1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月28日(木) 21時10分18秒

●ポケモンGO批判上等

テーマ:雑感

●ポケモンGO批判上等
歩きスマホによる事故や公共の場での迷惑行為なんて前からあったのに、ポケモンGOで新たに発生したかのような言いがかり。強いて言えば、事故を減らすためにUIやデバイスの改良は課題かもしれないな。


尾木ママが批判するのは、教育者だから当然だろう。サブカルチャーは差別されることで進化する。そんな中、武井壮が良いことを言っている。ゲームが無駄というが、スポーツに熱中したって無駄になることはある、と。


スポーツには過剰に良いイメージがある。だから、日本発のスポーツは健全なものばかり。危険で迷惑で下品でくだらない、だけど熱狂してしまうスポーツは、海外からやってくる。同様にゲームが良いイメージになったら、健全なものしか出てこなくなり、ゲーム文化は衰退するだろう。


部活での死亡事故とかぜんぜん無くならないのに、関係者が少し批判される程度で済み、顧問やコーチのクビや廃部すら免れる。いわんや運動部廃止論なんか出やしない。スポーツにケガはつきもの、死亡事故も止むを得ないというわけだ。


もし、今、ポケモンGOで死亡事故が発生したら、それこそサービス中止の危機。これだけ多くの人がプレイしているのだから、一人も死なない方が奇跡だろう。だが、マスコミや数字に弱い人たちは、そこを考えないから厄介だ。日本だけサービス中止になって、検索エンジンやP2Pに続いて、この分野でも日本が遅れを取るんだろうな。


●パソコン黎明期の残酷


数日前の記事にコメントいただきました。



互換性が重要になると、ソフトウェア資産の多いシリーズがますます強く、少ないシリーズは衰退した。しかし、X68000やFM TOWNS(FM-R50互換ではあるが)みたいな後発の新規モデルが成功したり、初期参入の東芝パソピアが早々にダメになったり、16ビット先駆者の三菱MULTI-16も短命に終わったりした。このへんの微妙な差(発売時期、スペック、価格)が大勢を決めたのは黎明期ならでは。


関連ページ  『●現代のPCよ、これが10年の重みだ!』


●近況
『渚のアデリーヌ』に心洗われ、木曜ヒルナンデスを観ながら普通に作業。表面的には平常時に近いが、その作業は丸ごとボツ。あと+3日、いや+2日あれば形になるのだが……。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月27日(水) 18時26分59秒

●終日作業×2

テーマ:雑感

●終日作業×2
世間で何が起ころうと、構うことなく連日終日作業。土壇場で致命的な設計ミスに気づき、やり直しが痛い。突貫工事ゆえ全体に目が届かないのだ。もはや良いのか悪いのかも分からないが、良いということはないだろう。平行して、まったく見通しの立たぬままもう一つ下準備を整える。月末までダウンしないギリギリの作業ペースを設定し、持病をコントロールしなければならない。が、心身ともに限界は既に超えている。月末まで、ここの更新も滞る見込み。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月25日(月) 18時25分00秒

●フジテレビ、失敗の連続

テーマ:雑感

●フジテレビ、失敗の連続
『27時間テレビ』がたった7.7%に終わった。まだ、録画をチェックしている途中なので内容の評価は避けるが、さもありなん。レギュラー番組でも大差ない数字なので、こんなものだろうと思った。


縦軸の企画をところどころに入れる等、長時間番組の手法そのものが嫌がられているんじゃないかな? 大雑把なタイムテーブルもだ。裏番組と勝負するのなら、ゼロまたぎもせず1時間、2時間枠で正確に区切った方がいい。数字より視聴者の都合を考えた方がいいのだ。


先日の『FNSうたの夏まつり2016~海の日スペシャル~』では、昨年顰蹙を買った大雑把なタイムテーブルで再び批判を浴びた。数字こそ低かったもののほぼアイドルのみの出演だった昼の部には満足したが、ジャンル混合の夜の部には不満が残った。タイムテーブル云々よりアイドルの時間帯、ベテランの時間帯、コラボの時間帯等、分けた方がいい。月9の数字を落とさない作戦は成功だったが、歌番組自体の数を落としては本末転倒だろう。


●近況
一番マトモな案を進めるが、コレじゃない感がハンパない。最悪の体調だがもはや健康にも興味が無くなったせいで、そうとう悪化してから気づく始末。持病が出て何時間かムダにしてしまったよ。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月24日(日) 15時58分14秒

●27時間テレビに救われる!?

