• 05 Feb
    • 50歳からの『死に方』

      先日、本屋でつい買ってしまった本。 50歳からの『死に方』 というタイトルに惹かれてパラパラと立ち読み。 なかなか面白そうだったので購入しました。 著者は『課長島耕作』『人間交差点』 などの作品で有名な、漫画家の弘兼憲史。 タイトルに反応した自分自身に なんだか感慨深いものがあります…。 私も今年で49歳。アラフィフです。 50歳なんて、遥か遠い年齢だと思っていましたが 気づけばいつの間にかもう目の前に。 本はまだこれから読むのですが 立ち読みした際の内容では、50歳という年齢は ある日突然、『まさか』が起こる年齢とのこと。 タイトルの副題『残り30年の生き方』を 自分自身がどう生きるのか…。 私の父親は61歳で他界しています。 そう考えると、残り30年もなく12年ほどの人生。 どう生きるのか。 何をしたいのか。 何が出来るのか…。 これからの自分の人生を感じながら 読み進めてみたいと思います。 今日も 明日も ありがとうございます

      25
      2
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 哀悼の意を込めて②

      漫画家、水木しげるさんのお話。 もう一つ、なるほどなと思った話を 再アップでご紹介します。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: いい主人公で、 いいことばっかりするとね 話が面白くないんです。 やっぱり多少悪い事も してもいいってことになると 色々と面白いストーリーが出来る。 感心して いいことばっかりするストーリーは 人気がなくなるんですよねぇ…。 アニメの鬼太郎はどうしてもいい子になりがち。 いい鬼太郎になっちゃうんだけど… いい鬼太郎だけでは なかなか面白く生きかねるですよね。 正しいだけじゃ…まずい。 ねずみ男が、まぁ、 代表してくれたわけですよ。 色々と悪いことをね。 汚い役とか、悪い役とかを ねずみ男が全部一括で。 だから鬼太郎の成功は案外 ねずみ男の成功と、言えるかもしれない。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 悪いことの規準はありますが 水木さんの言ってる悪さとは、自由な心 そんなことだと思います。 自分を押し殺して、我慢したり 心を抑圧しながらも嫌われないように 自分を偽って生きている。 そうではなくて良い。 いい子になろうと思わないで良い。 もっと自分に素直に純粋に自由に生きることが 人生というストーリーを楽しくする。 多少、規準から外れていても、そこから学ぶことや 感動することも多く、ドラマティックで 魅力的な人生になるんですよ。 ドロ臭くてもいいから、人間臭く生きなさい。 そんな思いで語られているように感じました。 そして、鬼太郎とねずみ男の関係のように 物事も人との関係も、全ては補完し合って成り立つ。 それぞれの役割があるんだなとも感じました。 みんな、お陰さま、感謝なんですよね。 水木先生のご冥福をお祈りいたします 人間界での生活、お疲れさまでした。 素敵な漫画と、素敵な教訓やお話に感謝いたします。 そして、今日も 明日も ありがとうございます

      31
      テーマ:
    • 哀悼の意を込めて

      漫画家の水木しげるさんが 以前放送されたNHKの『漫画家夫婦の旅路』 という番組の取材中に語っていた言葉。 とても印象に残ったシーンがありました。 下記はそのときのお話です。 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 貧乏時代があって こういう風に我慢していれば 金持ちになれる… と思って、はじめて元気になれる。 この苦難をあれすれば 金持ちになれると思って 一生懸命に描く。 で、…金持ちになったけど… 大したことない。 あんまり幸せじゃない。 同じように仕事をしている…。 金持ちになったから ぼた餅が四つ食えるとかってわけじゃない。 三つしか食えないですよ… みたいなもんでね。 やっぱり幸せには限度があって ちゃんと神様が決めてるようですね。 だから人間的に勝手に考えて 三倍も四倍も幸せになれるだろうってのは やっぱり夢ですよ。 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 特に、ぼた餅の例えは とてもユーモラスで分かりやすい表現。 たとえユーモラスに語っていても 語る言葉の全てに重みがあり 説得力があります。 魅力が褪せない素敵な方でした。 今朝のニュースで、水木しげるさんの訃報を知りました。 きっと、神様の住む世界で、 水木さんが描いた世界の個性的な存在たちと これからは、楽しい時間を過ごされるのだと思います。 ご冥福をお祈りいたします 人間界での生活、お疲れさまでした。 そして、今日も 明日も ありがとうございます

      5
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 初めての大手術

      心と光。 11月11日のポッキーの日 ニャン生で初めての大手術を行いました…。 何かを予感したのか、バッグの中で 不安そうな顔の、心と光…。 生後6~7ヶ月が経ち、 すくすくと大きく成長してくれました。 これから、まだまだ元気に過ごしてほしい。 家猫のため、どうしようかな…と かなり悩みに悩んだのですが やはり、今後のことも色々と考えた末 決心して、『避妊手術』を行いました。 心ちゃん、光ちゃん。 突然、痛い思いをさせてしまってごめんね…。 しばらくは不自由させてしまうけど また元気に走り回る日が来たら たくさんたくさん、遊ぼうね。 なんか、最近は、すっかり猫ブログだなぁ…(^_^;) 今日も 明日も ありがとうございます

      27
      4
      テーマ:
  • 13 Aug
    • じゃりんこ達

      我が家の愛猫シスターズ『心と光』 我が家が引取り、まだ2ヶ月位しか一緒に居ないけど もっともっと一緒に居る感じがしています。 生後4ヶ月位。 日々、すくすくと元気で健やかに成長しています… というか、イタズラ盛りのやんちゃ三昧で 毎日、家中を走り回り あらゆるものを破壊し、散在しまくり。 高い所は、何処へでもよじ登り 落ちようが、頭を打とうがおかまいなし。 私たちも、日々生傷が絶えず、どこかしら流血しています(笑 最近の我が家では そんな心と光を『ギャング団』と呼んでいますが…(笑 まだまだ生まれて間もない子供。 好奇心いっぱいなのも無理はないですよね。 いつも一緒に居て、一緒に行動する 本当に仲の良い、シスターズなんですよ。 どんなにイタズラされても、どんなに傷だらけにされても そんな、仲良しのにゃん子シスターズには いつも元気をもらい、笑わせてもらい、癒されています。 まるで、お風呂に入ってるように洗濯物のカゴの中で それで、最近、ふと思ったのですが… 心と光、どことなく似てるんですよね。 じゃりんこチエという漫画に出て来た猫キャラ 小鉄とジュニアに。 光ちゃんの額には、小鉄のような三日月マーク。 心ちゃんの額の毛並みはジュニアのようだし。 まさに、我が家の仲良し『じゃりん子』です 今日も 明日も ありがとうございます

      38
      7
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 新しい家族『心と光』

      昨日から、 我が家に新しい家族が増えました。 三毛猫の姉妹♪ ニャンニャンシスターズ(≧▽≦) 親戚のご夫妻が保護し、 里親を探していたので、引き継ぎ育てることに。 授乳が必要な間は 親戚夫妻にお世話いただいていましたが 離乳食から通常食へと移行したため バトンタッチで我が家へ♡ GWに善光寺の御開帳参拝へ行き その日の帰りに、 里親を探していることを知りました。 そして、我が家で引き取って育てることにしたんです。 愛猫だったチャッピーとの別れ…。 その傷がまだまだ癒えない私たちのもとへ 縁があってやって来てくれたんだと思います。 名前は『心』と『光』 善光寺参拝の後に縁をいただいたこともあり 仏様のような、そんな名に命名。 御開帳『一光三尊 阿弥陀如来』の如く 私と妻を中央に、その右と左に仕えて守る 観音菩薩と勢至菩薩のようです。 きっと、そんな『脇侍』の役割を持って 我が家へやって来てくれたのかもしれません。 別れがあって、新しい出会いがある。 縁とは、その繰り返しによって 拡がり続ける『いのち』の軌跡。 『心と光』との出会いは、また新しいはじまり。 そして、今回の『心と光』との縁は 6年前の善光寺での不思議な体験から 繋がりをもって続いている とある物語の一部なのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      44
      5
      テーマ:
  • 05 May
    • 善光寺の旅 ④〜最終章〜

