母、連絡つかない

テーマ:
その4日前の朝、
起きたらスマホがなかった。

数ヶ月前に母がやはり
携帯を見失っていたのを
けちょんけちょんにけなした手前、
すぐに見つけださねば
面目が立たない。

しかし3日間の捜索虚しく、
どうにも見当たらない。

火曜の夜、勤め帰りに駅前の交番へ。
遺失物届けをだしたら、
なんとその場で似た落とし物ヒット!!

そのまま立呑屋で
1人祝盃を上げてから、
自宅へ帰宅した。

駐車スペースに母の車が
無いのに気付いた。

最近では減っていたが、
母は夜遅くまで会議に
出ることが多かったので、
この日もそうなのかな、と
あまり気に留めなかった。

夜11時あたりなのは
気になったけれども。

12時過ぎまで待つも、
先に寝てしまった。

翌日は水曜朝、
キッチンテーブルの上の
物が置き換わってるので、
夜中に帰ったのだと思い、
疲れてるだろうから
起こさないでおこう。と
1人で朝食を摂り出かけた。

家を出た時、
まだ車が無かったのに
気付いたのだけれど、
事故って置いてきたのかな、
位で心はスマホで一杯だった。

駅へのバスを途中下車して
警察署の落とし物係へ。

スマホを受け取り、
twitterで“なう”しながら
浮かれたまま出勤。

さすがに車が無かったことが
気になり出した。
出勤途中、駅から会社までの
道すがら家電話に掛ける。

出ない。

携帯(くだんの新調した端末)
にも出ない。

就業中なるも2、3時間おきに
掛けるが、連絡つかない。

こうなると、最悪の
状況が何種類も
頭に浮かんでは消える。

事故で頭を打ってて、
布団の中で冷たくなってないか?

帰ってたのは勘違いで、
車ごと事故に巻き込まれて
身元不明になってないか?

その日は夜に食事しながらの
ミーティング、終わりが見えない。

気もそぞろなミーティング中、
トイレに立ったついでに
母に電話してみる。

数コール後、
「もしもし……」

生きてた!

「お医者さんが大変だったの」

とりあえず胸を撫で下ろし、
詳しい話は帰ってから
聞くことにしたのだけれど……

つづく




投票おねがいします。
AD

コメント(2)