テーマ:雑感

●27時間テレビに救われる!?
1日、1日、残り時間が減っていき、選択肢はますます狭まってきた。スケッチ&下描き抜きのFontoGrapherでのぶっつけ本番は当然、最後の調整も原則行わない裏ワザも用いる。具体的には単純な図形の組み合わせか、過去の自作をアレンジして新たな価値を打ち出すかの二択。


いずれも容易ではない。いくつか試作したが、どれもパッとしない。出来が悪かったり、工程が多くて間に合わなかったりすれば、作る意味が無い。ただでさえ厳しい条件の中、思考が数分で切れてしまう先月来の苦悩。そこへ不意にキンカンのCMが流れてきて、生気を吸い取られ、今日ももうオシマイかなという気分に。


未だ出口は見えないが、解決策は分かっている。リアルじゃなくていい、テレビの中でいいから新しい誰かが出てくればいい。と、27時間テレビを観ていたら、地元福井代表で似た人が出てきたっ!!! ……って、そういうことじゃないんだが……。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月23日(土) 17時30分32秒

●マイナンバーカード

テーマ:雑感

●マイナンバーカード
当初、カード申請率10%と言われていたが、いつの間にか鈍化し5%止まり。奇しくも住基カードと同じ数字。住基カード所有者がマイナンバーカードに替えただけかもしれないな。


母は運転免許もパスポートも持っていないので、顔写真入の身分証明書が無い。それでは困るのではないかと数年前、住基カードを作った。マイナンバーカードも同じ理由。私は住基カードは作らなかったが、マイナンバーカードはついでに作った。


世間の拒絶反応は、使い道の無さの問題ではない。危険性ばかり煽り法律も厳しくなり、寄ってたかった使い物にならない規格を作ってしまった感がある。イヤなやり方だけど、単純に顔写真入の身分証明書が必要な局面を増やせば、マイナンバーカードの申請率は高まると思う。


そもそも、カードという発想が時代遅れ。住民票ぐらいWebからマイナンバー&パスワード入力でダウンロード出来るようにしろよ。ポイントカードとの統合とか、どうでもいいよ。カードが1枚になってもしょうがない。ポイントが全部共通になるなら使うけど。


●「あきらめたら、そこで試合終了だよ」
『スラムダンク』なら自分はどのキャラだろう? と考えた時、三井寿以外は当てはまらないと感じる。早い段階でそれなりの位置まで行くが、その後の長いブランクに苦悩するという。三井がらみなら「バスケがしたいです!」に強く共感する。が、モリサワ賞締め切り1周間前で切羽詰まった今ならば、「あきらめたら、そこで試合終了だよ」が強く刺さる。これまでは、世間で言うほど名セリフだとは思わなかったけど。


考えても考えても良いアイデアが出ない5月は地獄だったが、考えること自体出来なくなった6月、7月はそれ以上の地獄。思ったことを書くだけのブログや日常生活では平常時に戻りつつあるが、何かを発想したり、楽しいと感じたりすることはまだ出来ない。ただ、目が使えないなら目が使えないなりの、頭が使えないなら頭が使えないなりのやり方はある。頭を使わずに和文、欧文1つずつ作ったのは苦肉の策だったが、さらに欧文1つ同じ手法で作るのは邪道か。


あきらめてはいけないことは、もう99%捨てているのに、あきらめなければならないことからは、未練たらたらで一歩も前へ進めない。逆なら良いのにな。


●雑感
ポケモンGO。アメリカでの騒動に煽られた感はあるが、任天堂やゲーム市場にプラスになれば良し。マクドナルド再浮上のきっかけになればもっと良し。


『バイキング』で小池百合子に食ってかかっているのを観て、鳥越サンの衰えを再認識したね。病気イジリを笑いに変える余裕もない。直後のスキャンダルについては色々興味深い指摘がされているし。街頭演説は、核廃絶とか戦争反対とか一人だけトンチンカンだし、それ聞いて熱狂している人もいるし、東京大丈夫か?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月22日(金) 17時57分14秒

●Windows 10強制アップグレード、土壇場で大混乱か!?

テーマ:雑感

●Windows 10強制アップグレード、土壇場で大混乱か!?
既にアップグレードに関する更新は取り除いてあるし、自動更新もしばらく切ってある。「辞退する」ボタンや新たに登場したカウントダウン画面も関係ない話だ。と思ったが、何気なくタスクバーのWindows 10アイコンをクリックしてみた。


なんと、カウントダウン画面が!! 更新を入れていないのに書き換えられた!? あるいは、アイコンをクリックするとWebにアクセスし、最新の案内画面を表示する仕組みになっているのか?


ともあれ、「無償アップグレードを辞退する」ボタンを押してみた。これを押すと通知が消えるというが、画面が消えた後、Windows10アップグレード案内とおぼしき英文ページに飛ぶ。で、アイコンをクリックすると元通り「無償アップグレードを辞退する」ボタンが復活している。何度繰り返しても同じ。どういうこっちゃ!?