      6年ぶりの善光寺宝物館。 思えば、6年前に訪れたこの宝物館の 薬師如来像との不思議な写真とご縁から 私の現在の日々が始まりました。 久しぶりに宝物館の展示品を見ながら 6年前の記憶が次第に蘇ってきました。 そして、あの『薬師如来立像』の前に。 6年ぶりの再会です。 感慨深い想いを抱きながら、 6年前と同じように、何気なく携帯を構えて 写真を撮ろうと画面を覗くと… その瞬間、思わず驚きとともに 笑ってしまいました…。 意識をしていたわけでも何でもなく 前回と同じように撮影しようと 薬師如来像の前に何気なく立ったのですが どうやらアングルと時間帯などにもよるのか 後ろの窓からの光の影響で これまた不思議な写真が撮れたんです。 私と薬師如来像が重なってしまい 一体化というか、同化してしまったような写真が…。 丁度私の頭の後ろ辺りに窓からの光があり 神々しい後光のような雰囲気も…。 ↑ 私の頭の上に少し見えるのが薬師如来像の頭部です。 前回6年前(御開帳は数えで7年前)には 私の手首と薬師如来様の腕が繋がれ 今回は、薬師如来様と同化したような写真。 誰が撮っても同じようになるかもしれませんが 7年前の御開帳のときの写真と 今回の無意識で撮影する際の立ち位置による写真、 この2つの繋がりにこそ 偶然とは言えない必然的な 私にとっての意味があると感じます。 これを、私なりの 勝手な解釈のメッッセージとして受け取り 今回、善光寺の御開帳へと呼ばれた意味として 今後の私自身の在り方に繋げようと思っています。 そして更に…、この不思議なお話の続きは 長野からの帰りの新幹線でも起きました。 それは、乗車して席へ座ろうとした瞬間 背負っていたリュックを下ろそうとした時に リュックの金具が私の着ていたセーターに引っかかり セーターの糸が解れて大変なことに…。 引っ張られた糸は伸びてそのまま細長~い糸に。 その光景を見て、 妻が笑いながら私に言った言葉。 ねぇ、それ、本堂から回向柱へ繋がる紐みたい。 ってことは、今度は俺が本堂じゃん! 回向柱のように薬師如来像と私の手首が繋がれた 不思議な写真が撮れた7年前の御開帳。 今回は、薬師如来像と同化するような写真や 本堂から回向柱へと伸びる紐のように 私の胸から長く伸びるセーターの解れ糸の出来事。 何ごとも、こじつけだとか、 偶然と片付ければそれまでですが 楽しく妄想を膨らまして自身のエネルギーとなるなら 毎日の暮らしが、人生という日々が 前向きで、明るく輝く日々になるのだと 私は思っています。 人生を楽しくしてくれる 宇宙からの不思議なメッセージは 今回のような出来事を通じて 感じさせてくれるもの。 宇宙はいつでも私たちに語りかけていて その声に耳を傾けることが出来たとき 色々な気づきや導きを、 ひとつ、得られるのかもしれませんね。 ↑ 赤い解れ糸…見えますかね…。 今日も 明日も ありがとうございます

      24
      1
      テーマ:
    • 善光寺の旅 ③

      行きの新幹線で 既に色々なメッセージを受け取れたため これからの善光寺参拝に向けて 更に期待は膨らんでいました。 6年前の不思議な出来事もあり 今回もまた何かありそうだな…と…。 長野に着くと、その日は快晴でかなりの暑さ。 日焼けしてしまうかも…という位の天候。 GWということもあって、参拝者も予想通り多く 善光寺までの表参道では 盛大で賑やかな各種イベントを開催していました。 その表参道を 人混みを掻き分けてゆっくりと進み ようやく善光寺の仁王門へ。 そして山門、本堂へと向かう間に 御開帳に伴い立てられた 『回向柱』を目指した長蛇の列。 私たちも列に並び、ゆっくりと回向柱へ。 柱に両手をあてて感謝を伝えました。 長い道のりだったため、やっと触れた喜びと そう簡単には触れられないからこそ 有り難いのかな…などと思いながら…。 その後丁度タイミングよく、 住職による『お数珠頂戴』にも立ち会えました。 参道にひざまずく信徒の頭を数珠で撫でて 功徳をお授けになる儀式とのこと。 そして本堂へ入り、御開帳の三尊を拝み終了。 その後は、今回の善光寺参拝の もうひとつの目的である、6年前に訪れた 宝物館に飾られている『薬師如来立象』との 再会を果たすため6年ぶりの宝物館へ。 長くなったので、 この続きはまた次回にお話しします。 今日も 明日も ありがとうございます

