2014年11月14日

スペースレーサーズ2;スカイブルー

テーマ:作品

ご報告遅くなりましたが、先日のデザインフェスタで
先行販売したスペースレーサーズ2;スカイブルー
白素体、クリアー内部塗装ときて初めて普通の成形色での
リリースとなりました。
ただ今回の作品は当初より試してみたかったUVプリンターによる
印刷を施してみたので、見た目以上に試行錯誤しています。


市販の商品ではごく当たり前に表面に印刷されたものが
溢れておりますが、いざそれをソフビでしかも国内でしようと
思うとなかなかハードルが高いのです。
ソフビで模様やマークを入れようと思うと、塗装マスクを作るか、
タンポ印刷、もしくは割り切ってシールで再現するというものが
大まかな選択肢でしょうか。自分が知らないだけで他にもあるかもしれませんけどね。

まず塗装マスク。こちら版画の多色刷りみたいなもので
金属製の型を製品にあてがい、塗料を吹き付けると穴の空いてるとこに
色がのるってものです。
このスペースレーサーズ2のパイロットの顔(目やアイライン)、
ビークルのライト部や搭乗口の黒い部分に使用しています。
基本おおまかな塗り分け用って感じですね。

次にタンポ印刷。これは多色刷りのハンコのようなもので
フィギュアの目やマーク、細かいデザインにもかなり対応出来るものです。
ただべらぼうに高い。実際に国内生産でやってもらった事ないので
あくまで聞いた話ではありますが、現実的ではないですね。

次にシール。これは個人でも出来るくらいお手軽、かつ今はシート自体
色んな種類があるので成形色や塗り以外で表面の表現の幅を広げるには
一番お手軽でしょう。大手メーカーでもこの手法の製品はいくらでも
ありますからね。

半面、強度や汚れ、剥がれる、張った所との段差、質感の差など
気にし出すときりがないという点も。
まあ、お手軽に遊んでもらったり、自由に好きなところに貼ってもらう
ことが出来るなど遊びの部分での長所もあるんですけどね。
実際この案は考えていて何かしら使ってみようかとは思っています。

で、前置きが長くなりましたが、今回使ったUVプリンター。
これが使われてるので一番みじかだと思うのではスマホのケース。
色んなデザインやイラストが描かれていますよね。
外に持ち歩くものですし、カバンやポケットなどに入れたりするので
印刷面が接触する機会が多いでしょう。

そういった使用方法でも印刷面が耐えれるのがこのUVプリンター。
自分でも試しに爪でガリガリやってみましたが、削れる気配がありません。
今回印刷にあたってお世話になっているメーカー様の機械を使わせて
いただきました。 極端な曲面、印刷可能な厚みなど制限が無いわけではないのですが、
塗装のみで表現してきたものに、印刷による多色刷りが出来るのは
非常に面白いです♪ 勿論原型制作段階で上記の制限を念頭に居れなければ
いけない為、すべてに適用出来るわけではないんですけどね。


あと、UV印刷とは関係ないですが、塗装で細かーいこだわり。
ビークルのライト部分(ロボだと目)のゴールドは
一度シルバーを吹いて、その上からクリアーイエローを吹いています。
これは個人的な感覚ではあるんですが、単にゴールドを塗るよりも
一膜、クリアー層が出来る事でより光を反射し、
キラっとする気がするんですよね。どうでしょう?


さてさて、そんなわけでスペースレーサーズ2;スカイブルー
今後店舗での一般販売、通販など予定しております。
会場までお越し頂けなかった方にはそちらでご購入いただければと
思いますので宜しくお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

KAIJIN(カイジン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。