1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-28 04:13:28

【お互い様の精神】☆ VOL.261

テーマ:ブログ

みなさんおはようございます。

砂賀裕一です。

本日も心を込めてblogを綴らさせて頂きます。

【お互い様の精神】



私たちは、完璧ではありません。

だからこそ、相手を敬い思いやり、そして自分も労ってあげる。

誰にでも苦手や不得意は、あります。

そんな弱い部分を自分自身が認めてあげられた時、他者に優しく接することが出来るのだと思います。

自分の弱さを認めてあげられないから、相手の失敗や間違いを否定したくなる。

自分の価値観だけで生きてしまうから辛く苦しくなってしまう。

何でこんなことも出来ないの?

どうしてこんなことがわからないの?

そんな気持ちを他者にぶつけてしまったら、相手は悲観的になってしまい、きっと自己嫌悪に至ってしまいます。

それじゃ、その人の芽を摘んでしまい、可能性を失わせてしまう。

今の世の中、私も含めてそうですが、少し注意をされただけで、この人は嫌いとか、この人とは馬が合わないと、逃げてしまいがちです。

アプローチの仕方を間違ってしまうと、その人の人生をすべて潰してしまうことだってあります。

それは、一人ひとりが【お互い様の精神】が欠けているからだと感じています。

プライドだって大切だけど、時にそんなプライドを捨てて、丸裸になって自分の弱さをさらけ出すことだって大切だよ。

泥臭くがむしゃらに生きる姿こそ、本当の人間の姿・形ではないかな?

変に取り繕って良い人を演じていたら、めっちゃ疲れるよ。

本心は違うことを考えているのに、嫌われたくない、仲間外れにされたくないという一心から、嫌々周りとの調和を保ってしまう。

自分の直観を大切にしてもらいたい。

その直観が時には、間違っていることだってあるでしょう。

おまえの意見は間違っていると批判される時もあるでしょう。

それでも、自分の直観を信じて自分の心に「素直」に生きてもらいたい。

「素直」になれた時、自分と向き合える瞬間です。

「素直」とは、ありのままで飾り気のないさま。

その、ありのままで飾り気のないさまが、他者に害を与えているのであれば、反省をして改善もしていかなくてはですし、また、ありのままで飾り気のないさまが、他者に幸せを与えているのであれば、そこを更に磨いていくことだと思います。

そのプロセスを経て自分を知り、相手を知って行く。

そして、はじめて【お互い様の精神】が芽生えてくる。

いろいろな困難を乗り越えて来たからこその、「感謝」だと思います。

自らがその境地に立ち、体験して来たからこそ、人の気持ちがわかり、他者を労り思いやれる。

本質を知るには、「体験」を通してでしか、学べないと私は、思っています。

だからこそ、目の前に訪れたミッションをひとつ1つ体験しながらでしか、学べないと感じています。

その体験が、いつの日か多くの人を救えると信じて今を楽しんで生きて行こう!

少しでも【お互い様の精神】で、相手の気持ちがわかる人へと成長して行きたいと思っています。

・腹を立てるより許すほうがよい。
・憎むより愛するほうがよい。
・不平を言うより感謝するほうがよい。
・愚痴を言うより喜ぶほうがよい。
・力むより任せるほうがよい。
・威張っているより謙虚なほうがよい。
・嘘をつくより正直なほうがよい。
・喧嘩するより仲良くするほうがよい。



最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、また来週お逢いしましょう!

ワクワク♪


よ~~~し
パンチ!今日も幸せの扉へドアレッツらGO~ロケット

今日もみなさんと繋がっていることに感謝しています虹

いつもありがとうございます虹

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 06:44:16

【幸せはここにある】☆ VOL.260

テーマ:ブログ

みなさんおはようございます!

砂賀裕一です。

本日も心を込めてblogを綴らさせて頂きます。

【幸せはここにある】



今みなさんは、幸せと感じられていますか?