      6
      テーマ:
    • 善光寺の旅 ②

      かがやき525号の新幹線に乗車し 座席へ着くと、思わぬ展開にビックリ!! 座席と座席が向かい合わせ状態の ボックス席状態になっていて 妻と顔を見合わせ、心の中で『マジか…』。 私たちが苦笑いしながら戸惑っていると すみませ~ん!と、笑いながら ビールを飲んで楽しそうに喋っている 女子の二人組…。 どうやら、前後の席しか取れなかったようで 仲良くおしゃべりの旅をしたいのか 自分達都合で、座席を回転した模様。 席には、私たち夫婦と同じ被害を被った 中年ご夫妻が既に座っていました。 そのご夫妻と、私たち夫婦が向かい合わせ。 楽しそうなのは、女子二人組。 お弁当も食べづらい(テーブルが使えないため) ドリンクホルダーも使えない(テーブルないため) 向かい合わせでバツが悪い… なんで…!!と、私の妻は、 最初ブツブツ文句を言っていましたが 私が『修行の旅が既にはじまったのかもよ』 と言うと、次第に腹を立てても仕方ない そう思ってきたのか諦め顔に。 そんなとき、ふと私の前の奥様を見ると その奥様が読んでいる本のタイトルが目に。 その本は『神々の食べ物~聖なる栄養とは何か』 という本でした。 これまた神様にまつわるメッセージ? そして、もう一冊、 その奥様のバッグの中には本があり タイトルの一部分だけが目に。 そこには『宇宙』と書かれていました。 スピリチュアルに感心がある奥様なのか それにしても、私の前に座った人が そういう『神』や『宇宙』のつく本を読んでいる事が 不思議な偶然(必然)ですよね。 これも、あの二人組の女子が 座席を回転しなければ目に入らない本のタイトル。 更に、座席No.に何気なく目をやると 4、3、2、1の文字がパッと目の前に拡がりました。 私たちの座席No.は5番。 座席が回転したため、そういう光景に…。 エンジェルナンバー『4』は、天使。 エンジェルナンバー『3』は、アセンデットマスター。 エンジェルナンバー『2』は、信じる。 エンジェルナンバー『1』は、私たちは一つ。 という意味を持つ数字。 私たち(天使やアセンデッドマスターと私)は一つです。 あなたとは、いつでも、どんなときも、繋がっています。 だから信じてください。安心してください。 そんなメッセージが、ふと頭に流れ 座席が回転したことによる面白い出来事に 感謝の気持ちすら、次第に芽生えていました。 長くなったので、 この続きはまた次回に…。 今日も 明日も ありがとうございます

      5
      テーマ:
    • 善光寺の旅 ①

      このGWの連休を利用して 善光寺の御開帳参拝へ行って来ました。 今回の善光寺は、導きや啓示を感じ 急遽参拝へ行くことに。 7年前(数え)の御開帳の年、 知らずに訪れ、不思議な写真を撮影し その後、自分の人生において 大きな転機となったんですよね…。 不思議な写真とは、 ブログ記事やプロフィールでも紹介している 薬師如来像との写真のことですが 今回も何かありそうな予感を抱きながら 長野の旅へと出かけました。 まずは、行きの新幹線から 早速はじまった面白くて不思議な メッセージの数々…。 ここからは、 興味のある方だけ読んでくださいね。 楽しい数字遊びとして そして、おとぎ話という感覚で 読んでいただければと思います。 長野新幹線、いつもは『あさま』に乗りますが 今回は、新しい車種の『かがやき』に乗車。 この時点で、既にもう神々しい。 そして号車No.は、525号。 エンンジェルナンバーが気になり 525を調べると、 以下のような数字のメッセージ。 あなたが起こしている変化は 最善のためのものだと信じ、確信していてください。 これらの変化から誰もが何かを得ます。 おお~! なんだかイイ感じのメッセージだなぁ… と、思いながら乗車をしたのですが 座席へ着くと、思わぬ展開にビックリ!! 長くなったので、 この続きはまた次回にお話ししますね。 今日も 明日も ありがとうございます

