和合医療の伝道師のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 有害金属は文字通り、イオン化して溶出すると人体に有害な金属のことで、有害ミネラ
ルとも呼ばれます。
 糖質、たんぱく質、脂質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の1つに、ミネラルがあります。
日本語では「鉱物」「無機質」のことで、その中には、カルシウム、鉄、亜鉛など、臓器
の新陳代謝を司るために欠かせないものもあり、これらを必須ミネラルと呼びます。
 一方で、「百害あって一利なし」のミネラルもあります。それが有害ミネラル=有害金蔵で、それらの人体への弊害として、水銀の摂取から発生した水俣病やカドミウムの摂取から発
生したイタイイタイ病などが有名です。
 水俣病は昭和31年(1956年)4月に最初の患者さんが認定されました。毒性の高いメチル水銀を含んだ化学工場からの排水による公害で、この排水で汚染された海で獲れた魚介類を食べた人たちが手足のしびれや歩行困難、口がきけない、食事ができないなど重い症状に侵されました。メチル水銀は血液の中に入ると90%以上は赤血球と結合し、血液と一緒にって全身に送られ、肝臓を中心に腎臓などの臓器を障害します。
 水銀は慢性疲労症候群、アレルギー、自己免疫疾患などさまざまな病気の原因であると指摘されています。
 人間には体内に入った有害物質を便や汗、あるいは毛髪という場所から排せつする自浄作用があります。いわゆる解毒力ですね。しかしながら有害金属は有害物質の中でも特に解毒されにくく、体の臓器や骨にたまりやすいことが明らかなのです。
 さらにやっかいなのは有害物質が蓄積されることで、必須ミネラルの働きが阻害されてしまうことです。中高年になると運動の機会が減り、汗もかきにくくなります。さらに加齢の影響で解毒力も低下してくるので有害物質の悪影響を受けやすいといえます。

 さらに日本人はマグロやカツオなど大型魚を食べる習慣があります。大型魚は海に溶けた有害金属を多く含んでおり、こうした魚からの有害物質の摂取については厚労省が妊婦さんに対し、食べ過ぎないようにと注意喚起をしています。
 こうした日本人の食習慣に加え、口腔内からの金属の吸収が加わることが問題なのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。