かぎろひ屋のブログをご覧頂き、ありがとうございます。


4月のつばきの会は今週木曜日に行われました。

画像を整理したので、その時の様子をアップしますおんぷ



卯月つばきの会
【當麻寺西南院でお花見】
日時:4月16日(木)10時半~
天気:晴れ
人数:7名、同行者2名

10時半にお店に集合し、先ずは食事先である柿本屋へ車で向かいます。

柿本屋は信貴山朝護子寺から程近い場所にある料理旅館です。



季節の食材を使った全8皿のミニ懐石です。どれも美味しそうですが、個人的にはライチとグレープフルーツの食前酒が気になります。


食後のティー


柿本屋玄関にて

柿本屋の女将様皆様、希望を聞いて色々手配して下さり、ありがとうございました。
GO柿本屋のホームページ




次に今回のテーマである當麻寺西南院へ…

ご縁があり、関係者の方に境内を案内して頂きました。



境内は大変手入れが行き届いており、各々花を見たり写真を撮ったり楽しんでいます。



西南院は関西花の寺に数えられ、今時分は牡丹や石楠花、芝桜が見頃です。


西南院の書院では、抹茶と菓子を楽しむことが出来ます。


西南院の庭園は江戸時代に造られた池泉回遊式庭園です。山裾を利用していて整備されている為、書院の茶席から庭園を眺めると自然の山の中にいるような気になるそうです。


池の反対側から書院を臨むと、縁側に並んだ座布団が見えます。こうして景色を眺めながら、のんびりお茶を頂くのはとても清々しく大変気持ちが良さそうですね。






三重塔の二重と三重が三間なので西塔ですね。

當麻寺東塔が描かれた帯を結んでいらっしゃった参加者。粋ですね~

西南院の奥様にも喜んで頂けたそうですWハート


因みに東塔は西塔と異なり二重と三重は二間なので、上層に向かってすぼまりすっきりとした印象です。

関係者の案内の下、境内や貴重な文化財を見学したり、自然の中でお茶を頂いたりと、楽しんで頂けたようです。



當麻寺
山号:二上山

宗派:高野山真言宗、浄土宗


創建:7世紀後半

縁起に拠れば、612年(推古天皇20)に麻呂子皇子(聖徳太子の兄弟)によって前身寺院である万法蔵院が河内に建立される。天武天皇10年(681)に現在の地に移された。


當麻寺本尊:綴織當麻曼陀羅(国宝)

かつての本尊は弥勒仏坐像(金堂、国宝)であった。現在は文亀曼荼羅(重文)が本尊として曼荼羅堂に祀られている。子院である西南院の本尊は十一面観音菩薩(重文)。


GO當麻寺中之坊のホームページ
GO當麻寺西南院のホームページ



予定外でしたが、當麻寺の後に今回の同行兼運転手のスタッフ一押しのジェラート屋にも立ち寄ったそうです。この日はお日様が出て、暖かかったので冷たい氷菓も美味しかったでしょうねi



今回の参加費

○6000円(拝観料含む)


柿本屋と当麻寺西南院の皆様、ありがとうございました。企画段階から色んな希望を聞いて下さり、特別感も然ることながら大変充実した一日となりました。
最後に宣伝を兼ねて、もう一度リンクを貼っておきます。

GO柿本屋のホームページ

GO當麻寺西南院のホームページ



後日…

今回の参加者であり、メル友(と私は勝手にお呼びします)のお三方から感想と画像が届きましたmakovv感想も転載したいところですが、気を遣わせてしまいそうなので画像だけアップします。

西南院の書院ですね。


私も同行したかったのですが、別件で行けず参加者の皆様が本当に羨ましいです。以前に當麻寺を訪問したことはありますが、書院の縁側でお茶を頂けるとは知らなかったので、次回訪れるときは是非ここでのんびり過ごしたいと思います。


別のメル友さんからは購入なさったお土産の画像が届きました。


美味しそうな草餅Wハート



着物でお出掛け<つばきの会>とは…
宝石緑メールアドレスを登録するだけで、毎月のお出掛け企画や染織関係の展覧会情報等をお送りします。
宝石緑入会金不要
宝石緑参加費は原則実費
宝石緑販売会ではありません。
宝石緑参加者への着付けサービス

会の趣旨については、過去記事参加者募集 をご覧下さい。


今後のつばきの会の日程は5月7日(木)6月2日(火)7月4日(土)です。

詳細をご希望の方はお問い合わせ下さい。



チューリップ黄ブログテーマ<文化サロン> では、かぎろひ屋なら町本店と銀座店で現在開講している教室案内や、着物でお出掛けの会”つばきの会”の様子をご覧頂けます。

チューリップ黄つばきの会の活動履歴と今後の予定は弊社ホームページ<つばきの会 活動履歴> よりご覧頂けます。


チューリップ黄以下バナーより現在開講中の文化サロンをご確認頂けます。いずれも店頭または電話にてお申込み下さいませ。
かぎろひ屋 文化サロンへ