      17
      テーマ:
  • 05 Apr
    • 善光寺の御開帳

      数え年で7年に一度、秘仏である御本尊の御身代わり 「前立本尊(一光三尊阿弥陀如来)」を 本堂にお迎えして行う「善光寺前立本尊御開帳」。 本日4月5日~5月31日まで行われるそうです。 そして、御開帳期間中には、 本堂前に『回向柱』という高さ約10mの柱が立てられ 前立本尊の御手と「白い善の綱」によって、 本堂前の回向柱に結ばれるとのこと。 その回向柱に触れることは、 前立本尊に触れるのと同じこととして ありがたいご縁が生まれ、 その功徳ははかりしれないということです。 2009年、私は善光寺を初めて訪れました。 ブログのプロフィール覧でご紹介させていただきましたが その際に、ある不思議な写真を撮影しました。 それは、善光寺の宝物館に飾られていた ショーケース内の仏様(如来像)を撮影した際に 私の手と仏様の手が重なったうえ ガラスの中と外なのに 私の手首に仏様を繋いでいた白い紐(ワイヤー)が 巻付いてる…という不思議な写真でした。 最近、善光寺の御開帳の報道を見て 6年前のあの時に撮影した不思議な写真を思い出し なんとなく意味ある繋がり…を感じたんですよね。 携帯を持った自分の右手が、なんだか 前立本尊の御手と「白い善の綱」によって結ばれた 『回向柱』のように見えてきて…。 写真を見比べてみると、 なんとなく状況が似ていませんか…?(笑 撮影したのは2009年の6年前ですが 数え年では、7年前になります。 あの時も丁度、御開帳の年だったんですね。 勝手に良い解釈の結びつけをすることで とても幸せな気持ちになったりして…! 私はカウンセラーとして、 ひとりの人間として 色々な方々とのご縁を大切にし、 少しでも、善の行が出来るよう 私自身が、『回向柱』となれることを心がけて 日々を過ごそうと、そう思っています。 2009年のあの不思議な写真は 私に、そう在りなさい…と伝え 今年の七年に一度の御開帳は、そう在ることの大切さを 再び、改めて私に伝えようとしてくださった 仏様からのメッセージなのかもしれませんね。 善光寺御開帳 今日も 明日も ありがとうございます

      32
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 夢〜Will〜

      今日、テレビを見ていたら 最近の小学生が通う習い事の話題が取り上げられ プログラミングを学ぶ教室が 紹介されていました。 小学生でありながら 既に実用できるアプリ開発を行い 親や友達とのコミュニケーションツールとして 自らが活用し楽しんでいる。 子供達が自分の好きなもの 欲しいと思うものを開発するため 楽しみながら モチベーションが保てるんだそうです。 凄い時代だなぁ…と思いながら見ていました。 そして2人の小学生にインタビュー。 そのインタビューの最後に 将来どうなりたい?と質問。 1人目の小学生は 『スティーブ・ジョブズ』みたいになりたい。 そう答えていました。 おぉ~、大きな夢でいいじゃん! と思いながら聞いていると 次の2人目の小学生にも同じ質問。 将来どうなりたい? う~ん…。 ジョブズは超したい! 天晴れ!一枚上手な素敵な回答に 何故だか、自分の胸が ワクワクしていたんですよね。 この子はきっと、大成するな! そう感じた、1人の夢ある男子小学生の 素敵な言葉でした。 いつまでも忘れたくない そして、これからもずっと抱いていたい そんなマインドの在り方を この小学生の男の子は、 大人になって忘れかけている私たちに 教えてくれたのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      28
      1
      テーマ:
  • 27 Feb
    • チャッピーの1周忌

