2011-06-15 00:28:15

自然治癒力・自己治癒力の凄さ!

テーマ:自然治癒力・自己治癒力の凄さ

人間の自然治癒力・自己治癒力は凄いです!


たとえば、ケガして血が出たとしましょう。


血はいつの間にか止まり、傷もそのうちふさがって浅い傷なら
いつの間にか消えてしまいます。


骨折しても安静にしていれば、1か月もすればつながってしまいます。


この自然治癒力・自己治癒力の中枢にある自律神経
(交感神経・副交感神経)を使ってが支配しています。


我々が意識して使える脳は、ごく一部で90%以上のは、
我々の意識とは別のところで働らいています。


意識がなく眠っているときも体は活動しているでしょう。


(五臓六腑) 肺・心・脾・肝・腎の五臓と大腸・小腸・胃・胆・
膀胱(ぼうこう)・三焦の六腑 は我々が意識しなくても
が動かしています。


人間は、ストレスを強く感じると交感神経が強く働き、胃にポリープが
できたり(穴が開く)しますが、このポリープも脳が副交感神経を使い
自然治癒力・自己治癒力を発揮して修復をしてくれています。


当然、胃酸の調整もしている訳ですから、胃の調子が悪いからと
○○○に依存している人は、自然治癒力・自己治癒力は失われていきます。


このことは、五臓六腑すべてに当てはまりますから、注意が必要です。


たまに使うには便利なものですが、常用して使うと、どんどん免疫力は
低下して、自然治癒力・自己治癒力は働かなくなってきます。


脳は単純です。


常に、外部からの助けることをすると、本来する仕事をしなくなります。


逆に言えばに働かせる事をさせればいいんです。


が本来、健康を保とうとする自然治癒力・自己治癒力を発揮させ

るには条件があります。


☆骨格を正常な位置からずらさない。

☆骨格を動かす筋肉に歪を作らない。

☆筋肉の柔軟性を高める。

☆正しい姿勢を意識する。

☆深呼吸(腹式呼吸)を時々する。

☆ストレスを発散する環境を作る。

☆プラス思考でいる。

☆からだにとって良いからと余分なことをしない。



みなさん、自分の体は自分で守れるようになりましょう!




では、また・・・



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

アホの栗田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

感謝してます
意識して腹式呼吸をやっています

コメント投稿