ググってみると、通知が消えたという書き込みと、私と同様に再び表示されるという書き込みが。こりゃ、29日にもう一悶着ありそうだ。Windows 10になってもすぐに元に戻せるというが、うちは録画&録音で24時間ノンストップ稼働。えらい損失である。まあ、何がどうなろうと、どうでもいいけど。


関連ページ  GIGAZINE『Windows 10へのアップグレードでカウントダウン画面が登場、ジャッジメント・デイの時迫る』


●新たなる希望、たぶんPC以外で


コメントいただきました。確かに良い潮流も出てきましたね。PCでもスマホでもそれら以外の形態でも、あるいは新たなデバイスでも、みんなが飛びつくようなものが出てくれれば……。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月21日(木) 16時18分30秒

●現代のPCよ、これが10年の重みだ!

テーマ:雑感

●現代のPCよ、これが10年の重みだ!
あの長い長いPC-9801全盛期も、振り返ればパソコン史の1ページに過ぎなかったと実感する。「十年一昔」というが、Vista登場から9年。この間のWindowsの変化の乏しさにげんなりする。PCもアプリもネットも、今や「十年一日」と言っていい。Windows 1.0が登場し、2.0を経て話題の3.0、普及期に入った3.1、そして大ヒットした95。と、ここまででちょうど10年だからねぇ。


NECでいえば、ワンボードマイコンTK-80から、タイニーBASICが使えるTK-80BS、PC-8001、PC-8801、PC-9801、事実上標準となったPC-9801VM、80286搭載で覇道を歩みだしたPC-9801VXまでで10年。シャープならMZ-80KからX68000まで10年足らず。富士通ならFM-8からFM TOWNSまで10年足らず。東芝だってPASOPIAからDynaBookまで10年足らず。1970~80年代の10年って凄いよなぁ。


ノートPC誕生から四半世紀を過ぎたが、ここまでの変化って、モバイルPCや2 in 1ぐらいのもの。電卓サイズのポケコンが出て、乾電池駆動のハンドヘルドコンピュータが出て、デスクトップ並みのラップトップコンピュータが出て、ノートPCが出た。この間約10年。これまた劇的な変化だった。


日本語ワープロソフトだって、Word一択の現状が20年続いている。グラフィック機能を利用して漢字パターンを自作した黎明期、漢字ROMが登場しPUT@文で漢字パターンをグラフィック画面に表示した高級8ビット初期、コード入力だが漢字VRAMに表示できたPC-9801。単漢字変換→文節変換→連文節変換。ワープロソフトもBASICからオールマシン語へ。そして、松、JET、太郎、一太郎。と、ここまで10年足らず。


テレパソの栄枯盛衰も虚しい。1999年にVAIOがテレビ録画機能GigaPocketを搭載。以後、NEC、東芝、日立、シャープ各社が追従。サードパーティ製のテレビ録画ボードも出た。2002~03年頃には一大ブームになったものの、デジタル放送対応でつまづく。2004年のB-CAS導入で編集や保存が不可能となり、その後、何度か利便性が高められたものの、結局使い物にならず廃れていった。そのくせ、メーカー製のパネルPCでテレパソが細々と生き残っていたりする。数年で劇的に進化した後、ダメになってから10年。こちらは皮肉な10年である。


関連ページ  livedoorニュース『『PC-9801』から始まったPC30年の歴史を振り返る』




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年07月20日(水) 12時56分37秒

●8ビットパソコンでC言語!?

テーマ:雑感

●8ビットパソコンでC言語!?
2chの昔のPC板で、しばらく前から話題になっている。当初、Z80・6502・6809のスレで8ビットCPUの優劣や使い勝手について語られていたが、途中から、8ビットパソコンでC言語がソフト開発に使われていた、いや使われていない、という激論が始まった。


パソコン史を語る時、どうしても最先端の話題ばかりになる。8ビットから16ビットへ主流が移ると、末期の8ビット機の事情は疎かになる。スペックは周知でも、どんな風に使われ、どんな使い勝手だったかはユーザーしか知らない。一方、16ビットではPC-9801がMS-DOS時代に入ると、BASICやマシン語に代わってC言語での開発が主流になっていった。その時期の8ビットパソコンってどうだったのだろう?