      昨年、19歳で他界した 我が家の愛猫だったチャッピー。 早いもので、今日2月27日で 1年が経ちました…。 未だに納骨せずに、チャッピーは我が家に…。 昨日の仕事帰り、 明日はチャッピーの命日だからと 心ばかりのお供え用として キャットフードを買って帰りました。 本当は、生前チャッピーが大好きだった 『銀のスプーン』のカリカリを…と思ったのですが 大きな袋入りのセット品しかなかったので 何にしようかな…と しばらくキャットフードコーナーをうろうろ。 2つの商品を手に取り購入。 すると…、チャッピーから喜びの声が! レシートを見ると、 商品の合計金額=299円 肉球だぁ~!!(笑 そして、内税の消費税金額=22円 ニャンニャンだぁ~!!!(笑 これはきっと、チャッピーが喜んで レシートを通じたメッセージをくれたのだと 勝手にひとりでニヤニヤしながら ほっこりして帰宅しました。 因に、お釣りは701円…。 エンジェルナンバーの意味としては… あなたは正しい道に進みました。 神はあなたをいつでも見守り、助けてくれています。 というメッセージ。 散々悩んだ後、何気なく購入した2品。 偶然なのか必然なのか…。 私は、チャッピーからの『ありがとう』だと そう確信しています。 チャッピー!元気で過ごしてるかな? マウシーとマーシーにもよろしくね♡ あの世とこの世の不思議。 宇宙の不思議。 毎日、その不思議を素直な気持ちで 意識しながら過ごしてみると 自分の『いのち』の拡がりを 感じられるのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      23
      1
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 鬼も福も

      今日は節分。 みなさん、豆まきの予定は? 恵方巻は食べられたでしょうか? 節分といえば 邪気を払い、健康を祈りながら 鬼は外 福は内 と 豆をまきます。 実は、鬼も福も、内(自己の内面)に あるのかもしれません。 善い心や悪い心、良い出来事、悪い出来事 全ては自分の内側が発した結果。 悪い出来事は、 辛く厳しい試練かもしれませんが 悪い出来事を悪いことのままで終わらせるか 悪い出来事からをも、 何かの気づきと学びを得て 自分の成長にとっては良い試練であったと 良い出来事へ変えることが出来るのも 自分自身の内側にある想いひとつが左右します。 鬼とは煩悩であり邪心。 そんな鬼を退治し打ち勝つのも自分の意志です。 福とは愛の心であり喜びの心。 鬼の心も福の心も どちらも持って生きているのが 自分という『魂』なのだと 私は思うんですよね。 鬼が悪いわけでもなく、福に溺れることもなく どちらも必要だと活かしながら 鬼は内 福も内 と捉えて 賢く共に生きて行くことが 魂が望んでいる生き方なのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      31
      4
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 小さなGOOD♡

      人間のモチベーションに 最も効果的なのは 前に進んでいる!という感覚。 『遅く大きく』ではなく 『早く小さく』が大事。 続ける習慣も 自信を付ける達成感も いま直ぐに出来る小さなことから まず行動し、始めること。 小さくても、わずかでも 大切なのは、前に進んでいる感覚。 始める前から 大きな成果や完璧さばかりを意識し過ぎると なかなか行動に移せなくなります。 また、思うような成果が出ないような 一進一退の繰り返しに一喜一憂しても 焦りが出て、時間のロスも生まれ モチベーションを下げる要因にも…。 まずは『前に進んでいる感覚』 そのことを意識して 小さなスタートを切ることが 大きなゴールの結果へと 進んで行けるように思います。 大きな目標を持つことはもちろん大切。 ポイントは、目標を立てた後 目標を見上げながら進むのではなく 目標を達成した自分の視点に立って今を見つめ 行動は目の前の小さなことに全力を尽くすこと。 目標を見ながら進むのと 目標を達成した自分の視点から今を見て進むのは 一見、同じようにも思うかもしれませんが 似て非なる進み方なんです。 以下は、スーパスターとなったビリージョエルが あるインタビューに答えたときの言葉。 まずは、 小さなところでGOODになれ! 夢は大きく持つんだ! でも、行動は小さくはじめろ! まだ売れない時代のビリージョエルは 小さな劇場のお客様を満足させるために 常にベストパフォーマンスを心がけていたそうです。 小さな場所でも 全力を尽くし結果を出せたとき 必ず大きな場所でも結果が出せる。 小さなことからしっかり達成することで 大きな夢や目標も叶えることが出来る。 輝かしい未来を手に入れる法則は まず、目の前にある小さなGOODを目指すこと。 どうやらそれは 間違いないような気がします。 早く小さく、 前へ進んでいる実感を感じながら 小さなGOODのために 全力を尽くして過ごしているうちに 知らず自然と、大きな夢を叶えられる自分が 創られているのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      26
      2
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 伝え方♡

