2丁目食堂トレドへようこそ!

1972年創業以来「家で待つ母の気持ち、妻の心」をモットーにやってまいりました。加工品など一切使用せず、一から全て手作りでお出ししております。

どうぞごゆっくりとおくつろぎ下さい。

トレド/二丁目食堂/神楽坂/継ぎ足しカレー/猫/神楽坂弁当

テーマ:

 暮れは12月29日(木)まで

年始は1月6日(金)からかいてすr

 よろしくお願いします。トレドは再開店から5年経過しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 5年前、12月末。後かたずけをしながら、アルバイト18歳女子から、質問されたことを思い出します。理系なので、まったく歴史を知りませんでした。当然です。受験には必要のない科目なのです。

 江戸時代、元禄の時の赤穂浪士討ち入りの話をしました。主君の仇討のため、家老の大石蔵之助が浪士47人と共に吉良邸を襲撃、本懐を遂げ、その後、幕府の政策により、全員切腹。葬られた、泉岳寺にはいまだに大勢の参拝人が訪れていると。当時大衆演劇の最盛期、舞台で何度も上演され、江戸っ子の体全体に染みついた、誰でも知ってる話だよ。と

 作者は苦労しました。江戸で起きた本当の話です。言いがかりをつけられ、幕府からの弾圧を受けるかもしれません。平安時代の恋の横恋慕にすり替え、いろはにほへと47文字、手習い「仮名手本忠臣蔵」として世に出し

たのです。

 明治になって、出遅れた日本の歴史学は形態を整えるのに躍起になりました。神話を母体にした日本歴史です。歌舞伎,講談をそのまま鵜吞みした学者、物書きも現存しています。

 江戸時代、武士は刀を抜くこと事態が死を意味しました。目明しの十手は、相手に近かより刀を抜かせるためとの説もあります。また江戸の町は治安上、いくつもの門を設け、夜10時には閉ざされたのです。47士が大名火消しの身なりでも、たやすくは通り抜けられません。情報がすぐ漏れてしまいます.。雪の中、船で移動する浪士たちを描いたものも残っています。吉良上野介は、徳川の大嫌いな上杉と関係のある人物です。幕府、家老柳沢吉保のテコ入れが見えてきます。お膳立てをした後で、みんな全員処分したのでしょう。

 今日9時、テレビ朝日「新忠臣蔵・・・」見て見たいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前の日の雪がかすかに残る、寒さか厳しい午後。下校路は雪解け水が凍ってツルツル滑りやすい道でした。3人に待ち伏せされたのです。嬉しそうな顔をして、取り囲まれました。獲物を見る獣の目をして。自分はいつかこうなると予感を持ち続けていました。

 休み時間、懸垂を繰り返す自分を妨害しながら、

 「なんで?こんなことばかりやってんだ?」

 後ろに回って、ハゲに小石を投げつけられていたのです。

 「柔道」  短く答えた記憶があります。

 嘘です。

 自分より10センチほど高いリーダーが肩を抑えて、人がいない路地に押していこうと、その時、手を振り払って、相手の襟首に手を。目が浮くのを感じました。「もしかしたら、柔道をやっているのは本当?そんな目をしていました。後すざりしていきます。、目をにらみながら、足を思い切り払いました。あっけなく相手は視界から消えました。馬乗りになり何度も何度も殴りました。後ろからも何度も殴られました。頭を切られたのか、血が目に流れ込んで、視界が消えました。

 自分は弱虫です。けんかは好きではありません。だだ滑りやすい路面という偶然と、「柔道をやっている」という嘘を相手が一瞬信じてくれたことだけです。

 60歳の時、暁星の同窓会に参加しました。友達が一人もいないはずの自分の周りに人の輪ができました。その中に彼もいました。昔喧嘩したこと覚えている?グラスを片手に聞いてみました。

 「なにそれ?」

 彼は不思議そうな顔で、ニコと笑って乾杯しました。

,ただ、同窓会には二度と行きません。ゲストとして呼んだ先生の発言

「A,くんBくん、きみらは出世頭だ。こういう生徒に勉強を教えたこと光栄です」

 同窓会は昔の子供時代の戻る会です。名声や地位は度外視です。トレドではこういう同窓会のみ受け付けています。

 青春時代は悩んで、苦しんで、楽しい時間を共有して、そして今の自分がいるのです。人生に上下はありません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この時代、自分は孤独な、友達の居ない子でした。休み時間は、本を読むか、鉄棒で懸垂をしているか、そんな子供でした。はしゃぐこともせず、目立ちたくない子でした。両親の不和。毎日いがみ合う家庭内。自分の居場所がありません。笑うこともありません。ストレスによるものか後頭部に5センチほどの円形脱毛症ができました。床屋のおじさんが手鏡ともって後頭部を見せてくれました。

 「ボク、知ってた。こうなっていること?髪の毛長くして、隠そうか?どうする?」

 すごいショックでした。恥ずかしさと自尊心を傷つけられたと感じた自分、それから50年以上床屋に行きませんでした。わからないように、壁に背を付け、映画館では一番後ろの席に。後ろに誰かいると、自然居場所を変える。自分の方を見て、ニヤニヤ笑いながら話なしていると、ハゲのことだと、勝手に思い込む子でした。

