komachi新潟県介護ご用聞きネットブログ

サイトには掲載できない取材に行った楽しいお話も書いて行けたらいいなと思っています。


テーマ:
今日は朝から燕三条駅のすぐ近くにあるAQAホテルで車いすメーカーの部長さんと打ち合わせ。

午後も新潟市内で介護事業所の社長さんとホームページの制作について打ち合わせ。

天気も良くて、貴重な取材日和に室内での打ち合わせは、なんとももったいない様な気がしましたが、とても勉強になるお話であっという間に時間が経過。叫び

真剣なお話の合間に介護事業所で出していただいた緑茶がとてもおいしくて何とも幸せな気分にニコニコ

夜、ニュースを見ていたら、インフルエンザやノロウイルスの予防対策として、お茶のカテキンが良いそうで、静岡の小学校ではお茶でうがいをするそうです。

私も職場や車中でペットボトルの緑茶やウーロン茶を常飲していましたが、冬場は緑茶オンリーにしたいと思います。



風邪予防に!カテキンで殺菌『ガラガラ茶』

この冬どうする? インフルエンザ対策 緑茶成分で感染を予防 2010.12.17 14:30 産経ニュースより引用

静岡県立大薬学部の山田浩教授は、東京都東村山市の老人ホーム「白十字ホーム」での臨床試験で、緑茶に含まれるカテキンとテアニンがインフルエンザの発症を抑える効果があることを突き止め、今月1日に開催された「第31回日本臨床薬理学会」で発表した。

 山田教授らは昨年11月から5カ月にわたり、1日当たり緑茶カテキン(378ミリグラム)とテアニン(210ミリグラム)を含むカプセルと、含まないものを成人男女200人に摂取させた。その結果、緑茶成分を含む群のインフルエンザ発症率が4・1%(4人)だったのに対し、含まない群は3倍を超える13・1%(13人)だった。

 「緑茶カテキンがウイルスの周りに付くことで細胞に感染するのを妨げます。従来、緑茶のうがいで予防になるとの研究報告はあったが、今回の試験は緑茶の飲用がインフルエンザ予防に有効である可能性が示唆された。通常の緑茶100ミリリットルにはカテキンが80~120ミリグラム、テアニンは20~40ミリグラム含まれ、緑茶を500ミリリットル程度飲めば十分でしょう」(山田教授)

 山田教授らと共同研究を行い、緑茶の健康への影響を研究する伊藤園中央研究所(静岡県牧之原市)の提坂裕子所長は「インフルエンザだけでなく、ノロウイルスなどカテキンが持つ抗ウイルス作用は知られています。奈良時代に唐から日本に茶が入って1200年ですが、緑茶飲料メーカーとして今後もヒトへの作用を科学的に実証したい」と話している。

おいしいうがい茶ん 3g*15包

¥319
楽天


ラブラブ今週の笑顔大好きスタッフさんは、柏崎市にある介護付有料老人ホームロージィコート柏崎の綱島さんをご紹介。

komachi新潟県介護ご用聞きネット(http://www.kaigogoyoukiki.net/)では、毎週お一人笑顔の素敵な様々な職種のスタッフさんをピックアップしてご紹介しています。

komachi新潟県介護ご用聞きネットでは、笑顔大好きスタッフさんに登場していただくスタッフさんを募集しております。自薦、他薦OK

ラブラブエントリーはこちらから

komachi新潟県介護ご用聞きネットの情報は、携帯サイトでも閲覧できます。

$komachi新潟県介護ご用聞きネットブログ-ご用聞きモバイル版

メールマガジン(月2回配信)もPC、携帯あわせて約2000名に配信しております。
ぜひ、こちらも登録して見てください。よろしくお願いいたします。


ペタしてね


PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード