を揃えるとART突入なわけですが、左打ちで揃うと継続率が80%:50%=1:5の割合で決定されまして、右打ちで揃えると80%確定です。ここが右打ちARTの出現率が低い所以ですな。


「大逆転」は左打ちだと1000枚もらってほなサイナラだったのが、今回は80%という強いほうの可能性があるのも進化した点です。




ARTに入るまでの手続きですが、『超5』が直撃で揃うことはあまりありません。


『超5』が1個出現(7.3Gに1回ぐらい)でチャンスゾーンに、ここで『超5』を2個出現させられれば超チャンスゾーンに入ります。


超チャンスまで行ってようやく本格的に『超5』揃いの期待度がアップします。チャンスゾーンだとややアップぐらいでしょうか?いずれのチャンスゾーンもAT役こぼし目で終了となります。


当然ながら『超5』1個や2個に関しては左でも右でも同じ出現率ですね。右だとあくまで『揃い』にくいぞってことです。




ループ確定告知はART245Gまでに確定することもありますがレアです。もっぱらラスト5Gでの告知が多くなるとのこと。


ART終了後の数ゲームで引き戻し的に告知するパターンもありますね。




あそうそう、左打ちで揃えた場合はART中に継続率を示唆する演出もあるようです。




ハイ、おおむねこんな感じになります。


興味を持たれた方がいらっしゃったとしても基本的に探して打つことになると思います。


発見された方はぜひお試しあれ。



では、ヤクルト連敗脱出を願って ノシ

AD