稽古!

テーマ:

京都 演劇人 飛鳥井かゞりです。

 

暑かった〜!ガーン

明日から、もっと暑くなるようで、

着物着て行こうか、どうしようか、

まだ悩み中です。

着物着て行って、帰りはさっぱりと涼しい服で、

とも思うのですがねぇ。

そんなに歩いての移動距離もないので、

やはり着物で行くべぇか。。。

重い荷物か、

暑い着物か、

じっくり考えます。

 

今日は、予定していた仕事が、

ドタキャンで、ぽっかり時間が空きました。

神様が下さった稽古の時間です。

 

 

かなりボロボロですが、

もっとボロボロになるまで、

読んで読んで読んで、読みまくりました。

まだまだ発見がありますし、

まだまだ稽古せねばなりません。

一人稽古は寂しいですが、

自由でもあります。

夜の仕事までガンガンやりました。

 

もちろん21日の乙女文楽の稽古もしました。

こちらは短いので、

何回も通せました。

 

 

夜は、朗読グループ「ことのは」の夏の公演の稽古。

これは、出演はしません。

構成・演出です。

家で読んできている人とそうでない人の差が歴然で、

やはり、稽古は大事だと痛感しました。

上手い下手ではないのです。

言葉がちゃんと唇に乗っている方と、

そうでない方と、はっきりわかりました。

どれだけ読んできたか、です。

黙読・黙読・熟読・音読・熟読、

そして、朗読。

また黙読・熟読、この繰り返しです。

言い慣れることも大事です。

言い慣れすぎてはいけないので、再び熟読するのです。

内容をしっかり理解して、その思いを声に乗せるのです。

声に乗せられるよう、稽古するのです。

 

さあ、明日から2日間は

乙女文楽どっぷりです。

また初めての場所。

素敵なマンホール見つけられたらいいにゃ。

 

明日も生きます!

 

 

ブログランキング、ポチッと押してくださいね。

 

 

読者登録してね ペタしてね

 

アメンバーぼしゅうちゅう フォローしてね

 

 

AD

コメント(2)