ワクワク留学サポート海外生活鈴木由賀のブログ

世界を舞台に活躍したいあなたへ
海外生活 鈴木由賀があなたの夢を叶えるために全力でサポートします。

世界を舞台に、自分の足で生きていく力を身に着けるために

私たち「株式会社海外生活」が目指しているのは
「自分の力で自分の人生を歩むことができる人」を増やすこと。
『いつか行きたいと』思っているだけでは何もはじまりません。
勇気を出して、最初の一歩を踏み出してみませんか?
『生き方』を一緒に考えるカウンセリングで、あなたの夢の実現をサポートします。


テーマ:
こんにちは、㈱海外生活の鈴木由賀です。
 
オーストラリア・メルボルンの州立高校学校に入学できるところまで辿り着きました。
のつづきです。(なかなか続かないという意見もある(゚ー゚;)

少々早送り⇛⇛⇛⇛⇛⇛⇛⇛⇛⇛
ということで、学校からの留学費用の請求書が届きました。
もちろんお金オーストラリアドル建て。
高校1年間の費用、学費とホームスティ費用で、日本円で約230万円札束程。
前回のブログにも書いた、
「その勇気の一歩を応援できる、母の度胸が身につきましたグッド!グラサン
そして、お金を使う度胸も要るびっくり
ちょっと計算機叩いてみました。
もし、私立高校に行って、部活やって、塾に通って、ほら冬期講習だの夏期講習だの、交通費、思わぬ携帯代の支払いや・・・計算機パチパチしてみると、年間の費用は相当かかるもの。
そうか! と思い(自分にいいきかせ笑)覚悟驚き

初の海外送金です。
日本円で約230万円札束程。 
ホントに届くのかな?滝汗
騙されてない??滝汗 と頭をよぎった、銀行の窓口カウンター。
 
その約1週間後、ちゃんと着ました、学校からのOffer Letter!!!クラッカー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、㈱海外生活の鈴木由賀です。

よし!頑張れ!! 
息子の高校留学行きが決定しました。
のつづきです 聞いてくださいベル

先が見えない、分からないことを決断するって度胸が要るものです。
まして自身の事ではなく、子供の事となるとなおさら。

私はどちらかというとあまり悩まないタイプ(どちらかというと?笑)
そんな私が、さすがに考え込みましたよ。
私の人生の悩み第2位チョキ

 

決めたことなら、その決断が正しかったという結果にしたい。

そういう負けず嫌いな親子メラメラ

 

よし、決めた!

さぁ 
どうやって学校探す?

どこの学校に入れる?

入学試験とかあるの?
????
試行錯誤

 

でも振り返ると息子と沢山話して、良い時間でした

ということで、オーストラリア・メルボルンの州立高校学校に入学できるところまで辿り着きました。

子供が言い出したこと事、
子供がやりたいと言う事、
その勇気の一歩を応援できる、母の度胸が身につきましたグッド!グラサン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、㈱海外生活の鈴木由賀です。

中3の息子が突然言い出した
「ねえ、おかぁ 海外の高校に入るってのどうだろう」
のつづきです 聞いてくださいベル

私たち家族は岐阜県関市に住んでいます。
この地域は高校の選択肢が少ないのです。
大学進学目指すなら○高校。
〇高校がちょっと無理なら××高校。
就職するなら△△△校。
私立校もありませんし。

そんな少ない選択肢で将来が決まるのか。。
そこで息子の頭に浮上したのが
『海外の高校』 だったようです。

進学先についての中学校での3者面談
先生 「もし挫折して帰ってきてしまったら中卒ですよ、お母さんいいですか?
 私 「。。。。」


生徒が夢を語り、目標定めて頑張ろうとしていることに、先生がバサッと切る手裏剣
どうよ

たとえ途中で帰ってきてしまってもそれは関市ではできない貴重な体験をしてくる、中卒ですよっていってもその後も通信とか高校への道は探せばあるはず!
やっていないことでダメだったらとか失敗ばかりを想定してやらない。 
それはどう? 何も起きないやん。
とメラメラ沸く親子メラメラ

子供の決断に委ね手見守ることはそれはそれはそうとうな度胸が必要です。
でも子供の決断をNOとバサッときるほど確信のある答は私は持っていません。

よし!頑張れ!! 
と堂々と送りだす太っ腹両親というカチンコ小芝居を打って息子の高校留学行きが決定しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)