私はこれまでに、アメリカ・中国・ドイツ・フランス・スイス・シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・香港・マカオ・ベトナム・スリランカ・カンボジアと数々の国に足を運び、その国で起きていることをこの目で見て、肌で感じてきました。そこで気づいたことは、「日本にはあるのに」「日本人なら出来るのに」「日本の技術があれば」という感覚です。


つまり日本の人・モノ・金・情報を提供すれば、海外でもっと面白いことが出来るし、その国のためにもなる。ならば、まずその国に投資してみよう。あるいはその国とビジネスをしてみよう。そんな感覚を幾度となく持つに至りました。それを世間では「投資機会」「ビジネスチャンス」と呼ぶのでしょう。


そんな「投資機会」「ビジネスチャンス」は世界中にまだまだ沢山あります。しかし、その情報を提供する情報はまだまだ少ないし、知る人も少ないと思います。私のミッションは「海外投資・ビジネスを難しいと感じない世界を作る」こと。私自身、世界を知って、投資やビジネスをやってみて人生が100倍楽しくなりました。あなたにもぜひ味わっていただきたいと思います。



ツイッターでも海外投資のこといろいろつぶやいてますので、

フォローお願いします!

↓↓↓
kaigaitoshiをフォローしましょう



初心者集まれ!facebook!

↓↓↓

海外投資やってみませんか?~海外投資ビギナーズの会



【著書です↓】
$ヘッジファンドで資産運用!非常識な海外ファンド投資マニュアル!

ベトナム不動産投資完全マニュアル (本気の海外投資シリーズ11)


【共著です↓ベトナムとスリランカを執筆しました。】
$海外投資で資産運用!~世界へ目を向けると人生100倍楽しい!

新興国投資丸わかりガイド


成長前夜のスリランカを取り込め!

↓↓↓

$海外投資で資産運用!~世界へ目を向けると人生100倍楽しい!
スリランカ株式投資情報



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-11-23 17:22:33

【FX】レバレッジのホントの話と豪ドル投資のススメ

テーマ:FX




こんばんは。
海外投資専門FPの小山貴広(こやまたかひろ)です。




豪ドルが先週末、ようやくレンジをブレイクしてきました。




そのおかげで、私の含み損を抱えていたポジションを
決済することが出来ました。




実は、このポジション、6月に建てたポジションですが
一時は82円台まで下落し、数十万の含み損を抱え、
さすがに焦りましたが、




また上昇してくるのはわかっていたので、
放置していました。




で、ほぼ半年間放置して、ようやく決済出来たわけです。




でも、こんな話をすると、


「塩漬けで放っておいてもいいんだ!」


などと、簡単に話を受け取ってはいけません。




私は、最悪のケースを想定して、
資金管理をしているから、放置出来るのです。




これからお話しする「資金管理」について理解していないと、
FXは塩漬けにすると、資産を失ってしまいますよ。




では、資金管理とはどういうものか?




今回、決済した時点で、為替差損はプラスでしたが、
それプラス、7万円程の金利が付いていました。




88円時の必要証拠金は10Lotで、
352,000円。




それを半年寝かせて、
金利が7万円だから、年利換算すると14万円。




結果的には、352,000円という証拠金を差し出すだけで、
約39%という年利回りをタダで得たわけです。




もちろん、これはあくまでも考え方であり、
為替変動のリスクは含まれていませんし、
口座に必要な資金も別の話です。
でも、資金管理が出来れば、こんなことが出来るのもFXの魅力です。




では、資金管理とはどういうものか?




FXは「レバレッジが高いから危ない」という、
もはや呪いの呪文のようなセリフが、ネットでも
口頭でも、ささやかれていますが、
ハッキリ言って、「レバレッジが危ない」のではありません。




わかりやすくドル円で説明します。
(超簡潔にした説明です。細かいツッコミはなしで。)




1ドル=100円の時、レバレッジ25倍で、1Lot(10,000通貨)購入する場合、
必要な証拠金は、40,000円です。これをAとします。




ちなみにレバレッジ100倍だと、必要証拠金は10,000円です。
これをBとします。




これで、A、Bどちらも日本円で100万円の取引が出来ます。




で、為替が動いて、99円になったとしましょう。
すると、AもBも1Lotなので、損失は-10,000円(1円×10,000通貨)で同じです。




どうですか?




このように実は、レバレッジが高くても低くても、
「為替変動のリスクは同じ」なんです。




では、何が違うのか?




それは「ロスカット時の資産残高」です。




FX会社によって設定は様々ですが、一番多いケースでは、
口座残高と必要証拠金が100%(同額)になった時に
ロスカットが発動します。




これで考えてみると、
仮に口座に10万円が入っていたとしましょう。
すると、ロスカットがかかるタイミングは以下の通りになります。



A・・・100円⇒94円になった時


B・・・100円⇒91円になった時



一見、「Bの方が待てる余裕があるからいいじゃないか」
と思われるかもしれませんが、
問題はロスカットがかかった後です。
結論から言うと、



A・・・4万円が口座に残ります。


B・・・1万円が口座に残ります。



要は、レバレッジが高いBの方が、ロスカットが発動される程に、
予想に反して相場が動いた時に、口座に残る残高が少なくなる、ということです。




これが、「レバレッジは危ない」と言われる一つの理由です。
(他にもありますが、今回はこの1点に絞ります)




では、ここで、口座に100万円入れておいた場合はどうでしょうか?
一体いくらまで下がったら、ロスカットがかかるのでしょうか?



A・・・100円⇒4円になった時

B・・・100円⇒1円になった時




いかがでしょうか。ドル円が1ドル=1円になると思いますか?
もちろん、可能性はゼロではありませんが、
ほぼ無いと言えると思います。




ということは、どれだけ為替が動いても、
ロスカットされることはないわけで、
余裕をみて100万円入れておけば、
たとえ、含み損を抱えても、自分で決済しない限りは、
ず~っと、元の100円に戻るのを待てるわけです。




これが資金管理の考え方の一つです。




このことが分かっていてコントロール出来れば、
今回の私のように豪ドルを含み損を抱えても
元値に戻るまで、半年でも1年でも待てるのです。




ここからは、豪ドルの話に戻りますが、
この待っている間、もちろん金利が付きます。




豪ドルは金利が高いので、
352,000円を証拠金として差しだすだけ(※)で、
半年で7万円(年間14万円)もの金利がもらえるわけです。



※実際は前述の通り、口座にはロスカットされないように逆算して
余裕を見た資金を口座に入れておく必要があります。




もちろん、為替がプラスに動けば、
さらに利益が上乗せされます。




FXは各種手数料が無料の場合がほとんどなので、
手数料が多く取られる海外ファンドに預けるよりも
資金効率は良いと思います。

※ただし、しっかり仕組みを理解していることが前提!




そして、現在の豪ドルの水準は、
やや低いと見ています。




中長期でみると、今後、中国の回復や、
原油価格の上昇がみられると、
100円を超えることは珍しくない通貨です。




資金管理を理解した上で、取引をするという前提で、
何らかの理由で豪ドルが急落した時は、
絶好の買い場が来ると思っています。




でもその時に動いても遅いです。
その前に準備はしておきましょう。




口座を持っていない方は、下記リンクから開設しておいてください。
口座の開設、維持は無料ですので。

FXの口座開設はこちら








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD





↑携帯アドレスでも登録OK!

美白スキンケア

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。