毎日個別塾5-Days 香川大学前校のブログ

学校帰りに毎日おいで♪
毎日一緒に勉強して、勉強の習慣や正しいやり方を身につけよう!


テーマ:

勉強って何のためにするのでしょう?

テストで点が取れることが本当にエラいことなのでしょうか?

 

こんばんは。5-Days香川大学前校の村越です。

 

保護者の方とお話していて驚いたことがあります。

ある中学校では、テストの点数が下がったことを物凄く叱る先生がいるらしいです。

 

・お前らは親御さんのお金をドブに捨てているようなものだ!

・やらないならうちのクラスには要らない!!

 

などなど、それって先生としてどうなの!?と思うことが次から次へと・・・。

もちろん、勉強ができること自体は素晴らしいことなんですけどね。

 

 

でも、ぶっちゃけた話、こう思いませんか?

「勉強して将来役に立つの??」

この質問、特に中学生の生徒からよく聞かれます。

何なら私のほうから、生徒に聞くこともありますが(笑)

※時々スタッフの先生方にも聞きます。みんな初めは、なかなか答えられません(^^;

 

 

私も結構悩みましたが、結局のところ、

「直接は役立たないよね~~!!」

と思っています!(謎の宣言)

 

そりゃそうだって話で、中学校で習う二次関数や連立方程式が日常生活、あるいは会社で働く上でどれだけ役に立つかを考えてみてください。

もちろん使う仕事もあるかもしれませんが、ほとんどの場合は使えなくても困らないですよね。

※不要だと言っているのではなく、生きていく上で必須の能力ではないということです。

 

でもね!

 

勉強が得意な人ってどういう人でしょうか?

人間、得手不得手があります。何もしなくても何でもできるということはほとんどの場合ありません。

※極まれにできる子もいますが・・・

 

色々ありますが、勉強が得意な子は、

・計画性を身につけた子かもしれない

・苦手なことから逃げなかった子かもしれない

・できないことを克服するために必死になった子かもしれない

 

そう考えると、勉強と言っても単にテストの点数ではなく、その子の生き方みたいな所まで関わってくるのではないでしょうか?

 

 

テストの点数さえよければ良いのであれば、初めに紹介した点数至上主義の教育も間違ってないでしょう。

 

しかし!!

 

勉強をするということは、これから先その子が社会に出た時に必要な問題解決能力を身につけたり、目標に向かってコツコツ努力できるような人間性を磨くことに意義があるはずです。

 

 

なので私は、テストで100点を取っても、それで自惚れたり周囲を見下しているような子は容赦なく叱ります。

逆に、点数が悪くても、何とかするために必死になって頑張ろうとしている子はトコトン応援します。

 

 

勉強ができるようになること、勉強をすることは、大げさではなく、自分の生き方を見つけることだと思います。

迷ったら私のところへ来てください。トコトンやりましょう!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

無料体験・教育相談承ります。

お問い合わせは0120-935-472まで!

 

5-Days公式HP

http://5-days.jp/

教室Twitter

https://twitter.com/5days_kadaimae

 

高松市宮脇町1丁目1-25

毎日個別塾5-Days香川大学前校

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。