かぎろひ屋のブログをご覧頂き、ありがとうございます。


立夏の候、いかがお過ごしでしょうか?
かぎろひ屋では先の木曜日に皐月つばきの会を実施しました。今回の訪問先は街中なので画像が少なめですが、その様子をご覧下さいWハート


皐月つばきの会
【京都ノスタルジーを愉しむ】

日時:5月7日(木)11時~
天気:晴れ
人数:7名、同行者1名


皐月つばきの会のテーマはノスタルジー(郷愁)。

今回の訪問先は以下の通りです。食事から喫茶までレトロな空間で楽しもうという内容でした。


○Tawawa新風館(1926年創業)

○千總(1555年創業)

○千切屋(1725年創業)

○フランソワ(1934年創業)



11時にお店に集合し、電車で京都・烏丸御池へ…



こちらはレストランTawawa新風館です。

新風館は1926年(大正15)創業の旧京都中央電話局であり、鉄筋コンクリート造の洋館は京都市登録有形文化財の第1号でもあります。2004年にはグッドデザイン賞建築・環境デザイン部門を受賞しています。尚、新風館の上層階にホテルを建設する為に来年頃解体するらしいと聞いたので、今回の食事先に決めました。




食後はウィンドウショッピングを楽しみ、次に見学先の千總ギャラリーと千切屋を訪問しました。


千總は1555年(弘治元年)創業の京友禅の老舗のメーカー問屋です。

京都の三条通に面した京都本店ビルの1階には伊右衛門カフェが入っている他、ギャラリーもあります。現在開催中の企画展「千總婚礼」では千總歴代社長夫人の婚礼衣装を見ることが出来ます。

6月30日迄、入場料無料。


 



上の画像は千切屋のお庭です。

1725年(享保10)創業の千切屋は友禅染の老舗問屋で、かぎろひ屋の展示会では商品を出品して頂いております。私も仕入れに同行し千切屋に伺ったことがありますが、昔ながらの素晴らしい町屋造で、とても居心地が良かったのを覚えています。



千切屋では小売屋向けの展示会以外ではあまり商品を出していないそうですが、少しばかり商品も見せて貰ったそうです。


じっくり見学を終えた後は喫茶タイムコーヒー


1934年(昭和9)創業のフワンソワ喫茶室です。
こちらの喫茶室は私のお気に入りで、実は皐月つばきの会もこのレトロ喫茶から企画を考え始めました。重厚感のある家具や内装、美味しい珈琲やケーキ、そして店員さんのレトロで可愛い制服も魅力の一つです。


後方に見えるステンドグラスも良いですね。
時間オーバーでお一人お帰りになったので6人です。撮影は女将さん。

遅くまでお疲れ様でした。

着物でお出掛けするには丁度良い季節ですね。着物の虫干しも兼ねてどんどんお出掛けしましょうおんぷ

今回の参加費

○1500円(食事代・タクシー代)

○各自の運賃・喫茶代



着物でお出掛け<つばきの会>とは…
宝石緑メールアドレスを登録するだけで、毎月のお出掛け企画や染織関係の展覧会情報等をお送りします。
宝石緑入会金不要
宝石緑参加費は原則実費
宝石緑販売会ではありません。
宝石緑参加者への着付けサービス

会の趣旨については、過去記事参加者募集 をご覧下さい。


今後のつばきの会の日程は6月2日(火)7月4日(土)です。

詳細をご希望の方はお問い合わせ下さい。



あじさいブログテーマ<文化サロン> では、かぎろひ屋なら町本店と銀座店で現在開講している教室案内や、着物でお出掛けの会”つばきの会”の様子をご覧頂けます。


あじさいつばきの会の活動履歴と今後の予定は弊社ホームページ<つばきの会 活動履歴> よりご覧頂けます。


あじさい以下バナーより現在開講中の文化サロンをご確認頂けます。いずれも店頭または電話にてお申込み下さいませ。
かぎろひ屋 文化サロンへ