恋を歌に 音に息吹を

鶴田流琵琶奏者 熊田かほりのワールドへようこそ。

琵琶に生き、琵琶に歌い、琵琶に恋し…

もう一度生まれ変わっても、琵琶と共にありたい。


テーマ:

えっとめずらしく更新をしないで寝てしまった昨日は。

尺八奏者、きのはち氏のライブに行ってまいりました。

会津で仲良くなった友達に誘われて、

尺八の何も分からぬままに行ったのですが。

サークルの仕事が終ってすっ飛んでいったため

もうヘロヘロだったんですが。。。

ちょー良かった☆

アプローチも音の作りも

今まで聴いたことなくて。

生音はヤッパリいいなあ。

ハコも、すごく落ち着いてきれいなところで。

和楽器が引き立つ感じ。

気分良く生音に癒されて、

さらに邦楽の同士と散々所感をダベって。

気づいたら、終電行ってました。。。。爆。

ごめんね、イロイロありがとう。

おかげで元気になったよ、うるうる。

やっぱり上を目指す人間と話すと

パワーが涌きますね、ガンバロ。

話してる中で、きのはち氏の師匠が、三橋貴風先生だと知り。

アレ、三橋先生って、たしか

この間うちの先生とノベンバー演奏した方だよね?

公演終了後、東京文化会館の楽屋にお邪魔した時、

お二人ともお着替え中で。

でも快く入れてくださって。

なんか先生がやたらとニコニコしながら、

私の生い立ちを三橋先生に紹介なさって。

「この子のお父さんが琵琶狂いでさー、いつも東京まで聞きにくるんだよー」

とか

「なんかお父さんが高校の時に、 義経をテレビで見てさ、

それで武満にはまっちゃってさ、この子も琵琶に……」

云々。。。

三橋先生は御髪などを整えながら

「そっかー、田中さんは若いお弟子さんがいていいなあ!ハハハ!

みたいなことを仰ってましたが。。。

すごくスリムスレンダーなブラックの似合うおじさまで。

歯がものすごく白く光ってらして。

かっこいいなあ。。。ぽっ。

と、鏡の前で身だしなみを整えられてるのを

じーっと拝見しちゃったり

衣装を触らせてもらったりしちゃってましたが。。。

じつはスゲーひとだったんじゃないか!!!!!!!

尺八界のKingだったのでは。。。。

ワー

((((((((オタオタ。。。)))))))))))))))))))))

私ってモノを知らなさ過ぎる。。。。。

もっとちゃんとご挨拶すればよかった。。。

ガーン。

バタリ。

両先生ゴメンナサイ。

あの当時はまだ二十歳でした。

若気の至りってことで。。。。

わーん。

精進精進。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

眠い疲れた、を通り越して、

今夜は、おかしい、ケケケ。



缶詰2日目。

朝、私の大尊敬する方が

イキナリ結婚してしまう夢を見て

ショックで目が覚めました。。。

出だし悪い。。。


こんなにショックだったということは

やっぱり恋心は廃れていなかったんですね

いやー夢の中では心が痛かった。

しきりに、こんなことなら私も立候補しておくんだった

激しく後悔している自分がいました。


悔いのないように生きよう。



で。

曲の方はイロイロ山も谷もありましたが

なんとか骨組みが完成。

自分の至らなさをさんざ指摘され

イタタタタな一日でした。


やっぱりできないことはするもんじゃない。

私が得るものはあっても

相手が耐えられないですよね。

私から学ぶものがなかったら。

・・・悲しいけど。



で、夜は池袋で彼女の買い物に付き合い。

プリクラとって、オムライス食べて、帰ってきたというわけでした。


くろがちゃピン



明日は朝からとうとう授業が始まるので。

彼女を朝、駅まで送って、

それから久々の授業。


耐えられるのか私?

