2011-12-03 00:18:26

数寄人大茶会

テーマ:数奇人ノ会

神楽サロン イベントレポート-1

遠州流茶道家・壺中庵宗長 堀内ギシオプロデュース

11/27(日)~12/1(木)数寄人作品展、

12/2(金)・.3(土)、いよいよ数寄人大茶会が、いよいよ開催されました!
http://www.kagurasalon.com/calender/horiuchi-daichakai.html


3月に予定されていたこの催し、未曾有の大震災で延期になっていましたが、

年を越す前に実現できて本当にうれしいです!


様々な思いが詰まった大茶会の様子、少しご紹介したいと思います。


神楽サロン イベントレポート-2

お茶懐石はミシュラン二つ星の名店『一文字』さんが、なんと、出張実演!

前にたたずむ動物オブジェは数寄人作品展の作家作品のひとつ。

神楽サロン イベントレポート-3

板前さんの邪魔にならないように、上からのぞいてみました。

神楽サロン イベントレポート-4

お食事に使ったお部屋は数寄人作品展のアート作品がそのままずらり!

神楽サロン イベントレポート-5

御席を囲んでパノラマ状に新進気鋭のアート作品や茶道具をご堪能いただけます。


神楽サロン イベントレポート-6

こんな現代アートも。


神楽サロン イベントレポート-34

そうです!なんと、一流の板前さんが目の前で作る一品料理を、
本物のアート作品達に囲まれながら堪能できるというスタイル!


ゆったりと、贅沢な時間を感じていただけましたでしょうか。

神楽サロン イベントレポート-8

では、3F茶室へ参りましょう。
窓の外にはお堀の景色。


神楽サロン イベントレポート-9

庭師が寝る間を惜しんで数日がかりで築いたお庭を通って・・・
(この期間だけの特別空間!)


神楽サロン イベントレポート-10

まさに小宇宙。


神楽サロン イベントレポート-11

こちらが茶室「神楽庵」のにじり口です。


神楽サロン イベントレポート-12
素敵なつくばいも控えております。


この茶会は江戸時代初期の茶道具がふんだんに使われた、

触れる骨董美のお茶会でもありました。


間近で触れていただいた貴重な品々、一挙公開いたします!


神楽サロン イベントレポート-14

まず掛け軸は、江戸時代初期の画家・雲谷等顔による山水画。


神楽サロン イベントレポート-13

釜は富士釜。富士さんのような形をしていて、地紋が藤(ふじ)の花

(写真ではわかりずらいですが)。

富士と藤。徳川家康の釜師・名越善正の作。


神楽サロン イベントレポート-15

この日は炭手前からフルコースのお茶席でした。

神楽サロン イベントレポート-16

香合は祥瑞(しょんずい)。宝珠の形をしていて地紋が松竹梅。

小堀遠州が作らせたといわれる作品。


神楽サロン イベントレポート-17

本日のお濃茶のお伴は「顔見世」。

(歌舞伎の)成田屋の定紋「三舛(みます)」が型押しさえている、この時期ならではのお菓子。


神楽サロン イベントレポート-33

この袱紗は吉祥唐草の瓢箪模様

19世紀、幕末の布だそうです。


神楽サロン イベントレポート-19

濃茶の茶入れは遠州薩摩。こちらも江戸時代初期の「ほちゅうひょうたん」と呼ばれる、

遠州好みの瓢箪型の茶入れ。

布は織部流の茶人望月宗竹が愛用した裂で望月間道とばれるもの。

とても古い崩れないようにそっと持ち上げなければいけません。


中の濃茶は、宇治田原町「かねまた」でこの日のために特別にブレンドして作られた

「壺中」と、堀内先生の茶名が付けられたお抹茶。
とても味わい深いお味でした。


神楽サロン イベントレポート-20

茶杓は江戸時代の茶人・金森宗和のもの。

神楽サロン イベントレポート-21

お茶碗は御本茶碗(ごほんちゃわん)のひとつ、御本三島狂言袴紋。
黒く描かれているのは暦だそうです。

※御本茶碗とは高麗茶碗の一種で、
17世紀~18世紀にかけて、日本から挑戦へ注文して作られたもの。


神楽サロン イベントレポート-22

続いて薄茶へ。お菓子は麩煎餅。


神楽サロン イベントレポート-23

【お茶碗①】
御本茶碗 片身替り 前押せ
片身替りとは左右の模様や色合いなどの変わっている模様のこと。
前にちょっと押しこんだ形が特徴的で、これも江戸初期の作品。

神楽サロン イベントレポート-24

【お茶碗②】
志野織部
美濃で焼かれた志野風の織部焼。
こういう焼き物は、桃山時代~江戸初期にしか作られていないそうです。


神楽サロン イベントレポート-25

【お茶碗③】
こちらは一転現代もので、遠州流12代宗匠 宗慶がデザインして

韓国に注文して作らせた今御本のお茶碗。

暦の模様が描かれています。

神楽サロン イベントレポート-26

【お茶碗④】
同じく遠州流12代宗匠 宗慶がデザインして韓国に注文して作らせた 高麗青磁。


神楽サロン イベントレポート-27

【茶碗⑤】
「311」
数寄人作品展の出店作家の一人・小林琢磨氏の作品。
今年三月の大震災の日に窯に入っていて、たったひとつ残った茶碗です。
ひびが入った部分を金継ぎして。

一日も早い復興を祈らずにはいられません。

神楽サロン イベントレポート-31

【お茶碗⑥】
遠州高取焼
秀吉の朝鮮出兵で連れてこられた陶工・高取八山に
焼かせたのがはじまりとされる遠州好みの茶碗。
江戸初期の作品。


神楽サロン イベントレポート-28

薄茶のお茶入れはこちら。
鳥居、榊、月、牛車、秋草の模様が入っていますね。
源氏物語の榊の場面を表しています。
「野々宮蒔絵」というそうです。

神楽サロン イベントレポート-29

このように登場人物が登場していないのに
キーワードとなる模様だけで場面が浮かぶ様な作りを「留守模様」というのだそうですよ!

神楽サロン イベントレポート-30

茶杓は現代の物で、輪島の七宝塗り。
頭の部分はお茶入れと同様「梨地」になっていますが、
ぜひ、江戸初期と現代の様子、見比べてみてください。

神楽サロン イベントレポート-32

最後は蓋置き。
唐物(中国製)でおそらく明の時代のもの。
元は墨出し(墨を置く台)として使われたものを、蓋置きに転用しているのだそうです。
脚の部分が獣になっていて面白い!


神楽サロン イベントレポート-18

ざーっと書いてしまいましたが、
実はまだまだ、この大茶会の魅力の一部。

とても貴重なものを見て触って美味しく学べる、

とても贅沢なイベントでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

神楽サロンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。