私自身は、X68000のC Compiler PRO-68K発売時にC言語を使い始めたので、かなり遅い。1986年頃、PC-9801VMの次のモデルを買おうとしてC言語を物色していた時期には実用レベルのものには最低10万円必要であり、買うべきか迷っていた。さらに遡って、1985年頃。初代PC-8801にFDDを増設しCP/Mを入手。地元のレンタルショップにはα-FORTRANしかなかったので、それを使っていた。というより、試しに使ってみたという程度。


アスキーの『C言語入門』は1984年1月発行。私は1985年9月の版を買った。C言語に興味を持った、というか使えるメドが立ったのがその時期だったわけだ。ライフボートのα言語シリーズは2万8000円だったが、同じものがシャープから半額で出たのもこの頃。だから、8ビットパソコンでCP/MやC言語は普通に使えたといえる。だが、その後、1980年代後半の8ビットパソコン末期の事情は知らない。件のスレで具体的なソフト名等出ているので参考になるが、全貌はもはや把握しがたい。


ではなぜ、私はPC-8801でC言語を使わなかったのか? それは、C言語を勉強したかったからではなく、C言語で開発をしたかったからだ。CP/M上の言語でその機種独自の機能を使うのは難しく(資料も無く)、コンパイラといってもスピードがどの程度かも分からなかった。そこで選んだのが、キャリーラボのC-DOS。BASICライクなインタプリタ/コンパイラのWICSは、PC-8801mkIISRに買い替えたかと思うほど高速であった。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月19日(火) 11時31分49秒

●LDKの先にあるもの

テーマ:雑感

●LDKの先にあるもの
昨日のWBSで家具の話題。IT技術との融合に目新しさはなかったが、ソファーセットを購入した家族へのインタビューは興味深かった。ソファーと大きなテーブルを組み合わせ、ダイニングセットを兼ねたものだという。答えて曰く、「高さ66センチのテーブルがなかなか無かった」。なるほどテーブルの高さは良好だが、正直、深く座るソファーでは落ち着いた食事は出来ないと感じた。


DKが登場した当初は、食寝分離が目的だった。それまでは和室の茶の間で食事し、ちゃぶ台を片付けて布団を敷いていた。住環境が悪かった(家が狭かった)1970年代までは一般的なスタイルであった。キッチンを6畳程度に拡大しダイニングセットを置いたものがDKであり、組み合わされたのはリビングではなく6畳程度の和室だった。その後8畳程度のリビングが一般化し、ソファーと小さなテーブルが置かれるようになった。


私も1980年に広い家に引っ越したのを機に、6畳のDKにダイニングセット、8畳のリビングにソファーセットという生活を始めた。ところが、ひと月ほどすると椅子での食事が面倒になり、リビングにコタツ兼用の座卓を置くようになった。ダイニングテーブルは次第に物置になっていった。


ソファーは部屋の隅へ移動してくつろぐスペースとなり、ソファーとテーブルの間に座布団を敷いた。茶の間へ逆戻りというわけ。我々以上の世代では珍しくないと思う。島崎和歌子も洋間に座卓のスタイルだそうだ。


1990年代以降、リビング+DKというプランは廃れ始め、ワンルーム化したLDKがスペースも拡大し続けている。LDK+和室の1階定番の配置は無くなり、LDK+サニタリーが主流となった。こうなると、ますますダイニングセットとソファーセットの重複がムダに思えてくる。件のソファーセットのインタビューでは「スペースを広く使いたいから」選んだということだった。これは、今後一つの潮流になっていくだろう。


随分前になるが、ミサワホームの『SUKIYA』が出た時、我が意を得たりと思った。舛添サンの別荘じゃないけど、数寄屋を目指すほど日常生活の空間から離さなければ成立しなくなる。和室が離れじゃ客間にしかならない。純和風でも普通に住みやすい家は出来ないものかと思っていたところ、『SUKIYA』が出たわけだ。代表プランこそ2階が主寝室だけだったり使いにくい面も多いが、発想は活かせるはず。しかし、こっちの方は全然新しい潮流にならないんだよなぁ。


関連ページ  ミサワホーム『SUKIYA』




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月18日(月) 18時47分35秒

●『真田丸』、甘い現代的解釈に限界か?

テーマ:雑感

●『真田丸』、甘い現代的解釈に限界か?
秀次の切腹がどう描かれるのか注目していた。前回まで一貫して、秀次の被害妄想のような展開になっていたからだ。そして、昨日の放送に仰天した。蟄居も自ら、切腹も自殺。行き違いが大きな溝に発展していく。その過程の描写は見事だと思ったけど、さすがに無理があるんじゃないか? その直後、秀吉が秀次の一族郎党を処刑する苛烈さとはつながらないと感じた。


関連ページ  Yahoo!ニュース『「真田丸」でまたロス 豊臣秀次悼む声続々「秀吉とのすれ違い悲しい」』


●雑感
『FNSうたの夏まつり2016~海の日スペシャル~』。今回は開始から全部通して観ている。大満足の内容だ。


この後「はじめてのおつかい」か。憂鬱だな。ここ数日、番宣CMが流れていて事前に知ってしまった。見られなくなる苦しみに比べれば、何事もマシ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。