こんな休みボケした頭と体で。。。


あああ。

今年の夏は、イロイロあったなあ。

今まで過ごしてきた夏休み、というものの中で

一番イロイロあった気がする。。。

遠くにも行ったし、琵琶も弾いたし、

恋もしたし、山も行ったし、海にも行ったし。

浴衣も着たしね。


むくわれる夏、成功。

したのかな、一応ね。



でもまあ

イロイロあったおかげで

傷も付いたし、も開いたしね。

体もボロボロなんです。。。



明日から、学校が始まったら

睡眠いっぱいとって、

あんまり波風がない生活をしたい。。。


無理か。

イベントあるもんね。



癒しが欲しいぜ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと疲れて頭が混乱中。

根詰めて自分の中の音楽と向き合うのって、しんどいね。

好きだからいいんですけど。

改めて自分の音楽知識のアバウトさに、気づいた。

アバウトだって、しっかりした知識がなくたって

成り立つものだと思うんです。

その人の数だけ、音楽があっていいと思う。

でも、それを表現としてどう伝えてゆくかの分かれ道

根幹知識なんだろうなあ。

言葉を知らなきゃ、キモチを伝達できないように

伝えるツールを知らなきゃ

ヤッパリ伝えられないんだ。

あうー。

あうー。

琵琶だったら一人で伝えられるのになあ。

鍵盤が入ると

その周辺知識の膨大さに、圧倒されて曲作りまで行かない。

これ終ったらまた暫くは

琵琶の曲に専念するでしょう。

このままだと鬱積してしまう、余計な呵責がね。

あぼー

でも今日はたった一通のメール

心から癒して貰ったので。

にっこり笑って頑張れます。

明日もあるんだもんね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

十五夜だった月も、今は欠けおり。。。




今日は、手術後初めて、2ヶ月ぶりに稽古に行ってきました。



演奏会、会津、合宿。


先生にお会いしない時期に、私の中を通り過ぎて行った

琵琶イベントたち。

そこでお会いした、様々な琵琶奏者、邦楽器奏者の皆様。

皆様素晴らしく、力強く、学ぶこと多く。

幸多い夏休みでした。


でも同時に、新たなものと触れることは

痛みも伴いました。

自分と違うモノであるという、痛み。

自分はマダマダであるという、痛み。

沢山の痛みを抱えきれなくなって、とうとう狂った、昨日。


常連さん、発狂したカキコでご心配おかけしました。

ゴメンナサイ。


昨日はお寺で奉納演奏して、まずまず満足感が得られたのですが。

その後、やりきれない事象とぶつかり、

とうとう私が破壊衝動を起こすという

世にも珍しき事態が。


誰にも見られなくてよかった。

友達はなくしたくないもんね。


それで、お稽古に行くような精神状態じゃなかったんですが

成増まで、重い重い、思いを抱えて

ヨタヨタ行って。


先生に、お久しぶりのご挨拶と、

今までの溜まりにたまったご報告。

そして、来年の琵琶コンに出るという決意。


曲は、本能寺に決まりました。


さて、それでは早速型付けから、とおっしゃって

先生が琵琶を触れたその音に。

初めて先生にお会いした時の感動が、

そっと、甦ってきました。


きれいな音。

しなる絃。

艶をえがく撥。


うつくしい、楽器がある、音がある。



それだけでもう、私の抱えてた悩みなんか、

どうでもよくなって。


今までお会いした演奏家の誰もが

遥か霞の彼方にいってしまって。



先生の音が、私に深深と、沁み込んだ。



先生は何も知らないけれど

心と体が、一気に癒されて。

ああ、何も迷わないで。

琵琶がすきっていう気持ちと

先生がいらっしゃればもう

私は何も悲しい事なんかないんだって

そう思えて。




らくにらくに、

もっと自由に自由に、

やさしくやわらかに

生きていけるんだって。




今日はひとにも自分にも、楽器にも音にも

やさしくなれそうだと。


溜め込んだ何か月分の老廃物を

きれいさっぱり落として後にした、小雨の成増。



こんなに癒してくれる先生に出会えて

私はそれだけでラッキーなんだなと

世界一幸せな気がした、そんな日。


今日はいい日だった。

明日もいい日にしよう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日もいい具合に変調をきたしている、21歳。

お鍋は黒煙上げちゃうし、部屋の整頓はする気しないし。

世の中、思いどうりになることなんて

何一つないんだぜよ。

そんな言葉を思わず呟いてしまう、イケナイ子。

無理が通れば道理が引っ込んでるだけなのにネ。

ストレス性、髪伸び疾患、再び。

この数週間で、前髪がトップバストより下になった。

伸びすぎでしょう。

どんだけ髪の毛に栄養偏らせれば気が済むんだ、私の体。

やさぐれてたら。

合宿中の彼から、電話が。

久しぶりに声聞いた気が。

男だけの生活に麻痺したせいか、

はたまたアルコールによる錯乱か。

言うことがいつもよりストレートかつ大胆。

わお。

そっちのがイイですよ、分かりやすくて。

でもイキナリだったんで傷つきましたが。。。

彼と言う人は、ある芸能に真摯に取り組んでて。

私は、琵琶に一直線で。

相反する芸能、私にとっては苦しい。

共演するんだったら、ラヴがある人間と。

その私の至高の理想が、成り立たない。

あるオーナーが、カフェをいつでも貸すから

ライブでも何でもやっていいよと言ってくれていて。

あー、自分で資金掛けてイベント持つんだったら

一回ぐらい、すきなひとと同じステージ上に立ちたいなと。

女の子特有の、、を見てたんですよね。

マジで夢、ぽい。

ストレートな彼の口調に乗っかって、私も言ってみたんですけど。

同じ舞台に立ちたいとね。

すっぱりきっぱり歩み寄りなし。

モノが違いすぎる、できません、か。

あー

私は女々しすぎるのでしょうか。

こういうことって考えちゃいけないの?

男性諸君、

ここで私の肩を持ってくれる人はいないのでしょうか?

君とならーしてみてもいいよ、って宇多田が歌ってるでしょ?

私、一緒に音楽を楽しめる男性が好きなんです。

結局のところ。

言っちゃった。

でもホントダモン。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。