水無月つばきの会の様子をご紹介しますらぶ②




このところ暑い日が続いていたせいか、申込キャンセルがあり、最終的に参加者は4名でした。

しかし、昨日は前日の雨で湿気が落ちて涼しく、かと言って雨にも当たらず、梅雨の合間にうまくお出掛け出来ました音譜


JR宇治駅にて

参加者4名
弊社同行者1名

この日は、宇治の縣神社であがた祭が行われるらしく、露店が多く出て賑やかだったそうですキラキラ


先ずは、中村藤吉本店へナイフとフォーク


大きな松の木は樹齢200年だそうですビックリマーク


建物内


毎年、私は中村藤吉に行きますが、いつも混んでいて30分位待ちます。

しかし、今回は全く待つことなくお店に入れたそうですよおんぷ


茶そばと生茶ゼリィのセット。

食べ終わってから写真を撮っていないことに気付いたそうです(笑)

それ位、美味しかったという事ですねぺこ






水無月つばきの会テーマは
【初夏の宇治 源氏物語の世界を歩く】

『源氏物語』の舞台は殆どが現在の京都市内ですが、終盤になると舞台は宇治へと移り、以下の第45帖から最後の第54帖までを「宇治十帖」と呼びます。

第45帖 橋姫(はしひめ)
第46帖 椎本(しいがもと)
第47帖 総角(あげまき)
第48帖 早蕨(さらわび)
第49帖 宿木(やどりぎ)
第50帖 東屋(あずまや)
第51帖 浮舟(うきふね)
第52帖 蜻蛉(かげろう)
第53帖 手習(てならい)
第54帖 夢浮橋(ゆめのうきはし)


今回は、中村藤吉本店から宇治十帖の古跡をいくつか巡り、源氏物語ミュージアムを目指します。


橋姫神社
祭神:瀬織津比咩(せおりつひめ)


橋姫神社の場所は少し分かりにくく、あまり人が訪れないそうです。

神社の管理者らしい方が訪問を喜んでくださり、色々解説してくれたそうですよきゃー


平等院


宇治十帖モニュメント
浮舟と匂宮が小舟で宇治川に漕ぎ出すシーンを表しています。


宇治上神社
祭神:莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)


源氏物語ミュージアム

「市川海老蔵特別企画-舞台「源氏物語」の世界展-」は6月22日(日)まで開催中です。


参加してくださった皆さま、お疲れ様でしたドキドキ










クローバークローバークローバー6月の展示会クローバークローバークローバー

本決算市のチラシはホームページからご覧いただけます。
右矢印本決算市


クローバークローバークローバー6月の振袖企画クローバークローバークローバー



クローバークローバークローバー6月の展示会(東京)クローバークローバークローバー