いつか、晴れるといいな。

日々感じている事、気付いた事、思想・哲学的な詩を、拙いながらも、自分らしく、飾らず書いています。


テーマ:

本年、日本の各地で 創価青年大会が開催され、

弘教や 新たな活動者の誕生など、さまざまな

「青年拡大」のエピソードが 生まれている。

その潮流の広がりは 世界同時進行だ。

 

フィリピンでは先月、初の青年部教学研修会を マニラで開催した。

大小7000以上の島々から成る同国。

 

1カ所に全国の代表が集うのは 容易ではない。

しかし、中部のビサヤ諸島や南部のミンダナオ島からも、

飛行機等を乗り継いで参加するなど、約230人が意気高く集った。

 

「異体同心の団結」「仕事と信心」などをテーマに、

計6時間にわたった 講義や質問会。

 

印象的だったのは 参加者の輝くような瞳だ。

長旅の疲れをものともせず、一言も聞き漏らすまいと

真剣に耳を傾ける。メモを取る姿も多く見られた。

 

メンバーは「仕事の悩みなど、自分が直面している課題について学べ、非常に有意義だった」

「普段は会えない地域の友と交流できて、とても刺激になった」と喜びを。

「触発」こそ成長の原動力だと深く感じた。

 

「青年を育てたところが栄える。後輩を伸ばした組織が発展する」――池田先生はこう語り、一貫して次代を担う人材の育成に心血を注いできた。未来を創るのは青年。

わが地域で、若き友の成長と勝利を祈り、最大の励ましを送っていきたい。(駿)

          名字の言>2017.5.12 

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「異体同心事 」 日蓮大聖人御書全集1463p

 

日本国の人人は多人なれども 体同異心なれば諸事成ぜん事かたし、日蓮が一類は 異体同心なれば人すくなく候へども 大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚え候、悪は多けれども一善にかつ事なし

日本国の人々は多人数であっても 体同異心なので、

何事も成就することは難しい。

日蓮の一門は 異体同心なので、人数は少ないけれども 

大事を成就して、必ず法華経は弘まるであろうと思われる。

悪は多くても一善に勝つことはない。
異体同心事 1463p

Many in Body, One in Mind#71p.618
Though numerous, the Japanese will find it difficult to accomplish anything, because they are divided in spirit. In contrast, although Nichiren and his followers are few, because they are different in body, but united in mind, they will definitely accomplish their great mission of widely propagating the Lotus Sutra. Though evils may be numerous, they cannot prevail over a single great truth.

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「棋士は、対局後まもなく、勝負をおさらいする「感想戦」に臨む」

 

プロ将棋の対局は、勝敗が決しても

そこで終わりではない。


棋士は、対局後まもなく 棋譜を振り返り、

勝負をおさらいする「感想戦」に臨む。


1手目から順を追い、互いの打ち方を研究する。


敗者からすれば、傷に塩をすり込むようで、

悔しさが 募るばかりの時間に 思えるが、


一手一手を検討し、失敗した手を 見いだすことが

成長につながる。


いわば「 次の勝利のための 反省 」である。


“励ましの達人”といわれる婦人に 失敗談を伺った。


以前、夫を亡くした友に

「ご主人が亡くなってもう5年になりますね」と

声を掛けた時のこと。

だが、実際はまだ 5年たっていなかった。


その時の、落胆した友の顔が 忘れられないという。


自分のいいかげんさを 猛省し、

一人一人にきちんと向き合うため、“日誌”を記し始めた。


話した内容、相手の状況を書き留め、

一日の終わりに見返しては、その人のことを真剣に祈る。


その繰り返しの中で 相手の幸福を願う、

心からの言葉が掛けられるようになったという。


今、日誌を始めて16年。

「一日一人」を目標に励ました友は 7000人を超える。


「失敗は成功の母」という言葉は 誰もが知っている。


だが、そうなるためには、具体的な行動が要る。

祈って、動いて、励ましの輪を広げていきたい。(靖)

           名字の言>2016.9.26

       聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

「法華証明抄」 日蓮大聖人御書全集1586

 

地にたう(倒)れたる人(ひと)は・かへりて地よりを(起)く

~通解~
地に倒れた人は、かえって地によって立ち上がるのである。
法華証明抄 御書全集1586p  

"The Proof of the Lotus Sutra", 1108p.
One who has fallen to the ground recovers and rises up from the ground

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

*蓮華*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。