男性介護ネット。応援して下さい。


「かいごさぶらい」上巻はこちらです。

                      


                          プロフィール

 「にいちゃん、わてどうなったん?あんた~にいちゃんやろ~?なんとかいいんかいなっー!」。この時の母の表情は、途方に暮れて、いまにも泣き出しそうだ。私は今でも、その時の母の何とも言えない表情が忘れられない。
 私は母の両肩を抱きとめ、
「心配せんでもえ~、心配せんでもえ~、兄ちゃんが付いてるからな~」と、返事するのが精一杯のことだった。(私は、これが”徘徊”という認知症の、症状のひとつであることを、この時、知らなかった)。

 阪神淡路大震災で我が家は被災した。家は半壊(後に全壊と認められた)。母と私は、震災で全壊した、我が家の直ぐ近くに出来上がったマンションへ、転居することになった。
当時、母は80うん歳。私は50歳目前。母と私の二人暮らし。大震災のショック(私の推測だが)で、母に異変が起こった。
母は痴呆症(当時はそう呼ばれていた、現在は認知症)になってしまったのだ。
 マンションに移り住んだ直後から、母の症状は一気に進んだ。母は夜な夜な徘徊するようになり、突然怒りだしたり、泣いたり。そんな母を私は呆然と見ているだけであった。              
 認知症の症状は、私が思った以上に早かった。毎日進んで行くのだ。
私は、そんな母を見て直感的に母の言動や行動をメモることで、何とか対処しようとした。
       そして、その結果、私は、母が、
       何を言っても「逆らわない」ことに、
       何をやっても「怒らない」ことに、
       何があっても「大声を出さない(怒鳴らない)」
 ことに、したのだ。母の全てを、そのまま受け止める。「認知症」は「不安」の「病」だと、直感した私は、母と「どんどん会話」することで、少しでも母の「不安からくる気うつ」症状が、緩和出来るのではないかと、思ったのだ。「会話」することで、母が「笑顔」を見せてくれれば、それで良い。母が「笑って」くれれば、それで良い。場当たり的、その場しのぎ、手探りの介護を始めた。

このブログは、そう思った私(かいごさぶらい)と母との「介護会話日記」である。(注)



「かいごさぶらい」のブログ。
認知症の母と息子の介護会話日記
認知症の「病」を会話を通して著しました。




にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログ にほんブログ村 認知症 にほんブログ村 小説ブログ にほんブログ村 ノンフィクション


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
AD