      ①風呂は11時までに入ってください。 ②11時以降の入浴禁止。 ③風呂は11時までご利用いただけます。 この3つの文章、同じ内容ですが 全く伝わって来る感覚が違いますよね…。 私たちのコミュニケーションにおいて 言葉や文字などの伝え方により、 受け取る側の印象が全く変わり、 良い関係を築けたり、悪くなったりもします。 ①は、なんだか急かされているような印象… ②は、上から目線で感じ悪い。 それが、③の文章だと、不思議と『お得感』を感じます。 会社で、家庭で、友達関係で この3つのニュアンスの違いを感じながら 言葉のチョイスやアプローチを常に意識するだけでも コミュニケーション力の達人に なれるかもしれませんね 今日も 明日も ありがとうございます

      28
      テーマ:
  • 23 Dec
    • トイレの神様のお話

      今年もあとわずか。 大掃除で汗を流している方も多いかもしれませんね。 今日は、ちょっと掃除にまつわる素敵なお話を紹介。 トイレ掃除をすることでお金に困らなくなるという トイレの神様のお話です。 それぞれの家には、七人の神様がつくのだそうです。 家が新築されると、七人の神様がわれ先にと走っていって 自分の担当する部屋を決めるそうなんです。 七人の神様のうち、 一番早く着く神様は 一番お金がかかっていて見栄えがよく、かっこいいということで 応接間の担当になるそうです。 二番目に着いた神様は、 二番目にお金がかかって見栄えがいい玄関の担当。 三番目に着いた神様は、 三番目にお金がかかって見栄えがいい居間の担当。 四番目に着いた神様は、 次にお金がかかっていて見栄えがいい寝室を担当。 五番目、六番目、七番目に着いた神様は 台所、洗面所、風呂、トイレの水回りしか残っていません。 五番目の神様は、中でも格の高い台所に。 六番目の神様は、汚れたところを洗い流す洗面所・風呂を担当。 最後の七番目の神様がたどり着いたときには、 担当するところがトイレしか残っていないのでトイレの担当に。 なぜ、この七人の神様の到着時間に差があるのかと言うと、 持ってくるものが違うからなんです。 一番目の神様は、何も持たず手ぶらで脱兎のごとく走って到着。 二番目の神様は、小さな紙袋程度のおみやげを持ってきます。 三番目の神様は、セカンドバッグくらいにおみやげを詰めて…。 四番目の神様は、小さなナップザックを背負って走ってきます。 五番目の神様は、リュックくらいのものを背負ってきます。 六番目の神様は、リュックの中に大~きな荷物を入れてきます。 七番目の神様は…、 とても心が優しくて温か~い方なので 後ろが全部見えないくらい一番大きなザックを背負ってきます。 そのザックの中には、金銀財宝が入っていて、 その家を裕福にしてあげたいと思って背負ってくるのです。 走ろうとしますが、どうしても早く走れません…。 大汗をかき、走るどころかゆっくり一歩ずつしか歩めないので やっと着いたときにはトイレしか残っていなかったんですね。 だから、トイレを掃除すると、 大きなザックで金銀財宝をたくさん持ってきてくれた 七番目の神様を大切にすることになり、 お金に困らなくなるそうなんです。 トイレの神様の素敵なお話。 信じるか、信じないかは…… 今日も 明日も ありがとうございます。

