1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月24日(金) 21時14分14秒

●1億総プログラマー時代(笑)

テーマ:雑感

●1億総プログラマー時代(笑)
久々にひどい記事が出た。英語教育同様、12年かけてアプリ1本も作れない人材を大量生産するだけなんじゃないかな。小中高12年かけてようやくJavaでプログラミング? 現状でもIT産業は飽和状態。10年後には斜陽産業確実だろう。高いスキルがあっても長時間労働と低賃金。成長産業ではなく伝統工芸の伝承のためという感じ。昨今、コンピュータ(人工知能)に仕事を奪われると言われているが、プログラミング教育は一歩進んで、コンピュータの奴隷育成としか思えない。そういや、自動翻訳は10年後に実用レベルに達すると言われているから、小学校からの英語教育も全部無駄の公算。痛々しいね。


関連ページ  TechTarget『小学校の「プログラミング教育必修化」が必要なこれだけの理由』



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月23日(木) 18時24分52秒

●一気にGO!

テーマ:雑感

●一気にGO!
今月何度目のダウンか。体調不良による連日の悪夢。昨夜は時折見るあの夢。通常は起きた後激しい脱力感に襲われるのだが、今回ばかりは救いになった。そこに1ミリの希望も無いのだとしても……。ヒルナンデスはまだいいがナカイの窓は録画したきり観られそうになし。


作業難航。数々の検証もすべて不発。この案も断念かと思われたが、今日昼近くになって、これは、というバランスを発見。まさに奇跡。否、熟考に熟考を重ね10パターン以上試して辿り着いた必然。そして、一気にGO! いつもと違う手順のため、制作時間や肉体的消耗が未知数なのが不安要素。無論、テスト印字後にどんな欠点が飛び出すかも不安。


そんなこんなで今日は書くことなし。が、更新の間隔を空けたくないので、取り敢えず書いた。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月21日(火) 18時43分05秒

●不遇のマシンAltoとMZ-5500

テーマ:雑感

●不遇のマシンAltoとMZ-5500


コメントいただきました。Altoが復元されたら、現在の視点でレビュー記事が出るでしょう。期待大です。当時の映像を見る限り、かなり速そうでした。



Alto。当初はメモリ128Kバイトで、画面もビットマップではなく(GRAMが無く)、画像表示には大きな制約があったという。また、後期モデルで512Kバイトになっても、設計上メモリが効率よく使えず、あまりメリットが無かったとも。


CPUも、OSも、プログラミング言語も、GUIも、アプリも、インターネットも。コンピュータはすべての要素がアメリカ独占。日本の功績はFDの穴(ドクター中松)、3.5インチFDD、CD(元はフィリップスだが)、DVD、BD等のメディアぐらい。


MZ-5500。当時、スムーススクロールに感動。すぐにPC-9801Fが出たり、後継のMZ-6500が重装備で高価すぎたりで残念な結果に。PC-9801に勝てないまでも、うまくやればFM-11/16β以上は売れたかも。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月21日(火) 12時16分43秒

●最先端マシンAltoはハードウェアも最先端だった

テーマ:雑感

●最先端マシンAltoはハードウェアも最先端だった
「Alto」が復元されるという。記事では現在のPCと比較した貧弱さが強調されているが、むしろ先進性に驚いた。もっとも、レストアされるのは後期モデルのようなので、1973年の最初のハードがどうだったかは定かでない。


私の通っていた高校には1972年型の沖電気のミニコン「OKITAC-4300C」があったが、メモリはICチップではなく磁気コアメモリだった。1ボードで128Kバイトって十分多いよ。PC-8801だってICチップがこのくらいびっしり並んでいた。1970年当時のコンピュータというより、Altoのハードや機能は1980年当時のレベルに近いってことだ。HDDが2.5Mバイトっていっても、本体に収まっているんだからねぇ。HDD前提とすれば贅沢なシステム。


関連ページ  GIGAZINE『ジョブズがマッキントッシュのGUIデザインのもとにした伝説のXeroxマシン「Alto」が復元へ』


●AKB選抜総選挙2016総括その2
総得票数が初めて減少に転じると思ったが、完全に誤りだった。当日のコンサートチケットに投票券が付いて3万票上乗せしたのも、票の水増しが目的だったろう。そんな懸念は見事に吹き飛んだ。