 授業中、ハゲをめがけて消しゴムや紙の球投げられ、当たると、小さな歓声が上がります。肩を叩かれ、振り返ると、とがった鉛筆の芯が刺さったこともありました。休み時間も一人にしてくれません。3人のグループが執拗に絡んできました。暁星は俗にいう「おボッチャン学校」です。殴るけ蹴るというような暴力はありませんでした。「ハゲを見せろ」と体をグルグル回されたり、「ハゲ発見」と言いなlがら追い掛け回されました。はた目にはふざけているとしか見えなかったかもしれません。少しの反撃を試みると、彼らの怒りが増します。後ろからけられたり、教科書を隠されたり・・・親にも言えず、担任にも言えず。ただ体を鍛えていました。イジメに決着をつけるためと、両親がまた喧嘩をしたとき「父を殺す」ために。

 つづき

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ここ「大阪人権博物館」は人権問題、同和問題、民俗学、に関心の高い人が一度は来館したことのある、特別な博物館です。一例をとれば、大太鼓の生産日本一の渡辺村。何年もかかって、牛のなめし皮を、石の重しをつるして大きく伸ばす工程を説明してくれます。それを用いた大太鼓は何千万円で取引されています。

 橋本府知事が誕生した時から、この博物館への嫌がらせに似た行為が始まります。理由は「ふさわしい展示物がない」とのこと。理解に苦しみます。

 父、八切止夫は差別問題、被差別部落の救済に尽力を惜しまなかった人です。仏教伝来。これによって、血と死を忌み嫌う土壌が生まれ、そのことにかかわる人間はケガレとして、蔑視されたのです。人々はトコトン差別を助長してきました。でも、皮肉なことに、彼らが差別した人々は、欠かせないほどの必要な役割を担っているのです。染め物部落に閉じ込められた人々は、感性を磨き、世界で類を見ない作品を生み出しました。歌舞伎俳優も人間国宝の地位を得ているのです。細工物の集団はより技術をたかめ、彼らのDNAは進化して、携帯電話の細部にわたる機器や、命を助ける医療器具の分野で世界をけん引しているのが現状です。名医、名人と言われる板前、手先の器用さを求められる職種。特殊な能力を必要とされる職種。日本人は世界の平和に貢献できる人種です。

 ただ、残念なことに言われたことを素直に信じてしまう「従順性」を持っている人があまりに多いのです。

 戦国時代、日本からの宣教師の書簡に(顔の色も髪の毛も同じなのに、差別を受けている人たちがいる。ふしぎなことだ?)と言うのが見受けられます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 野史研究会のメンバーと浪花神社と人権博物館を訪れたことがあります。この地区は江戸時代には海に近く、漁民の多くが浪花神社の氏子でした。石塔に寄進者の名が刻まれています。明治新政府が改革に取り掛かります。「富国強兵」納税と兵役の確保が急務だったのです。今まで、部落民は神社の管轄でした。彼らは農民と同列の寺に組み入れられたのです。寺は大旦那衆の農民たちに気兼ねして、差別戒名や墓石を用意したのです。彼らは人でない(畜生)だ。として(玄男田)(玄女田)、戒名には霊位と書きこむところ,霊立と人偏を外され、人でないと。苗字も蛸とりは(多胡さん)イワシとりは(岩志さん)と住職が命名したのです。

 差別は権力者の推進と民衆の無知によって、1300年もの長い間継続してきました。納税の過酷な制度の不平不満を、上に持ち込まず、下に目を向けさせた結果、エタ身分への迫害が根強よく継続したのです。親から言われれば。子供は何の疑いもなく、彼らをいじめ、迫害します。親たちにもなんでそうなの瓦りません

 士農工商身分の人には納税の義務。エタ非人にはそれがないと、時の権力者から言われつづけられた結果、(食える分だけ、働けばいい)奴らと言うレッテルを張ってきたのです。

 エタ身分の生業は、基本元手がかかりません。野山で自然に手にはいる動植物。それに己の肉体が材料です。皮革業、染色業、炭焼き、薬売り、庭師、マタギ、漁民、細工師、山師、役者、猿回し、鳥おい女、遊女、博徒・・・彼らは、組織ごとにその長(オサ)に上納金を支払っているのです。オサが時の政府にその金を納め、政府としたら多額の財源を確保してきたのです。ただ政策的な観点から表にはあまり出てきません。日本歴史の闇の部分ですが政府の保護が分厚く、部落民と言われた人たちが、長年にわたっての苦渋の中で、その卓越された技術を磨き、そのことが今の日本を牽引しているのは事実です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 11日(木)から16日(火)まで、休ませていただきます。

 なお「食べログ」、「トレドのホームページ」には15日までとなっています。直し方がわかりません。1日伸びたことをお知らせします。

 別に、予定はありません。店の掃除をして、猫と亀と遊んで。オリンピックを応援して。普通の日本人的、72歳の高齢者的な生活を満喫したいと思います。

 ただ、「ポルタ神楽坂組合」の理事会から看板撤去の提訴を受けている現状です。5年間何の解決策も、相談に乗ってもらえなかった、仲良しグループ、独裁理事会との対決。ウミを出さなくてはいけません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 怪獣ママラー 5年男子

頭に角があって

悪いテストを持って帰ると

目がギラギラ光り長く横にのびる

逃げ出そうとすると

たちまち視力光線で

やられてしまう

鼻は高く

口は皿のように大きく

鼻を曲げると

口からテスト用紙が出てくる

手はヒョロヒョロしてムチになる

足は太く、さからうと

ふみつぶされる

怪獣ママラーが

僕の部屋を荒らしにくる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。