かぎろひ屋のブログをご覧いただき、ありがとうございますらぶ②





奈良三銘椿とは…

宝石赤紅色に白い絞りを入れた東大寺開山堂の「糊こぼし」
宝石赤一木に五種の花を咲かせる白亳寺の「五色椿」
宝石赤1枚ずつ花弁を散らす伝香寺の「散り椿」

白毫寺と伝香寺は今週中は見頃だそうです。





では、弥生つばきの会
【奈良三銘椿を巡る】伝香寺編です。

食事が終わった頃は小雨だったとは言え、傘が無ければ困る程でしたが、皆さんちゃちゃと伝香寺に向かいます。

※以降、日付表示の無い画像は、3月30日当日に撮りました。


(2014.3.29)

やすらぎの道に面しており、道沿いからも椿や桜を観ることが出来ます。


(2014.3.29)

拝観料は300円。


(2014.3.29)

この中には
・裸形の春日地蔵立像(重要文化財)
・南無仏太子像立像

が祀られております。


(2014.3.29)


(2014.3.29)

通常、椿はこのように花がぼとっと落ちますが、


(2014.3.29)

伝香寺の散り椿は、花弁を一枚ずつ散らします。


(2014.3.29)

お地蔵さまと椿


雨露にしっとりと濡れる散り椿と着物美女ラブラブ


(2014.3.29)

鉢植えに東大寺の糊こぼしが咲いていました。


(2014.3.29)

糊を零した部分が染まらない様に、一部にだけ白色が入っています。


糊こぼしと共に音譜


集合写真


私も呼ばれて一緒に入らせていただきました音譜

伝香寺さんの受付の方、雨の中撮っていただき、ありがとうございましたラブラブ


(2014.3.29)

寺門を出ると、可愛い桜が出迎えてくれます。


(2014.3.29)


(2014.3.29)

桜の下にはヒヤシンスが咲いていました。



東大寺開山堂の椿は、垣根から覗き見なければならず、雨という事もあって今回は行かないつもりにしていましたが、伝香寺で散り椿と糊こぼしの二椿を見ることが出来てラッキーでしたチョキ

「午前中に写真(スライド映写)で見てたから、糊こぼしがすぐ分かったわよ~」
と言って下さったので、良かったです。



伝香寺の後は、椿まつりで有名な護国神社に車で行きます車

続く。





弥生つばきの会【奈良三銘椿を巡る】
1出発~ランチ編
2伝香寺編
3護国神社編
4白毫寺編