今回、中国でもリアルタイムで放送されたのは画期的な試み。アイドルの海外進出、とりわけアジア進出は鬼門。小室哲哉は破滅し、ハロプロも目立った成果を出せずに終わった。この難題を、いとも簡単にクリアしてしまったのだ。中華票を嫌う人もいるが、海外遠征や海外メンバーを入れるより簡単で確実な方法。


岡田奈々の14位に驚いたが、そんな大変なことになっていたとはスピーチで初めて知った。忌まわしい事件の後の川栄李奈同様、応援票で選抜を手に入れた形。思えば、小嶋真子、岡田奈々、西野未姫の「AKB三銃士」が大々的に売り出された2年前の選抜総選挙では全員惨敗。票獲得までには2~3年かかる。


みるきーが去り、こじはるが去り、峯岸みなみと島崎遥香が、卒業はしないものの今回が最後の総選挙と明言。来年は大幅にメンバーが入れ替わるだろう。知名度があるのに万年圏外の古参メンバーたちも、そろそろ退場していくのではなかろうか?


芸能人の受賞スピーチではファンへの感謝が定型句だが、こと選抜総選挙に関しては本当の意味での感謝が感じられる。メンバーにとって、心身ともに重労働の握手会へのモチベーションである。でなければ、こんなシステムを10年も維持できないだろう。柏木由紀であれ須田亜香里であれ、握手会での人気獲得が得票数に直結する。


疑問を感じるが、趣味の世界には多かれ少なかれこうした要素がある。だからファンにとっては構わないが、メンバーの負担が気にかかる。


●禁じ手
「同じことはやらない」、「得意なことはやらない」という禁じ手を2つとも破る。心がけてはいるが、切羽詰まるとつい破ってしまう。今回も止むを得ない。心・技・体、すべて最悪の状態。打開策はもはや一つしかない。検証・試作・下準備に数日かけ、制作は一気に行う。期間は1ヶ月間の予定。序盤は慎重の上にも慎重に。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年06月19日(日) 16時04分35秒

●AKB選抜総選挙2016総括その1

テーマ:雑感

●AKB選抜総選挙2016総括その1
録画してまだ観ていない部分もあるが、取り敢えず感想を……。本当なら、今月前半を費やして選抜総選挙について書いたところだが、諸事情により先月少し触れたきりで終わってしまった。なので、予想通りだったと書いても説得力ゼロだろう。


フジテレビでの放送は6時30分からだったが、BSスカパーで選抜以外の順位がすべて発表されてしまった。やや疑問が残るが、私はどちらも観られる環境だったので不満は無い。AKB48の失速は渡辺麻友のスピーチからもうかがえたが、このイベント自体の見どころは例年以上であった。


HKT48の躍進は前に書いた通り。村重杏奈が辛くも80位で返り咲き。一発ギャグ「明太子」は解禁しなくてもいいけど……。秋吉優花が72位で初圏内。「なこみく」も田中美久が45位、矢吹奈子がなんと28位で初圏内。総選挙に合わせて指原のネガティブキャンペーンも見られたが、奈子を贔屓して美久を冷遇しているというのは疑問だ。美久が呼ばれた時、指原は泣いていた。朝長美桜は選抜を逃して悔しさを見せたが、なるほど選抜メンバーを見れば十分入れると思った。気がつけば、主要メンバーがほとんどいなくなった。松岡はなや今村麻莉愛が圏内に入るには、まだ時間が足りなかったか……。


なかなか大島涼花が呼ばれず昨年の悪夢再現かと心配したが、32位の大躍進。須田亜香里にも言えるが、ファンは昨年の裏事情を知っているだろうから、票を増やすことに躍起にならざるを得ない。逆に、苦悩を見せないメンバーは不利である。


地元NGT48からはベテラン2人を除けば、加藤美南が76位で唯一の圏内。アクロバットも披露できた。このまま絶対的エースとなるか。速報を見る限り、来年はあと2、3人は確実に行けそうだ。


1位指原は当然だと思ったが、渡辺麻友との票差に驚く。AKB枠以外の一般のバラエティに出ているのは指原、峯岸、こじはるぐらい。バーターで若手が出ることもあるが、最古参の2人が上位に入ったのは、最後の総選挙参加という以上に圧倒的知名度があるからではないか? 次回、盛り上がるとすれば下位の攻防。モンスター指原を倒すとすれば、バラエティで頭角を現すメンバーだろう。


長年批判してきた選抜総選挙に、今年は少し元気をもらった。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月18日(土) 12時48分59秒