幸せと感じられる方は、この記事を読む必要はありません。

でも、今幸せと感じられていない方は、少し読み進めて下さいね。

もしかしたら、少しでも幸せと感じられるヒントとなって頂けたら幸いです。

私も幸せとは何だろう?という問いに日々向き合って来ていますので、少しはお役に立てることもあるかと思っています。

どんなふうに向き合って来ているかと言いますと、とってもシンプルです。

私は、人より感情の起伏が多く、毎日苦しんでいました。

今でも、そうですけどね(笑)

そんな自分が本当に嫌で、どうにしたらこの感情をコントロール出来るだろう?と日々実践して来ています。

そこで気づいたことがありました。

それは・・・

自分の感情に自分が気づいてあげるという、とてもシンプルな回答です。

そこに気づいてあげるだけで、心がすう~っと軽くなる。

例えば、対人関係に置かれましても、自分のことを否定されることってあると思います。

あなたは、こうだからダメなんだよとか。

あなたの、こんなところが嫌いですとか。

あなたに、このようにされてとても悲しかったとか。

その時、自分の感情は、なかなかそのような現状を受け入れられず、なんだよとイラ立つこともあるでしょう。

でもそこでその言葉を、感情は抜きとして
考えてみる。

自分の至らない部分を指摘されたことに、感情が反応したことに気づかされます。

誰だって、自分を否定されることは、嫌なことです。

でもね。

自分では、見えないことばかり。

そこに気づかせてくれるチャンスがそこにある。

ただ否定されたことだけに、感情を振り回されて、真実から目を背いている。

その感情を自分の中で、ちゃんと気づいてあげるだけでいいの。

そこには、人それぞれに時間差はあります。

すぐに、その感情に気づき心が静まり素直に受け入れらるケースもあるでしょう。

でも、長くその感情を抑えられずなかなか切り替えられないケースもありますよね。

だから先ずは、自分の感情に気づいてあげる作業を心がける。

時間と共に感情がおさまって来ることだってあります。

変にそこに執着ばかりせず、時に身を委ねるということも大切です。

時間が経てば、小さなことに感情を振り回されていたことに気づく時もあります。

毎日が不幸の連続だとしたら、心がいくつあってもどうにもなりません。

それでも、私は不幸の連続ですと感じてしまう方がいるのであれば、その時は、無理に何とかしようと思わないで、信頼できる人に相談をお薦めします。

自分でどうにかしようと思うと余計に空回りをして、更に不幸を招いてしまうことだってあります。

自分で考えて物事を解決して行くことも、大切だけど、困っている時は、もっと人を頼っても良いんだよ。

頼ってばかりじゃ、人は手を差し伸べてくれないかもしれないけど、本当に困った時は、必ず手を差し伸べてくれる人がいる。

だからそんな時のためにも、心の支えとなってくれる人を、一人でも良いから、見つけておくこともお薦めします。

一人で強がって、すべてを自分で乗り越えようとするから、知らないうちに付加がかかりストレスとなってしまう。

自分は愚かなもので、誰かの助けを借りて生かされている。

自分の弱さを知った時、人は心から感謝の念が湧いてくる。

それが・・・

おかげさま。

如何なる場面に置かれましても、自分に必要なこと、大切なことに気づかせてくれるプロセスが、今にある。

だから、感情に振り回されることなく、どれだけ、今をこの時に、心を置くことが出来るか。

時は、無常にも川の流れのように流れて行く。

その中で、過ぎたことに感情を傾けたり、まだ来ぬ未来に感情と不安でいっぱいなら、今の幸せは永遠に感じることは、出来ません。

幸せとは・・・

過去の栄光や失敗でもなく、未来の希望や不安でもなく。

【幸せはここにある】だよ。

現実から目を反らしたくなることばかりかもしれない。

辛く苦しいことからは、逃げ出したくなるかもしれない。

でもね。

いつかその現実と、しっかり向き合わなければ、いけない時があるんだよ。

その先に、幸せがあるんだよ。

どんなに逃げ回っても良いから、自分のタイミングで良いから、今を生きてみよう。

あなたの心は、気づいているはずです。

そろそろ向き合ってみようかなって。

焦らなくても大丈夫。

あなたには、あなたのタイミングがあるのだからね。

そのプロセスが、自分の感情に気づくという作業だから。

私だって日々悪戦苦闘の毎日です(笑)

