『ダウントン・アビー 5』

いよいよいよッッデレデレ



うちの母ちゃんは一年待ってくれてましたよ笑い泣き


うちの近所のM田のおばちゃんも、

一年…笑い泣き



待ってくれてました!!!!


おばちゃん!
いつもありがとうございます!!!



本日23時より
NHK総合にて✨


時代の変化。
価値観の変化。
立場の変化。

当時の人々は、
何を思って、何を感じて日々を生きたのか。

今回も色んな事件が起きますよ!

上質なドラマを、
どうぞお楽しみくださいちゅー



AD
白石加代子さんがご出演されいている舞台を観たかったのです。


チラシを見て、

なんとなく気になっていて、





行ってきましたッ真顔



りゅーとぴあプロデュース
『オフェリアと影の一座』
詳しくはこちらをクリック!




胸が震えました。


人間て、

こんなにもこんなにも美しくなれるんだ、

と。


ミヒャエル・エンデの絵本が原作。

女優として輝くような未来を生きてほしいと、オフェリアと名づけられた少女。でも声が小さくて夢叶わず。小さな劇場のプロンプターになった少女は、あっというに間におばあさんに。時代遅れの劇場は閉鎖され、おばあさんはお払い箱。そこへ、同じく行く先のない影たちと出会い、プロンプターとして生きたオフェリアは彼らに物語を語ります。共に暮らし始めた彼らでしたが、生活に困るオフェリア。影達は彼女の為に、影の一座として公演をするのです。


劇中劇は、
『トゥーランドット』
『オンディーヌ』


影の一座に最後にやってくる影は、死神。
天に昇った影の一座は、神様の前で、『人間』を語ります。





演出が素晴らしかった笑い泣き

そして、
その演出を実現できる、
出演者のみなさんが素晴らしかった笑い泣き


旺なつきさんの、
圧巻の歌声。


舘形比呂一さんのパフォーマンスは、
重力を感じない、
音が無い、
手を天に伸ばすだけでため息をつくほど美しい…。


辻田暁さんのダンスは、
呼吸ひとつ乱れず、
小さい体なのに、
広い舞台が狭く感じる存在感。


白石加代子さんの、
音の使い方、
間の取り方、
チャーミングさ。


少しの乱れもない、
完璧な空間です。

とにかくとにかく観ていただきたい。





あぁ…

もっと早くに書くべきだった…





なんと…





明日まで


滝汗



お時間があればぜひーーーーー!!!



舘形比呂一さんは、
夫杉村がある作品でご一緒したんですッ


このお話はまた近々✨✨






{5201CD5A-C5EE-43A3-B3EE-782CE58CC8B4}


エドと❤️
AD

ホットカーペットでダイハード

テーマ:
ホットカーペットを買いやした。


2畳分の広さ。



広々びろ〜🎶





うはー!

デレデレ




と、
寝っ転がって、


そしたら
犬が来て、





そこを写真におさめられました。


{FDB900A1-1A72-43EE-A6CD-FBAB661E4CED}




…なにやってんだかねー…






ウインク





このラグ、

低反発なんだす。


お値段以上〜🎶
ニ○リ🎶


予想以上のフカフカ度。

どうしてなかなか快適。







昨日の午後のロードショー。


師匠、野沢那智の『ダイハード3』でした。


夫杉村が録画しててくれて、
新しいホットカーペットでお尻ぬくぬくしながら観たですよ。


『ダイハード3』




…爆笑
ふたり悶絶モノでしたわ(笑)




やっぱ師匠は偉大です。

野沢さん…
面白いです。(笑)

杉村がしきりに
「どっか可愛いんだよなー。なんだろなー。」
と、首を傾げておりました。


画に合わせるとか、
あいや、本人は合わせてるんですけど(笑)
もうそんなことではなくて、
言葉に説得力があるから、
違和感なんて生まれません。
そんなことを感じる暇もない(笑)

この映画、原音『ダイハード』とは違う、
吹き替え『ダイハード』という作品の世界観を作り出して、全員を引っ張りまくって引っ掻き回しまくってるのが野沢さんなのは間違いないわけで。

あの細い体から、
よくこんな声が…。
こんなパワーが…。
テレビからもダダ漏れる、
圧倒的な力。

観る人の心を鷲掴みです。


そして。

小さい頃、
初めて観た時は思いもしなかった。
まさかこの『ダイハード』の声の人達と、
仕事が出来る日が来るなんて。


体も心もぽっかぽか〜





野沢さーん!
がんばりますー!
AD