●『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』最終回

テーマ:雑感

●『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』最終回
ヒロインが、恋愛を応援してくれる人とくっつくという展開は『ダメな私に恋してください』と同様だが、あちらは転換点がうまく描けていなかった。ヒロインの気づきというだけでは弱すぎるのだ。


本作では、想い出が各話の重要シーンで鍵になっていた。ところが、ラストの「もし想い出が無かったら」の一言で、それらがまるごとどんでん返しの伏線だったのだと知らされる。近年、こんなに見事な構成のドラマは無い。『世界一難しい恋』とどちらが1位かと悩んだが、最後まで観たら結論は自明。


●雑感
只今、BSスカパーでAKB選抜総選挙の生中継開始。長い一日になる。NGT48、ついにメジャーデビュー決定! 欅坂46の微妙な2ndシングルを潰せ!


昨日は、諸用で午前中外出。2時間足らずにも関わらず疲労でダウン。単純に肉体的疲労。絶望的な弱さ。これが現実。本日中に何らかの案を出す。強引にでも前へ進む。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月16日(木) 17時53分49秒

●賛否二分が「月9」新セオリーか?

テーマ:雑感

●賛否二分が「月9」新セオリーか?
『ラヴソング』最終回が酷評されている。特にラストが酷いという。だが、一方で絶賛する声も。思えば、『恋仲』も評価が大きく分かれた。私はいずれも第1話で挫折したので、内容についてはコメントできない。


『ラヴソング』は無理やり辻褄を合わせようとしたが、うまくいかずストーリーが完全に破綻したという意見がある。それまでの意味不明な展開を聞いていたので、観ていたら私も似た感想を持っただろう。その逆に、予想もつかない結末、ハッピーエンドはつまらない、見る人に想像させる終わり方が良い、等の意見。かなりハマったらしく、続編、スペシャル、映画化を望むほど。


そもそも「月9」の方向性を決めた『東京ラブストーリー』は、ハッピーエンドではなかった。しかし、その後はハッピーエンド主体となっていく。「ドラマのTBS」と言われたTBSドラマが失速していく中、1990年代に入ってフジテレビは必勝パターンを見つけ出す。それが、「月9」に代表されるセオリー通りのドラマづくりだった。1990~2000年代、フジテレビのドラマはどれも一緒とさえ感じたが、次々高視聴率を獲得していく。


凋落したTBSは視聴者に迎合して内容の薄いドラマを作ったり、本格的過ぎて受け入れられないドラマを作ったりと迷走を繰り返したが、近年は正解を見つけつつある。視聴率でいうヒット作は多いし、数字が悪くても面白いドラマが増えた。今クールでいえば『重版出来!』。


現在のフジテレビは数字的には惨憺たる状態だが、ドラマに関しては良い方向へ向かっているようだ。評論家や視聴者の中核は中高年層だし、若い人は面白い理由をうまく説明できていないが、数年後には正解へたどり着くのではなかろうか?


「月9」の脱ラブストーリー論には反対だ。なぜなら、この10年多種多様な「月9」が作られてきたが、ヒット作は香取慎吾の『西遊記』ぐらい。「若者向けのラブストーリーに需要ナシ」と切り捨てても、状況が1ミリも改善しないことは10年かけて証明されているのである。


必ずしも、自分が面白いドラマは望まない。私がつまらなくても、面白いと思う人がいればそれで良い。中高年はそのぐらいの余裕を持とう。


●Mac発祥アプリはMacで


コメントいただきました。



一般論だが、Windows発祥アプリはWindows版が速く、Mac発祥アプリはMacの方が速い。それがFontoGrapherにも当てはまるとすれば、メイン環境をWindowsに移したのは失敗だったかも。たぶん微妙な差だけど、長時間使うとストレスに。


●近況
笑ってコラえてにヒルナンデス、観なきゃいいのに観てしまう。そして、神経衰弱。でも、観られるところまで回復した。近日中に再始動可能か?