でもね。

そんな作業をすることで、【幸せはここにある】ということに、気づきはじめてきたんだ!

本当だよ。

まだまだ実践中だから、真実にはほど遠い話しだけど私は、自分の心に「素直」になることが幸せへの近道だと信じています。

毎日が幸せで満ち溢れている日々を・・・


最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、また来週お逢いしましょう!

ワクワク♪


よ~~~し
パンチ!今日も幸せの扉へドアレッツらGO~ロケット

今日もみなさんと繋がっていることに感謝しています虹

いつもありがとうございます虹

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-14 04:26:44

【不可能を可能にする力~imagination~】☆ VOL.259

テーマ:ブログ

みなさん♪おはようございます!

砂賀裕一です。

本日も心を込めてblogを綴らさせて頂きます。

【不可能を可能にする力~imagination~】

 



私たちには、想像する力があります。

それが・・・

~imagination~

出来るとイメージする~imagination~

出来ないとイメージする~imagination~

前者をイメージした方が実現の可能性は高くなります。

しかし、後者のように、出来ない時のことをイメージしてしまいがちなお互いです。

出来ないことを、イメージしてしまうと、出来ない理由を見つけ、自分を正当化してしまう。

このクセを変えて行かないと、いつまで経っても、夢は夢のまま。

こんな自分になりたいなとか。

こんなことをやってみたいなとか。

あんな人生を生きてみたいなとか。

想像することは、きっとたくさんあるよね。

でも、何かと出来ない理由を見つけて、諦めてることってありませんか?

何かを達成したり叶えることは、難しいこと。

そんな思考が自分を制限してしまう。

私も、毎日言い訳ばかりを重ねて、自分を正当化して守っている弱い男です。

それでも、勇気を振り絞って一歩踏み出すということも、以前に比べたら少しは増えて来ているかな(笑)

まだまだ言い訳ばかりの弱い男ですけど(笑)

そんなふうに少しずつではありますが、変化して来たのは、人間の可能性は無限大であるということを身を持って感じて来たからです。

その体験談を少し話させて頂きます。

私は高校を中退し、仕事もしないで遊び呆けていました。

そんな期間を2年くらい続けていて、いい加減仕事をしないとと思い、職に就くが長続きもしないで、転々と職を変えていました。

そして、そんな中、就いた仕事が鳶職です。

なんの仕事に就いても長続きしなかったけど、鳶職は5年続きました。

制式に言うと、1つの会社を半年、そして次の会社で四年半です。

1つ目の鳶の会社は、親方が本当に厳しくて、何度も何度もラチェット(ネジを回す工具)で、ヘルメットの上からおもいっきり殴られ、ヘルメットが割れてしまうこともありました。

何で殴られたかと言えば、私が仕事が出来なかったからです。

指示を待って動くことしか出来ませんでしたし、指示通りにも動けていませんでしたし、ましてや、自分で考えて動くということなどは、もっての他でしたから。

親方が怒ることも無理はありません。

だって本当に使えない男でしたからね。

今まで、仕事もろくに就いていなく、社会人としては、ほぼ土素人で、おまけに要領の悪い人間でした。

だもん、そんなやつを扱うのは、親方もイライラしたことだと思います。

でも正直その当時は、もっと優しく教えてくれれば良いのになんて思っていましたけどね(笑)