      20
      6
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 人生のスタート

      古い習慣から『脱出』するのではなく 単に『新しい方法をスタートする』という意識。 そういう意識が大切なこと。 それは『子供の心』を持つこと。 ある本に、そんなことが書かれていました。 赤ちゃんが初めて歩こうとする時 歩けない自分や、ハイハイしている自分 歩こうと思っても転んで上手く歩けない自分について あれこれ考えたり、 落ち込んだり、 なんやかんや分析したり、 反省したり…は、しないと思います。 ただただ、歩くこと、 歩きたい!という目標に向けて 身体の感覚を感じながら、体感覚で学習して 少しずつ、歩けるようになって行きます。 こうでありたい!という想いのままに ただただ動くだけ。 私たちの悩みも同じこと。 過去や原因に捉われていると、 必死にそこから抜け出そうとしているうちに 実は、余計に複雑な状況を 創り出しているように思うんです。 あれこれ考えたり、 落ち込んだり、 なんやかんや分析したり、 勝手に因果関係を結びつけたり、 反省にばかり目が向いたり…。 そうすると『脱出』の意識が強くなります。 抜け出さなきゃ、逃れなきゃ…と。 次のような言葉も聞いたことがあります。 今日という日は2つの特別な日。 最高の自分と一番の未熟者の自分が 同時に存在している日。 色々な経験をして 今まで生き続けて来た過去最高の自分と 更に新しい自分に向けての最初となる未熟な自分。 過去最高な自分ではあるけれど ほぼ同時に直ぐさま、 新しい未熟な自分が生まれるんですね。 つまり、いつでも『いま』が0(ゼロ)地点。 考えに惑わされずに、シンプルな意識で ただただ始めてみること。 過去最高な存在である自分を信頼し、 真っ新な気持ちで、まるで初めて体験するように。 人生は、いつからでも スタートなんですから…。 こうしたい!という 自分の想いである何かを決めたら その後は、ただただその想いに向けて動き続ける。 それが、望む幸せを掴み取るための 確かな法則なのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      21
      1
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 矢沢永吉という魂

      今更…ではあるのですが 矢沢永吉さんのサクセスストーリー 成りあがり という彼の自伝的な本を 最近になって読んだんです。 文章は永ちゃんそのままの語り口調で キワドい単語も連発の とても面白く読めた1冊でした。 何よりも、 ブレない、ブレない、ブレていない! 一貫してブレない永ちゃんの信念と生き方が 読んでいて心を揺さぶられるというか とても刺激を受けました。 常日頃、カウンセリングの場で クライエントさんには ブレない信念と、 なりたい自分像の大切さを お伝えしていますが 正に、そのお手本であり体現者。 自分を信じて鼓舞しながら 真っ直ぐに生きる姿。カッコいいよね! 本の最後の方で、 とても印象深い言葉を、 永ちゃんが言っていました。 大切なのは ハートで汗をかいているかどうか。 とてもキレイな言葉の表現ですよね。 自分のハートが 汗をかいていると感じられた時 喜びはもちろん、苦しみでさえも キラキラと輝く粋な生き様に 見えて来るのかもしれませんね。 今日も 明日も ありがとうございます

      36
      2
      テーマ:
  • 12 Aug
    • さすらいのガンマン

      今日がダメでも、心に雨が降り涙しても 悔しくて、やり切れなくて、うまくいかなくても 前を向いて、先を見て、 明日という未来に目を向けて生きる勇気。 親指と人差し指で ピストルのカタチをつくり 俺達は明日を撃つ さすらいのガンマンさ。 怒髪天というバンドの 俺達は明日を撃つという曲の歌詞。 このフレーズが大好きで なんか聴いていると 凄く元気が出て来たんですよね。 バンド自体は知っていたのですが 以前は、それほど興味も湧かず、 聴いても、あまり響くものがなかったんです…。 でも、先日深夜番組に出ているのを見て 改めて聴いてみたら、ググっと心に響いてきて 今更で、遅ればせながら…という感じもありますが 最近ハマっているバンドなんです。 怒髪天。 なかなか、元気をくれる 素敵で気合いの入ったアーティストですよね。 私たちの人生には それぞれに必要な時間軸があり それぞれに必要なタイミングがあるようです。 今には、今、必要なことが起こり その今の感覚も、後には変化したりもします。 明日という日が 必ずやってくるという補償はどこにもありません。 ただ、明日とは、前を向くことなのかも…。 前を向いて歩き続けることを、 明日という、そんな気がします。 そうであるならば、今を生きる私たちには いつでも、必ず、明日はあるんだと そう言えるのかもしれませんね。 親指と人差し指で ピストルのカタチをつくり 俺達は明日を撃つ さすらいのガンマンさ。 今日も 明日も ありがとうございます

      40
      5
      テーマ:

プロフィール

魂の心理カウンセラー ☆ hikari ☆

性別:
男性
誕生日:
1967年9月25日6時頃
血液型:
AB型
お住まいの地域:
千葉県
自己紹介:
最近の自分、結構好きです。(^∀^)ノ 8年ほど前から少しづつ劇的に… 変わった自分が居ま...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。