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月15日(水) 12時35分53秒

●プロフェッショナル 仕事の流儀「書体デザイナー・藤田重信」

テーマ:雑感

●プロフェッショナル 仕事の流儀「書体デザイナー・藤田重信」


コメントいただきました。録画しておいたので今日観ました。



フォントの制作現場は雑誌・書籍では見たことがあるものの、テレビでは初めて。手順やテクニックをぜひ知りたいと思っていたところ。藤田重信氏のキャリアが40歳からとは驚いた。


少しずつ異なる仮名を多数試作するやり方から、下描き無しは当然だと感じた。下描きは目安にしかならないので、私も不要だと思う。が、私は持病の都合から画面を見る時間を減らすため入念に下描きをする。


フォントエディタは何なのか? 動作が速い。ポイントを打ちながらベジェ曲線を描いていく方法は真っ当だ。気になったのは、ポイントの少なさと打つ位置。ついつい線の先端にポイントを打ちがちだが、彼は線の中間に打っている。線のカーブはポイントの制御線の長さでコントールできるので、この方が合理的。また、ポイントが増えるほど線の滑らかさを保つのが難しくなるので、必要最小限に抑えたい。


だが、私はついついポイントの数を増やしてしまう。ラスタライザやレンダラーを信じきれていないのだ。原因は、TrueTypeのトラウマ。PostScript TYPE1フォントなら線のカーブが正確に再現されるが、TrueTypeはメチャクチャになってしまう。それを防ぐため、線が太ったり痩せたりしては困る部分のポイントを増やす。線の先端にポイントを打てば、少なくとも線の長さが変わることを防げるというわけだ。現代では、もっと自由にやれるはず。


本編には関係ないが、ワープロの普及の件の映像に、短期間で消えたNECのM式が使われたのが面白かった。あのハの字型キーボード。初代PC-8801用のワープロソフト(キーボボード同梱)として登場した。6万2000円は当時としては割安だったものの、5万8000円の128K増設RAMボードが2枚必要だったため、ほとんど売れなかったろう。現代のPCのようにRAMを大量に積んでいる人とか、積んで快適にしようという人もいなかった。増設RAMが利用できたのは、初期の純正ワープロソフトだけだったからだ。128K RAMが活かされるのはPC-8801mkII MRに至ってようやくである。M式はワープロ専用機としても登場するが、本題から外れるので詳しくは過去の連載をどうぞ。


プロフェッショナル 仕事の流儀「書体デザイナー・藤田重信」はNHK総合6月20日月曜午後3時10分から再放送があるので、興味ある方はぜひ。


関連ページ  NHKオンライン『プロフェッショナル 仕事の流儀』


関連ページ  【パソコン狂時代】50 ●「新発生、字遊人。」 M式とNEC「文豪」


関連ページ  【パソコン狂時代】49 ●新入力方式ワープロ PCWORD-M



文字を作る仕事 [ 鳥海修 ]
価格:1944円(税込、送料無料)





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年06月14日(火) 18時18分10秒

●アモーレ

テーマ:雑感

●アモーレ
近況である。2、3ヶ月前の出来事のように感じるが、まだ2週間も経っていない。この間、作業は1ミリも進まず。ガラクタ再生の欧文フォントをトレースしてみるも、数文字で頓挫。アイデアスケッチからも何一つ生まれず。頭の回転が完全停止したとしか言いようがない。ちょうど20年前、ずっと大きくリアルなショックがあった時には、倒れて1週間寝込んだが、その後は平常通りに戻った気がする。まだ20代だったから気力、体力、そして知力も今よりあったのだろう。昨年ましゃロスを笑ったが、明日は我が身ということか。この先どうなる? 意欲だけでは前へ進まない。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年06月13日(月) 21時17分18秒

●Windows 10はPCの寿命を縮めるか?

テーマ:雑感

●Windows 10はPCの寿命を縮めるか?
来るべき大幅な刷新でシステム要件が変わる見込み。RAM 1G以上が2G以上にって、普通のPCユーザーにはどうでもいい話。が、価格破壊が始まった頃のWindows 8タブレットには1G RAMにストレージ16Gなんてのは結構あった。


現在売られている3万円前後の激安ノート、2in1、タブレットは2G/32G程度なので、数年中にもヤバイ。インストール不能なら自動更新を逃れられそうだが、更新されればメモリ不足で激重化は避けがたい。


Windows 10が新しいハードに対応していくなら、サポートされない古いハードでは更新されず、古いWindows 10と新しいWindows 10が併存する厄介な事態に。運が悪ければ、対応しなくなった古いPCに、動かない更新が強制される。文鎮化を避けるには、オフラインで使うしかない。


現代では、5年もの、10年ものの旧型PCが古い環境のまま快適に(?)使い続けられているが、Windows 10時代にはそうした使い方は出来なくなるかもしれない。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。