職人の世界は、本当に厳しいなと感じました。

怒られてばかりなので、正直鳶の仕事も嫌になり、その会社は半年で辞めました。

おまけに給料も2ヶ月分もらうことも出来ませんでした。

親方にお給料だけは、くださいと辞めてから何度も連絡しましたが、「おまえ給料もらうほど仕事してないだろう」なんて言われ門前払いでした。

消費者センターなどにも相談しましたが、これも社会勉強、また私の仕事の要領の悪さが原因と、自分に言い聞かせて、泣く泣く給料も貰わずという結末でした。

私は、本当に仕事の出来ない要領の悪い男だという自己嫌悪の毎日で、自信など持てず、またフラフラしていた所、同級生の友達が、俺の働いている会社に来ない?と誘ってくれました。

職種はまた鳶職でした。

しかし話を聞くと、とても楽しい会社で、親方も面倒見の良い人だから、安心しておいでよとのことで、不安もあったけど、友達と一緒なら大丈夫かなと思い、また鳶職に就きました。

入社してみたら、本当に楽しい会社で、スタッフのみんなが仲が良いし親方も、とても良い人でした。

そして何よりも刺激を受けたのが、同級生の友達からでした。

めっちゃ仕事が出来るし、要領が良くて現場も任されている位の仕事ぶりでした。

彼とは、そんなに経験も変わらないのに、何でこんなに仕事が出来るんだろう?

自分も彼みたいに、要領良く仕事が出来るようになりたい。

その反面、負けたくないとも思いました。

それからというもの彼の仕事を目で盗み、必死で近づこうと仕事に励みました。

そこで彼を観察していて、気づきました。

彼は、考えて仕事をしているということです。

先回りをして、出来上がりのイメージをしっかりと持って、足場の材料を拾い、足場を組み立てていました。

段取りをしっかりしてから作業に取り掛かる。

本当に目からウロコでした。

私は、何も考えていないから、作業が詰まり、またその先のイメージも出来ていないから、あたふたする。

そんなことを彼から学びました。

この学びは本当に大きかったです。

段取り10分

仕事5分

頭に出来上がりのイメージが出来ていなければ、仕事は完成を成さない。

そのイメージをする時間を長く取ることで、作業の時間が軽減する。

とても大切なことを学びました。

同級生の友達が出来ているのに、何で自分に出来ないだろうという、恥ずかしさもありましたし、負けたくないという、私のプライドも重なり、とても素晴らしい知識を鳶職から学ぶことが出来ました。

それから私も必死に仕事をして、現場を任されるまでに至りました。

親方から「砂賀、次の現場に頭で行ってこい」と言われた時の感動は、今でも覚えています。

本当に嬉しかった。

あんな要領の悪い、仕事の出来ない男が、現場を頭で行かしてくれるまでになれた。

私にとって奇跡です。

こんな私でも、考え方を少し変えるだけで、少しは仕事が出来るようになるんだ!

だから伝えたい。

制限をかけてしまっているのは、自分です。

イメージを少し変えるだけで、世界は変わる。

【不可能を可能に変える力~imagination~】

思考が現実を創りだす。

鳶職の足場を組み上げる完成図を頭にイメージすれば、それ通りの足場が完成する。

この思考は、様々な仕事にも応用出来ます。

鳶職で、諦めずがむしゃらに仕事が出来るようになりたいと励んだおかげで、今の介護の仕事にも役立っていることが、たくさんあります。

それを実感しています。

もし鳶職を経験していなかったら、起業だって出来なかったと思います。

仕事をする上で大切なことを、教えてくれた友達に感謝です。

まだまだ、出来ないイメージを頭に浮かべがちな私ではありますが、鳶職で学んだ~imagination~を大切に、想い描くものを現実に変えて行けるように、精進して行きます。

ワクワク♪


最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた来週お逢いしましょう!


よ~~~し!今日も幸せの扉へレッツらGO~♪

今日もみなさんと繋がっていることに感謝しています。

 

いつもありがとうございます。

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。