コミュニケーション心理学のページに「カジマキ」さんによる記事が投稿されておりますので、一部共有です!かなり参考になります!

 

毎日仕事をする中で「もっと自分の意見が伝えられたなら・・・」と感じたことは、多かれ少なかれあるのではないでしょうか。

もしも、ビジネスシーンで、相手に嫌な感じを与えることなく自分の気持ちを伝える方法があったなら、今すぐ使ってみたいと思いませんか?

そこで今回は「伝えるスキル」の中でも、今すぐ実践できる「I(アイ)メッセージ」についてご紹介していきます。

 

Iメッセージとは、どのようなものか

Iメッセージとは、読んで字のごとく「I(私)」を主語にして、「私は〇〇だと思います」と、相手に自分の意思を伝える手法です。

 

例えば、

「早くミーティングの調整をしてもらえませんか?」というお願いは、Iメッセージではありません。

 

このお願いをIメッセージに変換すると、

「私は あなたに早くミーティングの調整をしてもらいたいと思っています。」ということになります。

 

なぜ、Iメッセージが有効なのか

この続きはホームページをご覧ください!

コミュニケーション心理学のページはこちらです。

*********************************************************

働く人々の「働きがい」創造により、「一人ひとりの目の輝く社会」を実現します!

 働きがいを感じる個々には「リフレクティブ(内省)コミュニケーション」が必要です。

 働きがいを感じる組織には「ダイバーシティコミュニケーション」が必要です。

株式会社働きがい創造研究所【www.hatarakigai.jp】

Monday Energize Coach 田岡英明

*********************************************************

 

AD