更生施設を見学して

テーマ:

先日、ワケあって生活保護の更生施設を見学した。

 

そこは、社会復帰の見込みのある人らを対象とした入所施設。

 

施設と聞くと、病院や介護施設(特養や老健)をイメージしますが、大体似てる。

 

大きなホールがあって、そこでみんなTVや読書、談笑にふけったり、社会復帰のための作業室があったり。

 

4人部屋も、各人のまわりはパーテーションでしっかり仕切られてて、それぞれにTVがあって棚があってって感じで、プライバシーも保たれている。

 

職員さんから話も聞きながら、「ふんふん、介護施設と似たような感じなのね」と思っていたんだけど、一ヶ所だけ違和感を感じたのが喫煙室があったこと。

 

喫煙室?

 

法律で禁止されているわけではない、嗜好品だ。社会復帰のために一生懸命頑張っているのも理解する。生保だから吸うなと言うつもりもない。

 

ただ、昨今タバコに関する健康被害、マナーが問題視されているこの時代に、堂々と喫煙室が設けられているのは如何なものか?(分煙は守られているけど…)

 

せめて、人目につかない屋外に喫煙所を設けたりして、屋内禁煙にできんのかな?と素直に思った。

 

生活保護について、賛否両論あるだろうし、僕もここでは言わないが、違和感を感じました(施設の人には申し訳ないが…)

 

以上、更生施設を見学してでした。