ご訪問いだたき、ありがとうございます。
旅の思い出、旅の情報、旅と日常・ときどき思考を、つらつらと書いております。


ちなみに香歩とは…  ・  ・ 
青春18きっぷ&お得きっぷの旅:にっぽん散歩帳

「たびねす」でも執筆中。最新記事はこちら
 宝くじ高額当選の神様!?栃木「大前恵比寿神社」の日本一えびす様
 足すくむ迫力!三重県熊野古道「鬼ヶ城」で絶景を体感


◆◇◆あなたの「旅」のお手伝いいたします◆◇◆
「旅」についてのギモン・不安があればどうぞ(無料/国内限定)
詳しくはこちらを ⇒「旅のお手伝いいたします」

 

 

 

近所の飼い猫ちゃんで、「にゃあ~♥」と呼びかけると「ニャア」と返してくれる子がいたのです。

無防備な子で、ときどき触らせてもくれました。

(多分逃げるのが面倒なだけだったんだと…)

それが最近は何度呼びかけても、クールに見つめ返してくるだけ………(ノω・、)

 

無邪気に返事をしてくれたあの子はもういない、どうしようもない寂しさに暮れる「鈍足の旅人」香歩のブログへようこそ。

 

 

 

さて、何気なくJR東日本のサイトでお得きっぷ検索をしてみたら、なんだかビミョーなお得きっぷが発売されることを発見。

 

 

その名も

 

「JR東日本30周年記念パス」

※JR東日本サイトの検索結果にリンクを貼れないので、30周年記念事業のプレスリリーフのPDFにリンク貼っています。詳細は最終の8P目です。

 

 

ちなみにJR東日本サイトの要旨を抜粋すると

 

JR東日本の会社発足30周年を記念した、JR東日本線の普通列車(快速含む)の普通車自由席およびBRTが連続する3日間乗り降り自由な期間限定のきっぷです。JR東日本線のほか、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線の普通列車(快速含む)の普通車自由席も乗り降り自由です。新幹線等をご利用の際は別に特急券等をお買い求めください。

 

 

とあります。

 

で。

ビミョーなのはここから。

 

 

発売期間:2017年6月21日~2017年7月26日

 ※利用開始日の1か月前~3日前までの発売

 

有効期間:連続する3日間

 

利用期間:2017年7月21日~2017年7月31日

 

 

えっ、11日間しか利用期間ないの?

 

ということにまず驚いた。

 

 

そして価格:大人13000円、小児3000円

 

ちなみにJRでいう「小児」とは、6歳以上12歳未満。

 

 

なるほど…

 

「夏休みにファミリーで使ってね!(o^-')b」

っていうことですなあ…

 

 

時期的に、青春18きっぷのシーズンとかぶるし。

普通・快速列車しか使わない旅をするつもりなら、青春18きっぷの方が圧倒的に安い。

 

 

ただ、「30周年記念パス」の方は、別途特急券を買えば、特急でも新幹線でも乗れるんですよね。

 

 

 

う~~~ん、でもなあ…

 

 

JRの場合、同じ路線を戻らず周遊するような、いわゆる「一筆書き」の乗り方だと、通しの乗車券をつくれ、しかも有効期間は距離に従って長くなるから(例えば営業キロ101~200キロなら2日、201~400キロなら3日、以降200キロごとに+1日)、ルートの作り方によっては、普通乗車券の方が安くなることもあるんですよね。

 

 

例えば、2年前に、大宮(埼玉)から東北新幹線で新青森へ、そこから五能線→羽越本線と乗り継いで、日本海沿いに新潟まで行き、最後は新潟から上越線→高崎線で大宮まで戻るというルートで旅行した時、運賃16310円でした(有効期間は9日間)。

 

このパターンだと13000円よりは高いけど、4日間の旅だったし。

ちなみに13000円以下となると、営業キロ1080キロ以内です。

それがどのくらいかというと…

大宮(埼玉)→古川(宮城)→余目(山形)→新潟(新潟)→大宮(埼玉)で950キロほどです。

ざっくり計算しただけなんで、ちょっと間違ってるかもですが。

 

 

普通乗車券の場合は、同じ路線を戻ってしまうと前途無効になるという注意点がありますが、あらかじめ周到にプランを立てておけば済むことですし。

(その部分だけ別に乗車券を買えば無問題)

 

まあ、「30周年記念パス」の場合、乗り降り自由ですから、そこは大きなメリットですけど。

 

 

東北⇔関東間を新幹線で行くのに使う、っていうなら、まあメリットあるかな。

 

東京ー新青森で乗車券だけで片道10150円だし。

(ああでも、片道600キロ越えだから、往復割引適応か)

ただ、3日間有効だとどこかで泊まるだろうから、宿泊旅行となると、なんだかんだでツアーの方が安かったり、特典がついたりするよね(^▽^;)

 

小児料金が3000円、っていうのは、かなりお得だと思うので(通常は大人運賃の半額なので)、確実に子連れ旅行向けのきっぷですね、これは。

 

 

 

結論。

 

「小学生の子ども2人を含む家族連れで、大人運賃が往復13000円を超えるエリアの実家や親戚宅に遊びに行く」ために使うのであればかなりお得。

 

 

個人的には、このきっぷを使って旅行しようとは思わないかなー

 

金額的にはお得になるとは思うんですが、利用期間が限定されすぎていて、この期間にあえて旅行を設定するメリットがない汗

 

たまたま、利用期間中に往復運賃13000円を超えるエリアに行く予定があれば使うけど。

 

 

 

 

このきっぷよりも、PDFの一番下に書いてある、「JR東日本30周年記念入場券」見て目が点になったわー

 

JR東日本1634駅の硬券のセット(バインダー付)だそうだけど

 

価格:228,760 円

 

だそうで…

入場券が140円だから、140円×1634枚=228,760円(定価)で、バインダーのおまけつき!ってことですね(^o^;)

 

買う人いる…んやろうなあ…

 

 

 

いつも「いいね」や応援ぽちをいただき、ありがとうございますm(_ _)m

 



人気ブログランキング

 

LINE@始めました。

新月・満月の夜に配信中。

香歩的都道府県見聞録や、ブログにはちょっと書きにくい旅のお話なども。

お土産企画などもたまにやってます。

旅に関するご相談は、随時こちらからも承ります。

どうぞお気軽に~ウインク

 

友だち追加

 

LINE@ID @ite9075x

 

※スマホで「友だち追加」ボタンからご登録いただけないことがあるようです。

その場合、画面上の地球マークを押して、切り替わったページで「友だち追加」を押してみてください。

それでもできない場合、ID検索で「@ite9075x」を検索、またはQRコード読み取りにてご登録をお願いいたします。

お手数をおかけして申し訳ございませんm(_ _)m

 

AD

コメント(4)